So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
手のひらを太陽に ブログトップ
前の5件 | -

住吉大社のアイガモ くぷるの蓮根バーグ [手のひらを太陽に]

住吉大社(大阪市住吉区)の
御神田(おんだ)です。
blog01住吉大社.jpg

田植えが終わっています。
ドジョウが大きくなる季節。

わが家のビョーキで口が変形していた
ドジョウが(拙ブログ 2018/06/20
死にました。
blog02住吉大社.jpg

10cm ほど。
2 年前にいっしょにやってきた連中は
15cm は越えていますから
あんまり食べていなかったのですね。

死ぬ数時間前に
水面近くの水草の上にとまっていたので
指でタッチしてみたら
とても俊敏に動いたのですが。

田んぼのドジョウなら
捕食するものが多いので
わが家のドジョウのように
長生きはできないかも。

あれ!?
ドジョウやら虫やら捕っている
アイガモがいませんね。



石舞台の前に 1 羽いました。
blog03住吉大社.jpg

足元を横切って行くものも。
blog04住吉大社.jpg

石舞台の下の池で
大勢バシャバシャしています。
blog05住吉大社.jpg

まだみんな境内にいますね。

もしかして
まだ稲が小さいので
田んぼに入れてもらえないのかな。

田んぼで大きなカモが土をかくと
苗が浮いてしまうので。



反橋(そりばし)の影がありません。
blog06住吉大社.jpg

強風でさざなみが立っているだけですが
なんとなく力が湧かないので
阪堺電車の路面軌道をたどって
北へ帰ります。

「ランチ」ののぼりがあります。
blog07.jpg

「ごはんや くぷる」(大阪市住吉区)ですか。
「くぷる」?!
どこの国の料理でしょうか。

750 円(税込)ならなんとかなりそう。
blog08.jpg

「れんこん入り海鮮ハンバーグ」をもらいます。
blog09.jpg

日本の「ごはん」でした。はは。
蓮根の食感がいいですね。
海鮮!?
その味は分かりませんが!おいしい。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都御苑のトンボ池 モリアオガエルの合唱 [手のひらを太陽に]

気のせいか今年はにぎやかですね。
blog61トンボ池.jpg

くぐもった鶏の声に似ているような。
これ!みんなモリアオガエルの声?!

環境省の京都御苑のトンボ池の
春の公開(2018/05/25 ~ 27)に一番乗り。

産卵場所以外はよく似ている
シュレーゲルアオガエルは
昨年見えなくなったとはいっていましたが
今年は絶滅宣言(?)しています。

ツチガエルはいるらしいのですが
どうしてモリアオガエルは
この池の覇権を握れたのでしょう。

樹上にモリアオガエルの卵塊が
いくつか確認できます。
blog62トンボ池.jpg

今年もおたまじゃくしが誕生しますね。

それにしても!この大量のウキクサ。

昨年も思ったのですが
水面の反射がないと
トンボは上空から池と認識しにくく!
カエルは危険回避に飛び込む場所を迷います。

それに対処していますか。
blog63トンボ池.jpg

枠を浮かせて
その中にはウキクサを
入れないようにしているようですが
すぐ中で繁殖してしまうらしい。

イトトンボはたくさん飛んでいます。

ん!?
イトトンボではなくモノサシトンボ?!
blog64トンボ池.jpg

みんなまとめてイトトンボです!私には。
いいかげんな認識ですみません。



このトンボ池。
平成 6 年(1994)に掘ったくぼみ。
水は地下水と天水だけ。
出て行く水路もありません。

どこともつながっていないのに
私のイメージでは深山にいる
モリアオガエルがやってきたのですね。

ここにやってきたのなら
京都御苑の他の池にもきているはず。

1,000 年の歴史がある池も多いのなら
たくさんきているはず。

さっそく京都御所に確認に行きます。

観光客をかき分けて
承明門も紫宸殿も急ぎ足で抜けて
御池庭に。
blog65京都御所.jpg

カエルの声なんかありません。
blog66京都御所.jpg

「カエル!見たり
「声を聞いたりしませんか?

