So-net無料ブログ作成
不謹慎ですが、、、 ブログトップ
前の5件 | -

被爆の夏 兵は凶器 [不謹慎ですが、、、]

暑い。
大阪市は世界で一番暑い!
と思います。

気温がまだ高いところは
他にもあるでしょう。
大阪の暑さはメリハリのない暑さ!
昼も夜も!
季節を問わず!
だらだらと暑い。
いわゆる世界一のヒートアイランド。

極端に少雨。
全然!降りません。
豪雨に難儀している地方の人には
不謹慎と思えるほど!雨が恋しい。

中原中也風にいえば
汚れちまった悲しみを
洗い流せないじゃないですか。

不快なこと!かぎりなし。



家の前に池があります。

しかし!池の畔は乾ききっていて
雑草もみんなしおれています。

横に水がたくさんあるのに
どうして役に立たないの?!

しかし!
たぶん!私が落とした種子から芽生えた
センダングサが青々としています。
blog91.jpg

はがき 1 枚ならともかく
割り箸ならもう入らないすき間に!
その炎天下のすき間に!
青々としています。

環境が極悪と思い!
同情の涙があふれそうな場所の
この草のほうが生き生きしています。

これまた炎天下の御堂筋の
四六時中!往来の激しい歩道にたんぽぽ!
blog92.jpg

たぶん!セイヨウタンポポ。

私が思うより悪い環境ではないのかも。



暑い 8 月には
心焼ける詩を想起します。

 閃光炮嫩葉
  せんこう どんようをやく
 紅涙満墟中
  こうるい きょちゅうにみつ
 白塔千羽鶴
  はくとう せんばのつる
 長鳴落爆空
  ちょうめいす らくばくのそら

平池南桑の詩。

原子爆弾の閃光は
少女たちの命を奪ったのですね。

いくら千羽鶴を折っても空しいかぎり。
と!解釈したら
テストでは 0 点らしい。

折り鶴が
被爆の空に鳴きながら飛び立つようだと
答えなければなりません。

と!さとされても
私はやっぱり空しく感じます。



李白の戦城南という詞があります。

詞です!
詩ではありません。(拙ブログ 2017/06/07

それはともかく
その詞の最後。

乃知兵者是凶器
聖人不得巳而用之

すなわちしる
へいなるものは これきょうき
せいじん
やむをえずして これをもちいたるを
(訓読・一海和義)

すなわちしる
へいはこれきょうき
せいじんは
やむをえずして これをもちいしを
(訓読・A.ウェイリー 小川環樹 栗山稔訳)

すなわちしる
へいはこれきょうきなりと
せいじん
やむをえずして これをもちう
(訓読・駒田信二)

読む人によって微妙に違う?!
違うように感じます。

兵を用いたのはいいのか!
これから用いてはいけないのか!

暑いから
脳みそが湯豆腐のようになっていて
そんな気がするのかも。

暑さのせいにしてはいけませんがね。



(一海和義著/漢詩一日一首/)
(A.ウェイリー著/李白/小川環樹 栗山稔訳)
(駒田信二著/漢詩百選 人生の哀歓/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪魔の大阪封鎖 [不謹慎ですが、、、]

私の住まいの横に
阪神高速道路が通っています。
24 時間やかましい。
深夜でもパトカーや
救急車のサイレンがおかまいなしです。

今日(2019/06/27)はなにか変!?
静かです。
やかましいのがフツーになっていると
静かになると変に感じます。
地球最後かと思います。
ま!そこまでは感じませんが。

雨です。
空気が湿っていると
なおさら大きな騒音が届くのに。

あ!くるまが走っていません。
blog1.jpg

大阪封鎖でした。
なにもかも。
blog2.jpg

大阪サミット(G20)です。
迷惑なはなしです。
市民の生活がズダズタに破壊されています。
blog4.jpg

こんな辺境で
開催しなくてもいいでしょうに。

物見遊山じゃあるまいし!
政治的なことは東京でしたらいいのに。



東京もまずいですか。
どこか「政治」にだけに特化した場所を
造っておけば!?
離島とか山頂とかに。

国会議事堂もそこへおけば?!
悪徳商人やら詐欺師やら横行する街に
傲岸な態度だけが取り柄(?)の
政治家を集めるのはいかがなものか。

よけいなことですが
政治家はどれもこれも
やがて
肉まんが腐ったような顔つきになるのは
どうしてでしょうね。



各国の要人たちの多くは
関西国際空港を利用するようですが
大阪国際空港(伊丹空港)も
神戸空港も使うのですね。

トランプ大統領は伊丹空港?!

