So-net無料ブログ作成
昼定食 ブログトップ
前の5件 | -

学食めぐり スタンプラリー 大変です [昼定食]

どこからはいるんでしょう!?
blog81京都造形芸術大学.jpg

大きな階段を見あげます。

京都造形芸術大学。
叡山電車の茶山駅から
静かな住宅街を
10 分ばかり歩いたのですが。

あるおばさんが
このキャンパスの催しに行きたいので
知らないかといっていたのを思い出して
途中下車してみたのですが。

正門が分からないので
階段を強行突破(?)です。

ランチどきの終わりの学食に。
blog82京都造形芸術大学.jpg

私にはこちらのほうに興味があります。

どこかで見たリーフレットがありますね。
blog83.jpg

京阪電車の駅に置いてあるもの。
「京阪電車ぶらり学食めぐり」
「スタンプラリー 2019」だそうな。

この学食も参加しているのですね。

リーフレットに紹介されている
唐マヨ丼をいただきます。
blog84.jpg

税込み 360 円。

スタンプをもらいます。はは。



このスタンプラリー!
ずっと前の年から催行していたような。
関心がなかったのですが。

京都精華大学にも行ってみます。
叡山電車の京都精華大学前駅の前。
blog85京都精華大学.jpg

学食は昔!いや!大昔と違い
明るいところばかりですね。
blog86京都精華大学.jpg

もう午後 2 時前!人は少ない。

では!ここでもリーフレットにある
「チキン南蛮カレー」(税込み 350 円)を。
blog87.jpg

いいですね。



それからしばらく訪問する機会がきません。

考えたら!このスタンプラリー!
無理がありませんか。

今回!滋賀県から京都府と大阪府の
京阪電車の沿線に
15 大学がエントリーされていますが。

あ!叡山電車は
京阪電車の 100%子会社ですよ。

ランチは 1 日に 1 食いただきます。
勤勉な!勤勉でなくてもフツーの人は。

それを 15 大学を回れというの?!
バラバラの場所にある大学に。
京阪電車の駅から
距離のあるキャンパスもあるというのに。

それも各大学それぞれに
スタンプを置いている期間が違うのです。

制約だらけの中で
だれが 15 大学行けるの?!



お!まだ午後 1 時前!
京都から大阪に向かっている電車の中。
千載一遇のチャンスかも。

そんなおおげさなことでもないですが
牧野駅で下車。
大阪歯科大学に走ります。

この大学の存在は知っていますが
学食なんてあったのかな。(失礼!)

きゃ!
blog88大阪歯科大学.jpg

だれもいません。
奥に写ったなにも食べていないカップルは
私の帰るときにやってきたのですが。

「夏休みですから!」

元気のいい厨房のおね~さんが
歓待してくれました。

ローストビーフ丼をいただきます。
blog89.jpg

スープとエクレアがついていて
税込み 450 円とはうれしい。



そんな訳で
スタンプが 3 個得られましたが。
blog90.jpg

これ以上増えないような。
千載一遇のチャンスは
(おなじ表現ですみません)
もうやってこないような。

今回の期間は
2019/07/15 ~ 09/27 と
見た目には長期間のように見えるのですが
復唱しますが
それぞれの大学の期間は短いのです。

スタンプはいらないから
食事をしたいといっても
その決められたわずかな期間しか
外部のものには
入場できない学食もあるようです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都駅のおばんざい定食 [昼定食]

JR京都駅の
大きなドーム型の天井の中を走る
「空中経路」に東側から入ります。
blog41空中経路.jpg

長いです。
147m あるそうですが。

歩けば京都タワーに対峙します。
blog42空中経路.jpg

(あ!今!
(日づけが替わって 16 日になりました。

今夜は「五山の送り火」の日。

ここからは「五山」全部よく見えるそうな。
しかし!入場ははがきで応募!
あ!今は Web 応募もあるのかな!
その抽選であたった人だけ。

毎年応募していたのですが
あたったことはありません。

今年は応募することも忘れていました。
「応募しておいて」とアゴでいう
生意気なおね~さん方からも
声がかかりませんでしたね。

京都駅の大階段がのぞめます。
blog43空中経路.jpg

大階段の上に竹林が見えます。

その竹林(?)「葉っぴいてらす」!
blog44葉っぴいてらす.jpg

猛暑でも緑があざやか。

大階段を見降ろします。
blog45京都駅.jpg

先ほど歩いた空中経路があります。



JR京都駅に中央口から入場。

「0」番ホームがあります。
blog46京都駅.jpg

だれかといっしょのときには
決まって指さすならわし(?)です。

ホームに郵便ポストもあります。
blog47京都駅.jpg

ときどき「それがどうした」といわれて
返答に困りますが。

階段の下に
早朝から深夜まで営業している
カフェがあります。
blog48塩小路カフェ.jpg

「塩小路カフェ」という屋号ですが
うどんでも焼酎でも売っています。

構内のごった返しからみると
静かなこと!
太平洋の真ん中の無人島のごとし。
とは!大げさですが。
blog49塩小路カフェ.jpg

昼定食があります。
安い!

