So-net無料ブログ作成
こな(粉)もん ブログトップ
前の5件 | -

筍と野草のお好み焼き [こな(粉)もん]

筍(たけのこ)の季節です。

竹の新芽は
みんな「たけのこ」でしょうけど
いつのころから筍といえば
孟宗竹の若芽だけを指す風潮。

「たけのこは孟宗に奪われ
「まめは大豆に奪われる
なんてね!
聞いたことがないですか。
ないはずですね。
今!勝手に筆が走っただけですが。

「大師は弘法に奪われ
「太閤は秀吉に奪わる

もじっただけの軽薄さで!すみません。



アクを抜いてゆでた筍の繊切りを
とても安価で売っていました。

安くて!便利で!
いうことないじゃないですか。

買ってきましたが
中国産と書いてありました。

中国といっても
広島県じゃないんじゃけん!たぶん。

お好み焼きを作ります。
広島焼きを思い出したから。

庭に出て摘み草です。
庭といっても
気分だけ「大隠は朝市に隠る」の
貧乏人は
ベランダの鉢のことを指しますが。

みつば!たんぽぽ!パセリ!よもぎ!
そんなものしかないですね。
それに筍が材料です。
blog61庭の野草.jpg

筍とたんぽぽの葉とよもぎの葉は湯通して
他は生のままで小さく切りました。

市販のお好み焼き粉を鶏卵と牛乳で溶き
切った青ものを混ぜて
フライパンにオリーブ油を引いて焼きます。

豚のこま切れ肉をのせて焼けば
筍の「豚たま」になりませんか。
blog62豚たま.jpg

ひと口ずつマヨネーズをつけたり
ポン酢で食べたりしたらどうでしょう。



残った筍を
湯通しして臭み(?)を抜いてから
オリーブ油で炒めます。

日本酒をざばっとかけたら
アルコールを飛ばし
砂糖をからませ
市販のだし醤油を振り
味醂を少々。

濃い口醤油で味の調整と色づけ。
色づけはしないほうがいいのかも。

胡麻油をちょんちょん。
blog63筍きんぴら.jpg

筍のきんぴら風。

庭(!)の山椒は元気いっぱい。
葉がバシバシ!食感が悪くなりましたが
いっしょに食べてあげましょう。



まだ!筍は残っていますが
とりあえず!
日本酒を飲むことにします。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生茶葉の焼きうどん [こな(粉)もん]

八十八夜に本場の宇治で
茶摘みをしてきましたが。(拙ブログ 2019/05/03
blog01.jpg

摘んできた茶葉を
1 晩!水にさらしてアクを抜きました。

というのはウソです。
帰ってから調理する時間がなく
そのまま放置すれば
すぐ萎(な)えて!酵素が働いて!
変色すると思ったからです。

とりあえず
生の葉をカップに入れて
お湯をそそいでみます。
blog02.jpg

お~!
これはハーブティといえますね。

大昔!放浪していたとき
いろんな植物をお茶の葉代わりにして
飲んでいたことを思い出します。

たいてい!たき火で少しあぶってから
煮出していたような。

この生茶!なかなか濃く出ません。
買いものに行って帰り
少し濃くなったけど冷めたものを
電子レンジで加熱して飲めばいい感じ。

嫌いじゃない味です。



下処理だけ早くしておきましょう。
生茶葉!
みんな湯通しして冷水に取りました。

水を切って
かつおぶしと混ぜて
だし醤油をかけたら
お惣菜になりますね。
blog03.jpg

いつものスーパーの弁当売り場の中で
一番安価な「ちらし寿司」(159 円)に
ゆでた茶の葉に
市販のゆずポン酢で下味をつけてから
混ぜたら!高級品になったような。



夕方には酒を飲まねばなりません。
稼ぎもないのに
飲むことばかり考えるとは
おてんとうさまに叱られますぞ。

ま!これも前世の因縁。
オラのせいじゃねぇや。
仕事は遅いが!開き直るのは早い。

あく抜きした筍(たけのこ)を
昆布とかつおぶしのだし汁で煮ました。

筍を梅肉(梅干をたたいたもの)で和えて
だし醤油をくぐらせた茶の葉と混ぜました。
blog04.jpg



あさりのむき身を
醤油を落とした湯にくぐらせておきます。

うどんをオリーブ油で焼いて
あさりを加えます。
酒と魚粉を振り!醤油で調味。

ゆでておいた茶の葉に
少々のだし醤油を振って
混ぜ合わせました。
blog05.jpg

行く春を惜しむ味。



残りの茶の葉は
生和布(なまわかめ)と
ちりめんじゃこといっしょに
昆布とかつおぶしのだし汁で煮ましょう。

日本酒と砂糖と味醂と醤油を適当に。
だし汁がなくなるまでことこと。
blog06.jpg

ちょっとほろ苦い初恋の味。
とはいい過ぎですが
佃煮風な常備菜。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こごみ素麺 [こな(粉)もん]

