So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ
前の5件 | -

法善寺横 お好み焼き食べ放題 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

「もんじゃ焼き!?」
「食べたいよ~!」

バストやらウエストやら
区別がつかない太鼓腹を揺すって
おばちゃんがいいます。

大阪市中央区難波の
屋号がたくさん書かれている店舗ですね。
blog01.jpg

「鉄板焼 DOHTON BORI」
「お好み焼 道とん堀 大阪本店」等々。

このうだるような暑さの中。
食指が動きません。
それにもんじゃ焼きやらお好み焼きやらに
特別な思い入れもありません。
普段!あまり食べることもありません。

「食べ放題のコースがあるよ!」

ホントだ!
自称「食べ放題評論家」として
一見の価値がありそうな気もします。

どうすべぇ!?
一瞬!歩を止めて逡巡してしまいます。

「はいるよ~!」

ま!泣く子と大阪のおばちゃんには勝てぬ。
向学のために入店。



2 階の穴蔵風の席に通されました。
blog02.jpg

お好み焼きの食べ放題は
全 34 品が食べられるシンプルコース
全 55 品の道とん堀コース
メニュー全品OKのガチ盛りコースがありました。

シンプルコースでいいのじゃないの!?
一番安いのに税抜き 1,380 円もするよ。
おばちゃんはシニア料金の 900 円だけど。
他はどんだけ高いやら。
それに
2 時間という制限にどう対処するのよ。

私はまず!シンプルに「豚玉」から。
ん!?
blog03.jpg

自分で焼くのかぁ!
それに
「最初に材料がきてから」
「70 分以内でお願いします」といいます。

意味が分からん。
2 時間と書いてあるのはなんなの?!

お好み焼きは
細かく切ったキャベツと
たくさんの天かす(揚げ玉)が口中にやさしい。



おばちゃんは「ミックスもんじゃ」から。

具を炒めて細かく切ったりして
それで丸く土手を作り
中にドゥ(?)を加減しながらたらして
焦がして!はがして!食べてくださいね。

と!
私のささやかな知識と経験で教えたのに
いつものことながら聞いていませんね。

お好み焼きのように材料を全部混ぜて
一気に鉄板にぶちあけてしまいました。

悲惨なことに。

お好み焼きと違い
溶いた小麦粉はさらさらで
鉄板いっぱいに広がり収拾がつきません。はは。

「こんなまずそうなもん!食べたくないわ!」

なにを考えているのやら。
あんたが無知のくせに
食べたいといったのじゃないの!
どあほ!
はっ倒すぞ!
と!
漫才の人生幸朗風に叫びます。
心の中で!ですよ。



それを食べなければつぎを持ってきませんよ。

食べ放題は時間との闘い!?
ともかく急がなければ。
私は「ミックス焼きそば」を。
blog05.jpg

麺が硬くて
私の食感ではおいしくありません。

「キャベツ」ももらいます。
blog04.jpg

調味料のかかっただけのキャベツですけど。
他の高いコースには
冷奴やらおにぎりやらキムチやらの
「一品」があるようですが
このコースには生キャベツしかないのです。

頑張って「たこ(蛸)」いきます。
blog06.jpg

もう!いりません。
私には無理です!
「粉もん」の食べ放題は。

でも!食べ放題を進めなければ。

「ベジ焼きそば」を焼きます。
blog07.jpg

「ベジ」とは具が野菜だけでしたか。



おばちゃんはエラいですなぁ!
大阪人ですねぇ。
私より 1 品多く焼いて食べました。

満足したのか
おごってくれました。
いい人ですね。



すぐ横の法善寺の水かけ不動に参ります。
blog08.jpg

お返しに
賽銭をおばちゃんの分までいれました。
50 円玉ひとつですけど。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

城の森のバイキング 生玉夏まつりの日 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

第二寝屋川(大阪城新橋)を渡ります。
川風が蒸されています。

暑いです。
夏は暑いです。

大阪に流れ着いてなん度目の夏でしょう。
日々街の風景は変貌しています。

が!あい変らずないないづくし。
おカネも仕事もやる気も
友人も信用も趣味もありません。
初めからほとんどないのに!
さらにますますなくなって!
慣れとは恐ろしい!日々平気だい!
危機感がありませんねぇ。

暑苦しい浮き世の義理を
押しつけてくる人がいます。
なん人かは
友人と思ってくれているんですなぁ。
勝手に思われても困るんですけどね。

ある食事会に
JR大阪城公園駅に向かって歩きます。

「昼のバイキングなら行きます」なんて
逃げ口上をしたから
メンバーからのぞかれるものと
高をくくっていたのに
「昼のバイキング」になったというので
重ねて軋轢(あつれき)を生じさせる言動も
賢明ではないようなので!行きます。

