So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
解語の枯れ尾花 ブログトップ
前の5件 | -

舞洲ゆり園 2018 [解語の枯れ尾花]

「鞍馬の竹伐(き)りに行こう」

ほんの数日前に恋多き!
ま!いいかえれば年中発情している!
アラフォー(around 40)のおね~さんが
誘ってきました。
オトコにあぶれたら
なにかとちょっかい出してきます。

「急にいわれましてもねぇ。
「あなたと違って懐中不如意極まれり。
「おごってくれるんですか?!

「すべて自分の経費は自分で!」

「鞍馬寺の竹伐り会式(えしき)ですか。
「あれは恋人とふたりで見るものでは?!

「?!」

「大蛇に見たてた青竹なんて
「非常にエロチックです。
「熟した女たちは
「大蛇(?)を見て興奮するのです!

「行ったこと!あるの?」

「もちろん 2、3 度。

「恋して?」

「もちろん!

「あなたの恋人って!男?女?!」

私をなんだと思っているの!?
引き返せない「道」におしおきして
泣かせてあげようか!



昨日(2018/06/20)がその竹伐りの日。
朝から半端じゃない大雨。
京都行きはあっさり中止。
根性のないおばさんじゃのぉ!
深窓の飼い猫みたいです!表面だけは。

私は仕方なく
なけなしの郵便貯金を出して待っていたのに。
そんな大げさなこともないのですが。

「大阪 舞洲(まいしま)ゆり園」にきました。
blog51舞洲ゆり園.jpg

大阪市此花区の沖の海の中の埋め立て地です。
blog52舞洲ゆり園.jpg

2013 年の開園ですから
もう 6 回目の初夏ですね。
blog53舞洲ゆり園.jpg

「竹伐り会式」のために用意していた
大金(?)をつかいにきたのです。はは。
blog54舞洲ゆり園.jpg

最初の年のゆり園は
砂地に突き刺したような茎が
並んでいましたが
今や園内すべて雑草(?)に覆われて
その緑色がやさしい。
blog55舞洲ゆり園.jpg

今年は球根を 20 万球植え替えて
公称 250 万輪だそうな。
blog56舞洲ゆり園.jpg

2013 年には 200 万輪なんていっていましたが
増えているのかな。



黒い花もありますか。
blog57舞洲ゆり園.jpg

ま!白い色に安心します。
blog58舞洲ゆり園.jpg

根が清純ですから。

「ゆり」は「百合」と書きますが。
球根(鱗茎)がいくつも重なっているから?!

すると!百合は漢語なんですか。

表記は漢字でも読みは
重なっていることから寄り合いの寄り?!
「より」が「ゆり」に変化。(松田修説)

古語の美しいという意味の
ユルから。(松村任三説)

朝鮮語説。(大槻文彦説)

ラテン語説。(松崎直枝説)

一般的には大きな花が揺れるから?!
「揺り」!?

古事記では「さい」ですね。

神武天皇が狭井川(さいがわ)のほとりで
伊須気余理比売(いすけよりひめ)と
寝て(!)います。

「さい」が咲いているから「さいがわ」!
「さい」はゆり?!
ヤマユリのこと!?

万葉集になると
もう「由利(ゆり)」になっていますか。
「さい」はどこへ行ったのでしょうか。



今年のゆり園(2018/06/01 ~ 07/01)も
もう終わりが近いようです。
blog59舞洲ゆり園.jpg

狭井川はなく
発情したおね~さんもいないから
食い気に走りますか。

「ゆりあんまんじゅう」が
売られていました。
blog60舞洲ゆり園.jpg

1 個 150 円!?
40g もないのに。

ゆり根のあんではないですね。
白あん?!
ゆりの花の香りはしましたが。



「君に似る ゆりひらかせぬ
「ゆりに似る 君ねむらせぬ
「山の夜の月      (平野万里)



(敬称略)
タグ:古事記
コメント(0) 

六甲山にニッコウキスゲ大群落?! [解語の枯れ尾花]

