So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
こな(粉)もん ブログトップ
前の5件 | -

大阪府には珍しい地震 冷やしスパゲティ [こな(粉)もん]

久し振りに
大きな地震(M6 弱)がありました。
珍しや!震源地が大阪府とは。

それは北部でした。
私の家は中部なので
「揺れたね」ですみましたが。



朝一番に
水槽のドジョウを確認しています。

1 尾のドジョウがどんどんやせて
骨格まで小さくなって行くような。
口が腐って(?)きたのです。
blogドジョウ.jpg

2 年前(拙ブログ 2016/06/27)には
十数尾いたドジョウも今は数尾。

脱走したものも
死んで他の魚や貝に食べられたものも
いるのでしょうか。

もっとも病気になった個体は
池や川に放流してきました。

このドジョウも
大きな世界に放してやったら
自然治癒するような
無責任な考えも浮かんだのですが
これじゃエサが摂れないでしょうか。

ちょっとためらっていたら
偶然!壇蜜の日記の開いたところに
ほんの小さな稚魚の罹病に
「できるかぎりのことをして助けたい」
なんて努力が書いてありました。

思わず恥ずかしくなり
思いつく薬浴はさせたので
症状は落ち着いているような。

それから 3 月以上経ったのですが
ここ数日!
目に見えてやせて
皮膚にも病気の症状が出てきたのですが
もう!捕まえて治療できるほどの
体力が残っていないでしょう。

あ!今朝も生きている!と安堵したとき!
8 時に 2 分前(2018/06/18)に
ど~んと突き上げてきて!揺れました。

水面が跳ね上がり
棚に並べている植木鉢が踊りましたが
水はこぼれず
固定していない鉢もそのまま。

不謹慎ながら拍子抜け(?)です。



丸 1 日過ぎて
安売りのスーパーに酒を買いに寄ったら
「水」と「トイレットペーパー」が
売り切れていました。

はは。

地震対策(?)ですか。
その程度の付け焼き刃対策が
役に立つんでしょうか。

人災や天災で儲けるヤツのほうが
賢いというものです。

避難所のTVに
通販のCMが流れています。

ふとん乾燥機が特価だそうな。
今日中に発送できるとか。

なるほど!
緊急時には干せないから便利かも。
なんて妙に感心したり。



暑い。
素麺でも食べますか。

女優の檀ふみは
人生の終焉!
最期には素麺を希望しています。

余談ですが
父・檀一雄元帥率いる
「檀流クッキング」軍では
三等兵だったそうな。

三等兵の任務は下働き。
たとえば
元帥がビールを飲んでいる間の
タマネギ炒め。

あ!?
妙なところに引っかかります。

「檀流クッキング」を見ると
カレー作りに
タマネギを 1 時間あまり炒めると
書いてありますが
「TVでも見ながら」なんて
添えてあります。

ビールを飲みながらなのか
TVを見ながらなのか!?

嵐山光三郎は
単行本では(新聞連載中でも)「ビール」
文庫本で「TV」と
書き直したのではないかと推察。

どうして?!



こんな実のないことに
時間を消費しても疲れるだけ。

素麺を茹でますか。
あ!素麺がありません。
スパゲティならあります。

スパゲティを柔らかく茹でて
素麺代わりとしますか。
なんでも応用しなければ
災害時に生きて行けませんぞ。

表示より 1 分長く茹でて
冷水でもみ洗い。
いいんでしょうか!?
いいんです!失敗しても
自分が食べるだけですから。

キャベツを繊切りして
塩吹き昆布少しで和えて皿に敷き
スパゲティを盛りました。

あるものをトッピング。
青ネギ!納豆!かつお節!ワカメ!
天かす(揚げ玉)!ミョウガ!
blog冷やしスパ.jpg

すごいでしょ。
山椒の実の梅醤油煮(拙ブログ 2018/06/09)も
のせようと思っていたのですが
忘れました。

大葉(紫蘇)がなかったので
市販の「青しそドレッシング」をたらして
いただきます。



(壇蜜著/泣くなら、ひとり/)
(阿川佐和子・檀ふみ著/
    ああ言えばこう食う/)
(檀一雄著/檀流クッキング/)
(嵐山光三郎著/文人悪食/)参照
(敬称略)

