So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
西田辺探検記 ブログトップ
前の5件 | -

今年も七夕がやってきた [西田辺探検記]

「“たなばたまつり” と書いて貼っておいて」

場末の変な(顔という人もいる)
居酒屋のおじさんがいいます。

たなばたまつり?!七夕祭!?
描きにくいですね!嫌いです。

だいたい「七夕」を
「たなばた」と読むなんて
日本人はエラいですねぇ。

今年もまた広げてみます。
日本の行事や思想に影響している
6 世紀の荊楚(けいそ)歳時記を。
毎年おなじことをいいながら
広げているような。はは。

それには
「七月七日牽牛・織女 聚会の夜と為す
とありますが
「たなばた」なんてことばはありませんね。

重いので寝室のドアストッパーにしている
広辞苑を引いてみます。

「中国伝来の乞巧奠(きこうでん)の風習と
「わが国の神を待つ “たなばたつめ” の信仰とが
「習合したものであろう

そうですか!
たなばたつめ(棚機つ女)ですか。
では「たなばた」は
「棚機」と書かねばならないのは。

五節句のひとつ
7 月 7 日の夜
すなわち「七夕(しちせき)」に
日本語をあてたものですか?!

「酌婦」に「なかい」
「青少女」に「おちょぼ」
「宿引女」に「おじゃれ」と
ルビを打つようなものですか。

たとえが悪い?!
「睾丸」に
「きんたま」と打つようなもの、、、?!
よけいにたとえが悪い!?
すみません。

結局!私としては
「七夕」には抵抗を感じるので
「たなばた」と平仮名!
ついでに「祭」はカタカナ(?)で
「たなばたフェスタ」と描いておきましたが。

紙代とインク代を出しなさい。
ラミネートもしてきたよ。

「いるの?」

バカやろ~!
人が動けば経費がいるのです!日本では。

女の子が喜ぶイラストを入れろだの
紳士のひんしゅくを買わないようにだの
文句ばかりいっておきながら。



「笹がきた」といいます。

注文したからきたんでしょうが。
おカネもないというのに
2,000 円も払ったの?!
こんな 2m そこそこの竹に。

「昨年の短冊と飾り!」
「どこに保管したのか分からん」

捨てたのか
どこかの寺社で燃やしたのでしょう。
なんでそんなものの使い回しを考えるの!?

「あ!あった!」

バカやろ~!
それはクリスマスツリーの飾りでしょうが。

短冊を
お客に書かせたらいいのじゃないの!

「客に字を知っているヤツがおらん」

あんたが一番「識字」サイテーでしょうが。

あ!余談ですが「識字」に
「よみかき」とルビを打てますかね。

「短冊!いっぱい下げておいて」
「あ!オレの名前で」
「“Rちゃんがほしい” とか」
「“嫁さん!帰ってきて!” とか」
「書かないようにな」

それしか思い浮かばない。



「川柳か俳句を書け」

エラそうにいうな。
エラそうにいいたいのなら
先にカネを出せ。

「なにか呑め ここは飲み屋だ なにか食え

200 円のトマトと
ビール 1 本を 3 人で分け合って
2 時間いる客がいるそうな。

「注文は ひとりがひとつ 以上しろ

これを 30 枚ばかりコピーしておきましょう。

なにかご不満でも!?
もっと書けばいいんでしょ。

「寝るのなら帰れ!
「15 分にひとつ注文しろ!
「よその店をほめるな!
「オレの女をくどくな!
「店内でブラをはずして乳のあせもをかくな!

5 7 5 にもなりゃしない。



某寺院で見つけました。
blog991.jpg

「そらまめ いっぱい たべたい。

感動しました。

近くの大阪メトロの駅構内の笹飾り。
blog992.jpg

造花の竹(笹)!?
いいですねぇ。
これを買っておきなさい。
来年も使えるよ。
来年まで店があったらね。

店が存続するように
みなさん!
「たなばたフェスタ」に行ってあげて。
飲み放題!食べ放題!時間無制限!
格安です。

居酒屋いわく格安だそうです。
知らんけど。



(宗懍著/荊楚歳時記/守屋美都雄訳注/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビールの詩 度数は高し [西田辺探検記]

