So-net無料ブログ作成
みんなで歩けばこわくない ブログトップ
前の5件 | -

長岡宮跡 洛西竹林公園 ビワムシ?! [みんなで歩けばこわくない]

間断なく小雨がそぼ降る日。

阪急・西向日駅を出ると
芝生広場(?)があります。
blog51.jpg

!?
すっきり!?
おね~さんの髪型。

「新しいフーゾクの仕事についたの?

「な~にが?」

久しぶりに見たら!変身しています。

月例の寄せ集めハイキング。

相棒をしてくれる
歴代のおね~さん方が卒業して行き
(たぶん!逃げて行き)
2 度と帰ることもなく
今のおね~さんもついに!
と思っていたのですが
よくぞ帰ってきてくれました。
おい!おい!(泣いています)

あ!ちゃかす言動は慎もう!
またこなくなっても困るから。

長岡京の朝堂院跡から出発です。

長岡京は今の
長岡京市や大山崎町や京都市や
向日市(むこうし)に広がっていますが
大極殿などの宮跡は向日市にあります。

朝堂院の北の
大極殿周囲が最近でしょうね!
整備されていました。
blog52.jpg

いかにも近代的な説明画面も。
blog53.jpg

大極殿公園と名づけられています。



長岡宮の西に丘があります。

四神相応の玄武を思わされるほど高くもなく
どうしてそんな地形を選んだのか
不可思議ですが。

丘に向日神社があります。
blog54.jpg

神社の境内から抜け出せば
長岡京が俯瞰(ふかん)できます。
blog55.jpg

東西 4.3km
南北 5.3km
広いです。
もっとも大陸の都なら
これを四っつは並べた大きさでしょうけど。



雨宿りとランチのために
向日町競輪場へ寄ります。

あら!
以前はよかったのに!
観客席に入れてくれません。
blog56.jpg

しかたがない!
屋外の一番端っこの
モニター画面があるところで休憩。

観客数の割りには
たくさんの飲食ブースがあります。
ホルモン系が多いようです。

あ!?
blog57.jpg

おいしそうなすじ肉(おでん)と缶ビール!
これをワタクシめに!?
お大尽たちが買ってくれました。

あい変らず!
おにぎり 1 個のランチをしていると
誤解されかねませんね。
みんなのおごりを
待っているみたいじゃないですか!



ごはんを終えたら行きますよ!
待っていても晴れないでしょうから。

伝・桓武天皇皇后陵です。
blog58.jpg

竹の径に入ります。
blog59.jpg

2km 近くあります。
blog60.jpg

有名な嵯峨・嵐山の竹の径より
長くて!美しいと思うのですが
今日は雨のせいもあって
歩いている人に出会いません。

京都市洛西竹林公園でお勉強です。
blog61.jpg

向日市と京都市の
境界上を歩いてきたのです。

たくさんの種類の竹の植栽があります。
blog62.jpg

応仁の乱由来の百々橋(どどばし)が
ここに移築されています。
blog63.jpg

旧二条城関係の石造物群も。
blog64.jpg

京都市洛西竹林公園は無料です。



阪急・洛西口駅に向かってくだれば
水田地帯に出ました。

「いっぱい!なにかうごめいてるよ!」
blog65.jpg

リンゴガイですね。
ジャンボタニシとも呼ばれる外来種。

大変な害虫。
水の外のピンク色の卵が特徴です。
blog66.jpg

ふしぎな習性で
この卵塊を水中に落としたら
孵化しないとか。

私はすごく前に
ラプラタリンゴガイとレクチャーされたので
今もそう呼んでしまいますが
スクミリンゴガイの名称ばかり聞きますね。

おなじものかどうか知りませんが。

「ピロピロエビやぁ!明日香村で見た!」
blog67.jpg

「よく覚えていますね。
「きれいなマドンナがたくさんいた時代。
拙ブログ 2014/06/21

「悪かったね!こんなのばかり残って!」

「いや!あの!

そういう意味でいったのではありません。

でも!これは!
blog68.jpg

すくいあげてみると
ピロピロ(ホウネンエビ)ではなく
カブトエビでしょうね。

これも明日香村のたんぼにいましたよね。

「ビワムシやぁ!」
blog69.jpg

だれですか?!
私のリュックにのせたのは!?