タグ:檀一雄
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お好み焼き 山椒ねぎ焼き [こな(粉)もん]

山椒の木を剪定しました。
葉をちぎりました。
だいぶ硬くごわごわしてきましたが
まだまだ食べられる部分があります。

肉といっしょに
なにか調理したらいいような。

買いに行くのもメンドくさいです。
基本的にものぐさなんです。
闘志が不足しています。
第一!購入するお金も不足しています。

「ねぎ焼き」というお好み焼きが
大阪でははやっているような。
結構!高価です。
「庶民的」と
声高にいうお好み焼き店ほど高価です。

「家庭円満が一番」「夫婦は仲よく」なんて
説教ばかり垂れるおじさんが
実は!女房・こどもに捨てられているのを
隠しているのとよく似ています。

「私の自慢はこの年で黒い自毛」と
聞きもしないのに自慢するおじさんの
かつらがずれているようなものです。

はなしが澪(みお)をはずれそう。

山椒の葉で「ねぎ焼き」のようなもの!
できませんかね。

山椒の葉!青ねぎ!ねぶか!塩昆布!鶏卵!
それに厚揚げ!
標準語(?)でいえば生揚げかな。
blog81山椒焼き.jpg

野菜は大好きなんですが
ベジタリアンではありません。
肉でも魚でも
割り勘やお呼ばれのときには
人の倍は食べられます。

ウソだと思われるのならお試しあれ。

そんな訳で(?)
肉の代わりに厚揚げを使います。

厚揚げ以外はみんないっしょに混ぜて
お好み焼き粉を振りかけてかき回します。

鶏卵を増やせば水は不要のようですが
牛乳で少しゆるめます。

フライパンに落とします。
その上に厚揚げを並べます。

ひっくり返して焼きました。
blog82山椒焼き.jpg

かつおぶしとマヨネーズをトッピング。
ポン酢で食べました。

山椒の葉は
もっとたくさん使っても
おいしいような。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ふきのとうのはったい粉焼き?! [こな(粉)もん]

はったい粉(はだか麦の粉)があります。
200g ほどあるのですが
なかなか減りません。

大阪では
ごはんにかけて食べたり
さらにその上から
お茶をそそいでいるらしいのですが。

もっとも
そんな食べ方をしたのは
今は初老以上の
ひと世代前の人のはなしでしょうけど。

私は深夜に小腹が空いたとき
ヨーグルトにかけて
食べていることが多いのですが。
それぐらいの消費では減りませんねぇ。



牛乳で溶いて焼いてみますか。

固まらないような気がして
少し残っていたかたくり粉を入れます。
ああ!少しではありません。
どばぁ~と入りました。

あわててお好み焼き粉を足します。
なにをしていることやら。

この際!冷蔵庫の掃除のように
きな粉もパン粉も加えてしまいましょう。
豆腐粉という珍しいものも。

ふきのとうをきざんで混ぜました。

青ネギをいっぱい入れて
肉の代替にプロセスチーズも。
味つけに昆布茶と塩を振って。

焼きました。
blogふきのとう11.jpg

はったい粉の黒さが強いお好み焼き。はは。



スープを作ります。

お湯で味噌を溶きます。
山里の路傍で買った手作り味噌です。
だしは強いていりません。

やっぱり道脇で求めた
素麺のふしをゆでて具に。

ふきのとうを散らします。
blogふきのとう12.jpg

ふきのとうはやっぱり佃煮風がいいかも。

干し柿を日本酒で柔らかくしてから
日本酒ごと火にかけ
ふきのとうを加え
濃口醤油を入れて煮含めました。
blogふきのとう13.jpg

干し柿の甘味で
ふきのとうが上品?!
食べる人の舌によりますか。

それに
ふきのとうの味がついた
甘辛い干し柿が意外においしい。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カラフル人参の葉のスパゲティ [こな(粉)もん]

買いもの中の
場末の居酒屋のおじさんに遭遇しました。

野菜をたくさん仕入れていました。
魚がメインの店なのに。
野菜の値段が下がらない昨今に
原価が上がるのでは。

「どうしたの?!

