So-net無料ブログ作成
たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ
前の5件 | -

大地の恵のバイキング 方違神社のちまき祭 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

堺市役所 21 階展望ロビーから
仁徳天皇陵を見降ろします。
blog01.jpg

世界、、、え~と!なに遺産?
文化遺産だかなんだかに申請されたか
登録されたかで堺市はにぎやか。

私にはあんまり興味がないはなし。
ここしばらく
新聞にもTVにも接していない
のんきな人生なのでよけいに知りませんが。

仁徳天皇陵という治定とか
5 世紀前半から半ばに築造という推察は
いかがなものかはさておいても
1,500 年以上前の構造物ということは確か。

意識が遠くなります。
切なくなります。
ノーテンキに
生きている場合じゃないですね。



ん!?
blog02.jpg

堺市役所から南に降りたところの
ダイワロイネットホテル堺東の 1 階の
「自家製豆富&生湯葉 京創作料理」
「大地の恵 大阪堺東店」のランチバイキング!

安い!
安くなっています。
今まで 1,200 円とか
1,300 円とか払っていたような。
それが税込み 980 円?!

安くしているんですかぁ?

「いろいろ試しています」

仁徳天皇陵で
気が遠くなっているときじゃないです。
試してみる価値がありそう。

ワンオーダーバイキングです。
メイン料理を 1 品選びます。
「魚」か「肉」かです。

もちろん「肉」です。
が!
口は「魚」といっていました。ああ。
blog03.jpg

まだ意識が元にもどりませんか。

お惣菜は驚くほどの種類はありませんが。
blog04.jpg

ラーメンと生野菜も食べておきます。
blog05.jpg

豆腐(ここでは豆富と表記)料理の店ですから
豆乳もありました。
blog06.jpg

気のせいか
常飲している紙パックの
1L 139 円の豆乳より豆の匂いが強いような。



南海・堺東駅が近いのですが
乗り換えなく帰れるので
JR堺市駅まで歩きます。

方違(ほうちがい)神社がにぎやか。
blog07.jpg

今日(2019/05/31)は粽(ちまき)祭ですね。

方位からくる災いからまぬがれる
「ちまき」をいただいて帰ります。

ふたりの人のメールに
「1 円玉大ほどのちまき」と返信したのは
授与される前のこと!
実際にはもっと小さかったですね。
横においた 5 円玉が大きく見えます。
blog08.jpg

湯神楽(ゆかぐら)神事が始まりました。
blog09.jpg

なん年か前に後ろから押されつづけて
最前列にいたら
TVニュースで流されて
サボっていたことがバレたので
離れて立っています。

遠目にもきれいな巫女(みこ)さんですね。
blog10.jpg

つづいて御砂持(おすなもち)神事。
blog11.jpg

5 歳までの女児 6 人。
今年はお稚児さんの数が少ないような。

でも!堂々と!
みんなしっかりしています。
blog12.jpg

いつか!先導する天狗さんを
「怖い!」と泣いていた子もいましたが。
blog13.jpg

ちゃんと!天秤棒で砂を運んでいます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

百万遍さんの手づくり市からサコ、ブ-ンへ [たべほ!ブフェ!バイキング!]