「恋ふれども逢ふ夜のなきは忘れ草
「夢路にさへや生ひしげるらむ

(こうれども あうよのなきは わすれぐさ
(ゆめじにさえや おいしげるらむ

古今和歌集にある歌。
たぶん女性の歌。
恋しくても夢の中でさえも会えません。
忘れ草が夢の中まで
生い茂っているのでしょうか。

忘れ草はヤブカンゾウなんかの
ヘメロカリス属の類でしょうか。
干した花は中国料理の金針菜?!
食べれば
くさぐさの愁いを忘れられるらしい。

六甲山でニッコウキスゲの大群落が
咲いているという情報が流れています。
ニッコウキスゲもまた
忘れ草の仲間かも。

六甲高山植物園にきました。

たしかに咲いていますが!大群落でしょうか。
blog71六甲.jpg

忘れ草を見なくても食べなくても
記憶力はかんなくずより軽し!
すでに昨日の天気も忘れていますけどね。



池のコウホネが咲き出しました。
blog72六甲.jpg

せっかくなので
ロックガーデンの中を上り!抜けます。
blog73六甲.jpg

ここには
たくさんの青いケシが咲いています。
blog74六甲.jpg

わ!コケモモ!
blog75六甲.jpg

おいしそうですが採ってはいけませんね。

この季節は「お花畑」です。
blog76六甲.jpg
blog77六甲.jpg
blog78六甲.jpg
blog79六甲.jpg
blog80六甲.jpg
blog81六甲.jpg

みんな名前があるのですね!
あたりまえですが。

「六甲の お花畑に 咲く花は
「みな名のありて みな美しき

名もなく貧しく
小汚く生きているものは恥ずかしい。

そんな反省も
3 歩あるけば忘れる特技がありますけどね。



少しだけ歩いて
「六甲山カンツリーハウス」へ。

広大な芝生広場がたくさんあります。
blog82六甲.jpg

コイ(のオブジェ)が歌っています。
blog83六甲.jpg

上の池では大きなコイや
ときどきマスが釣れています。
blog84六甲.jpg

1 竿 1,000 円。
家族で釣りをしていたら
それだけで 1 日が終わるのでは。
「時間がもったいない!」
「食えもしないのに!」と
ホンキで思う悲しい性(さが)です。

向こうの山の上に
「六甲枝垂(しだ)れ」という
展望用のドームが光っています。
blog85六甲.jpg

標高 900m 付近!
昔はくるくる 360 度回る
展望喫茶店だったのですがね。

1 度のみならず
デート(たぶん!)したことがあったような。



六甲山カンツリーハウスの東口の近くに
「バラの小径 ローズウオーク」がありました。
blog86六甲.jpg

なんという爽やかさ。
下界のバラ園のように
詰め込みではなく横に広い。
blog87六甲.jpg

それに山地だからか
開園期間(2018/06/09 ~ 07/31)が長い!

なにかスクリーンがいっぱい。
blog88六甲.jpg

ほ~っ!?
blog89六甲.jpg

芸術作品ですか。
鑑賞眼はないので通り過ぎますが。

これはなんですか?!
blog90六甲.jpg

よく分からないことばかり。



ん!?
今!リーフレットやミニコミ紙を広げたら
「ニッコウキスゲの大群落」は
六甲山カンツリーハウスの中!?

六甲高山植物園ではありませんでした。

六甲山カンツリーハウスには
中央口から入園して東口に抜けたのですが
「ニッコウキスゲの大群落」は
西口のほう?!
冬季にゲレンデになるところでした。

なんというおまぬけな!
大阪から 1,950 円もする
「六甲・まやレジャーきっぷ(阪急版)」を
購入して行ったのに。
コメント(0) 

野菜まん ジャカランダ 田植えのころ [解語の枯れ尾花]

ジャカランダが咲いています。
blog51ジャカランダ.jpg

大阪メトロの長居駅を上がったところ。
長居公園(大阪市東住吉区)の端っこ。

あびこ筋に面して
「手作り豚まん専門店 龍福」がありました。
blog52龍福.jpg

この近くに本部のある
フランチャイズの「ぶたまん」店?!

