So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
工場見学 ブログトップ
前の5件 | -

生駒ケーブル100周年 施設見学 [工場見学]

「生駒ケーブル」
「開業 100 周年」だそうな。
blog51生駒ケーブル.jpg

近鉄の「生駒ケーブル」は
鳥居前駅~宝山寺駅間の
宝山寺(ほうざんじ)線があり
さらに上に
宝山寺駅~生駒山上駅間の
山上(さんじょう)線が延びて
2 区間で構成されています。

100 年の間に山が変貌したのかどうか
下からでは
宝山寺線の上部が見えるくらいですね。
blog52生駒ケーブル.jpg

とりあえず
宝山寺線のチケットを買いました。
blog53生駒ケーブル.jpg

「大正 7 年 8 月 29 日開業」とあります。

上ります。
blog54生駒ケーブル.jpg

横の車両が残されていますが。

そもそも 1 本のケーブルの端と端に
それぞれ車両が結ばれていて
ひとつの車両が麓(ふもと)にあれば
もうひとつは山上にあるのが
ケーブルカーでしょう。

すると残っている車両は
別のケーブルカーなんですね。

複線!?

いや!複線というのはおかしいですか。
ケーブル線が
2 線並んでいる!というべきかも。

通常は 1 線だけ運転しているようで
気のせいか横の線路の雑草の色が濃いような。

ケーブルカーというと
山岳にあるイメージが強いのですが
線路脇には住宅が並んでいて
くるまが並走していたり。

2 線あるので
すれ違う中間では 4 線になりますね。
blog55生駒ケーブル.jpg

途中に遮断機が鳴って
くるまも通る踏み切りがあったり!
すごいですね。
blog56生駒ケーブル.jpg

日本のケーブルカーの嚆矢(こうし)!?
ということは 1 番古い?!



「生駒ケーブル 100 周年記念展示」があるとか。

ああ!これですか。
blog57生駒ケーブル.jpg

博物館ほどの規模を
期待してはいけませんね。

宝山寺線は宝山寺!
通称・生駒聖天の足として造られたのですね。

参詣に長い石段を上っていたら
境内を清掃していたおじさんが
今日(2018/07/21)これから記念に
宝山寺線 2 線同時運転するから
見てきたら!と親切に教えてくれます。

あわてて引き返します。

なるほど!
blog58生駒ケーブル.jpg

すると!中間点では 4 車両が並びますか。
当然!自称・カメラマンたちは
そちらに集結しているとか。

ここからでもかすかに見えます。
blog59生駒ケーブル.jpg

車両の模様が変わりましたか。
すれ違いましたね。



鉄道ファンに紛れて
図々しくも「施設見学会」に参加です。

線路の最頂部にある運転席。
blog60生駒ケーブル.jpg

車両に乗っている職員は
運転にはたずさわっていないんですね。
いわば車掌みたいなんですね。

機械室。
blog61生駒ケーブル.jpg

巻き上げ機が
いつもよりたくさん回っています。
でもないでしょうけど
間近で見ると迫力がありますね。
blog62生駒ケーブル.jpg

油だらけです。

大きな電動機ですが
このくらいで大丈夫なのかとも思いましたが。
blog63生駒ケーブル.jpg

車輪は溝(みぞ)車輪と
平(ひら)車輪で 1 組なんですね。
blog64生駒ケーブル.jpg

その仕組みですれ違えるのでしたか。



山上線は単線(!)ですね。
blog65生駒ケーブル.jpg

主に生駒山上にある遊園地
「生駒山上遊園地」に行く人の足です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キジ鳴き道 アサヒビール工場見学 [工場見学]