ひと世代前には伊丹市は
「空港!出て行け!」と
いっていたのですがね。

たからかに
「大阪国際空港撤去都市宣言」です。

それで
たとえば防音対策をしろ!なんて
無理難題ばかりいって
空港の周囲の全住宅に
エアコンを設置させたりしたそうな。

まだ庶民に普及のない時代に。

関西国際空港を完成させて
廃止しようとしたら
一転して!
「空港大好き!」に変貌!?
「撤去宣言」はどうしたの?!
「恥を知れ!」という人はいないのかな。

なん度もいって恐縮ですが
沖縄県で嫌われている
米軍基地!
米軍空港をこちらに移転してあげたら
いいと思うのですがねぇ。

空港好きに変節した市民は喜びますよ。
関西も活気づきますよ!きっと。



はなしが
澪(みお)をはずれてすみません。
初めから澪なんてありませんがね。

北上していた低気圧が
台風に変わりました。

風が強くなっただけで
名前を変えられる低気圧も
迷惑なはなしでしょうけど。

それやこれやで
スーパーもコンビニも空いています。

ローソンで
わずか残っているポイントで
おにぎりを買います。

悪魔のおにぎり!?
blog3.jpg

なにが悪魔なの?!

「辛い?
否!

「具がゲテモノ?
否!かつおぶしやてんかす。

「値段が高い?
否!税込み 130 円。

「イラストが怖い?
しかり!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

面白看板でんがな 2018 [不謹慎ですが、、、]

私は収集癖が顕著なような。
カップ麺のフタ(?)を捨てないでいたり
果実酒・薬酒を 270 種ほど作ってみたり
デリヘルのチラシを集めてみたり。
その他いろいろ。

あ!デリヘルとは
いわなくてもいいことですが
風俗嬢を派遣するサービスのこと。
結構!絵面と内容が面白かったのです。

ポストに投函されるのを
楽しみにしていたのに
この集合住宅の連中は目くじらを立てて
チラシ配りの人を排除するので
全然入手できなくなりました。

ま!たいていすぐ飽きて
2 年ほどであっさり捨ててしまいます。
果実酒は夜逃げに持って行けず放棄。

今日もなにかに使えるだろうと
不要なものをため込んでいます。
私はゴミ屋敷を作る素質があるような。



2018 年も暮れて行きます。

写真を撮ってきたらパソコンに移し
不要なものを削除して保存しています。
そのとき!完全に捨てきれずに
ゴミ箱に入れる前に
仮ゴミ箱を作っておいて
なんの脈絡もなくそこへ放り込んでいます。

この 1 年貯めた中から少し拾ってみます。

「コーヒ」は「珈琲」のことです。
blog31.jpg

いいですね。
関西にはこんな表現がまま見られます。
blog32.jpg

だいたい外来語をカタカナ表記するときに
やたら「ー」を使うのはなぜなのでしょうね。

「printer」とか「computer」は
「プリンタ」とか
「コンピュータ」と聞こえるのですが。

それを「プリンター」とか
「コンピューター」とか
「ー」をつける人が多いのが分かりません。

「air」は
その昔は「エアー」表記だらけでした。
最近は「エア」に遭遇することが
多くなったのは!どうして?!

内田百閒は
「boy」を「ボイ」と書いています。
どう考えても「ボーイ」は変ですもんね。

関西弁ですか。
blog33.jpg

昔!漫才で語尾に
「でんがな」か「まんがな」をつければ
大阪弁になるといって
笑いを誘っていましたね。
blog34.jpg

「おもろい」ことは見あたらないのですが。
blog35.jpg

笑ってあげてね。

「飲ます」ですか。
blog36.jpg

「飲ませる」とどう違いますか。
この語尾の活用形は関西弁?!
いや!普通の口語体!?
それとも文語体?!

