So-net無料ブログ作成
だまって食え! ブログトップ
前の5件 | -

春の山菜 ずぼら料理 [だまって食え!]

時間があれば
(月になん度もありますが)
とぼとぼと山中を徘徊します。
颯爽と歩く人もいますが
個人の自由です。

人とからむのはうっとうしい。
「人」を「カネ」と
置き換えてもらっても結構ですが。

人のいないところがいいですね。
「人」を「顔見知り」としたほうが
いいかも知れませんが。

「大隠(たいいん)は」
「朝市(ちょうし)に隠る」ともいいますか。
知らない人ばかりの雑踏なら
隠者でない私でも案外平気です。



春です。
またまた!飽きもしないで山中彷徨。
なにか落ちてないでしょうか。

山里で
イタリアンパセリを売っていました。

いつだったか
スーパーから百貨店までいくら探しても
1 草も見つからなかったのに
寂しい道の脇で出会うとは。

空腹極まって帰宅したので
とりあえず!
「日清焼そばU.F.O.」にトッピング。
blog81.jpg

ははは。料理なんてこんなもの。
おいしければいいですね。

湯通ししてだし醤油とすりごまで和えます。
blog82.jpg

しつこいくらい行っている酒蔵見学で
求めてきた日本酒がたくさんありますが
今日はワインなんかを飲みます。
最近はどんな料理にも
赤ワインしか飲みませんが。



つくし(土筆)を摘んできたものの
夜に帰宅したのでなんにも考えられず
とりあえず!はかまを取ります。

メンドくさいんですがね。
疲れているときには。
でも!そうしないと
時間が経てば
どんどんつくしの頭がゆるんで
胞子が出て行くんですよね。

湯通ししてポン酢に浸けておきます。

翌日!ポン酢浸けのつくしと
自家製の割り干し大根を
もどして切って和えてみます。
blog83.jpg

節分の豆があります。
豆まき(?)に参加しなかったら
後日!ご親切に
某居酒屋がくれたのです。
どうしたらいいのか!?
放置していたのです。

その大豆と昆布と塩でごはんを炊きます。
ポン酢浸けのつくしを
豆ごはんに混ぜたらどうでしょう。
blog84.jpg

春のごはん。
節分が春の初めですから。



ノビル(野蒜)が売られていました。

大きい!
「のびる玉」が大きい。

「よく掘れましたね。

「畑に植えているんです」

ノビルを栽培する時代なんですか。

ゆでて生みそで食べます。
blog85.jpg

辛味が好きなら
さっと湯通しするだけにします。



カンゾウ(萱草)も萌える季節。

田んぼの畔で採っていたら叱られそう。
マナーの悪い人が多いので
田の持ち主も怒りますよね。

カンゾウも売っていました。
もしかして畑栽培ものかも。

これは全然クセがない山菜ですので
ゆでただけで食べられます。

日本酒でゆるめただけの生みそで食べます。
blog86.jpg

甘味や酢を加えたみそでも
おいしいでしょうけど。

マヨネーズと醤油でも。
blog87.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口納豆 木久蔵ラーメン [だまって食え!]

能勢電車・妙見口駅前の
「お食事処 かめたに」が改装して
きれいになってオープンしていました。

山から帰るときに
地の野菜があれば買うくらいで
じっくり寄ることもなかったのですが
この機会に少し見回すと
あ!?
「山口納豆」がありました。

先日! 余野十三仏を拝観に
(大阪府)豊能町におじゃましたとき
買いたかったのですが。(拙ブログ 2018/09/27

豊能町はふしぎな町で
妙見山とその連なる山々をはさんで
東地区と西地区に分かれています。

両地区を結ぶ道は町内にないのです。
杣人(そまびと)の通う小径は
あるのかも知れませんが
くるまで往来するには
他の市町村や府県を
経由しなければならない不便さです。

過去の村の合併の結果でしょうけど。

東地区の山口納豆が
西地区の
「お食事処 かめたに」でも
売られていました。



「山口納豆」は高い!
blog1山口納豆.jpg

40g ほどのパックが
6 パックで 500 円(税込み)もします。

40g を越えたパックが
3 っつで 65 円(税抜き)のものを
常食しているものには高いのなんの。

算数の能力に欠けているのですが
4 倍近いような。



私は
白いごはんと食べることが多いのですが。

多量の小口切りの青ネギに
マヨネーズと
梅肉(梅干を果肉をたたいたもの)を混ぜ
ごはんにおきます。

青ネギが好きで
常食しているだけのことですが。

山口納豆をのせます。

今日は写真を撮るので
ちょっと見栄を張って
鶏卵の黄身をトッピング。
blog2山口納豆.jpg

香りづけ程度に醤油を振りましたが。



ラーメンのトッピングにと思いつきました。

ふと!
林家木久蔵(現・木久扇)が
脳裏に浮かびました。

かれが考案したラーメンが
たくさんあったような。

「納豆ラーメン」もあったような。

あら!?

たしかにありました!

ラーメンに納豆をのせたら
「納豆ラーメン」だとか。

ちなみに
ワカメをのせたら
「海草ラーメン」だとか。

ヤマイモをのせたら
「トロロラーメン」!

バカやろ~!といいたくなります。
私はかなり賢いのでいいませんが。
これって
考案したといえるのですか?!



