So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
猫も歩けば棒立ち ブログトップ
前の5件 | -

柳谷観音あじさいまつり モリアオガエル [猫も歩けば棒立ち]

山寺の楊谷寺(京都府長岡京市)
通称・柳谷(やなぎだに)観音は
山の斜面に 1,200 年の歴史を重ねています。

その境内の中ほどの小さな池。
blog81柳谷.jpg

最近は
モリアオガエル棲息池と呼ばれていますが。

今年はその時季にたまたま遭遇したのか
卵塊がたくさん認められます。
10 個はありますね。

それにかなり高い枝にも。
blog82柳谷.jpg

1 週間前の地震と因果があるのでしょうか。

ときどき「ググ」とくぐもった声。
モリアオガエルのような。
探しても見つけられませんでしたが。

イモリなどに食害されなかったのか
オタマジャクシはたくさんいます。
blog83柳谷.jpg

これ!モリアオガエルの幼生ですよね?!

さらに上にのぼれば奥之院の池の上にも
卵塊が 4、5 個あります。
blog84柳谷.jpg

カラスなど肉食の鳥類に知恵がついて!
モリアオガエルの卵を襲うと
お参りの刀自が教えてくれました。

生きるのは!ホント!大変。



柳谷観音は
あじさい(紫陽花)の寺として有名です。

団体が群がっていたので
立ち去るのを待って見に行けば
「龍の口」がありました。
blog85柳谷.jpg

浮かべたあじさいの花を撮っていたのですね。

私も花を見学しましょう。
blog86柳谷.jpg
blog87柳谷.jpg
blog88柳谷.jpg

室内からもながめます。
blog89柳谷.jpg

「あじさい廻廊」を上ります。
blog90柳谷.jpg

「カエル」も「あじさい」も
今までに一番よい時期にきたような。



あじさいウイーク
(2018/06/09 ~ 07/01)開催中ですが
さらにこの日に善男善女の多いのは
あじさいまつり(2018/06/24)だからですね。
blog91柳谷.jpg

阿弥陀堂では演芸(?)があるようでした。
blog92柳谷.jpg

僧侶の服装の人が
マイクのテストをしていました。

今日はコンサートに興味が湧かないので
生ビールでもいただきましょう。

露店もいくつか。
ここのイベントにたいてい参加している
地元のサントリーの
ビールの販売が見あたりません。

あれ!「西山コッペ堂」が出張しています。
帰りに阪急の西山天王山駅前の店で
コッペパンを買おうと思っていたのですが。

ちょうどいいじゃないですか。
blog93西山こっぺ堂.jpg

上が「炙りチキン」
下が「シーフードカレー」
長さが 16cm 重量は 150g くらい。
どちらも 250 円(税込)!
かなり高価でした!私には。

具が多くて
おいしかったそうです。

というのは
帰路!偶然!ある母娘に会いました。
母娘といっても
カルガモの親子のような
愛らしさを想像しないでください。

ふたりとも肉づきだけは優等生の
還暦は越えている母と
30 歳は十分越えているはずの娘!

ともに
オトコ運の悪いことで有名(?)です。

それは因果応報でしょう。
あの器(うつわ)で
分不相応な恋ばかりするからです。
あ!ナイショですよ!
それに容姿のことは
今!いってはいませんよ!決して。

そのかの女たちにあげたのです。
食べることだけが
人生の楽しみみたいですから。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜谷軽便鉄道を見た [猫も歩けば棒立ち]