「豚まん」とはたぶん大阪弁!
「豚肉」の「饅頭」ですね。
え~ごに訳せば「肉まん」かなぁ。
あ!え~ごじゃないですか。
大阪では
「肉」と簡略にいえば「牛肉」のこと!
豚肉は豚肉と断るのがフツーですね。

ふたつ買って
長居植物園でブランチとします。
blog53龍福.jpg

炒めた(?)野菜があんの「野菜まん」と
白あんとこしあんの「二色あんまん」
どちらも 150 円(税込)でした。



長居植物園は
「紫陽花(アジサイ)ウィーク」
(2018/06/02 ~ 30)中。
blog54長居あじさい.jpg

あじさい園はせせらぎ沿い。
blog55長居あじさい.jpg

人ばかり!芋の子を洗うがごとし。

たくさん咲いてはいますが
ボタン(牡丹)園や
シャクヤク(芍薬)園のような
なまめかしさがないですね。

青い花。
blog56長居あじさい.jpg

案外この色の花が少なく
ふしぎに安堵してしまいます。

赤い花はひと株だけ?!
blog57長居あじさい.jpg

存在感がありますね。



ここには大きなヘメロカリス園があります。

ヘメロカリスの向こうに
カンナ!アメリカデイゴ!
blog58長居ヘメロカリス.jpg

さらに高くジャカランダ!
blog59長居ジャカランダ.jpg

ジャカランダの下のイナゴマメ。
blog60長居イナゴマメ.jpg

今年はたくさんの果実が大きくなっています。

キッチンガーデンではジャガイモの収穫中。
あれ!コスモスが咲いています。
blog61長居.jpg

最近は「センセーション」など
短日性に固執しない花が作出されていますね。

田植えが終わっています。
blog62長居田植.jpg

蓑(みの)を置けば隠れそうな田んぼ。



今日(2018/06/16)は隣接の
大阪市立自然史博物館の「友の会」の
田植えの日でした。
blog63田植.jpg

私は会員ではないけど
バックヤードの田んぼ(!)に行き
見学させてもらいます。

昨年(拙ブログ 2017/06/18)とおなじく
大勢が一度に田んぼに入れません。

初めから終わりまで
活躍した女の子がいましたが
スカートもなにもかも泥まみれです。
blog64田植.jpg

「やまぶきも巴も出(いず)る田うゑかな

許六の句を思い出したりして!すみません。
ちなみに山吹と巴は女武者です。

今年もあまった黒米の苗をもらったので
わが家でも田植えです。
blog65田植.jpg

ああ!ちょっときゅうくつですね。
半分は
どこかに移植しなければなりませんか。
コメント(0) 

蛍袋の咲く恵心院 [解語の枯れ尾花]

源氏物語の
宇治十帖に登場する浮舟(うきふね)は
日本で 1、2 位を争ういい男ふたりと
え~と!あの!早いはなし!
寝ちゃったのよね!どちらとも。

がははは。よかった!よかったね。

それでそのあたりの心境は
モテないものにはよく分からんけど
宇治橋から身を投げたのです。

ま!幸せものはお好きにどうぞ。
ですが!
紫式部はただの好きものじゃない!
「横川(よかわ)の僧都」が救うように
ストーリィをふくらませています。

その僧都のモデルというのが
恵心僧都(源信)だといいます。

紫式部と恵心僧都はおなじ時代!
藤原道長を中心に
はなやかに
輝いて生きていたのでしょうか。

ちなみにやはりおなじ時代の
わが姉(?)なごんちゃん(清少納言)と
中宮・定子たちは蚊帳(かや)の外。
笑う人がいるのは泣く人がいるから!
というのはこの世のさだめ。

笑う人は
泣く人のことを歯牙にもかけません。
まったく理解しようともしません。
たとえ傲慢(ごうまん)な気はなくても
それが傲慢に見えます。

だからテロが後を絶たないのかも。
幸せな人にダイナマイトを投げつける!
そんな気になるのは必定!?
投げたくなりませんか?!