京大のキャンパスが散らばっている
百万遍交差点近くの
百万遍知恩寺の
山門に素屋根が架かっています。
blog31.jpg

修理中でしょうか。

毎月 15 日の
「百万遍さんの手づくり市」は
いつも通り開催していました。
blog32.jpg

ほとんどの建てものに
足場と保護ネットが施工されていますね。
blog33.jpg

それでも
300 を越えそうなブースは元気です。
blog34.jpg

参詣も普段通り可能。
阿弥陀堂のあがりがまち(?)に
木魚が並んでいます。
blog35.jpg

境内に勢至堂があるのでここは浄土宗かな。
浄土宗では
ちょっとお参りするときにも
木魚をたたくのでしたか。



この市は自分の作品以外は商えないので
骨董品やら古書やら古着やらはありません。

自分の作品なら
農産物でも CD でもかまわないのですが
現場調理はできず!粕汁等もダメです。
香具師(てきや)締め出しです。はは。

養蜂場はミツバチを連れてきていました。
blog36.jpg

いいなぁ!
ここのハチは愛嬌を振りまいていたら
働かなくてもすみますね。
blog37.jpg

ん!?
ハチやアリは
「7 割は休んでいて」
「1 割は一生働かない」と聞きましたが。

いいなぁ!と一瞬思うものの
しかし!老いて先がなくなってくると
多くの個体は
外回りに行かなくてはならなくなるらしい。

そして!ほとんどの年寄りは
外で事故死するのですね。
巣で死ぬより合理的かも。
よくできたシステムです。

でもねぇ!
身につまされるはなしですなぁ。

おいしそうなものが!
「フレンチトースト」!?
blog38.jpg

1 本 220 円(税込)!
これでランチにしましょう。



しかし!食べるところも見つからず
とぼとぼ歩いていたら
「サコ、ブーン」までたどりつきました。
blog39.jpg

ランチバイキングですね。
パンを持っていることを忘れて入店。

ランチどきを過ぎていたので
あんまりきれいに盛った惣菜は
残っていなかったのですが。
blog40.jpg

今日のメインは煮込みハンバーグかな。
その他!家庭的な料理ばかり。

あ!?
なんか変!
バイキングのときには
いつもごはんはひと口しか食べないのに
茶碗にいっぱい食べてしまいました。

勢いづいて
もう 1 度おなじように。はは。
blog41.jpg

ゴボウとカボチャがおいしい。

うれしいことに
ランチバイキングが以前とおなじ
890 円(税込)のまま。
コーヒーもついて。

「百万遍さんの手づくり市」から
「サコ、ブーン」への記事も
おなじように
昔このブログに書いていましたね。
拙ブログ 2016/05/17
ごめんなさい。



(長谷川英祐著/
    働かないアリに意義がある)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

弁慶の泉 のろいのバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

大きな石碑が立っています。
blog01弁慶の泉.jpg

「弁慶の泉」!?
あの弁慶ですか!義経と同道した?!

大阪府池田市の南の端
弁慶がのどをうるおした泉だそうな。
blog02弁慶の泉.jpg

そんな行状!だれが見ていたの?!
義経は飲まなかったのでしょうか。
飲んでいたら「義経の泉」になりますか。

細かいことをいうのはやめましょう。
伝承とはそういうものと割り切りましょう。

泉は今も湧いているのでしょうか。

説明板に「毎年 5 月 3 日」に
「弁慶祭」があると書かれていますが
どこで催行しているのでしょう。



すぐ近くに「駒の森 十二神社」という
鎮守の杜(もり)と呼ぶに
ふさわしいような神社がありました。
blog03十二神社.jpg

静かです。
防空壕の跡がありました。
blog04.jpg

中は整備したら使える程度に
残っているのでしょうか。

落ち葉の中に紙が!?
blog05.jpg

妖しげな文面。
だれかが夜中に
祈願していたのでしょうか。
五寸釘なんかは刺さっていませんが。



北に進めば園芸高等学校がありました。

初めて遭遇したのに
なんだかなつかしいような変な気分。

ああ!大昔!
私の企画するハイキングに
やってきた少年たちが
通っているといっていたような。

どんないきさつでハイキングにきたのか!
たぶん知っているはずの
アラフォー(around 40)のおね~さんとも
もう縁遠くなって久しい。

みなさんにもっと丁寧に
応対してあげたらよかったのにね。

ずっと協調性を欠いた性格のまま。
この薄情さ!
すごいです!自分のことながら。



かれらの通学路とおぼしき道をたどり
阪急の駅に向かう途中
池田市民文化会館に出ました。
その 1 階に
「レストラン Bridge」がありました。
blog06.jpg

ビュッフェつきの
ランチがあるじゃないですか。

メイン料理を
1 品注文しなければなりません。

四川風麻婆豆腐(税込み 1,300 円)を
もらいましょう。
blog07.jpg

ごはんがいっしょにきました。
ごはんは自分で盛って食べ放題なんですよ。
なのに!最初の 1 杯目をよそって
持ってきてくれるとは!?

私には
茶碗だけで持ってきてくれたらいいのに。
というのは
私はバイキングでは
ごはんはひと口しか食べないのです。

食べ放題は
おでん!野菜サラダ!
それに少々のお惣菜。
blog08.jpg

みそ汁と香のものも。
blog09.jpg

驚くほどの種類はありません。

ごはんをたくさん(?)食べたので
もう!おなかがいっぱい。
お代わりする気も失せてしまいました。

明るいレストランですが。
blog10.jpg

ドリンクは別料金でした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

須磨離宮のワッフル 天皇の池 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

旧武庫離宮(須磨離宮)の正面。
blog31須磨離宮.jpg

正亀甲石積みというのだそうな。
亀甲積みは聞かないことでもないのですが
正亀甲積みとは?!

