So-net無料ブログ作成
わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ
前の5件 | -

田植えの日 ドジョウがきた [わが街・下駄ばきドドンパ]

未明まで内職(?)をしていて
日が高くなって起き出しましたが
力が出ない!
体力がない!
懐中になにもない!
仕事もないので
「田植え」にでも行きますか。

「でも」つきとは情けないことです。



長居商店街の角店の山東飯店。
blog51.jpg

いつも目にしているのですが
入店したことはありません。
ランチして行きますか。

今日の日替わり定食。
blog52.jpg

私好みに可愛い。
税込み 600 円というのも私好み。



あびこ筋に出れば向こうが長居公園。
大阪メトロの長居駅の出口の上に
紫色の花が揺れています。
blog53.jpg

ジャカランダが咲く季節です。

すかっと晴れて暑い!

今日(2019/06/15)は
長居植物園にくっついている
大阪市立自然史博物館の友の会の
田植えの日。
私は会員ではありませんが
時間がある年には参加しています。

が!
雨天中止!?
この青空のもと?!

長居植物園に寄りますか。

あ!?
blog54.jpg

本日の入園料は雨天割り引き!
この青空のもと!?



長居植物園のキッチンガーデンのたんぼ!
blog55.jpg

2m × 4m ほどのたんぼですが
田植えが終わっていました。はは。

ジャカランダの花びらが散っています。
blog56.jpg

ダリア!?
blog57.jpg

竹笹見本園の横に
たくさんのダリアの花が咲いています。
へたなダリア園以上の数です。

ダリアは 6 月の花でした!?
俳句では夏の季語になっていますが。

それにしても陽射しが強い。
カラスが行水をしています。
blog58.jpg

大池の中の無人島(?)が明るい!
blog59.jpg

ユリの花の群落です。
blog60.jpg



帰宅して確認したら
わが家の稲の苗が
20cm 近くになっています。
blog61.jpg

苗床の作り方も分からず
なにも材料がなかったので
赤玉土に古代米をまいておいたのですが
成長の悪いこと。

とりあえず!時間もないことだし
田植えをします。
blog62.jpg

今年はペットボトルに植えました。
田土を売ってなかったので
やっぱり!赤玉土に
腐葉土を少々混ぜたたんぼです。



事故がつづいて
ドジョウが 4 尾になったので
仲間を増やすことに。

鶴橋の鮮魚卸し市に行ったら
ドジョウは取り寄せになっていました。
なん kg もいらないのですが。

熱帯魚店でエサ用に売られていました。
1 尾 15 円。
blog63.jpg

20 尾放します。
blog64.jpg

先輩ドジョウと並んだら!可愛いこと。



繁殖旺盛で
半月で水面の面積を倍にしていた
ホテイアオイ。

ここ数年!まったく育ちません。
増えることもなく!すぐ枯れます。

おなじ水槽を
おなじ場所に置いたままなのに。

売れ残りのホテイアオイを
35 円で引き取ってきて
期待もしないで放置していたら
増えそうな気配。

花が咲いています。
blog65.jpg

なにがあったのでしょう。



そんなだらだらした 1 日でした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四天王寺 弘法市に古本がない? [わが街・下駄ばきドドンパ]

