So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
不謹慎ですが、、、 ブログトップ
前の5件 | -

蛍袋の咲く恵心院 2 足穂の見た風景 [不謹慎ですが、、、]

ホタルブクロの咲く
恵心院の庭で(拙ブログ 2018/06/15
靴を脱いで四阿(あずまや)に座れば
眼下に宇治川が流れています。
blog05恵心院.jpg

向こう岸に平等院鳳凰堂の
屋根の鳳凰がキラリ。

ホタルブクロ(蛍袋)!
「ほたる」?!
あ!「たるほ」!?

これは稲垣足穂(いながきたるほ)が見た
景色かも知れません。

かれは戦後 8 年か 10 年か
ここに住んでいたらしい。

名筆「A感覚とV感覚」!
もっと分かりやすくいえば
「アヌス感覚とヴァギナ感覚」!?
それを執筆した場所なのかも。

なんとなく
「アヌス」「尻の穴」「尻」
尻が光る「蛍」と連想しただけ。
「A感覚とV感覚」は私には難解で
まったく理解していませんが。

その著書の中に
「宇治山の上に立つ白い夏雲」
なんて文章がありますが。

また

「ぼくが死んだら宇治川へほうり込んで
「いざよう波の行方知らずがよい

と!妻にいっていたそうな。

「貧苦」と「酒」だけの人生。
いいですねぇ!媚びない孤高の人生は。

でも!なん度か禁酒を思い立ったらしい。

橋姫さまが住む宇治橋の三の間。
blog00宇治橋.jpg

源氏物語(宇治十帖)の浮舟は身を投げ
秀吉は茶の水をくませたところ。

ここから
足穂は禁酒を思い立って
持っていた酒瓶!
もらいものの灘の白鶴のたぶん上等な酒を
投げ捨てたといいます。

ルビーの指輪もいっしょに捨てたとか。
どうしてなのか知りませんが。
少ない財産のひとつなのに。
誓いを込めてそうしたのかも。

ま!しかし!
やめられるはずがありませんね。
依存症が簡単に治ってたまるもんですか。

はなしの澪(みお)を
宇治川の土手に上げていうと
笑福亭松鶴(6 代)の誓いはこんなもの。
blog000松鶴.jpg

禁酒は初めから
3 日間と決めている用意周到さ。はは。



さらに失礼ついでに書くと
足穂夫妻は変なのですね!私から見ると。

妻の前夫が天理教のなにかになっていて
年に 1 度くらい
九州から大和の教団本部にくるといいます。

会いたいという先方の申し出に
夫婦で会いに行って
いっしょに楽しく飲食しています。
それまで足穂と前夫は
なんの面識もなかったのに。

そんな交友を前夫が死ぬまで
数年つづけています。

私は別れた人にも
パートナーの昔の人にも
絶対に!会いたくありません。
偶然会ったとしても
急いですれ違うだけです。

娘は「私には関係ない」といって
1 度も前夫と会わなかったそうな。

娘にとっては実父なのに。
父のほうが娘に会いたかったのかも。
ま!しかし!と~ちゃんは
浮気してこどもをつくって
母子を捨てていますからね。

私は
娘さんのほうがフツーに思えますがね。

ついでにいえば(澪をはずれるばかりですが)
この妻は夫の愛人の出産に立ちあっています。
夫が産ませた子をとりあげています。

妻は看護婦(当時の呼称)で
助産婦(同上)でした。
だからといってもねぇ!
このあたりのほうが小説になるのでは。



足穂夫妻が
夕食をしている写真がありました。

ビール 3 本だけ。
つまみもなにもなく!ビールだけ。
実につまらなさそうな顔をしています。

ま!こんな夫婦にかぎって
撮影が終わると「がははは」と
大笑いしているのかもね。



(稲垣足穂著/A感覚とV感覚/)
(稲垣志代著/夫 稲垣足穂/)
(アサヒグラフ編/わが家の夕めし/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホトトギスの鳴くころ [不謹慎ですが、、、]

わが家の庭(!)の桃ケ池の
水際をわがもの顔で占拠している
キショウブの花も終わりに近づきました。
blogキショウブ.jpg

ある植物園にて
厚かましい態度のおばちゃんグループが
「これ!ショウブやな?!」といえば
作業している青年は
「ショウブは 1 株だけ」
「あちらの隅にあります」