私も少しは成長しているのかも。



大阪城公園駅から直結の
連絡橋を渡ったところの商業施設の
「JO-TERRACE OSAKA」の 2 階にある
「城の森ダイニング」へ。

窓外は緑がいっぱい。
blog41城の森.jpg

ランチバイキングは(税込)1,600 円!
おばちゃんたちはシニアですから 1,300 円。
3 歳以上のこどもは 500 円。

食べることに専念しましょう。

そばも焼きそばも焼きめしも
ピザもパンも握りずしも
みんなひと口ずつもらいます。
blog42城の森.jpg

うどんもガリ(生姜)もね。

カレーライスもみそ汁もひと口。
点心も生野菜もフルーツも食べますよ。
blog43城の森.jpg

もうおなかがいっぱい。

強いて食べれば「生野菜」なら
あと丼に 2 杯くらいはイケますけどね。
野菜好きですから。

ドリンクバーがついていました。
コーヒーと忘れていたコーンスープと
デザート類を集めてきました。
blog44城の森.jpg

アイスクリームは
もう少し種類がありましたが。

あ!いなり寿司もあったような。



ちょっとだけ義理を果たしたので
茶話会には行かず
仕事が忙しいふりをして
大阪城にのがれます。
blog45大阪城.jpg

寂しい習性ですねぇ。
が!これでいいのだ!
ラクと感じるほうがいい。

インバウンド(訪日旅行)の人の多いこと。
日本は大変な気候のところだと
思っているのでしょうね。
blog46大阪城.jpg

インバウンドの女性の多くは
暑さに耐えられないのか
生足を惜しげもなくさらしています。

周囲に生足だらけ。
フェチの人はいらっしゃい。
垂涎(すいぜん)もんですよ。


「生」といえば
今日(2018/07/12)は
いくたま(生玉 or 生國魂)まつり。

生國魂神社は
今の大阪城の敷地のどこかへあったのです。
「今の」というのは
最初の大坂城はとても広大だったはず。

豊臣秀吉が築城の際
ジャマになった(?)ので
南の現在の地に移されています。

夏の「まつり」のときには
元の宮までやってきて
「渡御祭」をするのですね。

おなじくこの城内のどこかにあった
石山本願寺とともに
歴史上はずせないような気がします。

もしかしてどこかに
「大坂」「大阪」の名称の
嚆矢(こうし)が埋まっているかも。

大阪城にうようよいる
ボランティアのガイドさんに尋ねます。

「いくたまさん!きていますかぁ?
「祭事はお旅所ですかぁ?

あやふやな答え。
あやふやなら
「知らん」といってくださいな。

尋ねるのじゃなかったと反省しながら
大手門のところで!また!思わず
「いくたまさん!もう通りましたか?
なんて口をきいてしまいました。

なんと!横柄なこと!
このボランティアの男の方。
上から目線で
あごをしゃくって示すような
文切り型な答弁。

実際はしゃくってはいませんが
きっとエラい人なんでしょう。
それとも怪しい風体の私を
国際手配の犯罪者と思い身構えたのかも。



NHK や大阪歴史博物館に近い
大阪城の南西の角に
生國魂神社お旅所の推定地があります。
blog47生國魂.jpg

午前中のプログラムは終了したのかな。
blog48生國魂.jpg

午後には本社に帰らねばなりませんね。

この暑さ!大変です。
私は行列を見ないでもう帰りますが
若さと信仰の力で頑張ってね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ときめ輝バイキング 大念仏寺の万部おねり [たべほ!ブフェ!バイキング!]

吊り橋?!
blog31みなみの.jpg

ごちゃごちゃした建てもので
狭くなった空にコンクリート製の高架橋!?

道路ではないような。
鉄道でしょうか。
大阪市の南の端の平野区。
JRの平野駅と加美駅と
衣摺加美北駅を結ぶ三角形の中ほど。

そんな疑問は忘れてしまう衝撃!
バイキングが 680 円?!
blog32みなみの.jpg

レストランでしょうか!食堂でしょうか!
屋号は「みなみの」の
「ときめ輝プレートバイキング」!?

