So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
いわなが姫の丑の刻参り ブログトップ
前の5件 | -

ヤマユリとササユリ 神武天皇は寝た [いわなが姫の丑の刻参り]

先日「大阪 舞洲(まいしま)ゆり園」で
たくさんのユリの花を
楽しみました。(拙ブログ 2018/06/22

そのとき
古事記の「さい」を思い出したのですが。

そもそもは神武天皇が
伊須気余理比売(いすけよりひめ)と
生殖活動を行ったのですね。

あのね!私がいうと
誇張した卑猥(ひわい)ばなしと思われ
しばしばひんしゅくを買いますが。

「一夜宿った。(安本美典訳)

「一夜ともに寝た。(福永武彦訳)

ね!
私のことばのほうが学術的(?)でしょ。

その伊須気余理比売の家が
狭井川(さいがわ)のほとりにあったのです。

「さい(佐葦)」がいっぱい咲いていたので
「さいがわ」ですって。

じゃ!「佐葦」と書けばいいのに
「狭井」とはこれいかに?!

それはまた別の機会に考えるとして
「さい」は

「山百合」(安本美典訳)

「山百合草(やまゆりぐさ)」(福永武彦訳)

だそうな。

ちなみに
「主婦と生活社/古典コミックス・古事記」では
たしかに「ヤマユリ」の絵が描かれています。



その神武帝の「現場」に行きます。

あれ?!カギがかかっています。
blog81大神.jpg

奈良県桜井市の
大神(おおみわ)神社の「ささゆり園」ですが。

あ!?
「6 月中旬」までとなっています。
「6 月中」かと思っていました。

フェンスの間からのぞきます。
blog82大神.jpg

イノシシに球根を食べられないように
フェンスで囲っているのですね。

やはり!花の季節は過ぎています。



大神神社の摂社の狭井神社に行ってみます。
blog83大神.jpg

「狭井(さい)」がついていますが
ユリのはなしはありませんね。

大美和の杜展望台に上ります。
blog84大神.jpg

大鳥居の向こうに耳成山か
畝傍山かが見えます。

反対側には
大神神社の神体山(しんたいさん)の三輪山。
blog85大神.jpg

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が
鎮まる山ですね。

唐突ですが
美人が厠(かわや)で用を足していたのです。
「かわや」はことば通り
「川」の上に造られている「屋」だそうな。

大物主は矢に化けて上流から流れて下り
かの女の陰部を刺したのです。

それで生まれたのが
伊須気余理比売(いすけよりひめ)でした。

その川は狭井川ではありません。
三島(今の大阪府の北部)にあった川だそうな。

その摂津の三島生まれのかの女が
成人して大和の桜井に住んでいたのはなぜか!
なんて!たとえば授業中なんかに質問すれば
答えられないセンセーに
嫌われますからやめましょう。

ま!ほと(陰部)を刺すはなしが
授業にあるのかどうかは知りませんが
ともかく歴史があるのです。



大美和の杜展望台と
大神神社末社の
久延彦(くえひこ)神社の間にも
「ささゆり園」がありました。
blog86大神.jpg

ここも季節は過ぎていますが
ここには花がいくつかは残っています。
blog87大神.jpg

ああ!ササユリですね。
blog88大神.jpg

ん!?
ヤマユリを見にきたのでは?!

ササユリは白とかピンクが強いとか
変異は多いかも知れませんが
ヤマユリとは違うような。

それは近代の学問上のことで
山に咲くユリはみな
ヤマユリと呼んでいたのかも。



「ささゆり園」を下って行けば
小さな川がありました。
blog89大神.jpg

狭井神社のほうから流れてきているので
「さいがわ」でしょうか。
とてもユリが群れ咲いていたり
恋人たちが命の火を燃やすような
ロマンが感じられませんが。

神饌田(しんせんでん)が見えます。
blog90大神.jpg

この川の水を利用しているのか
しろかきが終わっています。

御田植祭(2018/06/25)ですか。
blog91大神.jpg

早乙女ばかりでしょうか。
男性も混じっているような。

ちょろちょろとあらぬ方向で動く
自称カメラマンが叱られていましたが。

私もこんなところからのぞいて
すみません。

妙にかしこまって神事を催行していますが
古事記の昔にさかのぼれば
神も天皇も
おおらかに「性」を「人生」を
享受していたような!
といえば!不謹慎と怒られますか。