閑話休題。

その恵心僧都が再興したという恵心院。
blog01恵心院.jpg

山門につづく参道に
ホタルブクロ(蛍袋)が
列をなして迎えてくれる季節。

本堂の前にも。
blog02恵心院.jpg

水子地蔵の後ろにも。
blog03恵心院.jpg

いつもあるカラカラカラの
せつない「かざぐるま」の音が
今日はありません。



ホタル(蛍)を入れる袋にするから
ホタルブクロ(蛍袋)!
たいていの解説はそうなっています。

ずっと腑に落ちないでいますが。

泥鰌地獄(どじょうじごく)を
連想したりします。

水と豆腐を加熱すれば
ドジョウは熱くてたまらず豆腐にもぐり
そのまま煮えて
ドジョウ入り湯豆腐ができるというもの。

机上で考えた料理ですね。

ご丁寧に
ゼリーか煮こごり状の
イラストを描いた本もありましたが。

ドジョウはただ暴れて
豆腐を砕いて昇天してしまいますがね。

それとおなじ!ホタルブクロ。

こどもが蛍を入れて歩いたら可愛いな!
くらいの想像力のたまものでしょう。
それを考えることなく踏襲する
自称!他称の有識者たちに幸いあれ。



「ひるまの母は雲より遠し提灯花

手元の俳句歳時記を見たら
磯貝碧蹄館という人の句がありましたが。

ホタルブクロというより
提灯花(ちょうちんばな)のほうが
納得がいきますね。

母の乳房(アッパノツツ)(青森)
雨降り花(青森・長野)
烏(カラス)の提灯(愛媛)
狐(キツネ)の小便担桶(タゴ)(山口)
狐の提灯(青森・静岡・新潟・岡山)
狐の灯籠(富山)
熊草(クマクサ)・熊草花(福島)
死人花(シブトバナ)(長野)
葬式花(富山)
葬礼花(ソウレンバナ)(長野)
提灯草(山口・宮崎・鹿児島)
提灯花(全国)
提灯袋(新潟)
提灯ボラボラ(富山)
釣鐘草(静岡・新潟・愛媛・熊本)
トッカン花(群馬)
雷花(ドンドロケバナ)(鳥取)
風船花(全国)

方言をみても
「ホタルブクロ」はないのですが。

昔の仙台あたりでは
提灯のことを「ほたるぶくろ」
あるいは「ひぶくろ」と呼ぶそうな。

漢字で書けば
「火垂る袋」らしい。
「蛍」じゃないんですね。



恵心院は「花の寺」
年中!花があるような。

境内を勝手に駐車場にしたり
集合住宅を建てたりする寺院が多い昨今!
頭が下がります。

紫陽花(アジサイ)や
柘榴(ザクロ)が咲き初(そ)めています。
blog04恵心院.jpg



(中田幸平著/野の民俗/)
(中村浩著/植物名の由来/)参照
(敬称略)
タグ:源氏物語
コメント(0) 

リサイクル公園のラベンダー園 [解語の枯れ尾花]

右の眼下にため池の水面が光り
左に墓地がつづく間の
ゆるやかな坂を上って行けば
広くて明るい公園(!)がありました。
blog51.jpg

大阪府和泉市の
「和泉リサイクル環境公園」です。

入園料はありません。

梅の実の熟れた匂いのする
日本庭園がありました。
blog52.jpg

リサイクル(?)庭園だそうな。

ここの樹木や庭石等は
各地の庭園や公園の
解体・改修したときに出た
廃棄物の再利用だとか。

お堂があります。
blog53.jpg

お地蔵さまじゃないんですね。
俊乗坊重源(1121 ~ 1206)ですか。
源平の争乱で消失した
東大寺の大仏殿を復興させた僧ですが
先ほどくるときに見えていた
谷山池を造っていました。
blog54.jpg

あ!なん年か前に
あの池のそばを歩いていますね。
すっかり忘れていましたが。



ラベンダーが咲いていました。
blog55.jpg

なんという種類か知りませんが。
blog56.jpg

まだ満開ではないような気もしますが。
blog57.jpg

ここはもともと産業廃棄物の最終処分地。
早いはなし!ゴミの埋め立て地でしょうか。

最初に近隣住民と跡地を
「自然あふれる憩いの空間」にすると
約束していたようで
埋め立てが終了した後
花のあふれる公園に再生されたのですね。



シャーレーポピーでしょうか。
blog58.jpg

もう季節は過ぎて
耕運機を入れなければならないような。

バラ園も花がらでくすんでいます。
blog59.jpg

ガーデニングに使えそうな
リサイクル資材(?)の売店やら
地元産の野菜の直売も。
blog60.jpg

端境期か!
ジャガイモとタマネギばかり
目につきました。



野山にゴミを積み上げて
問題を起こしている業者が多い昨今。
すごいですね。
コメント(0) 
前の5件 | - 解語の枯れ尾花 ブログトップ