「これ!ビワムシというのですか!?

「琵琶(びわ)の形のように見えたから」

なんでも新語を作りますね。
その能力や!衰えませんね。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラゴンが吠える 飛行機ジャック [みんなで歩けばこわくない]

猪名川をくだります。
延長 40km を越える河川ですが
中流あたりを少し歩きます。

月例の
仮面(名乗らなくてもいい!寄せ集めの)
ハイキングです。

天候不順な季節で
高齢者が多いので
単純な!
ほぼ平地ばかりのコースにしました。

ま!ホントは適地が思いつかず
苦し紛れの結果ですけどね。

それを糊塗するために
案内には「ドラゴンが吠える!」だの
「身の毛がよだつ九頭竜伝説」だの
かなりいいかげんな
恣意(しい)的な文章を並べておきましたが。



太公望を見ながらのんびりと歩きましょう。
blog41猪名川.jpg

左岸は大阪府池田市。
右岸の兵庫県川西市側をくだります。

加茂井堰です。
blog42猪名川.jpg

竜の胴体です。
疑うことなかれ!
源満仲が退治した九頭竜です。

ゴムびきの布に空気を入れていますがね。

竜のしっぽです!
blog43猪名川.jpg

コンクリート製の斜張橋としては
日本一の新猪名川大橋。

「ビッグハープ」という愛称のほうが
通りがいいですが。



ん?!
blog44.jpg

こんな山の中でもないのにオニグルミ!

お!
blog45.jpg

猪名川から田んぼなどに
水を取り込む用水路かな。

ここいいじゃないですか。
ちょっと待ってくださ~い!

放生会(ほうじょうえ)を催行したします。
わが家のカワニナです。
blog46.jpg

水路が深く
ホタルが羽化するために岸辺にあがれません。
ということは
カワニナを食べるホタルの幼虫はいません。

水深は浅いので
コイとか大形魚もこないでしょう。
では!元気でね。
blog47.jpg

あれ!?
先住のカワニナは大きいですね。
ということは!スッポンもきてないような。



1 度猪名川から離れます。

春日神社の「病気を治す石」で
発情した頭の中を洗ってください。
blog48.jpg

「青面金剛」と刻まれています。

こんな文言の石は
この地方にたくさんおわします。

庚申(こうしん)信仰が
盛んだったのでしょうか。

老人たちが空腹を訴えます。
うるさいこと!
なん十年もランチしてきたのなら
1 食ぐらい抜いても
大勢に影響ないでしょうに。

JR北伊丹駅前の
西猪名公園で昼食してください。
blog49.jpg

三々五々散って行きました。
へそが曲がっている人が多く
車座になって食べたくはないようです。

そのほうが
かりそめのリーダーは気が楽ですが。



ふたたび!猪名川へ。
軍行橋を左岸に渡れば伊丹市かな。

明治時代には
帝国陸軍の専用橋だったのでしょうか。
blog50.jpg

誘導灯の先は伊丹空港(大阪国際空港)です。

あれ!いく人かがいません。

浄願寺のイチョウ(公孫樹)の下で
珍しく長時間見学しています。
blog51.jpg

この樹齢 300 年のイチョウは
キリ(桐)とムク(椋)と抱き合っています。

合体ごとがお好きなお年寄りたちです。



伊丹空港の北の端
離陸の真下の土手にて休憩します。
blog52伊丹空港.jpg

つぎからつぎに飛び立って行きます。

歳には不足のないおとなたちが
飽きもしないでながめています。
平和です。

「飛行機を男と女に擬人化できませんか。

妙なことをいう人。

「物語はできませんか
「きかんしゃ(機関車)トーマスみたいな。

「トーマスは男?

「アニメは男の汽車ばかりでしたな。

「いや!シリーズが進めば
「女の子の機関車も登場していますよ。

「あの飛行機は女の子?
blog53伊丹空港.jpg

「ぶらぶらがないもの!

「いや!飛ぶときには格納するのでは?

「格納?!