すみません。



(敬称略)
タグ:古事記
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

へぐり時代祭り 幻の椿井城 [いわなが姫の丑の刻参り]

吉備(きび)内親王( ? ~ 729)の墓が
春のかげろうの中。
blog41平群.jpg

暑い。

近くに長屋王(? ~ 729)の墓。
blog42平群.jpg

ふたりはいっしょに殺された(?)のに
別々に埋葬されています。

長屋王は歴史によく出てくる名前です。
やがて
謀反を計画したとかで殺されたのですね。

今まで失政も見あたらない天下の左大臣が
謀反を企てますかね。

藤原一族の陰謀だとは
当時から周知の事実だったのでしょうけど
今!手元にあった年表を見ると
奈良の僧侶どもも
藤原氏に加担していたのですか?!

修業はしないで
儲けしか考えない似非(えせ)坊主は
いつの時代にもいるようです。

長屋王の墓はなぜか
古墳時代の
前方後円墳の上に造られているそうな。

奈良県平群町(へぐりちょう)を
歩いているのですが。

このあたりには
まだたくさんの古墳が残存していますが
多くの石室がむき出しになったまま。

どうするのでしょう。
やがて風化するのを待つのも歴史かも。

石室・石棺めぐりのハイキングを
企画できそうです。

こんにゃくの花茎が上がっています。
blog43平群.jpg

やがて異臭を漂わせることでしょう。
いや!それが異臭か!そうではないか!
権力者(?)の決めることかも。暑い。



役行者(えんのぎょうじゃ)かな。
blog44平群.jpg

「へぐり時代祭り」(2018/04/29)の
パレードです。

今年のちらしには
「役行者?!」
「誰やねん?」と描いてありましたが。

大変古い歴史のある町なので
多くのスター(!)を輩出していますが
そのひとりが役行者。
ここが最初に
山岳信仰に入った山なんでしょうね。

もちろん!
長屋王と吉備内親王のカップルもいます。
blog45平群.jpg

戦国時代の英雄も進みます。
blog46平群.jpg

なにもの?!
blog47平群.jpg

パレードを終えた「お馬さん」がもてもて。
blog48平群.jpg

こどもたちが頭にさわっています。



パレードの終点は
「大和路へぐり くまがしステーション」という
長い名前の道の駅。

その中の
「自然派カフェ&レスト hanana」で
ランチにしましょうか!ぜいたくながら。
blog49平群.jpg

このときだけの特別メニューでしょうか。
「茄子おろし」とは珍しや。
blog50平群.jpg

税込み 885 円でしたが
ごはんとみそ汁のお代わりが可。

道の駅の金券(100 円)と
イノシシ汁引き換え券をもらっています。
blog51平群.jpg

頭の中!年中蝶々が舞っていて
肉体は老けても
人格は成長できずにいるので
幼児のように妙にうれしい。

今どきのこどもはこんなことには
喜ばないかも知れませんが。

列に並んで待って!イノシシ汁を。
blog52平群.jpg

さて!この金券ですが
100 円で買えるもの!ないですよ。

季節が過ぎたのか!孟宗竹の筍が安い。
1 盛り 2.5kg ばかりで 200 円!?
blog53平群.jpg

追い銭して買いましたが。
かついで歩いているうちに
肩に食い込む重さに少々後悔!はは。



椿井(つばい)城跡に上ります。
blog54平群.jpg

平群谷がよく見えます。

先ほどの道の駅が眼下に認められます。
blog55平群.jpg

前回はここで引き返しています。

あれ!?
さらに南に平らに均(なら)されたところが!
blog56平群.jpg

先ほどのところが「南郭」!
その南側は「南副郭」というのだそうな。

そればかりか北側の非公開の城跡は
このふたつより広大だとか。
blog57平群.jpg

室町時代から戦国時代にかけて
城主は代わりながらも
築城はつづいていたらしい。

廃城になってから
400 年以上経っているのに
南北 310m 東西 110m の遺構の
郭や堀切りや土塁や土橋などが
確認できているのですか。

放置しておくには
もったいない資源のような。

灰色の脳で考えれば疲れます。

モチツツジらしい花が笑っています。
blog58平群.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

唐古・鍵遺跡 道の駅 史跡公園オープン [いわなが姫の丑の刻参り]

