So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
活動写真 ブログトップ
前の5件 | -

マンハント 君よ憤怒の河を渉れ [活動写真]

映画「マンハント」は
いつごろから
上映していたのか知りませんが
やっと私好みの映画館にまわってきました。

大きな小屋(映画館)は嫌いです。
できれば 100 席までの小屋で
その一番後ろの右端が落ち着きます。

「マンハント」は
大阪で撮影した中国映画!?
中国といっても
広島や岡山じゃないんじゃけん!
監督はジョン・ウー!
主演はチャン・ハンユー!
ま!福山雅治も主演かも知れませんが。

高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」の
再映画化といいますけどね。

あ!「憤怒」を「ふんぬ」と読んでいたら
映画では「ふんど」といっていましたね。

間違えないように頭の中で
「ふんど?」「ふんぬ?」と
2、3 回繰り返してからいえば
いつも「ふんぬ」と
発声していたりしますが。はは。

権力者特有(に見える)傲慢(に見える)
東京の大学のアメフトの監督が
関西(かんせい)学院大を
「かんさい学院大」といっていましたが
慎重に考えているうちに
頭の中でおさまりのよさそうなほう!
間違っているほうをいったのかも。

ま!権力者にはそんなことはないかな。

映画は権力者の犯罪に立ち向かう
「正義」の物語です。
正義って大変です。



閑話休題。

「マンハント」と
「君よ憤怒の河を渉れ」は似ていますか?!

「荒野の七人」と
「七人の侍」なら分かりますが。

「マンハント」も
「君よ憤怒、、、」も
大昔の日活の
小林旭の渡り鳥シリーズのように
常識ではおかしいストーリィは
娯楽映画だからしかたがないでしょうかね。

アクションシーンは
「マンハント」のほうが面白いような。

あ!
「君よ憤怒、、、」でも面白いシーンが。
西新宿だったか歌舞伎町だったか
街の中を馬の群れが走り抜けましたね。

「君よ憤怒、、、」は
中国で文化大革命後に
初めて公開された外国映画だそうですが
中野良子のオールヌード(吹き替え?)や
セックスシーンがあるのですがね。

中野良子!
意外に(失礼!)かわゆい。
blog中野良子.jpg
(高倉健になにかされています)

20 代の画像ですからね。



「君よ憤怒、、、」の「原田芳雄」を
「マンハント」では
福山雅治がやっていましたね。

福山は大阪滞在中に
「たこ焼き」を食べていたそうな。

それに松屋の
「アサヒスーパードライが 150 円なんです」

松屋のビールと牛皿がおいしかったらしい。

松屋のビールと牛皿。
blog松屋.jpg

ビール 180 円(税込)なんですが。
福山のいう価格より 30 円も高い。
ずいぶん昔に撮影したのでしょうか。

ちなみに牛皿は 240 円。



(敬称略)
タグ:高倉健
コメント(0) 
共通テーマ:映画

初恋の人に似た人 ビリディアナ [活動写真]

ルイス・ブニュエル監督の映画
「ビリディアナ」(スペイン/メキシコ)が
リバイバル公開されていました。

1961 年公開の古い映画です。

ビリディアナ(Viridiana)は
修道院で暮らしていた少女の名前です。

家庭的に不幸な少女には
大金持ちの義理の伯父さん(叔父さんかも)の
ハイメが後ろ盾です。

おじさんは
死んだ妻のことがずっと忘れられず
悶々と生きています。
その妻こそビリディアナの
伯母さん(or 叔母さん)でした。

おじさんはビリディアナが
正式に修道女になることを嫌います。
それは
ビリディアナがあまりにも
死んだ妻に似てきたからです。

おじさんはビリディアナを睡眠薬で眠らせ
犯そうとします。
それは未遂に終わったのですが
「犯してしまった!」とウソをつき
「これで修道女にはなれないから」
「結婚してくれ」というのですねぇ。

そうか!カトリックの修道女は
生娘じゃないとなれないのですか。
瀬戸内寂聴は
あばずれの果てに仏門に入ったそうですが。
ま!師の今東光もその方面では
人後に落ちないでしょうけど。
大変ですねぇ。