四天王寺の南に南大門がありますが。
さらにその東!
境内の角にも門があります。
blog31.jpg

すぐ!この門の名前を失念します。
あわてて前へ後ろへ回り
首(こうべ)をめぐらしても
門にはなんとも書いてありません。はは。

「唐門」です!覚えておきます。

今日(2019/05/21)は
弘法大師忌・大師会ですから
境内には露店だらけ。
blog32.jpg

まず!東大門近くの亀遊島に回ります。

四天王寺境内にいくつか池があります。
一番知られているのは
石舞台のある「亀の池」です。

亀の池の西に「丸池」があります。

有料の本坊庭園は
「水」の庭なので池だらけです。

それらの池に比して知名度の低い亀遊島。
池の真ん中の弁天堂にお供えがあります。
blog33.jpg

今日のわれわれが目にする法要は
この池の弁財天法要から始まります。

つづいて
西大門の南の大師堂と弘法大師像の前で
「弘法大師法楽」があります。
blog34.jpg

「極楽浄土の東門は
「難波(なには)の海にぞむかへたる
「轉法輪所の西門に
「念仏する人まいれとて

「梁塵秘抄」にある歌。
西大門は極楽門と呼ばれていますから
この歌はここのことかも。

「念仏」と「弘法大師」
私の感性ではふしぎな取り合わせ。



なんと読めばいいのですか。
blog35.jpg

今日は中心伽藍が無料開放されています。
blog36.jpg

久しぶりに五重塔にあがらせてもらいます。

こんなに狭い階段でしたか。
blog37.jpg

この塔は 8 代目らしい。

そもそも!こんな木造の塔は
火災には弱くても
「風」や「揺れ」に強いといわれていますが。

醍醐寺でも東寺でも
五重塔が倒れたというはなしを聞きません。

法隆寺の五重塔は 1,300 年の間
いくたびの地震や台風に耐えているとか。

ここの塔だけがなん度か
近くでは室戸台風で倒れたのは!どうして?



東寺の弘法市もそうですが
ここも古いものを並べている露店が多い。
blog38.jpg

掘り出しものを探す楽しみが
あるのでしょうか。
blog39.jpg

和服・きものを扱う店が増えたような。
きれいな和服が 300 円くらいから。
インバウンド(訪日旅行)の人の
関心が高そう。

私は古本・古書を探します。
教養のないものは見栄を張って
目方買いして
つまりなるべく重い(!)書籍を
安く買って!さげて帰ります。はは。

ない!
ありません。
どんどん
「古本」のテントが消えて行く昨今。

やっと小さなブースを
ひとつだけ見つけましたが。
来月にはもうなくなっているのかも。

ところてん突き。
blog40.jpg

この商売も少なくなりました。
もっとも今は
まだ夏ではないからですかね。



境内の西の四天王寺学園の西の通りに
お好み焼き店の「タカラ」があります。
blog41.jpg

私がこの街に流れてきたとき
すでに老舗でしたが。

ほう!お好み焼きは
中国語では「おおさかやき」なんですか?
blog42.jpg

なるほど
50 年前の大阪のお好み焼きなんですね。
blog43.jpg

厚みがあんまりありません。

定食にしたら 650 円(税込み)でした。



(梁塵秘抄/佐佐木信綱校訂/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

なんじゃもんじゃ どっぷり昭和町 [わが街・下駄ばきドドンパ]

長居植物園(大阪市東住吉区)の入り口に
黄色の花が目立つ春。
blog61.jpg

今年もコガネノウゼンが咲きました。
blog62コガネノウゼン.jpg

「花と緑と自然の情報センター」の玄関に
白い花の鉢植えが置かれています。
blog63ヒトツバタゴ.jpg

「なんじゃもんじゃ」の花です。
季節は忘れずやってきます。

先の秋の台風 21 号襲来(2018/09/05)で
甚大な被害のあった植物園。

「なんじゃもんじゃ」の木は
どうなっているのでしょう。
高木が 2、3 本ありましたよね。

いくつかの樹木はなくなって
林は明るくなっていましたが
なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)は
変らず咲いていますね。
blog64なんじゃもんじゃ.jpg

余談ですが
「ヒトツバタゴ」を漢字で書けば
「一葉田子」らしい。



帰宅したら
町中が蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)!
盆と正月と
阿波踊りの団体がやってきたよう!?
人だらけ。