能勢電鉄・妙見口駅から
国道 477 号に出て
とぼとぼとゆるやかに上っていたら
突然!踏切にあるような警報機!?
blog21桜谷軽便鉄道.jpg

「桜谷軽便鉄道」の入り口のようですが
門扉に「無断立入禁止」とあります。

幼児連れのファミリー(たぶん!)が
ひと組!またひと組と入って行くので
こそこそとつづきます。

あ!
blog22桜谷軽便鉄道.jpg

見上げれば!
blog23桜谷軽便鉄道.jpg

高原列車(?)が行く!
blog24桜谷軽便鉄道.jpg

なんという爽やかな!
blog25桜谷軽便鉄道.jpg

いいロケーションですね。
blog26桜谷軽便鉄道.jpg

桃谷駅に電車が接近。
blog27桜谷軽便鉄道.jpg

電化線ですね。
パンタグラフで給電しています。

レール幅は 15 インチだそうな。
それがどんな特徴なものか!
私はただ!ながめるだけですが。

すごいカーブを曲がって
折り返していきます。
blog28桜谷軽便鉄道.jpg

線路の分岐器なんかも
実にていねいに作られています。
blog29桜谷軽便鉄道.jpg

この線は
南山(みなみやま)線と名づけられていて
駅はもうひとつあります。
blog30桜谷軽便鉄道.jpg

風の峠駅だそうな。
そこには待避線や
車庫や工場なんかもあるようです。

運転会には大勢がつめかけています。
好事家はたくさんいるものですね。

車輌も線路もなにもかも。
個人の手作りの鉄道とはすごい。

鉄道のことに不調法なものは
ただ感心するばかり。



今日は体調悪し。
早々においとましましたが。

すぐにも座り込み!眠りたし。

こんなときに
「カネがないからやろ!」と
死神にとりつかれたような顔の場末の
居酒屋(友人でも知人でもありません)が
よくいいますが。

なるほど!
おカネがあれば体調もよくなるかも。
あ!それは
アンタ自身のことでしょうが。

帰路はどちらにしろ下るだけですので
より急坂だけど!より短そうな
能勢電鉄・ときわ台駅に向かいます。

なにか思考力がなくなって

「あの!ときわ台駅はどちらでしょうか?

なんて!幼児を連れたおね~さんに聞くと

「ここです」

駅のまん前で尋ねていました!はは。



能勢電から阪急へ乗り換える
川西能勢口駅のホームの上のショップ。
blog31.jpg

ほとんどの飲みものが
税込み 100 円。
blog32.jpg

由緒正しいケチですので
いつも通り過ぎるだけでしたが
朝から牛乳しか飲んでいない午後 3 時。

宇治抹茶をアイスでもらいました。
blog33.jpg

200cc ほど。
氷!たくさん。

氷をぽりぽり食べながら帰ります。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東谷ズム2018をかけ抜けた [猫も歩けば棒立ち]

兵庫県川西市の北部
能勢電鉄・山下駅から歩いていると
道の隅に忘れられたような道標があります。
blog51東谷.jpg

「東谷村道路元標」とあります。

かつてこのあたりは「東谷」と呼ばれ
多田銀銅山の精錬で栄え
大正時代になると
商業や金融で周辺里山の中心の町になり
芝居小屋からダンスホールまでそろい
ないものはない(?)繁栄ぶりだったそうな。

今は都会で働くもののベッドタウンかと
私には思える静かな住宅ばかり。

でも!今日(2018/06/03)は
川西市郷土館周囲がお祭り騒ぎ。

「東谷ズム(ひがしたにずむ)」という
やっぱり!お祭り?!

東谷地区の地域資源を再認識し
情報発信しようとするイベントらしい。
「大正ロマンリバイバル」だとも。

盛りだくさんなプログラム!?
大道芸人もいます。
blog52東谷.jpg

その向こうに煙突(?)が見えます。
旧平賀邸!大正時代の建築だそうな。
blog53東谷.jpg

イギリス風ですか。
blog54東谷.jpg

主な部屋に暖炉があるので
大きな煙突が必要だったのですね。



「三十三所観音石仏巡り」!?
私向きな催しじゃないですか。

「参加します。

あ!勝手に行くんですか!地図を渡されて。

山路をかけあがります。
blog55東谷.jpg

あがればすべり落ちて
標準所要時間は 1 時間だというのに
30 分でもどってきました。

つづいて「獅子山の城跡ハイク」へ。

獅子山の城は
秀吉によって廃城にされたそうですから
16 世紀のころあった山城でしょうね。

のぼり始めてすぐ吉秀稲荷神社。
blog56東谷.jpg

横に四角い石積み。
blog57東谷.jpg

城の井戸の跡らしい。

さらに祠(ほこら)は愛宕神社かな。
blog58東谷.jpg

廃城になっても
城内にあった神さまには
住民はなんらかの祭事を
しつづけていたのかも。

のぼって行けば
広場のような平地がいくつか。
blog59東谷.jpg

最近!偶然!
建てものの礎石も見つかったとか。
blog60東谷.jpg

空堀(からぼり)はいくつか認められます。
blog61東谷.jpg

空堀を横切る土橋も。
blog62東谷.jpg

思ったより大きな城だったのですね。



川西市郷土館に
鉱山資料展示室がありました。
blog63東谷.jpg

「からみの刻(とき)」という
まんじゅう(180 円)が売られていました。
blog64東谷.jpg

「辛いお菓子ですか!?

「その辛味ではありません」
「甘いあんこ入りです」

「からみ」とは
「鉱滓(こうさい)」のことだそうな。

鉱石を製錬した後に残ったもの。
早いはなし!
不要になったカスのかたまりのこと?!

銀銅が溶け出して
無数の気泡が空いているとか。

「この町のあちこちにありますよ」

鉱山と縁がなくなって
気の遠くなるほどときが経っているのに?!