奈良県田原本町で「道の駅」の
「レスティ唐古・鍵(からこ・かぎ)」が
オープン(2018/04/20)しています。
blog01唐古鍵.jpg

こんな寂しい!いや!失礼!
静かな里に大勢の人がつめかけています。

とりあえず!売り切れないうちに
地の野菜と思(おぼ)しきものを買います。
blog02唐古鍵.jpg

全部で 350 円(税抜き)!安い!(ような)

人ごみをかき分けて 2 階の
「からこカフェ」に行き!腹ごしらえ。

一番安そうな「からこドッグ」を。
blog03唐古鍵.jpg

380 円(税抜き)?!
高い!(ような)
それにどこが
「からこ(唐古)」の「ドッグ」なの!?



道の駅の前にピカピカの石碑があります。
blog04唐古鍵.jpg

「国史跡 唐古・鍵遺跡史跡公園」ですか。
「跡」がみっつも!?
こんな重畳表現!小学校の作文なら
いい点を採れないぞ!たぶん。
ま!お経や音楽の詞なら可?!
トランス状態になれるのかも。

ともかくここは 3 日前(2018/04/17)に
完成したばかりらしい。

新しい建てものは「遺構展示情報館」!
大型建てもの群の柱跡の発掘時の復元!?
blog05唐古鍵.jpg

国史跡 唐古・鍵遺跡に。
blog06唐古鍵.jpg

広大ですね。
blog07唐古鍵.jpg

向こうに復元された楼閣が見えます。
blog08唐古鍵.jpg

この楼閣は以前にも見かけましたが
この周囲はくすんだ(失礼!)田んぼか
空地だったような。
全然印象がなかったのですが。

楼閣のある唐古池を
中心に(北側をのぞいて)整備したのかな。
blog09唐古鍵.jpg

広範囲に芝生を貼ったようです。



南東には「弥生の林」を
再生させようと試みていますが。
blog10唐古鍵.jpg

「弥生」ですか。
照葉樹林のカシとかブナとかトチとかの
採集生活は縄文時代じゃないのですか。

この遺跡は国道建設の資材に
唐古池の土を採ることから
発掘が始まったとか。
昭和 11 年(1936)のこと。

掘れば出るは!出るは!
弥生文化がいっぱい。

同じように大きな遺跡の
数キロ離れた橿原遺跡が縄文時代のもの。
その後にこちらに文化の中心が
移ったのかと思っていたのですが。

「唐古・鍵」も「橿原」も
縄文時代から弥生時代
さらに古墳時代を経て奈良時代!
一部は近世まで
積み重なっている遺跡らしい。

そもそも弥生時代はいつごろ?!
大昔!ガッコーで
紀元前 5 世紀くらいから始まったと
聞いたような。

最近!紀元前 10 世紀には
日本に稲があったとかいわれています。
稲作をしていたのが
弥生人の定義じゃないんですか。

「唐古・鍵」から
ほぼ整った人骨も出ていたのですね。
復顔した 2,400 年前の比較的若い男。
blog11唐古鍵.jpg

これひとつで弥生人の特徴を
論じることは無謀でしょうけど
体格がよくて
大陸風な(?)ところが弥生人だそうな。

人類も文化も辺境からやってくるような。
後からやってくるものが
古いものを駆逐して行きます。

先に出たネアンデルタール人も
北京原人も絶滅しています。
神武天皇も辺境からきて
行く先々で片っ端から
先住者を皆殺しにしています。

弥生人は縄文人を絶滅させ
古墳人が弥生人を殺してしまい
今の古事記・日本書紀の主役が
古墳人を壊滅してしまったのでしょうか。



楼閣をよく見ると面白い形をしています。
blog12唐古鍵.jpg

ホントにこの姿のものだったの?!