係の人は「気づかない」といいます。
アマガエルも「知らない」とか。



京都御苑の西南の
梅園あたりを横切る小川。
blog67京都御苑.jpg

なに鴨?!
カモのカップルがいますが
カエルはどうなんでしょう。

閑院宮(かんいんのみや)家の
州浜のある池。
blog68閑院宮池.jpg

ここにもいないようです。

拾翠亭(しゅうすいてい)の 2 階から
九條池をながめてしばし休憩。
blog69拾翠亭.jpg

この建てものは築 200 年!?
池は
もっと古くからあるのかも知れませんが。

「水深が 2m はあります」
「大きなコイやスッポンが棲息しています」

ああ!もしかしたらそれが理由かも。

トンボ池には
モリアオガエルやそのおたまじゃくしを
捕食する水中生物がいません。

なんでも食べるカモが棲んでいません。

サギがやってきても
ウキクサに隠れて捕食されません。

樹木に囲まれ
冬眠できる腐葉土があり
奇跡的に
棲息条件がそろったのかも。

しかし!
それはどのカエルにも有効なはず。
モリアオガエルだけの
天国(?)になったのかは
無知で思考力のない私には分かりません。



古池や 蛙(かわず)とびこむ 水の音

芭蕉が 43 歳のときの句。
晩年となえていた
「かるみ」ではない時期の作でしょうか。

カエルは池だけじゃ生きて行けない!?
古池の周囲には古い林。
古い草原。歴史ある里山。

水の他にも
たくさんのものが必要なのかも。
句はそれを示唆しているのかな。

そういえば!わが家の前の桃ケ池。
水はたくさんあるのに
アマガエルの 1 匹もいません。
他のカエルもいません。

あ!ときどき
ウシガエルの声がするときもありますが
それも多くはありません。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MKバイキング上賀茂 ユリカモメ ヌートリア [手のひらを太陽に]

端からひと口ずついただきます。
blog81.jpg

全種類食べたいから。

「MKバイキング上賀茂」(京都市北区)の
バイキングです。
blog82.jpg

550 円(税込)です。安いです。

年に 1 回以上
みなさんを引率(?)してきているような。
といいながら昨年はどうだったやら。
最近!アラフォー(around 40)の
恋も食事も特別大食いおね~さんと
縁遠くなってしまっているせいかも。

前回きたときも 550 円でした!たしか。

ここには生野菜の種類が多い。
blog83.jpg

プレート 1 枚ですませています。
汁の垂れないものから盛っています。
それでも汚れてきたら最後に
生野菜で覆えばきれいにおさまるでしょ。

だれもなんともいいませんが!性分です。

もうすでにプレートを
4 枚汚して放り投げている人もいますね。
ま!
どんな使い方が正解かどうか知りませんが。

炊き込みごはんにカレーをかけて
うどんもひと口。
blog84.jpg

ソフトドリンク!ビール!アイス等は別料金。
水を飲みながら
おでんとコーンスープでしめます。
blog85.jpg

ああ!おでんは全種類食べていません。
それに白いごはんとみそ汁も手つかず。



賀茂川左岸をくだります。

振り向けば
五山の送り火の船形が見えますよ。
blog86.jpg

おなかがいっぱいで
だれも体を曲げて見ませんね。

「カモメ!?」
blog87.jpg

そうです!ユリカモメ。
今年は飛来数が多いような。
わが家の庭(!)の桃ケ池公園にも多い。
寒さがより厳しい年には
どんどん内陸深くに
逃げてくるような気がします。

京都のユリカモメはお行儀がよろしい。
blog88.jpg

寒くはないですか。
blog89.jpg

群れにも属さず!孤独な鳥。
身につまされます。

飛び石を渡ってみませんか。
blog90.jpg

寂(せき)として声なし。



「大きなネズミがいますよ~!」
blog91.jpg

ヌートリアですね。
blog92.jpg

知りませんか。
私は大河の横で育ったので
フツーに出会っていましたが。

逃げませんね。
ヌートリアも
「食べ放題」をしているようです。



賀茂川の終焉の剣先です。
blog93.jpg

左からきた高野川と合流して
鴨川と名を替えて流れて行きます。

賀茂川を渡りますか。
blog94.jpg

いや!左の高野川を渡りましょうね。
渡れば京阪・出町柳駅ですから。

飛び石に「亀」もいます。
blog95.jpg

おね~さん方!
う回して
橋を探すといい出すかと思ったのですが
なんのちゅうちょもなく渡り始めました。
blog96.jpg

落ちたら冷たいよ!
大胆に!そして注意深くね。

なんだか
いっている私の足が震えて
すべりそうな気がします。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

池田動物園にて [手のひらを太陽に]

池田動物園!