アルコール分が入っていたら
なんでも酒類と認定して飲んでしまいます。

値段で選んで買うので
ビール(?)は
「新ジャンル」のものが多い。

もっとも隠す訳じゃないのですが
「新ジャンル」だの
「第三のビール」だの
ただ!発音がしにくくて
「発泡酒を飲んでいます」と
簡便に会話しています。

ウソといえばウソ!
すみません。

どこのスーパーにも
70 円から 90 円くらいのものがあります。
blog01.jpg

自販機の果汁も入っていない
飲料水より安い。



ホンモノのビールは
歳暮などの到来ものがあるときだけですが
ビール状のものは夕食時に必ず飲みます。
ウイスキーやら焼酎のほうが好みなんですが
これらも飲まねばならないのです。

今年も深夜に「なめくじ」を捕っています。

紙コップにビールを
いや!
新ジャンルのビール風なものを入れて
植木鉢などに置いて待ちます。

昨年キリがないほど捕れました。

今年は 4 月の中旬から始めて
10 個しかけて
1 日平均 5 匹程度。
あんまり捕れません。
ゼロの日も。

こうなれば
「大間(おおま)のマグロ」釣りとおなじ!?
ファイトが湧きます!

たまにかかるんですね!大ものが!
blog02なめくじ.jpg

やれ!うれしやな。
でも!
どこに隠れていたんでしょうね!今まで。
集合住宅なのに独立(?)していて
4 周にほぼなんにもつながりのない
地上からもかなり離れたところなのに。

そんな訳で飲まねばなりません!?



「新ジャンル」を 350ml 1 本飲めば
正確には
「なめくじ」のおあまりを飲んだだけで
もういらなくなるこのごろ。

さらに飲むのなら
ウイスキーにしたいもの。

ところが
割り勘で飲むときには
あっという間に 4、5 杯の
ジョッキを干してしまいますが。

割り勘のときには
アラフォー(around 40)のお局さまのうちの
たいてい!だれかといっしょです。
かの女たちは
発情やまず(それは飲食に関係ないのですが)
底なしで飲むものですから
つられて(?)さらに 4、5 杯いったりして。

つられても!おいしいです。



ということは
「新ジャンル」はおいしくないのかも。
そんな味のことなど
考えもしないで飲んでいましたが。

スウェーデン娘!
娘といっても
アラサー(around 30)でしょうけど
漫画家のオーサは
日本にきて間のないころ
ビールだと思って
発泡酒ばかり飲んでいたそうな。

「それがまずい!」
「二日酔いもひどい」とか。

ビールではないと知らなかったのですね。
安いから飲んでいたのですね。
オーサのブログ 2018/02/25

やっぱり!まずいのかなぁ!

居酒屋の割り勘のものは
ホンモノのビールですからね。



啤酒尤伝免恨名
創于湃認路易傾
吾曾入飲王酒店
三千人酔飲如鯨

近代の詩ですね。
清の康有為(1858 ~ 1927)の
「ビール」をうたった七言絶句。

ひしゅは もっともつたう めんこんのな
はいにんの ろいの けいよりはじまる
われ かつて わんさけてんに いりてのむ

と読みたくなって
読んだら!さっぱり分かりましぇ~ん。

最後の 1 行は分かりますが。

「三千人の人が酔いて」
「飲むこと鯨の如し」でしょうけど。

ビールはもっとも伝うミュンヘンの名
バイエルンのルイのケーニヒよりはじまる
われかつて王の酒店に入り飲む

と読むのだそうな。
「王の酒店」とは
王の名前が屋号になった飲み屋らしい。
中国人・わんさんの酒屋じゃないそうな。



スナックのおばちゃんが!
いや!美人(だったという人もいる)ママが
缶チューハイをたくさん
自転車に積んでいました。

「どうすんのよ?!

「お客さんに出すんやんか」

缶チューハイを?!
グラスに入れて提供するんですか!

「流しの下でこそこそとそそぐのですか?

「お客の前で堂々とつぐよ」

それで高いお金が取れるのですか。

「原価 10 円のものでも」
「90 円の愛嬌をのせて 100 円で売るの!」

にっ!