垂水神社(大阪府吹田市)のあたりから
南に延びている道を
「雉子(きじ)鳴き道」と
命名されていました。
blog71長柄人柱.jpg

古風にいえば
「雉子畷(きじなわて)」でしょうか。
その碑もあります。
blog72長柄人柱.jpg

大昔!
摂津国長柄(ながら)江の架橋は
難工事だったそうな。

岩氏が人柱となって完成できたそうな。

岩氏のひとり娘はそのショックで
口がきけなくなり
嫁いでも帰されることになったそうな。

夫に伴われてこのあたりにきたときに
キジが鳴いたので
夫がそれを射殺したそうな。

それで詠んだ歌。

「ものいわじ 父は長柄の 橋柱
「雉子も鳴かずば 射られざらまし

岩氏は人柱のアイデアを提案し
結局!自分がさせられたのでしょう。
鳴いたキジのごとし。



長柄江や長柄の橋がどこにあったのか。
今の長柄橋ならここから地図上の直線で
8km ほど南にありますが。

大阪市土木技術協会編/歴史の散歩道/によると
長柄の人柱伝説は種々あるといいます。

そのひとつの伝説の人柱は巌(いわ)氏。
たいそうな長者だったそうな。
その冥福を祈り
推古天皇が長柄橋のそばに橋本寺を建立。

その橋本寺が今の
大願寺(大阪市淀川区)だといいます。

なるほど!
大願寺の前に
「長柄人柱遺跡」の碑があります。
blog73長柄人柱.jpg

場所は吹田の「雉子鳴き道」と
現在の長柄橋との中間あたりですが。

5,000 年くらい前には
このあたりは
幅 10km ほどの海峡だったのかも。
それから土砂が堆積し
多くの川が
毛細血管のように走っていたのかも。

それが洪水のたびに混沌となり
河川が変化していたのかも。

長柄橋も移って行ったのかも知れません。



考えても暑いだけ。

また人の尻について
アサヒビールの吹田工場へ。
blog74アサヒビール.jpg

よくきますね。
勤勉さはかけらもないのに
工場見学はけっこう好きなんですね!はは。

先月もきたような。
あ!先々月かな。(拙ブログ 2018/05/20
blog75アサヒビール.jpg

ま!よぶんな鳴き声をあげずに
神妙な顔で説明を聞きましょう。
blog76アサヒビール.jpg
blog77アサヒビール.jpg
blog78アサヒビール.jpg
blog79アサヒビール.jpg
blog80アサヒビール.jpg
blog81アサヒビール.jpg

工場の売店より
近所のスーパーの売価のほうが安いことを
発見しました。

流通の仕組みは複雑ですね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アサヒビール吹田工場 鶏ユッケ丼 [工場見学]

アサヒビールの
吹田工場(大阪府吹田市)です。
blog31アサヒビール.jpg

広いです。
blog32アサヒビール.jpg

古いです。
この地に醸造所ができたのは 1891 年!?
ひぇ~!百年以上前のこと!

通称「カブト」があります。
blog33アサヒビール.jpg

中世の騎士が着用するような排気筒。
相当古いものでしょうか。
風向きに合わせて回転していたのだそうな。



工場見学です。
ここには毎年
だれかのお供できていたと思うのですが。
昨年は記憶がありません。
もともと少ない友人が
いよいよ皆無になったのでしょうね!はは。

あれ!いっしょに回っている人が
撮影していて!おとがめがありません。

サントリーは
ビール工場でもウイスキー工場でも
「どうぞ!どうぞ!」
「たくさん撮ってください」なんですが
キリンとアサヒは
厳重に撮影禁止だったはず。

「OKなんですか?!