謙虚ですなぁ。
blog37.jpg

好感度があがりますよ。
blog38.jpg

「昭和」ですねぇ。
blog39.jpg

読めません。
blog40.jpg

下のローマ字を読みましょう。
blog41.jpg

タコ!?
blog42.jpg

軟体動物のタコに
私は「章魚」と書いてしまいますが
「蛸」もよく見ます。
まだまだたくさんの漢字があるのですね。

ほのぼの。
blog43.jpg

こだわる人はこだわる?!
blog44.jpg

余談ですが
こういう骨を収集する趣味の人が
世の中に結構いると聞きました。

分かったようで、、、?!
blog45.jpg

分かる人は分かる!?
blog46.jpg

分かる人は感激する?!
blog47.jpg

わ!?エイズかぁ!?
blog48.jpg

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が
感染する病気ではないですね。
スペルが違いますね!すんません。

なんでやねん。
blog49.jpg

禁酒の誓い!
blog50.jpg

「三日間」とはなんだ!?
6 代目(笑福亭松鶴)らしい表現ですかね。

あ!?
blog51.jpg

松鶴かだれかの声がしたような。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多情の秋 [不謹慎ですが、、、]

わお!
へろへろでひっくり返っていたら
もう午前零時。

今日は遠出!
日帰りのバス旅行。
帰りなんか渋滞で
4 時間半くらい乗っていました。

そして!大阪に帰ってきたら
家に帰りたくない人の飲食に
飲食といっても酒をあおるだけですが
つきあわされて、、、深夜になりました。

私は選ばれた訳でもないのに
「リーダー」と勝手に呼ばれて
「リーダーは」
「最後のひとりまで見届けよ」なんて
勝手に決められて、、、。

話題にこと欠いていますから
いずれ!ブログに書きたいと思いますが。

私は酒が好きではない!
ホントーです。

生ビール!なん杯飲んだか知りませんが
グロッキーになっていたら
居酒屋の女将が
おにぎりを作ってくれました。
blog0299.jpg

大葉(紫蘇)に包んだ
ピリ辛の具の入ったおにぎり。

人情が身に沁みます。

酩酊して 2,000 円しか出していません。
お勘定と割り勘を取りまとめた方!
足りなかったでしょう。

今度会ったとき忘れず集金してくださいね。



バスの中で「森鴎外」の著作を
ときどき拾い読みしていました。

だれでも知っている「森鴎外」を
私は読んだ記憶がないもので。

難解な漢字だらけ。
ま!ルビを振ってはありますが
意味がつかめません。

どこが名作なんでしょう。
どこが面白いのでしょう。
生意気いってすみません。

「魚玄機」という短編ががあります。

魚玄機(ぎょげんき 844? ~ 871?)は
名前はなんとなく知っています。
詩をいくつか残している人ですよね。

「秋怨(しゅうえん)」なんていう題の詩。
秋にはしみじみといいと思いますが。



自歎多情是足愁
(みずからたんず)
(たじょうは これ そくしゅうなるを)

況當風月滿庭秋
(いわんや ふうげつ)
(まんていのあきに あたるをや)

洞房偏輿更聲近
(どうぼう ひとえに)
(こうせいとちかし)

夜夜燈前欲白頭
(よよ とうぜんに)
(はくとうならんとほっす)


魚玄機は女性です。
とびきり!美人らしい。
森鴎外は
ちょっとふっくらした体形を
想像していますが。

その美人が
ひとり寝の寂しさを歌っています。

美しい人なら!絵になりますね。

タイトルの「秋怨」がいいですなぁ。
それに!

「みずから歎ず 多情はこれ足愁なるを

「多情」ですか!?

私もそうです。
毎日恋をしています。
そしてひとり寝です。
親近感が湧きますねぇ。

私の多情とこの詩の多情と
意味が違うのかも知れませんが、、、。
たぶん!違うのでしょう。

ま!細かいことはいい!
お勉強する気はないのですから。



古来!この詩を有名無名の
多くの人が訳しているようです。

オラも訳すべぇ。


「また恋をして 秋の月

「透けてたたずむ 女郎花(おみなえし)

「風のゆくえが 見えぬまま

「枕を濡らす 歌ひとつ


試験なら
あんまり点数をもらえませんね。
もっと欲情していないと。



(森鴎外作/魚玄機/)
(石川忠久著/秋の詩 100 選/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歯医者さんにくすぐられる?やせた豚! [不謹慎ですが、、、]

