So-net無料ブログ作成
朝食 モーニングサービス ブログトップ
前の5件 | -

南海・なんば駅の朝食 2019/06 [朝食 モーニングサービス]

大阪メトロ・なんば駅から地下の通路を
南海電車に向かう途中にあるのが
老舗の喫茶店「若松」です。
blog41若松.jpg

私が大阪にきた大昔に
すでに歴史がありそうでしたが。
いつもせわしなく
左右から人が流れています。

店内は昔の百貨店の食堂みたい。
blog42若松.jpg

入り口で食券を買わされたりしますから。

ま!個人的な直感ですが。

A セットというトーストとゆでたまご。
blog43若松.jpg

(税込み)450 円!
強気な料金設定ですねぇ。
場所が場所ですのでこんなもんでしょうか。




南海・なんば駅を西に外に出て
阪神高速道の下を見るとドはでなテント。
blog44キャベツ焼.jpg

キャベツ焼きの店。
屋号はないのかな。
「キャベツ焼 難波店」かも知れません。

キャベツと鶏卵がめだつお好み焼き風。
blog45キャベツ焼.jpg

1 枚(税込み)160 円。

キャベツ焼きが大阪を席巻していたころには
100 円だったような。
それから!なん年経ったのやら。

なんばパークスのベンチで
こっそり食べます。



府立体育会館の並びの喫茶店。
blog46BUZZ.jpg

「cafespace BUZZ」ですか。

「若松」が喫茶店なら
ここはティルームという感じ。

一番安い「モーニング」を注文。
blog47BUZZ.jpg

(税込み)380 円。



早朝の千日前道具屋筋商店街。
1 軒だけは元気に営業しています。
blog48松屋.jpg

うどん「松屋」です。

以前に(税込み)280 円の
かき揚げ丼を食べたので(拙ブログ 2019/04/08
今日は張り込んで 10 円高い!
親子丼です。
blog49松屋.jpg

いい店です!
2 杯食べても 580 円!

「立ち食い」の店のはずなんですが
早朝の客の少ない時間帯には
イスが出されていました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

梅田の朝食 納豆とごはん 2019/05 [朝食 モーニングサービス]

梅田のJRの高架下の新梅田食道街。
早朝 7 時過ぎでも
いつも営業している店舗があります。
blog51大阪屋.jpg

「大阪屋」!
朝定食があるんですね。
「納豆ごはん」
「とろろごはん」
「たまごごはん」
みんなおなじ税込み 300 円。

納豆ごはんをもらいます。
blog52大阪屋.jpg

ごはんに納豆をのせてあります。
納豆ごはんですからあたりまえですね。

しかし!朝から大勢の男女が
酒をあおっています。
ごはんなんか食べている人はいません。
居酒屋ですからあたりまえですか。



阪神電車の梅田駅から地下 1 階にあがった
大阪駅前地下街の
カレースタンドの「ミンガス」も
平日なら
早朝 7 時半にはオープンしています。
blog53ミンガス.jpg

カレーの店なのに
「納豆定食」と
「だし巻き定食」がありました。

迷わず!安いほうの「納豆定食」を。
blog54ミンガス.jpg

税込み 390 円。
90 円高いだけで
「大阪屋」より心豊かになります。はは。

それにしても!このごはんの量!

おら!お相撲さんや
ラグビーの股のぞき選手じゃないの!
鉛筆より重いものは持たない虚弱体質だべ。
これは多過ぎますが
行儀がいいので完食しました。

この後!数時間歩きつづけましたが
空腹にはなりませんでした。



大阪メトロの東梅田駅で降車して
阪急電車へ向かうとき地下街を通れば
早朝 7 時半から
のれんが出ている店舗があります。
blog55風流田舎そば.jpg

「風流田舎そば ホワイティウメダ店」かな。

朝定食 6 つ!税込み 500 円均一。

「なっとう定食」をもらいます。
blog56風流田舎そば.jpg

冷やし蕎麦がついています。
蕎麦!のど越しがいい。
おいしい。

朝食にはこれで十分!
ごはんは強いていらないけど。
しかし!ここも
ごはんをたっぷり盛ってくれています。



久しぶりに大阪工業大学の 21 階の学食
「菜の花食堂」に行ってみますか。

「モーニング」の「納豆」は
以前きたときとおなじ税込み 300 円。
blog57菜の花食堂.jpg

コスパがいいですね。
ここの学生なら 200 円。

ごはんと味噌汁と香のものは
自分でよそいます。

好きなだけ盛れますぞ。
私は肉体労働者ではないから
そんなに盛りませんけど。
といっても頭脳労働者でもないですか?!
早いはなし!
労働嫌いのただのなまけもの!?