ここは私の出番かな。

「ゾウ(象)のたまたまは腹腔内です。
「シロクマ(白熊)もね。
「さらにいえば!毛沢東も!ミスター珍も。
拙ブログ 2010/01/21

「あの機は女性です。

(たぶん!)聖職についている人が
生まじめな顔でつぶやきます。

「ANA (=穴?)とありますから。

ひぇ~!
いつも冗談はいわないのに。

「じゃ!男の子は?

「JAL です!ジャックの JA です。

ひぇ~!

女の子(ANA)同士が KISS !?
blog54伊丹空港.jpg

いろんな物語ができそうです。



キリがないので行きますよ。

猪名川左岸の土手の上の道。
blog55猪名川.jpg

延々と直線路ですから
前後の間隔がすごく離れて
かりそめのリーダー泣かせです。

ノイバラ(野茨)の花が白い。
blog56.jpg

清純はいいなぁ!
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青もみじの大文字山 [みんなで歩けばこわくない]

鴨川の三条河原から出発して
平安神宮に向かいます。
blog01.jpg

雨がそぼ降る中
平安神宮から東につきあたれば
青もみじの哲学の道。
blog02.jpg

「コイ(鯉)!?」
blog03.jpg

琵琶湖からきた疏水には
いろんな生物が泳いでいますが。

コイでしょうか!ずいぶんキツネ顔!
たぶん!ニゴイじゃないですか。

コイとおなじくらい大きくなりますよ。
あ!食べられますよ。
食べたこと!あります。
私の生意気な口には
あまりおいしいとは感じませんが。



阪急交通社の
「トラピックス ハイキング祭り」に参加です。
今回(2019/05/18)は
「街歩き 山歩き 新緑の京都ハイキング」
「哲学の道から大文字山へ 南禅寺を目指す」
です。

無料です。
抽選でいいものがあたります。

他の旅行社も
こんなサービスをしてほしいもの。



哲学の道を終え銀閣寺の参道。
blog04.jpg

銀閣寺をかすめて山登りにかかります。
ひたすら登るのみ。

千人塚の広場。
blog05.jpg

大昔
みなさんとハイキングしたときには
ここでランチしたかも。

雨がやみましたが空模様は怪しい。
できるだけ距離を稼ぎましょう。
blog06.jpg

五山の送り火の大文字の火床に
ちょうど正午に到着。
blog07.jpg

火床を見ながらランチにします。
blog08.jpg



私が団体で行うハイキングの
計画をたてるとき
一番といっていいくらい腐心するのは
ランチどきの屋根とトイレ。

雨に打たれて食事するのは大変。
ちょうどそのころにトイレがなければ
私たちのメンバーは耐えられないような。

今日の銀閣寺から大文字山に登り
南禅寺に降りる一番シンドイ区間!
休憩なしでも 2 時間以上かかり
しかもランチもしなければならないのに
屋根もトイレもありません。

どういう意図で選定したのか
2,000 人も募集しているのに。
私がエラそうにいうこともないのですが。



おにぎり 1 個のランチをすませて!

あ!それは私だけで
みなさんは三段重ねの重箱かも。
だれも分けてくれないので知りませんが!

大文字山の山頂へ。
blog09.jpg

山頂を過ぎたら下るのみ。

倒木だらけの中。
blog10.jpg

先の秋(2018/09/04)猛威をふるった
台風 21 号の爪跡でしょうか。

ひっくり返った針葉樹の根元が
延々とつづきます。
blog11.jpg

これも自然の更新かも。

あ!
blog12.jpg

猿を写してはいけません!?

最近の落語会に行けば
猫も杓子も「撮るな!」ばかりいいます。

猿と共通点があった!?



南禅寺の水路閣まで無事に降りてきました。
blog13.jpg

芝居では五右衛門が
「絶景かな!絶景かな!」といった三門。
blog14.jpg

「あがれるんですか」

有料ですが。
いつでも五右衛門の心境になれますよ。
今日はやめましょうよ。
今度かれとでもきてください。

インクラインの下
れんが造りのトンネル
「ねじりまんぽ」をくぐります。
blog15.jpg

蹴上(けあげ)発電所を越えて
ゴールの京阪・三条駅に。
blog16.jpg

抽選は予想通りいつもなにもあたらず!
記念品(タオル)をもらって終了。



三条駅前の駐車場にテントが並んでいました。
blog17.jpg

「こころとからだにおいしいマルシェ」
「GOOD NATURE market」
(2019/05/18・19)だとか。

ビールがあるじゃないですか。
なにはともあれ!完歩に乾杯。
blog18.jpg

日本酒の「キンシ正宗」製の
「抹茶麦酒」と「町家麦酒」
どちらも 350ml 400 円(税込み)!

