So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
もっそうライス ブログトップ
前の5件 | -

淀川の揚げひばり 土筆づくし [もっそうライス]

「淀川で最後まで残っていた渡し舟」
「知ってる?!」

暑苦しい!いわゆる!
大阪のおばちゃんがいっていましたね。

私はクイズ形式の会話は大嫌いなんですが。
そんな脈絡のない質問をするより
答えを最初からいいなさい。

「豊里大橋のところかな。

しつこく聞いてくるので
たまたま知っていたことを答えたら
大いに不満のようです。
知らない!ということばを
待っていたようです。

「左岸と右岸では
「渡しの表記が違いますね。

2、3 度訪ねているので
知っていましたが
おばちゃんはそれも
とくとくといいたかったようで
ご機嫌が悪かったですね。はは。



その豊里大橋です。
blog61.jpg

左岸が大阪市旭区
右岸が大阪市東淀川区。

くだんのおばちゃんは
このあたりの出身らしい。

日本万国博覧会(1970)の開催に合わせて
架橋したのですね。
それで「へいたの渡し」が
廃止になったそうですが。

左岸の表示は「平太の渡し」!
blog62.jpg

右岸のそれは「平田の渡し」!
blog63.jpg

なぜそうなのか!
教えてもらったことがあるはずですが!
忘れました。
今!おばちゃんに
聞いてみる気もありません。



あ!?
blog64.jpg

タンポポ(蒲公英)は
カンサイタンポポばかり。

なんだか安堵してしまいます。
まだ自然が残っているのですね。

頭上でヒバリ(雲雀)が歌っています。
blog65.jpg

「わが背丈以上は空や初雲雀  草田男

広い淀川の河川敷ですが
ころがりまわる人間に
じゃまされないように
営巣できるものか心配です。

あちこちで摘み草!?
つくし(土筆)を採っているのですね。

でも!季節は過ぎていて
ほとんどの頭がほうけていて
硬いものを探すのに骨が折れます。
blog66.jpg

みなさんのそれを見たら
野生の血が騒ぎ
ともかく摘み集めたのですが。
blog67.jpg

この中から硬い頭のもの!
いくつありますやら。



つくしのはかまを取って
ゆでて水にさらします。

ヨモギ(蓬)とタンポポの葉も
湯通しして流水で洗います。

鶏卵と麦ごはんで焼きめしを作り
酒と塩と昆布茶で調味し
つくしとヨモギとタンポポを混ぜます。

「サクラエビ」と書いてあった
アミエビみたいな赤いエビを混ぜたら
きれいでしたが。

醤油の香りを少しつけようとして
あああ!ほんの少しのつもりが、、、!?
黄色だったごはんが
すっかり黒くなってしまいました。
blog68.jpg

ゆでたつくしを酒煎りして
昆布だしと味噌を加えました。

汁が多かったので
なんとなく
はったい粉(はだか麦)を加えて練ったら
まか不思議なものができました。
blog69.jpg

でも!おいしい!
もっと試行すれば
いい 1 品になるかも。

ゆでたつくしを
梅肉(梅干をたたいたもの)で和えただけ。
blog70.jpg

シンプルですが
十分!肴になります。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ふきのとうとニシンの他人丼 [もっそうライス]

以前にもいいましたが。

「他人船」という歌謡曲の発想が
宮川泰著/サウンド解剖学/に
書いてありました。

作曲家の遠藤実がレコード会社の
ミノルフォンを起こしたものの
スポンサーが
他社から歌手の引き抜きを命じても
道義にはずれることができず
ヒット曲は生まれず
悶々としていた時代に
関西にきて
鶏卵と豚肉で調理した
「他人丼」を初めて食したそうな。

親子丼なら鶏肉を使うところ
豚肉を使えば他人丼になるんですねぇ。

その直後「他人船」という曲を作り
ミノルフォン第 1 号歌手の
三船和子が歌い
ヒット曲になったようです。

私も別のところから
この「他人船」の生まれたはなしを
聞いた記憶があるのですが。
それは豚肉の他人丼ではなかったような。
鶏卵と牛肉の組み合わせだったような。

はなしが冗長になりますが
遠藤実の自伝の
「涙の川を渉るとき」の
「他人船」誕生の記には
まったく違うことが書かれています。
他人丼のことはひとこともありませんが。



しかしですね!
「鶏卵」と「鶏肉」が親子丼なら
他人丼なら
鶏卵とウズラ肉だとか
鶏卵とキジ肉とか
はたまた!
ウズラ卵と鶏肉とか
キジ卵と鶏肉とかじゃないと
変じゃないですか。

鴨でもアヒルでもいいですが
ともかく
鳥類じゃないとおかしいのでは。

豚や牛の卵がありますか?!