ここからストーリィは二転三転します。
敬虔(けいけん)なクリスチャンの少女が
最後は冒涜(ぼうとく)の海に乗り出す
普通(かどうか?)の女になって行きます。

善意なんて施すほうの自己満足で
施されたほうの感謝はうわべだけで!
屈辱さえ残ってしまう!
それが世の中というもの!
そんな教訓が映画から得られそうです。

あちこちのカトリックの団体から非難され
上映できないところが多かった作品らしい。

そんなに冒涜とも思えませんが。
ま!無神論者のバチあたりな私には
論ずる資格がないでしょうけど。



死んだ妻に似た
妻の血縁者に恋心が芽生えることが
よくあるのでしょうか。

小説では
初恋の人にそっくりな女性に出会う設定が
ままありますが。

その女性は
初恋の少女の娘だったりして。はは。

私の周囲に
容姿が母に似ている女性はいますかねぇ。

むしろ!顔は父親!
性根は母親!
両親の悪いところだけ
継承している女性が多いのですが。



アラフォー(around 40)のおね~さんが
どこからか仕入れてきたはなし。
たぶん!ちゃらちゃらしたオトコの
寝ものがたりでしょうけど。

誕生すぐのニッポンウズラのオスを
まったく血縁のない家族と育てます。

成長して
血のつながっているグループに入れます。

すると!
「いとこ」のメスを伴侶に選ぶとか。

妹や姉は選びません。
「はとこ」も選びません。

自分に似た異性に
性的魅力を感じるようですが
近過ぎないパートナーを選ぶそうな。



「男の子は母親のおっぱいに似た
「女の子に魅力を感じる

といい切るのは
ある飲食店のめし炊きおばちゃん。

なるほど!
たしかに私の周囲にも
母親がドッジボールみたいな乳房なら
奥さんもバレーボールみたいなおっぱい!
そんな男が多いかも。

でもね!
「おばちゃんの乳房は大き過ぎて!
「乳首は!へそまで垂れていますよね。

「見たんか?!」
「ま!最近はへその下まで垂れとるけど」

(やっぱり!垂れとるんかい!)

「でも!あなたのご長男のお嫁さん!
「洗濯板じゃないの!?

「あれはな!」

出産した後!
心労が重なって!
乳房は大きいのに
おっぱいが少なかったのだそうな。

「で!哺乳瓶で育てたから」



あれ!?
はなしが澪(みお)をはずれて
土手に乗り上げてしまいました。

毎日ブログを更新してきたのですが
なんのストーリィもない日があれば
ふたつもみっつも
書きたいことがあるときも。

この記事のときも
みっつくらい同時に書き始めて
これは途中のまま忘れていたのですが。

ん!?
初めになにを書きたかったのやら。

お読みになった方!すみません。
忘れてください。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:映画

空海 楊貴妃の謎を追う [活動写真]

空海・弘法大師が立っています。
blog001.jpg

聖徳太子が建立したという
四天王寺(大阪市天王寺区)の極楽門の横。

弘法大師の縁日 21 日には
大勢の善男善女がここに参詣にきます。

翌 22 日は聖徳太子の縁日ですが
そちらのほうが
この寺では重要な気がしますが
香具師(てきや)のおばちゃんが
21 日にはひとつ 200 円で
飛ぶように売れたという焼きそばを
100 円にするから持って行ってと
大あくびしているほど人出がありません。

弘法大師の人気(?)はすごい。
聖徳太子を凌駕しています。

極楽門の向こうに
彼岸の中日に夕陽が沈みます。
それを拝する日想観という修業を
空海がしたとか。

それでかどうか極楽門のそばに
「弘法大師 千体尊像」が。
blog002.jpg

すごいですね。
1 体 3 万円の奉安料です!いかが。



そうだ!
空海の映画を見に行かなくては!
「空海 - KU-KAI - 美しき王妃の謎」が
上映中のはずです。
blog003.jpg

「さらば、わが愛 覇王別姫」の
監督作品なら私好みかも。

忙しい時間をやりくりして
(ウソついてすみません)
あんまり寝ていなかった朝
のん気に映画鑑賞です。

原作は夢枕獏の小説?!
すると
野村萬斎が演じた「陰陽師」のように
空海と敵役の妖術のかけあいでしょうか。

それとも「美しき王妃」のミステリーなら
「ダ・ヴィンチ・コード」ように
歴史のもっともらしい解釈でしょうか。



どちらでもなかったですね。
空海はなんの術も使いません。

空海と白居易(白楽天)が
だれかの化身の
魚の目玉しか食べない!
人間のことばをはなす黒猫が放つ
妖術をながめるばかり。

にゃんこの正体は徐々に分かってきますが。

その黒猫が狂言回し!?
というより主役のように見えました。



「美しき王妃」は楊貴妃。

空海(774 ~ 835)
白居易(772 ~ 846)は同世代でしたか。

楊貴妃(719 ~ 756)
玄宗皇帝(712 ~ 756)
李白(701 ~ 762)
阿倍仲麻呂(698 ~ 770)
杜甫(712 ~ 770)はそのひと世代前。