自分の分は自分で買ってね。
ひと口だけ!テイストさせてあげるけど。

駅構内のコンビニで
黄桜製の「京都麦酒」(324 円)を買い
京阪特急に乗ります。
blog19.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大仏鉄道跡 晩春を歩く [みんなで歩けばこわくない]

名乗らなくてもいい!
しゃべらなくてもいい!
笑わなくてもいい!
出欠を事前にいわなくてもいい!
私を好きにならなくてもいい!
私に心づけを出さなくてもいい!
(受け取れと怒るのならもらいますが)
月例のハイキング。

大仏鉄道跡をたどります。

このハイキングは 100 回を越え
2、3 度歩いたコースもありますが
ここを案内するのは初めてです。

JR奈良駅から歩きます。

大仏鉄道は
奈良駅・加茂駅間に
明治 31 年(1898)に開通したそうです。
10 年に満たないうちに廃止されています。

奈良駅の北に大仏駅跡が
小さな公園になっています。
開業時にはここまで。
奈良駅まで行っていないのです。

このハイキングコース唯一の
坂道にかかります。
blog31.jpg

空中高くに歩道橋が見えます。
黒髪山隧道(トンネル)があったところ。
近年!道路拡張時に
山を取ってしまったのですね。

国境食堂があるあたりが
大和と山城の境でしょうか。
今の行政でいえば
ここから京都府に入ります。

道路の下に鹿川隧道がありますが
最初にみなさんが疲労を感じるころ
う回して行かなければならないので
見ないで通過。

木津川市の「バベルの塔」!?
blog32.jpg

変なデザインにカネをかけている
木津南配水池の給水塔ですが。
ぼんやり歩いていたのに
みなさん!急に元気に行政批判続出。はは。

松谷川隧道です。
blog33.jpg

ここを蒸気機関車が
走っていたのではありません。
これは用水路。

「ここは気づきませんでした」
奈良在住のおじさんに
事前に「ぜひ!案内!お願いします」と
軽い気持ちでいって忘れていたのに
下見をしてくれていたのですか。
すみませんでした。

「この上の道は確認しました」
blog34.jpg

そうです!この直線が線路跡でしょう。

初夏の暑さです。
竹の秋です。
blog35.jpg

最近造られた大仏鉄道公園でランチです。

今日は珍しいメンバー。
スタートのころ 8 年前常連だった人と
最近やってきた人の混成。
それでか「ランチ」と宣言したら
三々五々!
広い公園のあちこちに散らばり
私ひとりトイレの前に残されました。はは。

赤橋です。
blog36.jpg

人気スポットのようです。
分かりやすくて
撮影しやすいからかな。

梶ヶ谷隧道をくぐり抜け
鹿背山橋台の前を通過。

筍(たけのこ)堀り。
blog37.jpg

いい白子が掘られています。
筍の刺し身ができるそうな。

大きいものは 2,000 円。
私は小ぶりのものを
1,000 円でわけてもらいます。
blog38.jpg

小ぶりといっても
2kg はある?!持った感じですが。

黒子でも
糠(ぬか)なしでゆでても
えぐみが少ないそうな。
黒子は

「おカネはいらないから!持ってって」

数kg ありそうなものをもらいます。

黒子は居酒屋にあげましたが。
「2,000 円で買ってきた」といって。

遺跡も最後あたりの観音寺橋台。
blog39.jpg

なんだかねぇ!
軍隊でも
縦のつながりのある組織でもないから
なにもいいませんが
飽きてきて前後開いてバラバラです。

田んぼの中を駅に向かいます。
blog40.jpg

あれ!?数が足りませんね。
blog41.jpg

グループで行動するのが苦痛になって
勝手に駅に向かったものがいく人か。

放っておいても大丈夫!?
今はスマホが誘導してくれますからね。

加茂駅です。
blog42.jpg

大阪方面への電車は 1 時間に 2 本?!
あまり本数がないので
結局!バラバラになっていた面々が
プラットホーム上にそろってきました。はは。

「リーダー!反省会はどこでします?」

やめてください。
ハイキングが終わったら
かりそめのリーダーのお役目は勘弁して。
人嫌いなんですから。

「勘弁できまへん」
「早く“生ビール”の段取りをして」

バラバラになっていたのに
急に団結していわないで。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜吹雪の山の辺の道 恋人の聖地 [みんなで歩けばこわくない]