「なんでやねん!?」
「これがそうやろ!」

「これはハナショウブです」

「ショウブに花が咲いたら」
「ハナショウブやんか!アホちゃう!」

アホはどちらやら。

ま!難しい問題ですね。
ショウブもハナショウブもアヤメも
漢字では「菖蒲」!?
みなおなじですからね。
おばちゃんはアホのままでいいかも。



夜も更けて!することもない孤閨で
古今和歌集をめくれば
夏の歌のところには
「ホトトギス」だらけ。

「五月雨(さみだれ)に
「もの思ひをれば 時鳥(ほととぎす)
「夜深く鳴きて いづち行くらむ

紀友則の歌。

ホトトギスに時鳥の漢字をあてていますが。
古来!他にも
不如帰!子規!蜀魂!杜鵑!
杜宇!田鵑!鵑!等々
書いたりしているようですが。

異名も多い。

網鳥(あみどり)!
ウナイ(ヰ)コ!ウナイ鳥!
妹背鳥(いもせどり)!
クキラ!
掘田鳥(くったどり)!
沓手鳥(くつてどり)!クッテ鳥!
苦帰楽鳥(くきらくちょう)! コイシ鳥!
シズ鳥!シズコ鳥!
死出(士田)の田長(しでのたおさ)!
タウタ鳥!タソガレ鳥!タナカ鳥!
タマサカ鳥!タマムカエ鳥!
宇(とう)! トキツ鳥!
ヌバタマ鳥!
不如帰去(ふじょききょ)!望帝(ぼうてい)!
三月(みつきorみつこ)スコ鳥!無常鳥!
モモコエ鳥!ユウカゲ鳥!ヨタダ鳥!
ラムル鳥!
過時不熟鳥(読み方不明)!

疲れました。
リライトに自信がなくなります。
間違えて書いていたら
笑って修正してください。



霍公!霍公鳥!郭公とも書いていますね。

これはみんな「かっこう」じゃないですか。

図鑑を見ると
ホトトギスもカッコウも
ツツドリもジュウイチも姿は
無知なものにはおなじ鳥に見えます。

大昔には
「かっこう」ということばが
なかったとも考えられますが。

でも!みんなおなじ名前なら
歌に詠んでいる声はどうだったのか
分かりませんね。

ホトトギスは
「ホットトキトキ」とも聞こえたから
ホトトギスになったとか。

カッコウは「カッコウ」と聞こえたから。

歌人のみなさんは
どんな鳴き声を聞いて詠んだのやら。



同時通訳中
「鳴かぬなら
「鳴かせてみせよう ほととぎす
に困ったというのは鳥飼玖美子。

「ほととぎす」という鳥が
英語圏にいますか!?
それこそカッコウ(cuckoo)はいますが。
いたとしても!
日本の詩歌から日本人が感じる抒情を
どう訳せばいいのでしょう。

見かけはカッコウ(cuckoo)
鳴き声と伝説では
ナイチンゲイル(nightingale)に似ていると
訳す訳にも行かないらしい。

結果!
枕草子でも短歌でも俳句でも
英訳せず!
「hototogisu」のままのほうがいいらしい。



ウェールズ人を揶揄(やゆ)し軽蔑すらする
「マザー・グースの唄」の中で
北原白秋はウェールズ人(Welshmen)を
南京人(なんきんさん)と訳しています。
ウェールズ人にも南京人にも失礼でしょ!
カタカナ表記でいいような。

あれこれ翻訳書を広げると
川魚をみんなフナ(鮒)と訳したり
長ければウナギ(鰻)としたり
いい加減さは数えきれません。

困ったもんですね。

固有のバッタ類もイナゴと訳すより
カタカナで書いておいてくれたほうが
教養と想像力のないものには
誤解が少ないような。



(物集高量著/百三歳。本日も晴天なり/)
(中村浩著/動物名の由来/)
(鳥飼玖美子著/歴史をかえた誤訳/)
(平野敬一著/マザー・グースの唄/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅旧院光明殿 鬼のすみか [不謹慎ですが、、、]

10 数匹の
にゃんこに囲まれてしまいました。
blog41.jpg

口縄坂(くちなわざか)の下。

たぶん!のらちゃんでしょう。
この厳寒の折
生きているのですね!心が痛みます。

天王寺七坂のひとつ口縄坂を上ります。

縄に口がついたようなもの!
すなわち「蛇(へび)」ですね!口縄とは。
京(みやこ)に
昔からあったことばのようですが
廃(すた)れたのか!あまり聞かず
今では地方によく残っていたりします。
「くちなわ!」と呼んで
「田舎もの!」と思う人のほうが
無教養の山出しなんですよね。

上ったところに「墓地」の販売の看板。
blog42.jpg

梅旧禅院?!