安い!というのは
駅の内外の物価に比較してのことですが。

「おばんざい定食」(税込み 770 円)!
blog50塩小路カフェ.jpg

こんなオードブルみたいな
ちまちました献立が好きです。

1 品のドカ食いがイヤなのです。
といっても懐中不如意で
仕方がなくしていることが多いのですが。

「おばんざい」とは
「お番菜」と書いてあるところもあるので
「番茶」の「番」のように
庶民の普段のおかずのことでしょうけど
そのことばを
京都の庶民が知らないのはどうして?!

周囲の京都人は
みんな「おかず」で通しているようです。

京都市の呉服商の娘で
元・シンクロナイズドスイミングのおね~さんも
昔も今も「おばんざい」なんていわないと
TVでいっていましたが。

観光客相手のおもてなし用の単語でしょうか。
そういうとありがたがるのでしょうね!きっと。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天ぷら 大吉 堺大魚夜市の昼 [昼定食]

旧堺灯台。
blog81旧堺港灯台.jpg

堺港の玄関口に立つ
明治 10 年(1877)建築の木造洋式灯台。

堺港の入り口は埋め立てが進んで
はるか沖合いまで行ってしまいましたが。

もっともここは旧堺港。
今の堺港は北にある港を指します。

「浪漫やさかい~時代を超えて通じるロマン~」
という南蛮貿易の壁画は健在のようです。
blog82.jpg

大浜公園に
香具師(てきや)のサンズン(露店)がズラリ。
blog83.jpg

並んでいるだけですが。
まだ正午前ですからね。

今日(2019/07/31)は
堺大魚夜市(さかいおおうおよいち)
うわさでは
鎌倉時代からの歴史ある堺市の夏の風物詩。

ここにきたら必ず猿飼育舎に寄ります。
blog84.jpg

暑いのにアカゲザルのあかちゃんが
元気に動きまわっていました。

昭和 12 年(1937)から 10 年前まであった
猿島の子孫でしょうか。

旧堺港にもどります。
blog85旧堺港.jpg

打ち上げ花火の準備が進んでいます。

手を振る人。
blog86旧堺港.jpg

答えるのは龍女神かな。
blog87龍女神像.jpg

今夜の花火大会の主会場はここでしょうか。

港の横の空き地が祭のメイン会場。
blog88.jpg

魚のセリも市民の楽しみらしい。



忙しい身なので
夜まで待てないので帰ります。

ウソついてすみません。
とにもかくにも!暑い!
たまらなく!暑い。
暑いから撤退します。

堺魚市場の前を過ぎます。

昼間ですからセリもなく静かですが
「天ぷら 大吉」は営業中。
blog89大吉.jpg

深夜から朝までの営業ですが
この春からランチを出しているようです。

天ぷら 7 品の松定食(1,200 円)
天ぷら 6 品の竹定食(1,000 円)
天ぷら 5 品の日替わり定食(850 円)
天ぷら 4 品の天丼(800 円)

あ!税込みの価格ですよ。

某おばさんは
(けしからんことに?)お婆さんなのに
レディースセットを食べたそうな。
天ぷら 5 品にデザートがついて
750 円はお得?!

孫はお子様セット。
天ぷら 4 品に
デザートとジュースがついて 500 円。

私は健康意識があるので(?)
野菜天定食(900 円)を食べます。
blog90.jpg

魚介はありません!
野菜だけです!当然ですが。
blog91.jpg

野菜だけでも案外!高価です。

粗い大根おろしが
どんと入った天つゆがつきます。
ごはんのお代わりができますが
私がしたかどうかはナイショです。

あさりの貝殻は
床に捨てるしきたり(!)があります。
blog92.jpg

オープンして間がないから
あんまり落ちていませんが
閉店近くになると
貝塚の発掘現場のようになります。

白骨累々とも思えます。

一食の功成って万骨枯る!?

満腹と暑さで!脳みそゆらり。

一将功成萬骨枯
(いっしょうのこうなってばんこつかる)
でしたね。はは。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

でんスポのグローブの薬膳ランチ [昼定食]

神戸市の北!
三田市に近いあたり!
神戸電鉄の二郎(にろう)駅は
自動改札機のためにだけあるような
小さな屋根があるだけの無人駅。
blog01.jpg

稲田の中をとぼとぼ。
blog02.jpg

体育館が見えます。
blog03.jpg

体育館の向こうには
3 面の野球場や芝生広場や
なぜか棚田もあります。
「北神戸田園スポーツ公園」ですか。
文字通り田園の中!
略して「でんスポ」と呼ぶのだそうな。

周囲に店舗はなにもないところですが
体育館に併設のカフェがありました。
「森の小さなカフェレストGrove(グローブ)」
屋号が長い!