私をアゴで指図していた
生意気な(!)刀自(とじ)が
丸山明宏の「エンヤコラ」がいいと
いっていたことがありましたね。

「ヨイトマケの歌」というのでしょうか!
母親が「土方(どかた)」をしていたという
(なんだか私には)夢のない流行歌。

とても貧しくて!大変汚い格好で!
学校でイジメられていたけど
かあちゃんの働く姿を見て
一生懸命に勉強したという内容かな。

「高校も出たし 大学も出た
「今じゃ機械の 世の中で
(半世紀前の歌詞です)
「おまけにぼくは エンジニア

「かあちゃん見てくれ この姿

立身出世!
末は博士か大臣か!
貧しい家の子が励んで
名声や地位を得ることこそ
理想的な生き方?!
軍国主義の時代の修身の推薦のような歌。

くだらねぇ!と私は思います。
貧乏人の子はみんな
未来があるという思想なんか。

不幸にして(?)金持ちに生まれた子は
どうすりゃいいの。
生きる資格がない!?
奈落の底に落ちるしかありませんか。

豚は努力しても
木にはのぼれないのです。

持って生まれたセンスは
変えようがないのです。

努力してもムダです。

なん万頭の豚の中には
努力したら木にのぼれるものが現れるかも。
それはフツーではありません。
他の豚は努力してもムダというものです。



私はやせた豚か
豚以下の存在です。

体力はない!
運動能力はほぼゼロ!不器用。
容姿は悪い。
音感はまったくない。
他にも協調性がないとか
整理整頓ができないとか
ないのものをあげればキリがありませんが。

あ!生家におカネがないことは
いうまでもありません。

それでも私の母は
「勉強すればいい」
「学問すれば世に出られる」
なんていっていましたが。

勉強もなにも!
脳みそがはち切れそうな人が
努力しても大変な世の中で
頭の中が委縮しているものが
どうしろというの!?

産んでくれた人と
議論をするのは悲しいので
敬して遠ざかる道を選んで幾星霜。



なんて思いを巡らせていたら

「もっと!口を開けてください」

歯医者さんがいいます。

リラックスして!といわれれば
自然と口を閉じてしまい
舌を動かすな!と聞けば
自然によけいに動いて
舌を置くところを探します。

なん年ぶりでしょう!歯科医院にきたのは。

硬いものが好きで
夏はかち割り氷(ぶっかき氷)を
ガリガリかむことを習慣にしていたら
歯か欠けて!
縦に裂けて(?)それ以来です。

今回は上から見たら丈夫そうなのですが
横穴が虫歯で開いて痛んだからです。

完全ではありませんが
歯は同年齢のものに比較すれば
丈夫でした。

ああ!なにもかも劣っている豚の身ですが
歯だけは少しだけいいか
ま!標準に近いかでしたね。

おかあさん!
歯を丈夫に産んでくれてありがとう。

欲をいえば
歯より運動神経か脳細胞かが
人並みだったらうれしいような。はは。

その歯のよさも崩れてきましたか。
もう人生「おしまい」ですね。



それにしても
どうしてこう緊張するのでしょう。
歯の治療は痛くもないのに。

「くすぐる」ことといっしょでしょうか。

自分で自分の脇の下でも股間でも
さわってなんともないのに
他人にさわられたら
さわられることは分かっていても
どうして身をよじるのでしょう。

単なる小心ものということで
片づけてもいいのですが。

他人を信用していないということでも
いいのですが。

自分の手なら動きが読めますが
他人の指は予測不能ですからね。

それが不安なのかも。



たまたま行った
(私は常連では決してありません)
場末のこ汚い居酒屋の深夜。

あるおばあさんが
「いっぺん寝ようか」といえば
あるおじいさんが
「おまえと寝るくらいなら」
「ひとりでするわい」
「ひとりならかゆいところに手が届く」

「どこがかゆい!?かいてあげる」

そういう意味で
いってはいないのでしょうけど。

「よけいにかゆくなるやろ」

というなんだかとんちんかんな会話は
前述の「くすぐり」といっしょでしょうか。

ちょっと違いますか。
違いますよね。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 不謹慎ですが、、、 ブログトップ