古事記ではニニギノミコトが
高天原から降りてきたのは
葦原中国(あしはらなかつくに)ですね。

豊葦原水穂国
(とよあしはらのみずほのくに)とも。

稲作の国に天孫降臨したのでしょうね。

もしそうなら
弥生時代の記憶を引き継いでいますね。
古事記の日本は
弥生時代から始まっているような。

とすると!弥生人も古墳人も
その前の縄文人も
人種としてはおなじで
文化だけが襲来!
変遷し席巻しているのですか。



唐古池の東側に
5 本の環濠が復元されていました。
blog13唐古鍵.jpg

2,000 年前のもの?!
そんなに古いのですか。

下手の考え休むに似たり。
全然分からん。



(古事記/福永武彦訳/)
(末永雅雄他著/神話と考古学の間/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

落柿舎のたけのこ えぐい愚見 [いわなが姫の丑の刻参り]

たけの子や畠隣に悪太郎
(たこのこや はたけどなりに あくたろう)

向井去来(1651 ~ 1704)の句。

筍(たけのこ)が急激に伸びるのが面白く
いたずら好きにはたまらん相手でしょうか。

もしかしたら
隣のガキ!いや!おぼっちゃまが
筍を盗みにやってきていたのかも。

これ!孟宗竹?!

孟宗竹の渡来時期の説は
いっぱいありますが
いずれにしても
関ヶ原の戦い(1,600 年)前後かな。
とすると渡来 100 年を待たず
市井の食卓にのぼるほど
一般的な食材になっていたのでしょうか。

去来の来歴は知りませんが
都のはずれの嵯峨野に
四阿(あずまや)を建て
落柿舎と名づけて住んでいたのでは。
blog落柿舎1.jpg

そこで詠んだ句なら
京都はすでに
筍の生産が行われていたのかも。



もうひとつ疑問は畑(畠)!

この句の畑は
竹林の横にあったのでしょうか。
竹林そのものでしょうか。

京都周辺山城の国では
筍生産の竹林を
「畑」と称していますから。

「林」とか
「薮(やぶ)」じゃないのです。

現在の落柿舎の周囲には
竹林はありませんが
嵯峨野を歩けば孟宗竹によく遭遇します。

生産畑では夏にはワラを敷いて
その上に土!
それも比較的重い土を載せて
施肥しているようです。
blog落柿舎2.jpg

どう考えても!畑です。
年中!農作業をしているのです。

ちなみに積み上げていると
年々畑地が高くなって行きますが。
数メートルになったら取りつぶし
低地にもどして植え直しているようです。

早い時期から「筍畑」の
この生産方法が
確立していたのでしょうか。



先日(拙ブログ 2018/04/03
石清水(いわしみず)八幡宮のある
男山で買った京都(!)の筍。
blog落柿舎3.jpg

顔は怖いのに
心やさしい米屋のおじさんに
米も買わないのにもらったヌカと
唐辛子とで茹でておきました。

かの大陸から渡来したものなら
中華風に炒め煮にしましょうか。

といっても!
生姜もにんにくもありませぬ。
ないものは
なくてすませるにかぎりますだ。

オリーブ油でネギと干しシイタケと
豚肉を炒めます。
筍も炒め合わせて
シイタケのもどし汁と昆布だしと
日本酒をどぼどぼ加えて煮ました。
砂糖と味噌で調味。
blog落柿舎4.jpg

ごま油と醤油を香りづけ程度に振り
今!柔らかい山椒の新葉とともに
いただきます。



孟宗竹が
山城の国(京都市周囲)に入ったのは
黄檗山萬福寺の開創といっしょかも。
でも!隠元が来朝したのは 1654 年!?