鶏卵に牛乳を入れ
塩・胡椒・砂糖・醤油を
おまじないほど!ちょんちょんと振り
溶きます。

「ふきのとう」の季節。
blogふきのとう01.jpg

ふきのとうは
アク抜きする人もいましたが
香りが弱くなるので
生のままきざんで卵に混ぜて
バターがなかったので
オリーブオイルで焼きました。

ごはんにのせます。

賞味期限の迫っている
「ニシン(鰊)」がありました。

「みがきにしん」の煮たもの。
たぶん!かけそばの上にのせたら
「にしんそば」になって
高いお代をとれるもの。

丼のたまご焼きの上におきます。
blogふきのとう02.jpg

「ふきのとう」と「にしん」の他人丼。

ニシンは鳥類じゃないけど
卵がありますよね。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀杏のチキンライス [もっそうライス]

東寺の初弘法で(拙ブログ 2018/01/22
鼻をおおいたくなるような
異臭が漂っていましたが。
blog銀杏1.jpg

アラサー(around 30)のおね~さんが
七輪で銀杏(ぎんなん)を焼いていました。

大量に焼けば悪臭充満。

洋服はもちろん
髪や毛穴まで臭いがしみ込んで
デートのとき嫌われるよ。
よけいなおせっかいですが。

しかし!そんなことは忘れるほど
よく売れていましたね。

1 合枡(ます)にてんこ盛りして 500 円!
もちろん殻ごとですが。

郷愁を感じるのか
中年以上のおじさんが買っていました。



初詣で(拙ブログ 2018/01/03
東本願寺から拾ってきた銀杏。

臭い果肉を洗い捨てて干していました。
blog銀杏2.jpg

焼いて売れば
2,000 円ほどになりませんか。はは。

封筒に入れて
電子レンジに入れたらパンぱんパン。
翡翠(ひすい)色の実が出てきます。

ふと!
チキンライスを連想するじゃないですか。
グリーンピースみたい。

チキンライスのレシピはどうでしたか。
ケチャップライスとどう違いますか。

また!ふと!
「ふと!」ばかりの支離滅裂な頭の中ですが
唐突に
池波正太郎の名が浮かびました。

チキンライスは大嫌いといっていたような。

「チキンライスと旅の空」という
池波正太郎のエッセイを集めた
本がありましたね。

あれ?!
それによると
「チキンライスが大好物」とありますが。

旅の空の下で食べるのが好きなんだそうな。
旅に出ると毎日でもよい!とか。

それもトマトケチャップだけで炒めた
上等ではないものが好きだと書いていますね。

こどものときには大嫌いだったのですね。
ケチャップの匂いがイヤだったようです。



鶏肉の切り落としを胡麻油で炒めます。

塩と醤油を振ります。

挽(ひ)く黒胡椒しかなかったので
見栄えが悪そうでも仕方なく加えます。

冷やごはんを電子レンジであたためて加え
ケチャップをどばっと入れましたが。

こんなレシピでいいですか?!
ま!いい!自分で食べるのですから。

銀杏をゴロゴロと混ぜ合わせてできあがり。
blog銀杏3.jpg

せめて!
タマネギでも入れたらよかったのでしょうか。
冷凍のミックスベジタブルならありますが
それを加えたら
「上等」になってしまいそうです。



池波のいうような
単純なものになりましたが。
かれが好んだチキンライスには
グリーンピースはのっていたのでしょうか。



(敬称略)
タグ:池波正太郎
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人参炒め ラーメン炒めごはん [もっそうライス]

毎日!
山中の無意味な彷徨や
市中のあてもない徘徊ばかり
聞かれもしないのに書いたりしているので
ほとんど家にはいないと思われていますが
実際には家にこもっている日が多いのです。

借金取りがきたら居留守を使います。

生きていても死んでしまっても
社会になんの影響もない人生です。



食べるものがありません。
先立つものがないのです。

人参はあります。
あまり好きな食品ではありません。
でも!なぜかたいていあります。

山野の路傍の無人販売所などにあると
つい買ってしまいます。

しかたなく食べていたら
好きなんだと思われて到来したりします。

八百屋のおね~さんに
「うふっ」といわれて
箱で買ったものの使い切れず
大量にくれた居酒屋もいます。

「国産?!