ああ!これ。
blog65東谷.jpg

石垣に利用されていました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神戸ベイエリア アンニュイな春が行く [猫も歩けば棒立ち]

神戸・元町・ベイエリア。
ドキンちゃんが立っています。
blog01神戸.jpg

いつもぼんやり歩いていて
「十年一日のごとし」!
いや!「千年一日のごとし」の
にぶい感覚ですが
なかなかどうして!
日々めまぐるしく変貌しているのかも。

ドキンちゃんは最近
このあたりにたくさん立っていますね。

向こうでは
エルヴィス・プレスリー(1935 ~ 1977)が
歌っています。

プレスリー像は
半世紀前からあったような!?
ではないですね。
私が最初にきた
×十年前にはありませんでした。

音楽にはなんの興味もない人生ですが
この港にくるとなぜかよみがえる歌が!

「あの日はあなたと頬よせて
「ながめた広い海
「遠い旅を誘うよに
「汽笛が鳴っていた

もちろん!
プレちゃんの歌じゃありません。
余談ですが
「プレさま」と呼んでいた
狂信的なおばさんも大昔にはいましたね。

それはともかく
遠い日!建てものがひしめいて
空が小さい場末で
「男」の体を捨てた(?)おね~さん(!)が
投げやりな歌い方をしていました。
(このこと!このブログに)
(もう 2、3 回書いていて!すみません)

オランダにあるようなはね橋。
blog02神戸.jpg

この「はねっこ」は
私が思う(!)昔からありましたが。

レンガ倉庫の前の
ハーバーウォーク(木製歩道)を歩きます。
blog03神戸.jpg

右に 100 年前の灯台(神戸港旧信号所)!
左にアンパンマン!
(神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール)!
blog04神戸.jpg

道端のドキンちゃんは
ここへ導くためのものですね。

「アンパンマンに行かない!」
「おね~ちゃんがいじめる~!」
「ママ~!まま~!」
「お家に帰りたい!ママ~!」
「お家でママとごはん食べる~!」

おいしそうなお弁当を前にして
男の子が「ママ」を連呼していました。

そんなにママにばかりしがみついていたら
将来!お嫁さんがこないばかりか
変装名人のドキンちゃんにだまされるよ。



高浜岸壁に回り込みます。
blog05神戸.jpg

岸壁にある商業施設の
「モザイク」に入ります。

今の名称は
「umie MOSAIC(ウミエ モザイク)」かな。
ここも建設以来変化がないようで
日々変貌しているのかな。

休みたいのですがどこまでが飲食店?!
有料の席でしょうか。
blog06神戸.jpg

間違えて座って叱責されるのもイヤですので
君子危うきに近寄らず。

最近
インバウンド(訪日外国人旅行)客も多く
芋の子を洗うがごとし。
blog07神戸.jpg

あ!ここモザイクから
「アンパンマン」館に直通できるんですね。
blog08神戸.jpg

「ばいきんまん」の
「ひみつ基地」がありました。はは。
blog09神戸.jpg

またまた余談ですが
個人の名称にカタカナは嫌いです。
生物の講義じゃないんですから。

「ばいきんまん」はなぜか平仮名?!
それで大いに安堵!

「アンパンマン」も
「あんぱんまん」表示のほうが
正義感の強いやさしい性格に感じます。



いくたびの
ただれた思い出のある(謙遜ですよ!)
中突堤を急いで通り過ぎます。
blog10神戸.jpg

神戸ポートタワーの下から
メリケンパークに入ります。
blog11神戸.jpg

このあたりにアメリカ領事館があり
その前の桟橋を
「メリケン波止場」と呼んだのですね。

「AMERICAN」
「あ!めりかん」「めりかん」「めりけん」
「メリケン」との変化も思いつきますが
たぶん!カタカナで書けば
「アメリカン」より「アメリケン」のほうが
聞き取り音に近いのでは。