ま!いい!
納豆キムチラーメンを作ります。
買い出しに行きましょう。

できました。
blog3山口納豆.jpg

インスタントラーメンに
ゆでたキャベツ!もやし。
ワカメ!海苔!天かす(揚げ玉)!
もちろん!納豆も。

あれ!?
キムチを買うのを忘れていました。

もの忘れをしない食材はなんでしょうか。
聞いてもすぐ忘れるでしょうけど。



しつけができているので
天地に感謝して
おいしくいただきましたが。

ちなみに白いごはんが好きで
トッピングされたごはんを
あまり食べない私は
納豆もまた
そのまま食べているときが多いのですが。

つまり!皿の惣菜と同様に
普段は箸でつまんで食べています。はは。



(林家木久蔵著/
  林家木久蔵のラーメン料理学)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

キャベツの山椒の葉炒め [だまって食え!]

キャベツが好きです。
年中食べていますが。
それは安価でもあるというのが
好きな要因のひとつでもあるのですが
最近は高価で困ります。

ちなみにビョーキしたら
キャベジンを飲んで寝ます。

落語に
「葛根湯(かっこんとう)医者」なんて
小噺(こばなし)がありますが
その医者はどんな病気にも!ケガにも
葛根湯を処方します。
私はどんな症状にも
キャベツとキャベジンを摂取するんです。

よいこはマネしないように。



キャベツがあったのでよかったです。

キャベツなんて
先の大戦の終戦後(1945)
一般的になった野菜?!

キャベツという名称だって
そのころからでしょうか。

斎藤茂吉(1882 ~ 1953)なんて
「玉菜」とよんでいますもんね。
拙ブログ 2017/10/29

玉菜の他!
甘藍(かんらん)!牡丹菜(ぼたんな)!
椰菜(やさい)!蕃牡丹(はんぼたん)!

なんだか
キャベツのイメージが湧きませんが。

結球する種類は
江戸時代の終わりごろから渡来しはじめ
明治になって
いろいろと入ってきたようですが
北海道の一部以外ではことごとく不作。

今見受けられるキャベツはみんな
日本で作出されたものという説には
妙に納得させられますね。



関西は柔らかい春キャベツの消費は少ない。

ともに大阪生まれの大阪育ちの
板前歴 50 年のおじさんと
男性遍歴 50 人のおばさんが
「粉(こな)もん」文化には
固く結球したキャベツがいい!という説を
論じていましたが!果たして?!

恋愛に信用のないふたりのことですから。
ま!キャベツと恋愛に
なんの関係もなかったですね。はは。

「キャベツは有史前から人間が食べていた」
なんていっていましたが。

「あかちゃんはキャベツから誕生するから」

あんたたちはヨーロッパ人か!
典型的なモンゴロイドの容姿なのに。



ま!実のないはなしはさておいて
私の定番料理の「キャベツの素炒め」で
命をつなぎます。

今日は庭の
庭といっても貧民にはベランダのことですが
山椒の葉を多量に採取したので
いっしょに炒めます。

たいていオリーブ油で炒めますが
油にこだわりはありません。

肉とか他の野菜とかは入れません。
入れてもかまわないのですが
ないから入れません。
負け惜しみじゃないけど
入れなくても十分満足しています。

おまじないほどの塩と胡椒で調味。
blog91キャベツ.jpg

撮影するので
見栄を張って昆布茶も加えましたが。
画像になんの変化もありません。

ウスターソース!醤油!
マヨネーズ!ラー油!
なんでもあるものをかけていただきます。



今日はさらに見栄を張って
かつおぶしをのせて酒を飲みます。
blog92キャベツ.jpg

納豆をおいて赤米ごはんを食べました。
blog93キャベツ.jpg

フライパンに少々汁があったので
はったい粉(はだか麦粉)を混ぜて
かきまわして塩を足して
砂糖をパラパラしましたが。
blog94キャベツ.jpg

ふしぎな味です。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レモンのすき焼き?! [だまって食え!]

レモンをころがしたままです。
blogレモン01.jpg

大阪市立長居植物園で
みっつ 200 円で買った大きなもの。

レモンはあれば食べます。
揚げものなんかについてくれば
絞った後に食べてしまいますが。

ごはんがあれば
醤油をつけてお惣菜(?)の 1 品です。

でも!
ハラいっぱい食べるものでもないですね。

煮て食べますか。

牛肉とネギといっしょにごった煮。
blogレモン02.jpg

人にいうときには
「すき焼き」をしたといいましょうか。

醤油と砂糖と昆布だしとで調味。

レモンが苦い。
苦味がたまりまへんなぁ。

ビールがすすみます。
赤ワインをがぶりと飲めます。
酒蔵見学で買ってきたにごり酒がうまい。
ま!ただの酒飲みですかも。

すき焼き風に
生たまごをつけて食べるのもいいかも。
保証はしませんが。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スパゲティ ふきのとう酒粕味噌 [だまって食え!]

この季節に山中を彷徨すれば
「ふきのとう」が得られるはずなんですが
今年はまだ出合うことがありません。

道端の無人販売所などで
入手はできますけどね。

酒蔵めぐりばかりしていたので
酒粕がたくさんあります。

酒粕に酒をたっぷり振りかけて
電子レンジで少し加熱。
柔らかくなった酒粕と田舎味噌を
フライパンに入れて
加熱しながら混ぜ合わせ
砂糖を入れてみました。

ふきのとうをきざんで加え
醤油とごま油をたらしました。
blog粕ふきのとう.jpg

これでウイスキーをなめてみます。
芋焼酎を飲んでみます。
やっぱり!酒蔵から持って帰った
菊正宗の辛口の冷酒が合うのかな。



スパゲティを茹でて
ふきのとう酒粕味噌をのせて!晩ごはん。
blog粕ふきスパ.jpg

生のふきのとうをきざんで
たくさん振りかけて食べますか。

ささやかな春。
ささやかなしあわせ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - だまって食え! ブログトップ