1 回かぎりですが盛り放題。
blog33みなみの.jpg

この日のメインディッシュは
ブリ(鰤)の照り焼き。

うどんは別の椀に入れてもOK。
うどんに生野菜をのせて
だしやマヨネーズをかける
“サラダうどん” にする人が多いとのこと。

もち麦入りのごはんはお代わり可。

税込みでこの値段とは。

私は上品(!)で
頭脳労働者(なまけものともいいますが)で
しつけができている(!)ので
ひと口ずついただきましたが
プレートにてんこ盛りして食べられる人は
お得です。



南西に進んで
アーケードのある平野中央本通商店街へ。
古刹・全興寺(せんこうじ)の
門前町といったところ。

そこに「大念佛(仏)寺」の提灯が
たくさん下がっているとは面白い。
blog34万部おねり.jpg

「万部おねり」があるんですね。
blog35万部おねり.jpg

大念佛寺には
多くの善男善女が集結しています。
blog36万部おねり.jpg

融通念佛宗総本山。
本堂は大阪府最大の木造建てものらしい。
blog37万部おねり.jpg

素足になって
本堂の濡れ縁(!)に座らせてもらいます。
blog38万部おねり.jpg

初夏の午後
柱にもたれていたら
日ごろの精進に(ウソついてすみません)
疲れから!うとうとしてしまいました。



ん!?
「お渡り」(?)が始まっています。
blog39万部おねり.jpg

本堂の周囲に
高さ 2m ほどの橋が架けられています。
関係者が橋を渡って
ご本尊の元に行っているようです。

「万部おねり」とは
聖聚来迎会と阿弥陀経万部会が融合された
融通念佛宗最大の伝統行事だそうです。

バチあたりの私には理解の外ですけどね。

仏さまがいらっしゃいました。
blog40万部おねり.jpg

いのちの終わりには
阿弥陀仏が二十五菩薩を従えて
迎えにおいでになるそうです。
その具象化した儀式でしょうか。
blog41万部おねり.jpg

つづいてまた。
blog42万部おねり.jpg

どんどんお渡りです。
blog43万部おねり.jpg

数えてはいませんが 25 の菩薩さま?!
blog44万部おねり.jpg

最後はエラい(!)僧侶の方かな。
blog45万部おねり.jpg

本堂の中では儀式が粛々と進行しています。

ん!?
撮影禁止と聞かされていたのに
前のほうの多くの人が
カメラやスマホを構えていますね。

いいのかな。
blog46万部おねり.jpg

写してしまいましたが。
blog47万部おねり.jpg

法要は
5 日間(2018/05/01 ~ 05)催行されます。

昔はもっと長期間行われていたそうな。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コナンカフェ クックハウスのパン食べ放題 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

なんだかねぇ!力が入りません。
いつものことといえば!
いつものことですが。

ふらふらと
「あべのキューズモール」(大阪市阿倍野区)の
トイレで休憩。

ここのトイレは便座をふけるので
なんとなく安堵します。
blog01.jpg

わが町にはあんまり
こんな公衆のトイレがないんです。
トイレ後進シティかも。
いや!世間知らずなので知らないだけ?!
他にもいっぱいあるのかな。

昨日!石垣を飛び降りて!
飛び降りるといっても
70cm もない高さだったのですがね!
が~ん!ご~ん!

ノックダウン!のびてしまいました。

薄暗い林から勢いよく出てきたことと!
つば広の帽子を深くかぶっていたことと!
少し上に跳び上がったらしいことと!
たぶん!そんなことで
松の横枝で額を打ちあげて
落ちて!ころんで!
後頭部を石垣で強打して
しばらくひっくり返っていたのです。

おでこに血がにじみ
後ろ頭に春の日の失恋のようなにぶい痛み。



なんですか!?
blog02コナン.jpg

コナン!
アニメの「名探偵コナン」?!

全然!なじみのない世界ですが。

昨日!あのまま死んでいたら
コナンのような
生意気なガキがきていうのでしょうなぁ。

「ただの阿呆の死体です」

「フラッシュ撮影してみてね!」に
撮影したら
ただ光が反射しただけ!?
blog03コナン.jpg

おとなをなぶるんじゃねぇ!
オラ!見た目はおとな!
頭脳はこども!だぁ!
あ!これは
漫才のトミーズのネタでしたやら。



あべのキューズモールの 4 階に長蛇の列。
blog04コナン.jpg

「コナン カフェ」?!

なんでもあり!ですね!

「APTX4869 カレー」とはなんですか?!
1,580 円!ひぇ~!
あのね!カレーライスか
ライスカレーか知らんけど。
おとなを驚かすんじゃねぇ!
しかもさらに消費税を加算!?

「安室透の買い出しクリームソーダ」!?
980 円!ぎょえ~!