戦災や大震災をこうむっていますが
ここは
6 年かけて大正 14 年(1914)に
完成させた当時のままでしょうか。

皇族専用だった門も
神戸市立須磨離宮公園の今
入園料を払えばだれでも通過できます。

すぐ「馬車道」と呼ばれるゆるやかな坂道。
blog32装石.jpg

崖のような岩の露出は
フランス庭園のロカイユ?
「装石」という
岩を組み合わせた人工のもの?!

本園と植物園とがありますが
本園の中心は噴水広場。
blog34須磨離宮.jpg

そこに「うんこ巻き」いや!失礼!
トルネード(竜巻)形の木が数本。
blog35.jpg

この刈り込み仕立て方も
歴史があるのでしょうか。



水の流れてくる高台に
ミュージアムのような建てもの。
blog33.jpg

レストハウスだそうですが
レストランでもあるようです。

「GARDEN PARTAGE」とあるのは屋号?!

天井が高く!明るい!
噴水広場をはじめ離宮公園が一望できます。

では!ランチを。

サラダビュッフェと
パンビュッフェがついている
「セットメニュー」があります。

「ベーコンチーズ ポテトマトをください。

「バブルワッフルですが、、、いいですか!」

ウエイトレスさんが
気をつかって(?)くれます。

「いいですとも!

なにか知らないけど
こちらは価格!
つまり一番安いもの(税込み 1,080 円)を
選んでいるだけですから。はは。



ベーコンとチーズで食べるワッフルがおいしい。
blog36.jpg

菓子系のワッフルしか知らなかったのですが
これ!いわば!食事系のワッフル?!

ワッフルとパン食べ放題の組み合わせで
違和感はないのかと
おね~さんは尋ねてくれていたのですね。

大丈夫だぁ~!
blog37.jpg

ワッフルがおいしいので
パン!あまりおいしくない!?



お!レストランの窓際の
噴水が立ちあがりました。
blog38.jpg

この多量の水づかいは
100 年前からのものでしょうか。

北の六甲山に向かってのぼって行くと
「子供の森」の端に浄水場跡がありました。

跡といってもわずか!
階段の一部だけですが。
blog39.jpg

山中に分け入ります。

といっても悪路でもありません。
気持ちのいい尾根道もあります。
blog40.jpg

のぼりきり
向こうに急坂をころがり落ちると
「天皇の池」がありました。
blog41天皇の池.jpg

ここが 100 年前の取水地!
名前からして神聖視していたのでしょうね。

この水源は天井川をせきとめたもの。
洪水のときに濁流が流れ込まないように
川にバイパスの
隧道(トンネル)が施工されていました。
blog42.jpg

いつか準備してから
トンネル探検をしてみましょうか。



須磨離宮公園の噴水広場の東に
隧道があります。
blog43.jpg

天皇の池の隧道と瓜ふたつ。
同時期の施工かな。

この向こうが植物園ですが。

トンネルを抜けるとすぐ急階段。
blog44.jpg

階段の両脇にすべり台があります。

「スピードが出ます」の注意書きが。
そりゃ!見れば分かります。
この急勾配!
この高さ!ざっと 10m ほど。

これ!古いものですか。
なんのためのすべり台?!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

元之蔵の朝食バイキング 錦市場の聖護院大根 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

お!
まだ営業していますね!
日は高くなっていますが。
blog21.jpg

ダイワロイネットホテル京都四条烏丸。
その 1 階の
「あぶり 元之蔵(元は木偏つき)」に入店。
blog22.jpg

もう 9 時半。
客はほとんどいません。

「あと 30 分あります」
「先にホテルのフロントで」
「支払ってきてください」

この時間がないときに!
どこですか!フロントは!
急いで 1,200 円(税込)払ってきます。

さつまいもの
芋粥(いもがゆ)がありました。
blog23.jpg

香のものの種類が
たくさんあったのでうれしい。
そんなところに
気を取られている場合じゃないのですが。

豆腐のカレー?!
blog24.jpg

もう手当たり次第に。

「あと 10 分です」

まだ大好きな菜っ葉を食べていないよ~!
フルーツとコーヒーと
デザートもいっしょに。
blog25.jpg

たぶん
全種類食べないうちにタイムアップ。

なんでも高い(?)京都。
多くは望みますまい。



朝 10 時過ぎの錦市場。
blog26.jpg

もうインバウンド(inbound)の観光客多数。

聖護院大根と聖護院蕪(かぶら)が。
blog27.jpg

幼年のころ区別ができませんでした。
祖母は「(葉も含めた全体の)形が違う」と
いっていましたが。

今でも切って見なければ分かりません。
まったく学習もなにもない人生ですが
反省も悔やみもしない!無知無恥むっちん。

聖護院大根の切り干しも売っています。
blog28.jpg

京都らしい。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