あああ!了解!笑わなくてもいいです。
陽の下では白塗りの美しい(?)お顔が
土用干しの白漬けの梅に見えますから。



しかし!どの飲みものも
アルコール度数が異様に高いですね。
blog03.jpg

「9 %があたりまえやね」

そうなんですか。
この街は!いや!日本は
アルコール依存症が蔓延してきたらしい。



(一海和義著/漢詩一日一首/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クリスマスパーティのたこ焼き [西田辺探検記]

「まゆげとね まゆげの間に シワ寄って
「だまってたはず なのにばれてた

短歌でしょう!短歌です。
本上まなみの若いころの歌。

ギリシアあたりで
「あんまりなじめないなあ」と思いながら
食事をしています。

黙って食べていても
傍(はた)から見ると
心を読まれていますか。

今年最初で最後にしたい
クリスマスパーティ。
そんな歌を思い出しながら
会場を見渡します。

みんなそんな顔をしていないから
今夜の料理は大丈夫なのかな。



またまた!ボランティアです。
場末の居酒屋の狂乱(?)パーティです。

厨房内ではいろいろあります。
どうかなと思うこともあります。
目をつぶらざるを得ませんか。

先日!世界の厨房を巡ったパティシェが
インドの有名スイーツ店の
厨房の不衛生を語っていましたが。

人任せではなにがどうなっているのか
恐ろしいことでもあります。

大正・昭和の文壇史に散見される
菊富士ホテルには
とても「潔癖症」がいたそうですが。

ちなみに菊富士ホテルは
その時代にはとても高級な
下宿屋(?)のようです。

竹久夢二のたくさんの作品が
生まれた場所と記憶していますが
谷崎潤一郎や尾崎士郎や宇野千代や
上げたらきりがないほど
文士や学者や芸能人が投宿していたとか。

そこに後に
ショーペンハウエルの著書の
翻訳者として著名になる人がいて
手紙なんかは
火箸でつまんで受け取り
消毒してから開封したほどの
異常な(?)潔癖症だったそうですが。

潔癖症でも食べなければなりません。
茶碗をていねいにふいてから
自分でごはんをよそわなければ
気がすまなかったようです。

ま!どんどん不信感が増せば
外食なんてできませんけどね。
最後には自給自足!
自分で蒔いたタネから育てたものしか
食べるものはありませんけどね。

そんなつまらんことを考えていては
パーティでは面白くありませんね。
もちろん!考えている人はいません。
たぶん!いません。



大阪人のパーティですから
今回もたこ焼きを出しました。

「こら!こら!」
火器の前でちゃらちゃらするんじゃねぇ!
blog1.jpg

小学 6 年の男の子が自分で女装(?)して
はしゃいでいます。
親の顔が見たい!
と思ったら
横でサンタクロースの格好でたこ焼きを
焼いていましたか。

かの女が高校生のときから知っていますが
立派な(?)ギャルママになっていました。

もう!卒業させてください。
こんなクリスマスパーティは。
十分!亀の甲にコケが生えて
隔世の感があります。
もう!かの女たちの時代です。



ああ!今回はきれいに焼けましたね。
blog2.jpg

ここはいつも会津屋方式(?)のたこ焼き。
粉を溶くだしに醤油を入れるので
焦げやすく!
シロートが焼くには難しいのですが。

昼間にスナックのおばちゃん!
いや!失礼!ママさんたちが
ボランティアで溶いていましたが
どうしても!醤油味にしたいのですね。

毎年 50 リッターだか
60 リッターだか大量に作っていますが
いつも最後になんリッターだか残るので
下水の口まで運んで捨てるときが
「たこ焼き」の私の出番です。



「たこ焼きは
「たこ焼き用の鉄板がないと作れない

と!池田満寿夫が書いていましたな。

もっともなはなし。

しかし!池田は
フライパンでたこ焼きを焼いてみたそうな。
ちゃんと!たこ焼きの味になるそうな。

試してみましょう。
残ったドゥ(dough)を
捨てる前にひとりで
「フライパンたこ焼き」を作るつもり。

作れませんでした。

今回は
あまりにも快調に焼きつづけられて
ドゥはまったく残っていませんでした。



「日当をくれ~!

調理には参加していませんが
なん日も前からの案内やら会場設営やら
拘束時間は相当なもの。

「お正月までに善処します」

たぶん 3 分もすればそんな約束!
ころりと忘れてしまう
便利な脳みそを持っている居酒屋です。

善処したためしがない!