わ~い!
エンドウ(豌豆)の花が咲きました。
blog71エンドウ.jpg

さっそく自慢しなければ。

どうでもいいけど
他に自慢することのない人生。
あきれますね。

「わが家ではもうあらかた収穫完了」
「遅いじゃないの!」
なんて返事があるじゃないですか!

日曜農園が趣味というおじさんや
また!おばさんは
1 反(≒10 アール)くらい
耕作しているのでしょうか!
セミプロ級ばかり。

自慢するつもりが自慢されて!どうします?

「それ!絹さや?実食い?」
「スナック(snap-bean)?」

「さぁ!?

古い種子があったのでまいただけなんですが。



こごみ(クサソテツ)が出てきません。

枯れ枝が集まったような株が
ふたつ!突き出ていますが。

捨てましょう。

鉢をひっくり返して
土をほぐしたら
クサソテツの可愛い芽が
いくつか認められます。

死んではいなかったの?!

芽のあたりをいくつか土ごとつかみ取って
新しく大鉢に移しましたが
これでいいのか!どうか。



この春には間に合わないので
「こごみ」!
買ってきました。

アクがないので
湯通しして!水冷の後
市販のゆずポン酢と
マヨネーズで和えました。

素麺のふし(拙ブログ 2019/04/16)をゆで
ケチャップで炒めようと思ったのですが
気が変わりました。

ゆでて!冷水に取らず
オリーブ油をからませ
梅肉(梅干の果肉をたたいたもの)で
味をつけました。

こごみをトッピング。
blog72コゴミ素麺.jpg

私の好きな味ですが。
日曜農園の大金持ちたちの
口に合うものかどうか。

また!反論をくいそうですから
自慢はしないでおきます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マロニーちゃんで小田巻き蒸し [こな(粉)もん]

そぞろまた
「小田巻き」(拙ブログ 2019/01/20)を
思い出したりして。

小田巻きは簡単にいえば
うどんを入れた茶わん蒸しのことですが。

大阪育ちの
アラフォー(around 40)のおね~さんが
「船場発祥の料理」といっていましたね。

100 年ほど前の聞き書きの
農文協/聞き書 大阪食事/の
船場薬種問屋のところ!
夜なべ仕事で空腹時に
「夜なきうどん」を食べています。

使用人たちは
具はかまぼことネギだけのうどん。

主の家族の夜食は小田巻き蒸し。
「小田巻き」とは
「小田巻き蒸し」の略でしょうね。

小田巻き蒸しには
かまぼこ!生麩(なまふ)!ぎんなん!
ゆりね!椎茸!焼きあなご!
さらに伊勢えびのぶつ切り!?
なんと豪華なうどんでしょう。


大谷晃一著/大阪学/によると
明治時代には
大阪のどこの町内にもうどんやがあり
小田巻きが一番高いうどんだったそうな。

ちなみにそのころ
「てんぷらうどん」はなかったそうな。
「てんぷら」は高価でぜいたくだったから。

伊勢えびのぶつ切りより高いなんて!?
ちょっと想像がつきませんが。

ともかく小田巻きは豪華なので
丁稚にはあたりません。



それで思い出すのが
谷崎潤一郎の小説の「船場」もの。

船場生まれの三島佑一は
主と雇用者を
武家の主従の関係と
おなじように書いているのは
少しおかしいといっています。

船場の使用人は
家来や先祖からの
家の子郎党じゃないというのですね。

たしかにうどんの場合をみても
いろいろの伝聞でも
「使ってやっている」という
旦さんもいたようですが
「でがわり」という制度がありました。

「旦那もついて出たいでかはり(文化 いろは引)

奉公人は
半年契約で入れ替わっていたそうな。

せっかく御寮さん(妻)にナイショで
仲よくなった下女が出て行くのはつらい!
知らんけど。

下女のほうも

「恩を知り出がはりの下女涙ぐむ(明治 京にしき)