「野菜が高いからや!」

ん?!

野菜がとても高価なので
家庭の食卓に出る機会が減っています。

酔っ払いたちも
なにも考えていないようでも
多少は気にしているらしく
居酒屋での肴は
野菜の多く入っている料理を
注文しがちなのだそうな。

面白い。



月になん度も山里を歩いていますが
ま!そんなに愉快なものには
そうそう出会いません。
無人販売の野菜を買うくらいを
楽しみにしています。

今まではぼんやり買っても
近所で買うよりお得感があったのですが
畑の横でも
けっこう高い値札がついていたりします。
よく考えないと
損な買いものになったりします。

それぐらい野菜が高く変動が激しい。



生食用と書かれていた人参を買いました。
blog人参1.jpg

カラフルな人参のセットは
山間の販売所ではそう珍しいものでは
ありませんが。(拙ブログ 2015/11/22

ああ!そうでした!
「緑色」(拙ブログ 2014/06/24)か
「黒色」(拙ブログ 2017/07/10)かの人参を
探していたような。

しかし!
なぜ!意識の底にそんな思いがあったのか。
なにをするために探していたのか
ずいぶん前に思いついていて
忘れてしまっています。はは。



買ってきたので!食べます。

人参ばかり食べていますが
特別好きとも思えないのですが。
人参ってセリ科ですかね。
私にはウコギ科の匂いがするのですが。
ウコギ臭は
そんなに好きな匂いじゃないのかも。

調理はまず葉っぱから。

ごはんを炊くにも米を切らしていたので
スパゲティを袋の表示通りの時間ゆでて
人参の葉っぱと
冷蔵庫にあったレーズンを放り込んで
かきまわして!すぐ火を止めて
湯を切りました。

ベーコンを炒めてポン酢で調味。

ポン酢といっても
常食している「焼きさば弁当」(299 円)の
サバ用についている
大根おろしとレモン酢の入っている醤油。
blog人参2.jpg

せっかちなので
あんまり使わないんですよね。
必要なら手近の醤油をかけたりするもので。
それで冷蔵庫に
いくつも保管しているのです。あは。

そこへスパゲティを混ぜました。

カラフル人参の葉のスパゲティ。
blog人参3.jpg

人参はカラフルでも
葉っぱはおなじ色ですけどね。



人参のほう!どうします?!
どうするつもりだったのやら。

スライスして砂糖をまぶしてみます。

ま!脱水はしますが
塩のように早く!
どんどん水は出てきませんがね。

砂糖をあんまり落とさないで
強い酢の味が好みなので
穀物酢をぶっかけて
昆布茶と味の素と
少々の塩を混ぜて
冷蔵庫でなじませました。

あれ?!
4 食でした?!
blog人参4.jpg

色が混ざって(?)変化して
どれもあんまり差がなくなっています。

これで酒でも飲んでいたら
忘れていたこと!思い出すかも。
ま!無理でしたね!
分かり切っていましたが。



「こんな人参のメニューはどう?

くだんの居酒屋のおじさんに
いってみました。

「無理や!」
「嫌いや!」

「お客は人参が嫌いでしたかぁ!?

「オレが嫌いなの!」
「人参!食べたことがない」

よくまぁ!それで料理人になりましたね。
気のせいか
私の周囲に人参嫌いの料理人が多いような。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

田辺大根スパゲティ [こな(粉)もん]

未明にあんまり意味もなく時間だけ消費して
スズメ(雀)の家族が窓際にきたころ
少しだけ寝ました。

冬の朝の街に出て
季節の移ろいや
人心の変遷や
わが身の勝手な不幸を
勝手に憂いながら
眠気覚ましにさまよいます。

「さぶい(寒い)ねぇ!」

わが脳は行きずりの変なおばさんとしか
認識しないのですが
向こうは昵懇(じっこん)の間柄のように
口をきく人に遭遇。

「昨日に比べたら暖かいのでは。

「あんた!大丈夫?!」
「色ボケしてるんやないの?!」
「それとも夜遊びした朝!?」

「ほっといてください!