ああ!脱税と
暴力団の資金源でニュースになっていた
梅旧院はここでしたか。

このあたりは
日本一寺院が集結しているという谷町筋。
あまりお寺が多過ぎて気づかず
いつも通り過ぎていましたが。



以前から評判は悪かったですね。
近隣の寺院や僧侶のうわさでは。

もっとも!金儲けに成功した同業者には
なんやかやいいますよね。

「同業者じゃないですよ!」

ある住職が口を尖らせていいました。

「会社です!営利会社ですよ!あれは」

「ん?!宗教法人梅旧院といってますよ?

「たしかに梅旧院は古刹ですが」

会社の「永代供養」事業に名義を貸して
利ザヤだけを稼いでいるのだとか。

「貸した以上
「今回の事件にも責任があるのでは?

「知らぬ!存ぜぬ!で通しています」

たしか!CMでは
「梅旧院光明殿」といっていましたね。

梅旧院の前に
谷町筋には場違いなようなハデな建てもの。
blog43.jpg

ここが怪しい会社のような!
光明殿株式会社とありますが。
たしかに株式会社!宗教法人じゃないですね。

でもね!猿の尻笑い!?
目くそ鼻くそを笑う類に見えますけどね!
修業のできていない私には。

あちこちで遭遇する墓地の販売。
古刹が墓地を売っているように見えても
働いているのは不動産屋だったり
石屋だったりしていますよね。



なんか腑(ふ)に落ちなくて
口縄坂の南の
やはり天王寺七坂のひとつ愛染坂の横の
大江神社の参道へ。

夕陽岡(ゆうひがおか)の碑の下に行けば
下方にドはでなビルが見えます。
blog44.jpg

仰ぎ見れば「梅旧院分院」とあります。
blog45.jpg

「5,000 基あるそうです」

たしかそう
別の坊さんがいっていたような。

建てものの中に小ぶりな墓石や
着替えのロッカーのような
納骨の仏壇が並んでいるとか。

そのほとんどが売れているというウワサ。
すごいですね。

「もう運営は無理でしょう」
「あのたくさんのお骨!」
「どう処分するんでしょうなぁ」

ひとごとのようにいっていますが。
ひとごとですからね。
処分のときには
ほったらかしにしていた
行政の対応も見ものです。



雨後の筍のように近年増えている
ビル型の納骨や合祀の場所!
場末の居酒屋の酔っ払いたちには
評判がよかったですね。

墓地や遺骨を
普段は大切には思ってはいないのに
完全に捨て切れないのですね。

すると
簡便な墓地が魅力的なのでしょう。

そんな庶民の弱みにつけ込んで儲けて
ハデな生活をしていたヤクザやその情婦を
石子詰めの刑にできないものでしょうか。

現代は宗教に甘過ぎます。
「律」を授けるものがいないからかも。

救いを求めるものは単純で純粋でも
その上で宗教法人を運営するものが
欲望のまま
びらん!怠惰(たいだ)な生活に
おぼれても野放しです。

ご覧なされ!
いつでもどこでも容易に出会う
宗教家という輩の
きんきんきらの王さまのような
いでたちと傲慢さを。

今 1 度!織田信長は現れないものか。

とりあえず!すべての寺社を焼き討ちして
その後!ホンモノの宗教人や
ホントの信者に便宜を図ったらいいのでは。



後漢書の編者の
范曄(はんよう 398 ~ 445)は逸民伝に
戴良という名の人の生きざまを記しています。

「礼とは情が放恣(ほうし)に流れるのを
「防ぐためのもの

放恣に流れないのなら
礼なんかいらないというのですね。

形ではないのです。
心がしっかりしていれば
七面倒くさいことをしなくても
先祖の供養はできるのですよね!たぶん。

余談ながら范曄は
「無鬼論」を書くつもりだったそうな。

鬼とはあの世の人のことでしょうか。

「あの世も霊もありはしない」という主張。

読みたかったですね。

それを書く前に
世間に受け入れられぬ
毀誉褒貶(きよほうへん)ぶりで
その時代の人倫に合わず
死刑になってしまいました。

死の前に
妻にののしられても
生母に頬をたたかれても
平然としていたのに
ただ愛人とは大声で泣いて
別れを惜しんだそうな。

すてきなはなしじゃないですか。
そう思う私は
人倫にはずれて久しいのかも。



(富士正晴著/中国の隠者/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

浮浪雲 最終回 一休は元祖・はぐれ雲 [不謹慎ですが、、、]