ガラスばかりの明るい店舗。
blog04.jpg

「薬膳ランチ」(税込み 800 円)を食べます。
blog05.jpg

内容は週替りらしい。

このときには鶏肉のサワー煮!
ピーマンのおかか炒め!
南瓜とレーズンの和えもの!
みそ汁!雑穀ごはん!

ん!?
blog06.jpg

ドリンクとケーキがついていました。

店のおばちゃん(失礼!)たちも
素朴に誠実に接してくださり
ほっとしました。

公園内に見たこともない虫(?)が。
blog07.jpg

昆虫の解説ですか。



北神戸田園スポーツ公園を北にくだり
二郎駅から北にある道場南口駅を越えて
ヤブカンゾウの咲く有野川沿いを歩きます。
blog08.jpg

あ!?
この川沿い!前にきたことがあるような。
blog09.jpg

どんな目的で歩いたときのことやら。
すぐ思い出せそうで!思い出せない、、、。

いつかみた景色は
川の向こう!
田園の中をとことこ走る神戸電鉄!?

沿線開発が進んで
やたら住宅や
マンションだらけになっていますね。
blog10.jpg

神鉄道場駅に着きました。
blog11.jpg

おしゃれじゃないですか。

ん!?
この橋上駅になったのは
1991 年だとか。
すごく前なんですね。

ということは!
見たような気がする有野川は
どこか他の景色と
混同しているのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

靭公園 納豆のランチ [昼定食]

暑くなりました。
幼児たちはいいなぁ!水遊び。
blog01靭公園.jpg

飽きることを知らない時代かも。

都市の真ん中(大阪市西区)にある緑地
靱(うつぼ)公園です。

大阪の最初の勤務地の近く
この公園に初めて接したとき
その奇妙な名前と
たぶん初めて見る漢字に驚いたような。

地名の由来は
伝説では豊臣秀吉が
矢やらヤスやら長いものを入れる
「靭(うつぼ)のようじゃ」といったとか。

ホントかな。

大昔はこのあたりは
浜だったり湿地帯だったりで
秀吉の時代から昭和の初めまで
塩干魚市場があったそうな。

だからすなおに
魚のウツボ由来でいいような気もしますが。

先の大戦後アメリカ等の占領軍が
飛行場に使用したといいますから
昔から細長い場所なんでしょう。
魚のウツボに似てはいませんか。

市内有数のバラ園も
春の花の季節は終わりましたか。
blog02靭公園.jpg

ランチどき!
木陰で弁当を食べる人!多し。

周辺のビル群の中で
ランチ用弁当の販売の多いこと。
安いですね。
ボリュームがあって 300 円くらいから。

それを買い
ひとりゆっくり食べられるなんて
幸せですね!このあたりの勤め人は。

ランチどきまで
自社のものとはもとより
他人とだって
顔を合わせたくないものです!
組織からはじかれている私はね。はは。

この公園内に
梶井基次郎の文学碑があるはずなんですが。
どこだったか!忘れました。



大阪メトロの本町駅に向かいます。

街は変貌しています。
昔日の面影は感じられません。

きれいな店舗がありました。
blog03 710.jpg

「※710」!
読めません!
blog04 710.jpg

あ!納豆専門店ですか。
販売ではなくレストランですか。

では「710」は「なっとう」ですか。

違いますね。
横のふり仮名は
「こめ なないちぜろ」とあります。

大阪で納豆とはすごいですね!

大阪人には納豆嫌いが
多いのかどうか分かりませんが
「納豆!嫌い!きらい!」と声高に!
自慢気に(?)騒ぐ人!多し。

どこの地方でも!
納豆を好きな人も
嫌いな人もいるでしょうけど
叫ばなきゃならんと心得ているのは
大阪人だけのような。

「嫌いなら黙ってろ!」と
私も大声で呼応します!
ただし!心の中で!
平和主義者は口ではいいません。



納豆は「小粒」と「ひきわり」と選べて
あ!両方でもおカネさえ出せば可ですが
トッピングがいろいろ。

私にはトッピングは不要。
一番シンプルなものを。
blog05 710.jpg

税込み 680 円。
小鉢やみそ汁がつきますが
それでも安くはないですね。
私の感覚では。

自宅では簡単に食べられても
よそでは難しい納豆。
弁当では使えませんね。
ごはんは納豆菌に短時間で負けるでしょう。
よほど酢のきいたごはんでないかぎり。

こういう店舗も必要なのかも。

夜は居酒屋になるそうです。
居酒屋のメニューに
納豆以外のものが
あるのかどうかは知りません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 昼定食 ブログトップ