明暦(1655 ~ 1658)のころ
熊野田村(大阪府豊中市あたり)に
薩摩から移植され
それから
山城の国に分譲された説もあるようです。

いずれにしろ去来の句は
半世紀経ていないですね。



あ!去来の筍は
マダケ(真竹)かハチク(淡竹)のそれかも。

孟宗竹なら地上に出てくると
もう食用にはなりません。

マダケやハチクの筍なら食べられて
悪太郎が折り取って盗んで行けます。

マダケ・ハチクも
渡来したという説がありますが
もしそうだとしたら
万葉集あたりまでさかのぼるのかも。

「梅の花 散らまく惜しみ わが園の
「竹の林に 鴬(うぐひす)鳴くも

この万葉集の歌(824)
私の頭の中には
マダケかハチクの林でウグイスが
笹鳴きする光景が浮かぶのですが。

しかし!万葉集には
「小竹(しの)」とか「さす竹」とかの歌が
多いような気もします。
研究したことはないですが。
白文で見たら「たけ」は
「多氣」と表記されていますか。

結局!全然分かりません。

ま!丈の低い笹でウグイスが
笹鳴きしたってかまいませんがね。

マダケやハチクの来歴は分かりませんが
江戸の初めになると堂々と
日本人(?)の顔をしていたことでしょう。



(佐佐木信綱編/新訓 万葉集/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

下ツ道が川になっていた田原本 [いわなが姫の丑の刻参り]

飛鳥時代に
いくつかの大道が整備されたようです。
奈良盆地を南北に
上ツ道!中ツ道!下ツ道の 3 道が
ほぼ直線で走っていたとか。

結果!飛鳥や藤原京のあった地と
平城京を結ぶ道になったのでしょうか。

その西側の道が下ツ道。

近鉄吉野線・岡寺駅のそばの
見瀬丸山古墳あたりから
平城京の朱雀大路まで
奈良県観光局の推察した下ツ道は
20km をゆうに越えていますが。

おなじころに整備された
山辺道(やまのべのみち)は
今!多くの人に
愛されているハイキングコースです。

この道はどうなんでしょう。
なかなか歩き通す機会がないまま。



近鉄橿原線・田原本駅。
帰るにはまだ陽が高いので
東に歩いて下ツ道を探します。

寺川にあたりました。
blog01.jpg

川の土手が下ツ道!?
blog02.jpg

どちら側がそうなんですか。
それとも下ツ道が川になったのでしょうか。
もしそうなら人工的に?自然に!?

下ツ道より
「中街道」という標識が多いような。
blog03.jpg

平城京がなくなると
下ツ道がすたれて行ったのでしょう。
その代わりに
平安時代の終わりころの中世になったら
中街道という道が発展したらしい。
その一部が今でも残っているのかも。
blog04.jpg

もうなにがなんやら。

いえることは!
山辺道のように
みんなで手をつないで
(手をつながなくてもいいですが)
ハイキングを楽しめるような道は
残っていないのですね。



田原本町の観光協会が
「桃太郎のふるさと」といっていましたが。

このあたりに
桃太郎のモデルの吉備津彦命の父親の
第 7 代孝霊(こうれい)天皇の
黒田いほとの宮があったそうです。

だから
吉備津彦命はここで生まれた?!
だから
桃太郎のふるさと!?

どうぞ!ご勝手にご主張くだされ。
だいたい!
孝霊天皇なんて記・紀の中の人!
99.9 %伝説だけの人。

環濠集落の町だともいっていますね。

楼閣跡が発掘された弥生時代の
唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は
たしかに環濠集落でしょうけど。

田原本は楽田寺の門前町とも!?

楽田寺はありました。
blog05.jpg

創建は奈良時代らしい古刹ですが
今は無住?!
閑散としています。
それに町の南東の角!?
町の中心じゃないんですが。



「寺内町 田原本」という
リーフレットもあります。

教行寺を中心の寺内町だったそうな。

その教行寺のあったところに行けば
威容を誇っている浄照寺がありました。
blog06.jpg

教行寺が去った後に
浄照寺と本誓寺ができて
その寺内町になったのでしょうか。

いくつもの歴史が重なっているようです。
頭が混乱します。

南には広大な境内の津島神社もあります。
blog07.jpg

ともかくこの 3 寺社をとり囲んで
碁盤の目のような
直線の道がつけられています。
blog08.jpg

江戸時代の建造物も多くあるようです。
blog09.jpg

卯建(うだつ)とか虫籠(むしご)窓とか
時代劇に出てくるような
伝統的建てものがあります。
blog10.jpg

歴史の年表を持たない阿呆の頭の中は
おもちゃ箱を
ひっくり返したようになりました。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - いわなが姫の丑の刻参り ブログトップ