つくづく信用のない身の上ですなぁ。

「田辺大根!」

あい変らず!わが町のシモジモの住民は
形容詞も動詞もない
日本語に似た(?)奇声をあげます。

中略。

はやいはなし!
長居植物園(大阪市東住吉区)に
「田辺大根」をもらいに行くのに
つき合わされましたがね。



大根の頒布(はんぷ)は 11 時から。
早過ぎましたね。

「行くところないなぁ!植物園も冬は」

「そんなことないですよ。
「桜のお花見できますよ。

ね!
blog61.jpg

ヒマラヤザクラ。(拙ブログ 2017/12/15
blog62.jpg

「貸し切りですよ。
「麦めしを握ってきて!
「お花見してください。

「麦ごはんでは握りにくいよ~!パラパラで」
「田舎のこどものころ!貧しかってね」
「おかあちゃん!ごそっと麦を入れんねん」
「上にある麦をよけて下のほうの」
「米のところをお弁当に持ってったなぁ」

たしかに麦めしを炊くと
米と麦が分かれて炊きあがりますけど。

「最近!娘の家なんか」
「なんとかいう大麦やら」
「麦のふすまから作った粉を買ってんねん」
「そんな麦のほうがお米より高いんやて!」
「なにがなんやらねぇ!世の中は」

あの!いおうとしていることは分かります。
でも!「麦めし」というのはことばのアヤで!
そんなに深刻には考えないでくださいな。

パンジーがいっぱい咲いています。
blog63.jpg

水仙の花もぽつぽつ。



長居植物園の南東の端っこの
「キッチンガーデン」エリアに
なにわの伝統野菜という
「田辺大根」が植えられていました。
blog64.jpg

9 月 23 日に播種。
ということは 3 月で収穫期を迎えましたか。
成長は標準的な大根ですね。

キッチンガーデン横で
寒い季節なのに大勢休憩しています。
blog65.jpg

ボランティアの人が
ハーブティをふるまっています。

今日はレモングラス・ティでした。
毎回だいたい「レモングラス」のようです。
万人に好まれる味ですからね。



あ!大変!田辺大根!
もう!始まっていますよ。
blog66.jpg

大根を選んでいいのですね。
まぁ!みなさん!
バーゲン会場のおばちゃんと化しています。

「あんたも早く~!」

いいです。
私は端っこの大根で。
どれもそんなに遜色ないでしょ。
blog67.jpg

1 本 100 円。
レモンは 3 個で 200 円。

おいたカードと比較あれ。
思ったより大根は小さく
レモンは巨大です。



おばちゃんを振り切って
JR南田辺駅前まで帰ってきたら
田辺大根の「だいこだき(大根煮)」無料!?
blog68.jpg

単純な煮ものだけど冬にはご馳走かも。
blog69.jpg

初老の夫婦が毒づいて帰って行きます。
食べもののうらみはおそろしい?!

「無料!無料!」と
マイクであおっているのに
引換券のない人にはくれないんですね。

なんだかねぇ!
駅前で仰々しいのですが
商店街の内輪の!排他的な催し?!

無料ではなく!いくらか
安価でいいから売ったら!
怒られることもないような。



スパゲティでも茹でてランチにしましょう。

田辺大根をおろして
「桃屋のキムチの素」を
混ぜて着色してトッピング。
blog70.jpg

青ネギもかけたら
見た目はいい感じになったのですが
ま!万人に好まれる味ではないかも。
私だから食べられますけどね。
ポン酢のほうがよかったかな。

大根の皮に塩をして
少しおいてから出てきた水をしぼり
昆布茶と輪切りの唐辛子をまぶして
砂糖を加えた穀物酢に浸ければ
1 品できました。
blog71.jpg

これはわれながら上出来です。
タグ:田辺大根
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - こな(粉)もん ブログトップ