「見た目はおとな!懐中は回虫だぁ!」
いっていることが自分でも分からんけど。



髪の生え際に絆創膏を貼っている
頭が痛くなりました。

地下に降りたら
変なおばちゃん(特に名を秘す)にばったり。

ますます!頭痛が!

「パン!食べに行こ!」

「おごってくれるのですか!?

「なんでやねん」
「ラブホに行くときも割り勘やで!」

全部出してやるといっても行きませんよ。

cookhouse(クックハウス?)!
blog05クックハウス.jpg

「オラ!こんなハイカラなとこ!
「イヤでありんす!

「食べ放題やから!行こ!」
「好きやろ!食べ放題!」

ランチが 649 円(税抜き)かぁ!
ま!いいか!ここでも。

デリセットとドリンク
それにミニお米パン 4 種食べ放題!
blog06クックハウス.jpg

ドリンクはなにがあるのか
聞くのも面倒くさいのでアイスコーヒー。

デリセットというのは日替わりかも。

パンはもう 1 度お代わりしましたが
もういりません。

半分に切っているものなので 8 切れで
4 個食べた計算。
得したものやら!どうなのやら。

おばちゃんは
永遠に
食べつづけるのじゃないかと思えるほど
黙々と口を動かしております。

手持ちぶさたで
もらったスクラッチカードを削ると
あ!
「プレート」があたっています。
blog07クックハウス.jpg

径 21cm の陶器の皿。

「おくれ」

「イヤですよ。
「たみちゃん(仮名)も自分のを削れば!

おばちゃんには「金券」があたりました。

「いいなぁ!金券が一番!パチパチパチ!

「100 円?!あ!違う!」
「10 円かぁ!な~んやぁ!」

おばちゃんはなんの感動も示さず!
ぶつくさ不平をいいながら
また!パンを食べていました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大工大の菜の花食堂 変わっていく春 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

予定が変更になって
危機管理のできない阿呆の私は
またまた頭の中がパニック!?

こんな状態!いつものこと。
「頭が悪い!」んですね。

ある居酒屋のおじさんなんか
読み書きはできなくて
方程式も知らないと威張って(?)いますが
おくさんに逃げられても
店舗が丸焼けになっても
大口の「つけ」を踏み倒されても
税務署がきても
泰然としていますね。

あわてませんね。
あんな人を「頭がいい」というのでしょうね。

地震や津波に襲われても
かれだけは生き延びているでしょうね。

そんなことはどうでもよろしい!
ランチをしておきましょう。
いきなり!どこに行けばいいの?!

ここは大阪市北区茶屋町!
大工大(大阪工業大学)の学食の
菜の花食堂を思いつきました。



ん!?
700 円(税込)!?
100 円値上げしていました。

いつものように四角の皿に
1 度だけお惣菜の盛り放題。

菜っ葉好きには対策があります。
まず下に青菜を敷いて
その上におかずをひと口ずつ盛ります。
blog41菜の花食堂.jpg

あ!野菜とカレーソースは
小鉢に入れてもOKでした。

今度のシステムは
ごはんと味噌汁は
お代わりできると聞いたので
雑穀米ごはんをもらいに行きましたが。

お代わりができるのは白いごはんだけ?!
ごはんの食べる順序が違っていましたね。
しかたなく白いごはんをもらい
残しておいたカレーソースをいただきます。
blog42菜の花食堂.jpg

ん?
突如!時間がきたので
出て行くようにアナウンスがあります。

入れ替え制になっていたのですか!
あの?!
入場してあまり時間が経ってないのですが。
それでも入れ替え!?
最初に教えておいてくださいな。



あわててかき込んで!
ともかくおなかがいっぱいになりました。

無料で安寧と休憩できるところ?!
JR大阪駅ビルの上しか思い浮かびません。

あれ!?
blog43風の広場.jpg

11 階の「風の広場」が
芝生になっていました。
人工芝でしょうけど気持ちいいですね。
blog44風の広場.jpg

14 階の「天空の農園」では
麦が伸びていました。
blog45天空の農園.jpg

ぶどう棚の下のグランドカバーがあざやか。
blog46天空の農園.jpg

「ヨウシュイブキジャコウソウ」ですか。
「クリーピングタイム」ともいいますから
香草のひとつでしょうか。

春菊の花ですよね?!名札はないけど!
なんとなくなつかしい。
blog47天空の農園.jpg

横の大根の花にも遠い郷愁を感じます。

ムベの花がいっぱい。
blog48天空の農園.jpg

こんな吹きさらしの厳しい環境なのに
ムベには適しているのでしょうか。



いつも通りと
勝手に思っていたものを驚かす
変化が起こっている春です。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