アラフォー(around 40)の
フカ(のように飲む)おね~さん
2、3 人で両脇を固めて
そのあたりのウイスキーを
あおってやるからね!ホントにもう。



(本上まなみ著/ほんじょの虫干。/)
(羽根田武夫著/鬼の宿帳/)
(池田満寿夫著/男の手料理/)
なんか思い出しました
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クリスマスツリーのトップスター [西田辺探検記]

「あんな!ツリーな!」
「ベツレヘムやて!」

場末の
小汚い(という人が 9 人ほどいる)
居酒屋がなじるようにいいます。

「クリスマスツリーのトップスターは
「ベツレヘムの星というのが
「正式名称だという人がいましたよ。

通訳したらこんなぐあいかな。
会話でもメールでも
短くて意思の疎通が図られるのなら
より短いほど文化度が高いのでしょうけど
文化度がとてもとても高く!?
判じものみたいな会話をする人多し。

あたいら!おフランス人!困っちゃうだ。

それはともかく
神学生(?)にそう聞いたらしい。

「それがなにか?

「あんたはいつも」
「ダビデの星というとるやん」

「ああ!そうでした?
「すみませんでした。
「じゃ!さようなら。

「ああ!用事!用事!」

ん!?
クリスマスツリーを出せというの?
依頼するのにエラそうに。

「で!その星はあるの?
「昨年なかったでしょ!?

「10 年前からない!」

なかったらなんとかしなきゃ
クリスマスツリーにならんでしょうが!
ま!形だけで
中身のないことにだけ腐心する人に
説教は無意味なのでいいませんが。

大昔におもちゃ屋勤務のおじさんから
飲み代のツケの一部として
ぶんどったツリーは
そうとう色褪せてくたびれています。

3 段に分かれているのでは。

「下の段は!?

「それだけやで!残ってるのは」

ははぁ!紛失していて組み立てられず!
私に要請かな。

それなら仕方がない!
上 2 段だけでも
小学低学年の児童の背丈ぐらいあるでしょ。
それでいいじゃないですか!
夜中に客がくるショーバイですから
暗くてごまかせられるでしょ。

あ!つなげない。
つなぎ竿みたいに差し込む構造なのに
結合部が破壊されています。

ほうきの柄で添え木を作ります。

「なんでもやっつけるねぇ」

したくはないけど!
しなきゃ帰してくれないでしょ。

ほうきのついたクリスマスツリー!
ご覧あれ!
どこの店とはここではいいませんが。



街中!クリスマスツリーだらけ。
blog001.jpg

さすがにトップスターはありますね。
blog002.jpg

あれ!?てっぺんに星がない!
blog003.jpg

どうして!梅田の真ん中で
大勢が見て通るのに!いいの?!

日本の教会もキラキラにする時代ですか。
blog004.jpg

しかしまぁ!
こんなにキリスト教徒(?)がいるとは。

そういえば
大昔!初めて北京に行ったとき
泊まったホテルのロビーに
大きなクリスマスツリーがあったのに
驚きましたが。

かの地に宗教はあったの!?
あるのは毛沢東教?!
または儒教や
道教だろうという浅い認識で
油断していたのです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

七夕のウルトラマン [西田辺探検記]

「今年も七夕祭をしたい」

ある場末の
左前(と思っている人が多い)
居酒屋がいいます。

「あ!どうぞ。

「手伝って」

「イヤですよ!
「過去!日当をくれたためしがない。

「ビールを好きなだけ飲んで」
「枝豆を腹いっぱい食べてもいいから」

「いりません!ビョーキになる。

「他に頼めるとこがない」

「家族も友人もみんな逃げたのなら
「愛人に手伝わせなさい。
「日ごろ 10 人いると
「自慢しているじゃないの?