阿倍野区の大阪メトロの
昭和町駅周辺のイベント!
「どっぷり、昭和町。」(2019/04/29)でした。

全国に昭和町は数多(あまた)ありますが
「町」の読み方が「まち」だったり
「ちょう」だったり。
ちなみにここは「しょうわちょう」です。

メイン会場はわが家の前の桃ケ池公園。

朝!出かけるときには
気づきませんでしたが。

なんだか!
戦火をのがれた難民キャンプのような
雑然とした!なんでもありの雰囲気。
blog65.jpg

あんまり珍しいものもないような。
blog66.jpg

珍しいとは
私の興味をひくものということですよ。

飲食ブースが少ないのかな。
それは他の会場にあるのかな。
昼過ぎているので売り切れかな。



「即応寺マルシェ in どっぷり、昭和町」の
ちらしをもらっていました。

すっかり忘れていました。すみません。

あわてて即応寺にかけつけたら
尺八演奏とオペラは終わり
きれいな先生方の四重奏で
盛りあがっていました。
blog67.jpg

笑福亭鶴二の噺(はなし)は
初めから聞けます。
blog68.jpg

裃(かみしも)を着て!正座して!
ありがたく聞け!とばかりに
客をおどして強要する落語会が多い昨今!
ここは演者と客(の心)が近く
いっしょになって楽しめていいですね。

おとなの間抜けな噺なのに
ふしぎにも
小さな児童たちが大いに笑っていました。

落語でも他の演芸でも
こどもに提供するときに
こども向けに作らなくても
いいのですよ!きっと。

「卑猥」なシーンでも
「金銭」的な醜悪でも
そのまま見せればいいような気がします。

深窓で育てると
おとなになってから
変になりやすいような。

食べものだっておなじ?

私なんか!幼児のときから
生姜(しょうが)や香辛料を
たくさん摂って大きくなっても
こんなに立派な
おとなになっているではありませんか。

ちょっと違うような気も
いや!だいぶ恥ずかしいような気も
しないこともないですが。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メタセコイアが盗まれた!? [わが街・下駄ばきドドンパ]

花梅が咲きました。
blog91桃ケ池.jpg

わが家の庭(!)の桃ケ池公園。

「さてこそ花のなさけ知れ
「花に三春の約あり

400 年前の人も唄っています。

朝!眠けまなこで
股ケ池明神の横を
すり抜けようとしたら
気のせいか!すっきり?!
blog92桃ケ池.jpg

げ!
メタセコイアがない!?

1 昨年の秋には屋根より高く
威風堂々と立っていたのに。
blog93桃ケ池.jpg

股ケ池明神の横のメタセコイアは
切り株になっています。
blog94桃ケ池.jpg

あの向こう側に行きます。

梅はありますが。
blog95桃ケ池.jpg

昨年の春には白木蓮も咲いていたのに
それもありません。
blog96桃ケ池.jpg

1 昨年の冬の姿。
blog97桃ケ池.jpg

それが無残にも!
blog98桃ケ池.jpg

だれだぁ!?
盗んだヤツは!

たしかに昨秋(2018/09/04)
台風 21 号の襲来にあいました。

そのときにメタセコイアは
1、2 本被害をこうむりました。
blog99桃ケ池.jpg

しかし!元気に
耐えたもののほうが多いのに!
どうして?!
盗まれたのでしょうか。

樹齢 50 年以上のような年輪の
切り口が風に震えて泣いています。

もし行政の仕業なら
大阪市も大阪府も
ますます信用できません!私は。

山犬をたくさん引き連れて
「もののけ姫」が怒ってくるぞ!
きてほしいもの!

ばば猫よ をどりばかさん 梅の花  一茶



(閑吟集/浅野健二校注/)
(一茶 七番日記/丸山一彦校注/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の初詣 安倍晴明は狐の嫁入り [わが街・下駄ばきドドンパ]

正月も 2 日。
どこかへ行くはずでしたが
スタートでちゅうちょしたら
すぐ予定変更!
すぐ怠けものに変貌してふて寝。
努力と学習は一生することのない
いいかげんな人生です。

食料が尽きています。
ま!初めから
豊富にある訳じゃないのですが。
高級(高価ともいいますが)なスーパーは
景気よく初売りしていますが
まだ行きつけの
2、3 の安売りスーパーは正月休み。