1 週間前から天気予報は雨。
早朝には
降りそうにも思えない空だったのですが
予報は全然!変化なし。

月例の寄せ集めのハイキング。

近鉄・大阪 上本町駅の地上の改札口で
みなさんを待ちます。
40 分前から立っていますが
だれもきませんね。

たとえここにだれもこなくても
出発することになります。

途中の鶴橋駅や降車駅の奈良の桜井駅でも
合流可としておいたので。

出欠の連絡不要の催しですから
待っていてもなんの連絡もありません。

結果!
桜井駅を出たときには
いつもの通り(?)の人数。

昔よくごいっしょした
アラフォー(around 40)のおね~さん。
小柄なのに
機敏な子リスみたいなおね~さんが
なん年ぶりかに
たぶん!アラフィフ(around 50)になって
突然!やってきました。

最高齢(たぶん 80 歳!)の刀自(とじ)が
セミリタイアしているので
その人につぐ高齢ご夫婦もきました。

盛況です。
こんな不安定な空模様のときに?!



山の辺の道。
桜井駅から北へ天候を見ながら
行けるところまで行きますよ。

長谷寺のほうから流れてきている初瀬川。
blog31.jpg

桜花(ソメイヨシノ)が
残っていてよかったですね。

「仏教伝来之地碑」に花吹雪。
blog32.jpg

歌垣の地だった
海柘榴市(つばいち)観音の境内。
blog33.jpg

お堂の中は金屋の石仏。
blog34.jpg

崇神天皇の
磯城瑞籬宮(しきみずがきのみや)跡。
blog35.jpg

10 代天皇ですから!ほぼ伝説。
でも!私は思います。
古事記・日本書紀の記録の中に
1 %以下としても
なにか真実はあるのじゃないかと。

聖徳太子が開基したという平等寺。
blog36.jpg

大神(おおみわ)神社(三輪明神)です。
blog37.jpg

今日は苗木の頒布がありましたね。
blog38.jpg

ここの境内で採取した種子が発芽したもの。

小さな雨が落ちてきました。
急ぎますよ。
あれ!?数が足りませんね!その他の人は?

素麺の「ふし」!
製造過程で出た
曲がり角のところを買っています。
blog39.jpg

自称(失礼!)主婦の某おね~さんが
比較したところ
この店舗のものが安い!といったから。

呼びにもどった私も買って!すみません。
blog40.jpg

250g ばかりのもの税込み 200 円。



石段をのぼります。
久延彦(くえひこ)神社を経由して
「大美和の杜展望台」へ。

シダレザクラの花の中。
blog41.jpg

花の向こう!雨雲でかすむ中!
大和三山が見えます。
blog42.jpg

ここは別称・恋人の聖地。
blog43.jpg

すごくいいときに訪れましたね。
雨さえなければね。



小雨のうちに急ぎます。

狭井(さい)神社でご神水を拝戴して
狭井川でエッチな記・紀の物語を
かいつまんで説明をして
世阿弥作の謡曲
「三輪」に登場する玄賓庵(げんぴあん)へ。

桧原(ひばら)神社で山の辺の道を断念。
ショートカットして駅にくだります。

あれ?またいく人かいない?!

水森かおりの碑で
歌を聴いているじゃぁないですか。
blog44.jpg

川端康成の碑の前で三輪山を仰ぎます。
blog45.jpg

雨に濡れて色あざやかな桃畑。
blog46.jpg

箸墓(はしばか)古墳の
堀の堤でハナナとソメイヨシノが
妍(けん)を競っていました。
blog47.jpg

箸墓古墳と三輪山。
blog48.jpg

日本書記のエッチな逸話を
説明したいのですが
雨がじゃまをしますね。



(敬称略)

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - みんなで歩けばこわくない ブログトップ