大昔から名前はしっかり知っているのですが
名前だけで
その他のこと一切分かっていません。

岡山市にある民間の施設なら
大阪あたりまではうわさがきません。

岡山駅を通過するときにも
時間待ちするときにも
まったく念頭をかすめたことさえありません。

それが最近!
存続の危機というニュースが
流れていたことをふと思い出して
向かいます。

方向音痴にはよく分からない場所にあります。
案内表示もあんまり見かけませんね。

ん?!
blog81.jpg

迷ってつきあたれば
見上げる丘の上になにかあります。
こちらの建てものも面白い姿。
ロープウェイがあったようです。



その丘か山の裾に池田動物園がありました。
blog82.jpg

入り口を入ったところには食堂。
blog83.jpg

なぜか懐かしい!
古風といえばいいのでしょうか。

暑い!
うだるような蒸し暑さ。
閑散としています。
炎天下にロバがつながれています。
blog84.jpg

ライオンが苦しそうです。
blog85.jpg

動物商の店頭のような錯覚。
そう!みんな
きゅうくつそうな囲いの中にいいます。

これはなんでしょう。
blog86.jpg

やっぱり山肌にある動物園です。
ロープウェイがあった山です。
急な坂道だらけ。
blog87.jpg

踏面が不安定な階段ばかり。
blog88.jpg

存続の危機と聞かされれば
失礼ながらそうかと思ってしまいそう。



世が世であれば岡山藩のお殿さまになる
池田隆政という人が造った
私設の動物園ですか。

「殿さまが豚飼いになられたと」
「おじいさんが嘆息していたものです」と
藩士に連なる家系の人が
私にいっていたことがありました。

現代のお殿さまは最初に
家畜の牧場を開設したらしい。

それから
昭和天皇の第四皇女をめとったのですね。

学歴がない
(大卒ではないというだけですが)人に!
しかもあんな片田舎に皇女が行くなんて
お可哀そうと
皇女と結婚を希望していた人たちが
やっかんでいったとかいわなかったとか。

それもいっしょに聞きましたが。

大昔のことなのに
よく記憶していますね!私も。
もっと実のあることを
覚える努力をしたいもの。



レッサーパンダにはミスト装置がありました。
blog89.jpg

他の動物たちにも造ってあげてね。

そうはできない事情があるのですよね。

アップダウンしていたら
額から滝のような汗が流れます。

動けないのかまったく動いていません。
blog90.jpg

身じろぎもしません。
blog91.jpg

ペンギンは元気なんですが。
blog92.jpg

ガチョウだけやかましい。
blog93.jpg

ガチョウはどんなときにもやかましいもの。

先日!わが家の前の
池に捨てられたガチョウは
あまり鳴きませんでしたね。
不安でおびえていたのかも。
可哀そうでしたね。(拙ブログ 2017/07/13

リーフレットを見ると
100 種類ばかりの動物がいます。
種類は結構多いんですね。
blog94.jpg

この入場者数では維持費が大変でしょうね。



岡山民俗館ですか。
blog95.jpg

園内に民家が丸 1 棟保存されていました。

郷愁を誘われるような縁側で
休息させてもらおうと思ったのですが
風が死んでいて!やたら暑い。



古いタイプの動物園としか
いいようがないですが。
それはそれで面白いのかも知れませんが
施設の老朽化が目立ちます。

そんな思いで立ち尽くしてしまいました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桃ケ池にガチョウが捨てられています?! [手のひらを太陽に]

夕暮れの
わが家の庭(と勝手にいっていますが)の
桃ケ池の畔に大きな水鳥!?
blog0001.jpg

次の日にもおなじところに!
blog0002.jpg

ガチョウ!でしょうか。

だれですか!?
こんなところに放鳥!
というより!捨てたのは?!

ガチョウは水鳥だったような。
それなのに水に入りません。
水に入れば
エサがなにかしらあると思うのですが。

陸上で飼われていたのなら
泳げないかも知れません。

私が気づいてからでも
今日(2017/07/13)で 3 日めですよ。
blog0003.jpg

暑いです。
体重が足にかかって大変そうです。
泳ぎ方をだれか教えてあげて。

いや!それより!
捨てた人!出てきなさい。
事件にして
阿倍野警察署が出てきたらどうですか。

「飛んできたんやろ!」

「あ!そ!じゃ飛んで行くやろ」

老人たちがのんきなことをいっていますが
この個体じゃ飛べないでしょう。

イタチ(たぶん!チョウセンイタチ)が
徘徊していますが
大き過ぎてか!
また経験がないためか!
今のところ襲っていないようですが。



だれだぁ!?
飼い主は出てきなさい!事件になる前に!



(追記 2017/07/14 00:15)
深夜気になって見に行ったら
哀しそうな声で鳴いていました。
blog0004.jpg


(2017/07/15)
日中!姿が見えないので
探しました。
草むらで草を食べていました。
blog0005.jpg

あれ?!
5 羽でした!?
1 羽増えたような。


(2017/07/17)
夕暮れ。
やっぱり!定位置にかたまっています。
blog0006.jpg


(2017/07/19)
いません。
blog0007.jpg

池中探しても姿がありません。
池の畔でいつも喫煙して憩っている
おじさんたちに尋ねると。

「昨日(2017/07/18)」
「動物商みたいな人が捕まえていた」

「肉屋かな」

「いや!ケーサツから頼まれてきたとか」

「天王寺動物園の餌になるんでは」

憶測か推測かいろいろいっていました。

やれやれ。
でも!
なんだかすっきりしない気持ち。
ガチョウの幸せを祈るだけ。

1 週間の騒動でした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 手のひらを太陽に ブログトップ