「動画や音声の記録以外」
「静止画ならどうぞ」とのこと。

しばらくこないうちに
時代が変わっていました。

といっても!部外者には
あまり面白い撮影場所もありません。
blog34アサヒビール.jpg

「ほほ~!」と関心があるようなそぶりだけ。
blog35アサヒビール.jpg

「すごいですね」といってみたり。
blog36アサヒビール.jpg

醸造タンクが間近に見えます。
blog37アサヒビール.jpg

あまりにも大きいもので
タンク内の掃除は大変だと
つまらん感想をいったり。
blog38アサヒビール.jpg

千人を越える団体に紛れ込んで
見学させてもらいました。
それでかどうか
楽しみにしていた
ジョッキでの試飲がありません。
blog39アサヒビール.jpg

缶ビールを記念にもらって帰ります。



JRと阪急の駅がすぐそこにあるのですが。
とぼとぼ。

特にJR吹田駅とは接しているのに
工場の正門から改札口にまで
5 分では歩けません。

JR吹田駅前。
午後 2 時近く
そろそろランチの看板をはずしているころ。

鶏ユッケ丼!?

焼き鳥屋さん?!
屋号は「ひよっこ」ですか。
blog40ひよっこ.jpg

「ユッケ」とは韓国語かな。
おフランス人(フランス人にあらず)の
私たちがいう「タルタルステーキ」?!
牛なんかの獣肉を
たたいて生で食べるもの!?

鶏ユッケ丼は 1 日限定 5 食ですかぁ!
2 時ならもうなくなっていますね。
聞くだけ聞いてみよう。

「できますよ」

案ずることもなく。
blog41ひよっこ.jpg

税込み 680 円。
ランチ最後の客なのに
みそ汁も熱く
うれしくいただきました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

江口の君堂 東淀ごみ焼却工場 [工場見学]

淀川の堤の上に立てば
春霞の中に高い煙突が見えます。
blog31.jpg

煙突は淀川べりではなく
神崎川のそばにあるんですね。
blog32.jpg

5,000 年前には
淀川や大和川の流れ込むあたりには
大きな河内湾があり
そこへ土砂が堆積し
難波(なにわ)八十島というほど
たくさんの三角州や島ができて
そこに毛細血管のように複雑に
川や水路が現れて消えて移動していたはず。

今も神崎川のこの部分はどこからきて
どこに流れて行っているのやら
他国のものにはさっぱり。

煙突は大阪市環境局東淀工場のもの。
ごみの焼却工場の煙突なんですね。



工場見学します。
エレベーターで 5 階に昇って
順々に降りて行きます。

従って「ごみ」の流れは
学習力のないものには
全然つかめていませんが。

クレーンが離せば
ごみが花吹雪のように舞っています。
blog33.jpg

なにか分かりません。
blog34.jpg

排ガスを利用するのですね。
blog35.jpg

蒸気タービンを回して発電しています。
blog36.jpg

中央制御室。
blog37.jpg

プラットホーム。
blog38.jpg

よいこはしっかりお勉強しましょう。
blog39.jpg

三面マルチシアターだそうな。

お~!すごいものが残っていましたね。
blog40.jpg

昭和 11 年(1936)ごろまで使われていた
ごみ収集車。
肩引車(かたびきしゃ)というのだそうな。

鈴(しんれいと呼ぶとか)を鳴らして
「ごみだっせ!」と叫んでいたとか。



食品工場見学とは違い
あんまり心が高揚しませんな。

北を見れば新幹線の高架線路。
blog41.jpg

あんなに過密ダイヤで運転しているのに
見ていたら!ちっとも通りませんね。

すぐ南に「江口の君堂」があります。
blog42.jpg

「思えばこの世は仮の宿
「心を留めてはならぬ

謡曲「江口」の舞台。

西行法師を諭(さと)すのは
遊女のなりをした
普賢菩薩だったのですね。

遊女と菩薩の取り合わせが妙ですね。

少しだけ後の法然の
「四十八巻伝」にも通じます。

卑しいといわれる職業でも女性でも
「あえて卑下することなかれ

「弥陀如来はさようなる罪人のためこそ
「弘誓(ぐぜい)を
「もたてたまえることにてはべれ

「江口」は
観阿弥か世阿弥の作か
よく分からないようになるほど
スタンダードになっている猿楽(能)。

私には鑑賞眼も理解力もないですが
名作なんでしょうね。

静かに境内に座り込めば
横のにゃんこが答える訳でも
逃げる訳でもなく。
blog43.jpg

普賢菩薩の化身かも。
私にはなんの諭示もくださらないですよね。
バチあたりですから。



(寺内大吉著/法然讃歌/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沢の鶴蔵開き 菜の花まつり 2018 [工場見学]