「外国産に決まってるやろ!」

なんか威張っていっていましたが。



人参をスライスして
エノキダケといっしょに炒めて食べます。

翌日はキャベツと炒めて食べます。

つぎの日は白菜と炒めました。

そのつぎの日には
炒め合わせるものがなくなり
素炒めです!はは。
blog991.jpg

調味料を変化させれば
まだしばらく素炒めで食べられるかも。



「わけあり」のラーメンが
安価で売られていました。
blog992.jpg

パッケージと中の調味料が
間違って入っているおそれが
あるのだそうな。

「もしそうだったなら」
「現金と交換します」とか。

いいですよ!引き換えてくれなくても。
安ければいいですよ。

な~んだ!
間違っていませんでした。

麺の3/4ばかりをきざみます。

フライパンに油を敷いて
捨てずにおいた大根の葉を
小口切りにして炒めます。

ごはんときざんだ麺を入れます。

いつもは味つけ麺を使うので
さくさくしているのですが
この麺!硬い!
前もってしばらく
熱湯に浸けておいたほうがいいような。

ともかくみんな炒め合わせて
付属の調味料をテキトーに混ぜます。
小さな加薬類も加えます。
blog993.jpg

焼きそば入りの焼きめし風の炒飯です。
なにをいっているのか分かりませんが。

残しておいた麺と
付属のスープの素をカップに入れ
熱湯を注ぎ
青ネギと唐辛子を振って
スープにしました。

粗食というより
サイテーの食生活なのに
毎日肉を食べて野菜も欠かさず!だの
魚と根菜類を常時食している!だの
健康自慢の人より
病気にならないのですが。


ハイキング仲間になん人かいる
看護師さんたちが
病気になったら
「すぐにいらっしゃい」といいますが
日ごろ私をアゴで使っていて怖いのに
体力気力の弱っている病気のときになんか!
とてもとても!行けません。
自然治癒で治しています。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

私の人日 そばの実の七草粥 [もっそうライス]

正月 7 日の朝まだき
其角(1661 ~ 1707)は詠んでいます。

「とばしるも
「顔に匂へる 薺(なずな)哉(かな)

七草を切っているのです。

飛んだ若草の汁がついた顔の人は
若い女性にかぎりますね。

じいさんやばあさんの顔じゃ
句にならんでしょう。

其角はまた違う年には

「七種(ななくさ)や
「跡(あと)にうかるゝ 朝がらす

独特の「はやしことば」といっしょに
にぎやかに
七草をたたいていたようです。

そんな騒ぎで起こされたカラスも
浮かれて歌い出す朝。



正月七日は「人日(じんじつ)」ですか。
人の吉凶を占う日と
一般にいわれていますが。

吉凶ではなく
子宝がたくさんできることを
祈念していたのじゃないでしょうか。

というのは
正月 1 日を鶏の日
2 日を狗(犬)の日
3 日を豕(猪)の日
4 日を羊の日
5 日を牛の日
6 日を馬の日とし
繁殖を占っていたのなら
人の日もまたおなじ!?

ちなみに 8 日は穀の日
豊作を願っているようなんですが。



「人日」といえば
よく引き合いに出される詩がありますね。

「入春纔七日
はるにいりて わずかになのか

「離家已二年
いえをはなれて すでににねん

「人帰落雁後
ひとのかえるは がんののちにおち

「思発在花前
おもいのひらくは はなのまえにあり

薛道衡(せつどうこう539 ~ 609)の
望郷の詩。
北周の使者として敵国・陳におもむき
なかなか帰れないでいるのですね。

「春に入りてわずかに七日
「顔に出てすでに二年
「あの人に告げるのは雁の帰ったのちかな
「その思いは花の咲く前からあるのに

なんて
換骨奪胎!平仄(ひょうそく)無視で
パクリの漢詩を考えようとしましたが
やめましょう!恥をかくだけ。



やっぱり食い気にもどります。

七草粥を作ります。

が!七草がありません。
ないものはなくてすませるにかぎる!
なんて
檀流クッキングみたいなことをうそぶき
私流の七草粥。

スズナ(蕪)はあります。
年末に某スナックの
新春の飾りつけを手伝ったら
カブラをひとつくれました。

冷蔵庫の底で眠っていたものらしい。
くれるほうも、、、!
もらうほうも、、、なんですかねぇ!
なんとなくおかしいですね。
お駄賃代わりですかねぇ。

後日その店から
バーボン(ウイスキー) 1 瓶と
白菜が 1 株届きましたが。
どういうお考えの組み合わせか
よく分かりませんけどね。
もらっていうのもなんですが
私は 500 円玉でもいい!
現金が好きなんですけど。



カブラを切ってゆでました。

山里から持って帰っている
「そばの実」もゆでました。

ゆでたカブラとそばの実と
だしを取るためにエノキダケを加えて
煮ましょう。

昆布茶と塩を少々。

餅を焼いて
青味に青ネギをトッピング。
blogそば粥.jpg

なかなかのできばえ。自画自賛。



人日の七草粥はできたのですが
はたして!なにを祝ったらいいのやら。
孤閨に吠える夜。



(石川忠久著/冬の詩100選/)
(一海和義著/漢詩1日1首/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - もっそうライス ブログトップ