ふりかけもありましたが。

青ネギをたくさんつけてくれて!感激!
そんなことに感激する
小さな人生に幸あれ。

ぼんやり窓外に目をやっていたら
もう今日の約束ごと
どうでもよくなりますね。あは。
blog58菜の花食堂.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

私の最寄り駅の朝食 2019/05 [朝食 モーニングサービス]

わが家から最寄りの駅は
大阪メトロの御堂筋線の昭和町駅です。

徒歩 5 分くらいの距離。
あ!
時間は私の足のだいたいの感じで
宅建業法なんかの計算ではありませんよ。

早朝から
なにか食べられる店はたくさんあります。

この日は地下鉄から
あがったところにあるモンマルトル。
blog61モンマルトル.jpg

喫茶店ですかね。

いくつかある「モーニング」から
500 円(税込み)の
トースト!たまご!サラダのセットを。
blog62モンマルトル.jpg

私には高価な朝食ですが。



この街に流れてきたときには
大阪メトロの谷町線の文の里駅を
よく利用していました。

昭和町駅に行くより
1 分くらい余計にかかりますが。

大阪市の中心にあるJR大阪環状線から見ると
その外の南に住んでいるので
出かけるのはほぼ北
天王寺!なんば!梅田方面です。
南に行くことは月になん度もありません。

昭和町駅より混み具合がゆるくて
それに北方面に行く始発電車もあるので
こちらに足が向いていたのですが
今は始発電車が少なく
やってくる電車は
もうすでに満員になっているようになり
残念。

そんな駅の周辺には
朝オープンしている店が見あたりません。

駅の北のあびこ筋に出れば
向こう側に
ファミレスの「Royal Host」が
朝から営業しています。
blog63ロイヤルホスト.jpg

結構高価です。
朝食に 1,000 円くらいは
かける人ばかりがきているみたい?!

思い切って
637 円(税込み)の「エッグ定食」を。
blog64ロイヤルホスト.jpg

ドリンクはついていません。
水だけです。



大阪メトロの谷町線の田辺駅も
文の里駅と時間的には変わらず
6 分くらいで行けますが。

駅のまん前に
喫茶店の「はあと らんど」があります。
blog65はあとらんど.jpg

和定食(税込み 380 円)がありました。
blog66はあとらんど.jpg

追加料金 100 円でコーヒーが飲めます。



JR阪和線の南田辺駅には
10 分近くもかかりますが。

でもメリットもあります。

前記 3 駅には少なくとも信号を
ひとつは越えなければなりませんが
この駅までに信号がありません。

それに自転車で行けば無料で置けます。
前記の 3 駅では
高い駐輪料を徴収されます。

歴史のありそうな喫茶店
「珈琲館 樹絵里」で「モーニング」です。
blog67樹絵里.jpg

「納豆トースト」がありました。
blog68樹絵里.jpg

チーズと納豆をのせて
トーストしているんですね。
ドリンクがついて
税込み 350 円とはいいじゃないですか。



納豆を食パンでくう二DK

風天(渥美清)の句。

普通!たいていの人が思いつき
私なんかよくすることですが。
句にすれば新鮮なんですか。
よく分かりません。

よく分からないといえば

目玉焼僕が白身で君は黄身

ペットボトルにその会社が募集して
たぶん入賞した
俳句(?)が印刷されていました。

「君」と「黄身」!
いい古された陳腐なたとえですが。

まさか選者になるようなエラい人が
知らないはずもないでしょうけど。

俳句や川柳にした人はいなかったから
手柄というのでしょうか。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大阪あべの橋駅 眺望のある朝食 2019/05 [朝食 モーニングサービス]