灘浜緑地(神戸市灘区)の河津桜が満開。
blog51.jpg

向こうの高い煙突(?)は
KOBELCO(神戸製作所)かな。

まず!朝の精神が安定しているうちに
KOBELCO の「灘浜サイエンススクエア」に
入れてもらい
児童に混じってお勉強しましょう。
blog52.jpg

製鉄・発電・エネルギー・環境がテーマの
体験学習施設です。

毎回私はビオトープを見るだけですが。
blog53.jpg

灘浜緑地にもどれば
今年も
「菜の花まつり」(2018/03/17)が
開催されています。
blog54.jpg

灘五郷の一番西の
西郷の地元の人の手作りのイベント。

150 円の粕汁には菜の花が入っています。
blog55.jpg

100 円出して日本酒をもらいます。
お代わり自由。
数種の日本酒をつぎつぎいただきます。
こんなにすばらしい酒の販売はありません。

3 合あまり飲んでいい気持ち。
もう!「沢の鶴」の「蔵開き」には
行かなくてもいいような。はは。



やっぱり!行きますか。
「菜の花まつり」の中の
ひとつの催しですからね。

今年はアラフォー(around 40)の
おね~さんの希望でやってきました。

ホントーです。
私は別の予定があったのですが
一瞬の立ち合いのためらいから
速攻で抱きつかれて!寄り切られました。

千鳥足で「沢の鶴資料館」へ。
blog56.jpg

急ぎ足で回ります。
blog57.jpg

福袋は 2,000 円。
blog58.jpg

沢の鶴 本社工場の「蔵開き」へ。
blog59.jpg

こちらの福袋も 2,000 円。
blog60.jpg

毎年!ここの模擬店の
ほとんどのつまみは 100 円。
関西の蔵開きの中では一番安いような。

春です。
豆ごはん(100 円)で
大吟醸酒をお飲みあれ。
blog61.jpg



天候に恵まれた蔵開き。

赤い顔をした人がいっぱい。
みんな楽しそうです。

万葉集に大伴旅人の歌がありましたね。

「あな醜(みにく)
「賢(さか)しらをすと 酒飲まぬ
「人をよく見れば 猿にかも似る  (344)

酒を飲まない人の顔はみにくい。
かしこく装っているから。
猿の顔に似ているなぁ。

逆ですね。
酔っ払いのほうが
赤い猿の顔をしているのに。
みにくいかどうかは分かりませんが。



「瑞宝蔵」の見学に行きますよ。

おね~さんは座ったまま。
blog62.jpg

大きなお尻に
重そうな腹と乳がのって動きません。

ひとりで見学します。
blog63.jpg

毎年のようにきていても
全然学習していませんからね。

種麹(たねこうじ)を
「もやし」というのですか。
blog64.jpg

もうこれくらいで今年もおしまい。はは。



ああ!酒に弱いのに飲み過ぎて!苦しい。
春がすみに包まれている脳みそに
夜が更けてもなお!かげろう!ゆらゆら。
思考力が昇華してどんどん霧消。

飲むんじゃなかった!と
猿でもできる!?
いや!猿もしない!おぼろな反省。

でも!もう遅い。
反省なんてやめて寝ますよ。

なにはともあれ
大伴旅人の酒の歌なら
時代を越えてこれが一番のような。

「験(しるし)なき
「ものを思(おも)はずは
「一杯(ひとつき)の
「にごれる酒を 飲むべくあるらし (338)

かいないことに
くよくよ思うことをせずに
1 杯の酒を飲みましょうよ。



(斎藤茂吉著/万葉秀歌/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 工場見学 ブログトップ