「すまん!ウソついてた!」
「みんな他人(ひと)の愛人」

「じゃ!イベントをやめたら。

「なにかしていないと暇で気が変になる」

あ!これ!
どこの店のことか
想像をめぐらせないでくださいね。
あ!そう!
架空のはなしですよ!架空。
半分!いや全部ウソですからね。



「雨!降るよ!梅雨だもん。

「表にテント(タープ)立てて」

「どこにあるのよ!
「ひとつは壊れて
「使用不能になったので捨てたよ。
「ひとつは天井と梁の骨が折れているよ。

「前回!使っていたのはなんや?」

「大工の棟梁が
「ほうきの柄で添え木を作ったの。
「たたむとき!
「その添え木が天幕を突き抜いた!
「見事に!はは。

「4 隅を立てて!」
「上にブルーシートを架けてよ」

いよいよ!ホームレスのパーティかぁ。

「ひとつじゃ狭いでしょ!
「百人も呼ぶのなら。

「166 人に声をかけるつもりやけど」
「4分の1もこないやろなぁ」

「嫌われているからね。

「違うわい!」
「お客がみんな年をとって」
「足腰が立たなくなってるんや!」

「それでもひとつじゃ無理ですよ。
「それに降らなくても!
「あかりを吊るすためになにかいるでしょ。



「花屋が笹を持ってきた」

「注文するからでしょ。

なにを考えているのでしょうね!
カネもないのに。
街角のおタヌキさまのところの
竹を切ってくればいいのに。

「短冊を下げて」

「お客に書かせなさい。

「だれも書いてくれへん」

そんならいらないでしょう。

よく考えたら
なんのための笹飾り!短冊でしょうか。
世間の人はどうしているのでしょう。
星に願いごとをするのですか。
星は神さまですか?!


「笹の葉さらさら 軒端に揺れる
「お星さまきらきら 金銀砂子

「五色の短冊 わたしが書いた
「お星さまきらきら 空から見てる


「たなばたさま」の歌詞。

「七夕(たなばた)」に
「さま」がついています?!

ま!この店は
年末のクリスマスツリーに
ベツレヘムの星も
ダビデの星もなんにもない!
紛失して久しいクリスマスツリーを
臆面もなく飾っていましたからね。

星がなければ
クリスマスツリーじゃないでしょうが!

リクツをいってもムダですね!
バチあたりに。



五色の紙を切って短冊を作ります。
先日メールでもらった
アラフォー(around 40)のおね~さんの
句を(拙ブログ 2017/07/03
無断で書いてしまいました。ごめんなさい。

では私も山頭火風に 1 句。

「ね、キスして もう熊蝉が 鳴きだした

なかなか名句(迷句)だと自画自賛しても
ちょっと気恥ずかしいので
昔ハイキングの相棒だったアラフォーの
発情おね~さんの句としておきましょう。

推敲は不要!思いつくまま五七五。

「香典に しとけと X X X 返さぬ気

「X X X」はこの居酒屋の名前です。

「三分だけ おいらのちんちん ウルトラマン

これは
「X X X」が作った川柳にしておきます。

なんて 40 枚
だれも読みはしないでしょうから
いい加減に書いて下げておきましたが。
白紙でもよかったような。



宋の范成大(1126 ~ 1193)が
皮肉っています。


 朱門巧夕沸歓声
  しゅもん こうせき かんせいわく

 田舎黄昏静掩扃
  でんしゃ こうこん しずかに けいをとざす

 男解牽牛女能織
  おとこは よく うしをひき
  おんなは よくおる

 不須徼福渡河星
  もちいず ふくを とがのほしに もとむるを


七夕の夜!
騒いでいるのは大金持ちの家だけ。
みんな夜になると
昼間の労働に疲れて寝ています。

男は毎日!牛をひいて働き
女は連日!
機(はた)織りに精を出しているのなら
今さら!天の川の牛ひき男と
機織り女になにを求める!?
庶民にはその必要はさらさらないのです。



7 月 7 日になりました。
死んだ父の誕生日でしたね。

父が星になったとも思えませんが
祈りますかね。

「天の川 ひとりさびしく 仰ぎみて
「星の逢瀬を なつかしむ宵

明治の歌人の矢澤孝子の歌。

私もひとりで天の川を見たい性格ですが
今夜は浮き世の義理とおせっかい心で
七夕祭に行かねばなりません。

范成大のいう
大金持ちたち(?)のパーティ!?
どこの星からきたのやら分からない
ウルトラマン!
ま!ウル虎マンたちのパーティ。

みなさん!会費分以上に大酒をあおり
大虎に変身するのですが
私は日当の半分の半分でも飲めるかしらね。



(一海知義著/漢詩一日一首/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 西田辺探検記 ブログトップ