あべのハルカスの 17 階。
見晴らしがいい窓際。
blog0071チャオ!プレッソ.jpg

普段住んでいる集合住宅なら
20 数階ぐらいの高さでしょうか。
真下は近鉄電車の終点と始発です。
blog0072.jpg

チャオ!プレッソ(COFFE CIAO PRESSO)で
チーズトーストのモーニング。
blog0073チャオ!プレッソ.jpg

オレンジジュースつき。
税込み 380 円。

都会の真ん中です。
割安感があります。
早朝から営業しています。

「チャオ!プレッソ」には
大阪のちょっとにぎやかな場所では
よく遭遇します。

でも!
これだけ眺望のある席はまれでしょう。



「チャオ!プレッソ」に向かって右隣りに
これまた大きな駅周辺では
石を投げればあたるようにあまたある
「プロントイルバール(PRONTO IL BAR)が
早朝からオープンしています。
blog0074PRONTO IL BAR.jpg

一番安そうなセットをいただきます。
blog0075.jpg

税込み 390 円。

全然!外が見えないんですけど。

奥になにか部屋があるようですが
喫煙室のようでもあり
君子危うきには近寄らず。



近鉄・大阪あべの橋駅にくっついている
新宿ごちそうビルの 2 階の
「カフェ ドマーニ(CAFE DOMANI)」から
向かいの
JR天王寺駅の東口から吐き出される
たぶん!勤勉な人たちをながめます。
blog0076DOMANI.jpg

私は朝からなまけものの典型ですねぇ。
バチがあたりますぞ。
バチがあたってもいいから
「モーニング」を食べます。

こんなバターくさい店舗で!
(なんという古い表現!自分にあきれます)
和のセットがありました。
blog0077.jpg

税込み 450 円。
ドリンクは別料金ですが。



「カフェ ドマーニ」から
これまた変ないい方ですが
半階さがったところに
「カフェ&バー ヴィディヤカフェ」が
早朝 7 時からオープンしています。

一番シンプルで安価な
トーストとコーヒーの「モーニング」なら
税込み 330 円。
blog0078.jpg

ここには窓がありません。

結構キャパがあるんですね。
外が見られないので
つぎつぎ入店する客を観察して
ときを過ごします。
blog0079VIDYA CAFE.jpg

やっぱり!バチ!あたりますね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

モンパルナスの焼きピロシキ [朝食 モーニングサービス]

「わ!ピロシキ!」
blog41.jpg

アラフォー(around 40)のおね~さんの
素っ頓狂な声。

「ピロシキって!なんでしたか?

「あ!パルナス!」
blog42.jpg

「パルナス!パルナス!モスクワの味」

悲し気な(?)メロディを歌います。

関西の人はまず知っているという
「パルナス」のCMソング。
ただし初老以上の人のようですが。

おね~さんは自称・アラフォーですけど
10 歳ほどサバ読みしていません?!
バストのトップ!
肩がこるほど持ちあげていますけど。

私の企画するハイキングにくる女史で
聞きもしないのに年齢をいう人の多くは
10 歳ばかりごまかしているような。

閑話休題。

神戸だったか!大阪の下町だったか
くたびれた「パルナス」の
看板に遭遇したとき
だれかがレクチャーしてくれたのですが
一世を風靡したロシアの菓子や料理を扱う
「パルナス製菓」という店があったようです。



阪神・尼崎駅の改札口の横に
「モンパルナス」というパンと喫茶の店。

「パルナス」ではなく「モンパルナス」!?
「モン」がついていますが。

「ピロシキ!食べよう!」

アラフォー女史は
なにやら感慨深く
私の意見など聞かず入店します。

私も「朝Café」の中から
「焼きピロシキ set」をもらいます。
blog43.jpg

ピロシキは一瞬!信州の「おやき」の
ロシア風かと思いました

ゆでたまご!牛肉!タマネギのあん(!)を
包んで焼いたパンでした。

税込み 470 円!安くはないのですが
今はない「パルナス製菓」と
関係があるのやら!ないのやら。



「これが当時のパルナスの!
「ロシアの味なんですか?

「あたし!おさな過ぎたので!」
「よく覚えてな~い」

ぶりっこすんじゃねぇ!

パルナス製菓がなくなって
まだ 20 年もたってないといいますよ。

いつも生娘ぶっていますが
「おさな過ぎた」のは
もしかして自分のこどもじゃないの!?

こどもに「パルナス」を
買い与えていたかのような
想像が湧くじゃないですか。
失礼なはなしだったら!すみません。

おね~さん方の年齢といえば常に
塩を食うネズミのはなしを
思い出すのです。

あ!塩を食うネズミ!
だれが興味があんねん!?
ここでは省略しますが
もし興味がある奇特な方は
拙ブログ 2011/06/26」をどうぞ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 朝食 モーニングサービス ブログトップ