44 年の連載に幕――
[浮浪雲]、ここに完結!!!!!
だそうな。

ビッグコミックオリジナル
2017 10.5 号(2017/09/20 発行)の
表紙に書かれています。

すごいですねぇ。
1973 年に連載開始ですか。
blog1.jpg

この方面に暗いので
主人公の
「おね~ちゃん!あちきと遊ばない?」
という
決まり文句しか記憶にないのですが。

TVドラマや
アニメにもなっているようですが
いずれも観る機会がありませんでした。

絵は私には分かりやすい。

作者・ジョージ秋山の作品の中では
もっとどろどろしたもののほうが
私の好みに合っていますけどね。

美保純が世に出た
日活ロマンポルノ「ピンクのカーテン」は
原作も映画も観ていると思いますが。



ジョージ秋山は
「浮浪雲」の読みは最初
「うかれぐも」と考えていたといいます。

どっちがよかったのか分かりませんが。

「はぐれぐも」といえば
一休宗純(1394 ~ 1481)を思い出します。

一休には
名!法名!号!戒名などが
たくさん伝えられていますが
号で一番似合うのが
「狂雲」(狂雲子)ではないでしょうか。

「狂」は精神的におかしいのじゃなく
アウトローを指すのでは。

社会の常識!法律!秩序!しきたり!道徳!
そんなものからはずれた世界。
それを「狂」というのじゃないですか。

いいかえれば!はぐれもの。

一休もまた
「はぐれぐも」を名乗っていたのです。

だれにもアウトローにあこがれがあります。
芸能スターやらアスリートやら大統領やら
目立つ存在。
でも!上にはずれるのは難しい。

ヤクザものやら大泥棒やら
下にはずれるのは簡単かも。
しかし!実際!下にはずれてみても
その道を極めるにも実力が必要ですけどね。



上にはもちろん
下にも大きくはずれることもできず
わずか下に情けなくはずれて
うつむいて表に出れば
ほこりだらけの往来に花が咲いていました。
blog2.jpg

たんぽぽ。
狂い咲き(季語で書けば狂ひ咲)ですか。
返り花とか忘れ花ともいいますけどね。

あ!狂い咲きじゃないですね。
これはセイヨウタンポポ。
日本のたんぽぽの常識からは
「狂」かも知れませんが
これは四季咲き!
というより年中咲く習性。

そういえば
セイヨウタンポポの仲間の
わが家の食用タンポポ。
夏に刈り払ったので秋の葉が柔らかい。

苦味が少ないので
味噌とマヨネーズをつけて生食しましょう。
blog3.jpg

魚肉のソーセージもいっしょに。
ソーセージが魚肉だなんて
ソーセージの本場から見れば狂っています。

それに獣肉の腸に入っていないのに
ソーセージと呼んでいいのですか。

「狂」ですね。
その「狂」がいつの間にか
「狂」でなくなっています。

「狂」もうつろいやすいものかも。



一休の 78 歳のときの詩。


 行願固於劫石
  ぎようがんは かつせきよりも かたく

 気概健以鉄壁
  きがいは てつぺきより けんなり

 看々百億須弥
  みよ みよ ひやくおくのしゆみ

 是我腕肘骨骼
  これ わがわんちゆうの こつかくなり


4 歳の女弟子に書いたものだそうな。

死を前にして
やがて須弥をも動かすであろう
かの女の!いや!女性の
腕力の強さを祝ったのですか。

願わくば
童女が成人したとき
その肘(ひじ)鉄砲に悶絶し
腕に抱かれてやすらぎたいと。

これがすらすらいえるのは
「はぐれぐも」だからでしょう。

余談ですが
柳田聖山はこの童女が一休の娘の
可能性を考えています。

私は「看々百億須弥」と「狂雲」から
人間じゃない!
小鳥じゃないかと!
はたまた蝶々じゃないかと
根拠もなく思ってしまいます。

一休なら童女を小鳥として
また!小鳥を童女として
作詩するくらい訳はないと思うのです。



しかし!まぁ!大変!
十数年ぶりに手にする
ビッグコミックオリジナル。

なんにも読みたいものがありません。
だいたい
吹き出しの活字を追うのがメンドくさい。

私はますます狂ってきたような。
確実に狂っています?!
下方に。


(柳田聖山著/一休「狂雲集」の世界/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピース大阪 大阪空襲 [不謹慎ですが、、、]