せめて正月らしく餅を焼いて
少し残っていたキャベツを素炒め。
削り節をかけて食べます。

正月らしいかどうか!笑えますね。

午後になって
いいお天気なので近所を散歩です。

突然!雨!パラパラ!
陽は射しているのに。
狐の嫁入りですか。



たなべ不動尊こと
法楽寺(大阪市東住吉区)には
まだまだ初詣の人がいます。
blog41法楽寺.jpg

あ!今気づいたのですが
クスノキの大木の下の不動明王
西に向いていませんか。
blog42法楽寺.jpg

先日(拙ブログ 2018/12/29
太融寺と法善寺との
西向き不動明王を拝してから
ここに「終(しま)い不動」にきましたが
このお不動さまもそうなのかな。
本尊の不動明王は違うかも知れませんが。



山阪神社(大阪市東住吉区)に回ります。

さすがに神社の境内には人がいっぱい。
blog43山阪神社.jpg

20m ばかり並んでいます。

境内で焼かれていたフランクフルト。
blog44.jpg

300 円払ってくじを引けば
1 本 2 本 3 本のどれかもらえます。

おとなには 1 本しか当たらないけど
こどもには 2、3 本がよく当たるそうな。
ホントに偶然?!
もし操作しているのなら
名人技ですね。



阿倍王子神社(大阪市阿倍野区)には
表の公道まで参詣者の列ができていました。
blog45阿倍王子神社.jpg

なん度もいいますが
2 日の午後ですよ。
神社はまさしく書き入れどき。
不謹慎な発言!すみません。

安倍晴明神社に行きます。

明治時代には石碑が残っていただけ。
大正時代に阿倍王子神社の飛び地境内の
末社として復活(?)させたとか。

境内に晴明像があります。
blog46安倍晴明神社.jpg

「安倍晴明誕生地」の碑と
「産湯井(うぶゆい)の跡」が
江戸時代からあるそうです。
blog47安倍晴明神社.jpg

信じられませんね。

晴明は
磐余(いわれ)の里(奈良県桜井市)か
京(みやこ)で生まれたと思います。

いいかげんな根拠ですが
はなせば冗長ですのでやめますが。

人形浄瑠璃の
葛の葉(蘆屋道満大内鑑)がヒットしたので
その戯曲が
この神社では史実になっているようです。

他を見ても
浄瑠璃の中の歴史は無茶苦茶です。
中臣(藤原)鎌足が
奈良の都を歩いたりしますからね。

あ!叱られているのかも。
今日の天候は狐の嫁入り!
晴明の母親は白狐でしたね。
「葛の葉」ではね。

阿倍王子神社と安倍晴明神社。
「あべ」の表記が違うように見えますが。
化かされていますか!?



北畠顕家(きたばたけあきいえ)像。
blog48北畠顕家像.jpg

阿部野神社(大阪市阿倍野区)です。

どうでもいいことですが
いくつ「あべ」の漢字が出てくるのか!?
怒りたくなりますがね。

後醍醐天皇はエラい!
勝手に解釈した皇国史観に
もろ手をあげてバンザイの時代の神社。
blog49阿部野神社.jpg

ちなみに先の戦争の後
後醍醐帝とその周辺の評価が一変しました。
自称・忠君愛国坊主の今東光さえ
後醍醐天皇を暗愚の天子と呼んでいます。

詩歌の道とか。
blog50.jpg

いっぱいなにか書いてありますが
剥離が進んであまり読めません。

境内には他にも詩がいくつか。

「夜も日もしたふ 真白のさゆり
「はなの色香を 小胸にしめよ
「譲るすがたは われらが光栄(ひかり)

(「われが光栄」とありますが)
(前後から推察すれば)
(「われらが光栄」の記述違いのような)

阿部野高等女学校の校歌だそうな。

聞かせてあげたいもんですなぁ。
私をアゴで使う
アラフォー(around 40)の
発情おね~さん方に。

かの女たちと合致するのは
小胸だけですな。(生で見たことはないけど)
ん!?
使いもしないのに(知らんけど)
大き過ぎる胸の人もいますが。
詩の意味はそういう肉体のことじゃない?!

「かえるみくじ」がありました。
blog51.jpg

どこかのおね~さんに似ています。



(今東光著/毒舌日本史/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