アメリカの小麦粉はメリケン粉。
けんかをするときにはメリケンサック。
あ!よいこは忘れてくださいね。

昨年でしたか
芝生を貼って樹木を植えていましたが。
blog12神戸.jpg

林にはなっていませんが
この春には十分「お花見」はできたそうな。



震災メモリアルパークとして
阪神・淡路大震災の記憶をとどめています。
blog13神戸.jpg

みなと公園にあざやかな花が咲いています。
blog15神戸.jpg

「イペ」の花ですか。
南国の花という
勝手なイメージを持っていますが
案外!寒さに強い樹木なんですね。

ハイカラなお家にお住まい。
blog14神戸.jpg

「メリケン地蔵」さま。

メリケン地蔵の道向かいに
「メリケン波止場」の碑がありましたね。
blog16神戸.jpg

今まで気づきませんでしたが。

この碑の片側には
なぜか「神戸税関 萬国波止場」との
古そうな銘板もありますが。



結局!いつもの店に。
blog17神戸.jpg

神戸なのに「くまもん」とは!?
それになん度もきているのに
この店の屋号がよく分かりません。はは。

さつまいもを芯にした
「いきなり団子(だご)」と
ドリンク飲み放題で
ずっと 300 円(税込)のままです。
blog18神戸.jpg

ぼんやり座っていたら
ああ!また!あの歌が。

「そっとかわしたくちづけ
「夢のようでした

ファニーな(失礼!)詩ですね。
日本の詩のモーラ(拍)無視ですね。
もしかして「詞」(後づけの文句)かな。

あの「男」を捨てたあのおね~さんは
もうたぶん「女」も捨てて
今ごろもどれない遠い国で歌っているはず。

「遠いあの日のしあわせ
「今は夢なのね

遠い旅に
憧憬(どうけい)の念はいいのですが
帰れない旅もイヤですね。

アイスコーヒーだけを 3 杯飲んで
目の前の海栄門から南京町に入ります。

佃煮にしてもあまるような
無茶苦茶にホモサピエンスがうごめく
南京町の中央の広場。
blog19神戸.jpg

うだるような暑さ。
もうじき夏のくるのが怖い!



(歌謡詩は水木かおる作/港の丘の泪して/)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊丹空港リニューアル?! [猫も歩けば棒立ち]

荒木村重が捨てて逃げた
伊丹城(有岡城)跡から歩きます。

初夏のような陽射しの中
猪名川がまぶしい。
blog51伊丹.jpg

河川敷の黄色は菜の花?!
あれ?
ハナナもアブラナもカラシナもノザワナも
花の区別がつかなくなっている
最近の自分に気づきました。ああ。



目の前を
飛行機が横切ってどこかへ行きます。
blog52伊丹.jpg

伊丹スカイパークに着いたのです。

ハイカラ(?)な名前で呼ばれていますが
伊丹空港(大阪国際空港)滑走路の南側を
公園にしただけなら
伊丹空港公園でいいようなものですが。

あれ!?
「飛行機」は
どうしてカタカナでいわないのですか。

写真機はカメラ!
印刷機はプリンター!
空気はエアなんていわなければ
会話がなめらかにならない昨今!
飛行機は「plane」でしたか!
このカタカナ語はないのですか。

南側には公園しかないので
建てものの集中している北側に渡ります。

滑走路の真ん中に
東西に走るトンネルがあるのです。
blog53伊丹.jpg

トンネルを抜けてふり返れば
先ほどの伊丹スカイパークが見えます。
blog54伊丹.jpg

ヒバリの歌が聞こえたような。
空耳かも。



昨日(2018/04/18)
ターミナル中央エリアを
リニューアルして
オープンしたといっていましたが。

といっても
前の空港の記憶が全然ないのですが。

昔の旅行では利用頻度が高かったのに。
初めての海外へも
ここから飛んだと思うのですが。

最近!飛ばなくても
なん度か立ち寄っているはずですが。

頭の中
関西国際空港と
ごちゃまぜになっているのかも。

いつも色気づいてきていますからね。
空港の施設なんか!
どうでもよかったのでしょう。

とりあえず!ビルの展望デッキへ。
blog55伊丹.jpg

緑豊かです。
blog56伊丹.jpg

わ!
佃煮にするほど人がいます。
blog57伊丹.jpg

真下に飛行機がいるからですか。
blog58伊丹.jpg

視界の前にワイヤーを張っているので
撮影はしにくいようです。
blog59伊丹.jpg



たくさんの店舗の前に
花が飾られています。
blog60伊丹.jpg

やっぱり改装されたのでしょうね。

あ!?
「オアシス」はどこへ行ったのでしょう。
社員食堂みたいなレストラン。
たぶん!
主に空港で働く人が
利用する食堂だったと思うのですが。

私はただ安いから好きだったのですが。

尋ねて行く気も失せて
さりとて!
あまり特色もないのに
高価な食べものにも食指が動かず。



ひと駅だけモノレールに乗り
阪急・蛍池駅に出ましょうか。
blog61伊丹.jpg

はは。軟弱な。
今までひとりのときには
絶対に歩いていたのですけどね。

遊園地の乗りものに乗った幼児の気分。
blog62伊丹.jpg

今日はこのために
歩いてきたかのようです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 猫も歩けば棒立ち ブログトップ