はなしの澪(みお)が
さらに土手にあがりますが
先日亡くなったドナルド・キーンが
たとえば「細雪」では
「谷崎が東京生まれでありながら
「関西弁を使わなければ
「小説全般の雰囲気を
「充分醸すことができなかった
といっていましたが。

三島にいわせば
谷崎文学の船場のことばは
「船場ことば」じゃないそうな。

「船場ことば」にはない
野卑なせりふが多いそうな。
方言指導した人が
河内弁だったのでしょうか。



と!場末の居酒屋で
職場か家庭かその両方かで
なにか面白くないことがあるのか
最近!猛スピードで酒をあおり
短時間でガクッときて
目もうつろになって醤油はこぼす
箸は放り投げるお堅い職業のおじさんに
2、3 回に分けて
くどくどとしゃべったのですが。

前記の文がその半分ほど。
しかし!なんだか!こちらも酩酊していて
今!書いていたら
小田巻きの説明というには情けないような。

居酒屋で聞いてくれていたおじさん!
ごめんなさい。
たぶん!
早く帰宅したくないから
こちらにつきあっていただけで
なんにも頭に入ってないでしょうけど。



ということでで
「小田巻き」関連だと思っていた
私の酩酊ばなし!
以下!省略します。

夜食に小田巻きを作ります。

材料。
blog91マロニー.jpg

牛肉!カニ(ただし!カニかま)!
ミックスベジタブル(冷凍)!小松菜!
もちろん鶏卵!
スープは粉末のたまねぎスープ!
醤油と味醂で少し調整。

うどんではなく
マロニー(拙ブログ 2018/12/31)を使います。

できました。
blog92マロニー.jpg

船場でいえば
旦さんや御寮さん並みですな。

あ!餅も入れようと出していたのに
まったく忘れていました。



(上記図書の他)
(ドナルド・キーン著/日本語の美/)
(三島佑一著/船場道修町/他)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

年越しマロニー [こな(粉)もん]

「しらたきのようで白滝でない!ベンベン。
「はるさめのようで春雨でない!べんべん。

「それはなにかとたずねたら!
「マロニ―!マロニ―!

落語の
「豊竹屋(節右衛門)」ではないのですが
ふしぎな食べもの!マロニ―。

ふしぎと思っているのは私だけかも。
大阪のおばちゃんやらおね~さんやらは
なんとも感じてないようですが。



あくまでも個人の感想ですが
(ふしぎ!その 1 )

はるさめとどう違うのですか?

どちらもイモのでんぷん。

マロニーは製法が違い煮崩れしにくい?!
だしを吸い込むように気泡を入れて
だしがからむように
断面をリボン型にしているとか。



(ふしぎ!その 2 )

関東の商品名が「マロニーちゃん」?!
逆のような気がしますが。
関西では食べものに
なんでも「さん」や
「ちゃん」をつけたがるような。

河内弁の鬼瓦のような顔の人が
「おかい(粥)さん」だの
「あめ(飴)ちゃん」だのといいますが。

ああ!関西では
「マロニー」とだけ書いておけば
勝手に
「ちゃん」をつけて呼んでくれるのかな。



(ふしぎ!その 3 )

名前の由来?

「まろやかに」「煮える」とかでマロニー。
それは後づけらしい。
創業者がシベリア抑留中に
胸がときめいた女の子の名前が
マロンとかマロニとかだった説が強いとか。



(ふしぎ!その他)

生マロニーは
他の店になくても
スーパーライフには欠かさずあるような。

キャラクターは「よ~ちゃん」?



「生マロニー」というものを
スーパーライフで買ってきました。
blog01生マロニー.jpg

90 秒ばかりゆでたら
白色だったものが
透き通るように見えます。

昆布だしに醤油と味醂と
隠し味程度に
梅肉(梅干をたたいたもの)を入れて
だしを作りました。

ゆでたマロニーを丼に入れて
だしをかけたら
「年越しマロニー」のできあがり。

ちょっと寂しいので
小口切りの青ネギをどばぁ~っと!
市販の甘辛く煮た油揚げと
とろろ昆布と
花かつおをトッピング。
blog02マロニー.jpg

場末の居酒屋のめし炊きおばちゃんが
小さくても
「海老のてんぷら」を入れろといいます。

「海老てんのない年越しそばなんて」
「クリープを入れない」
「コーヒーみたいなもんや」

だれが決めたのですか?!
それより!なんという古いギャグ!?
だれも理解できない年の暮れです。

「そば」の代わりに
「マロニー」を食べたといえば
どんなギャグをいうのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - こな(粉)もん ブログトップ