左が長崎に落とした原子爆弾。
blog01.jpg

投下の前日に撮影したものとか。

右は通称・パンプキン爆弾。
よく似ていますね。
模擬・原子爆弾ですからね。

米軍はこのパンプキン爆弾で
原爆投下の練習をしたのですね。

昭和 20 年(1945)7 月 26 日
パンプキン爆弾が
今!私が住んでいる桃ケ池の近くに
落とされています。(拙ブログ 2009/07/26
blog02.jpg
(中央の上部が桃ケ池)
(72 年前とあんまり地形が変わっていません)

爆弾は爆弾ですから
7 人の犠牲者が出ているようですが。

この順番が広島や長崎と入れ替わっていたら
このあたりが焦土になっていたのです。

そうなると上の地形とは
まったく変わった街に変わっているでしょうね。



大阪城のそばの
「ピースおおさか」
「大阪国際平和センター」に寄ってみました。
blog03.jpg

「さぼりですか!避暑ですか?」

なんて失礼なメールがありますが!
否定したものの
ま!あたっている不謹慎ものですが
暑さを忘れてなんだか寂しい。
blog04.jpg

「刻(とき)の庭」とあります。
blog05.jpg

先の大戦時の
大阪空襲死没者を追悼し平和を祈念する場。

9,000 人を越える氏名がきざまれています。
blog06.jpg

9,000 人といっても
この川瀬宅のように
6 人家族だったという証言しかなく
氏名がそろっていない人も多い。



千羽鶴が捧げられています。
blog07.jpg

こんなところには
千羽鶴と決まっているのでしょうか。

きみ知るや!平池南桑という人の詩。

 閃光炮嫩葉
  せんこう どんようをやく

 紅涙満墟中
  こうるい きょちゅうにみつ

 白塔千羽鶴
  はくとう せんばのつる

 長鳴落爆空
  ちょうめいす らくばくのそら

嫩葉は双葉とか若葉ではなく
若い乙女たちのことらしい。

紅涙は美人の涙ではなく
血の涙を流すと解釈したほうがいいそうな。

千羽鶴は日本しかない日本語。

たぶん!
原爆投下からなん年か後の詩でしょう。

犠牲になった乙女たちを思った詩。



焼夷弾が雨あられ
大阪の街は壊滅しています。
blog08.jpg

その翌日でも
「大本営発表」は
爆撃機 B-29 の大半をたたき落として
勝ったかのよう!
blog11.jpg

なにがどう狂っているんですかね。

「国民がすべて兵役を拒否したら
「大将や中将や士官だけでは
「戦争できなかったのでは!?

「したがって!兵にも責任がある!

私は兵役の勇ましさやこっけいさや
無残さやらを声高にはなす人たちにいって
袋だたきにあってきました。

現役兵として入隊した往年の東宝のスターの
池部良はいいます。

「国民皆兵というから従った
「従わなければ刑務所送り
「軍隊に入るより刑務所送りのほうがばつが悪い

だがつづけていいます。

「ぼくにもう少し猿の毛三本ほどでもいいから
「知恵があったら刑務所送りを選んでいたかも

反面!戦争を大いに喜んでいたものも
いたに違いありません。
かれらには戦争も革命もチャンスなのです。

革命家(!)のチェ・ゲバラのいうことには

「ありとあらゆる種類の人間が
「新しい政府から褒美を獲得しようと

「自分たちの得のために革命を利用しようと

接近してきたそうな。



当時の献立。
blog09.jpg

芋がゆにすいとん。
たくあんにさつまいも。
おいしそうじゃないですか!
特にこの飽食の時代には。

また!戦争体験者たちに
袋だたきにあいそうな発言で!すみません。

当時の防空壕に入ってみます。
blog10.jpg

中に座って合掌。

外のクマゼミは合唱。
今年も暑い夏。



(一海和義著/漢詩一日一首/)
(チェ・ゲバラ著/革命戦争回顧録/平岡緑訳/)
(池部良著/食い食い虫/)参照
(敬称略)
タグ:池部良
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 不謹慎ですが、、、 ブログトップ