ストーリィは
世阿弥の猿楽(能)のように
過去と現在が重なって進みます。

空海と白居易は
楊貴妃の死の謎を求めて歩きます。

長安の都が再現されていました。
いいですね。
感動の映像です。
CGかどうか私には分かりませんが。



白楽天の楊貴妃といえば長恨歌。

単語だけは出てきますが
実際に詠(うた)った場面はありませんね。

酔っ払いの李白は筆を取りました。
他人の服の背に書きました。
楊貴妃を詠った有名な詩の冒頭を!です。

雲想衣裳花想容
  くもには いしょうをおもい
  はなには かたちをおもう

春風拂檻露華濃

たぶん!そんな詩だったような。

李白と仲がよかったという
杜甫は出てきたかどうか。

また!原作には
もっとたくさん詩が出ていたようなんですが。



あ!この映画の原題は「妖猫伝」でした。
やっぱり
神出鬼没のしゃべる猫が主役なんですね。

空海がいなくても物語はできそうです。
白楽天ひとりでも
なんら進行にさしさわりがありません。

「空海」の名を前面に押し出したのは
日本人の弘法大師信仰に
おもねったのでしょうか。

早朝から般若心経を唱えてきたような
ご老体が押しかけていましたが
それなら!ちょっと気の毒ですね。

字幕版ではありません!
大阪の映画館で上映するものには。
吹き替えていたのも
「お大師さま」信者へのウケねらい!?
いや!配慮かも。



(夢枕獏著/
  沙門空海唐の国にて鬼と宴す/)参照
(敬称略)
コメント(4) 
共通テーマ:映画

泥の河 幻の廓船 [活動写真]

大阪市西区の映画館で
「泥の河」が上映されました。
blog41.jpg

1981 年公開の古い映画とはいえ
ふしぎなことでもありませんが。

それが「イケフェス大阪 2017」の
イベント(!)のひとつらしい。

「イケフェス」とは?!
本名(!)は長い。

「生きた建築ミュージアム
         フェスティバル大阪」

だとか。

国宝とか
文化財としての価値を見るのじゃなく
今も生き生きとして使われ
役立っている建築物を公開したり
シンポジウムや
イベントをしたのだそうな。

それで!どうして映画!
「泥の河」なんでしょう。

「非・定住者たちの大阪」の
生きた建築物?!

ま!阿呆にはよく分かりませんが。



小説「泥の河」は

「堂島川と土佐堀川がひとつになり
「安治川と名を変えて
「大阪湾の一角に注ぎ込んでいく

と始まっています。

大川(旧・淀川)が天神橋の上流で
堂島川と土佐堀川の
ふたつに分かれて流れてきて
またいっしょになるのですね。

そのいっしょになるあたりが舞台。

水はこちらに流れています。
blog42.jpg

右側からきたのが土佐堀川。
左の流れが堂島川。
従ってこちらが安治川。

堂島川に架かる船津橋を渡ります。
blog43.jpg

つづいて端建蔵(はたてくら)橋に。
端建蔵橋の下流に船が係留されていますが
ここでしょうか?!「泥の河」は。
blog44.jpg

土佐堀川の左岸に行きます。

土佐堀川が堂島川と再会する前に
分流しています。
その川が木津川。
まるで欲がからんだ復縁のために
今の恋人を切り捨てる男!
いや!女のようです。

その切り捨てられる恋人!
いや!木津川に架かる橋が昭和橋。
blog45.jpg

右書きとは!

昭和橋から上流に目をやれば
両岸に大きくはない種々の船が休んでいます。
blog46.jpg

土佐堀川に架かる湊橋のたもとに
「泥の河」の碑がありました。
blog47.jpg

この下の河が舞台でしょう。



昭和 31 年(1956)のこと。

川岸のバラックのうどん屋の少年と
対岸に係留された船で暮らす
姉弟の物語です。

姉弟の母は
体を売って生計を立てているのです。

いわば売春船!
廓船といえばいいのでしょうか。

切ないですね。
切ないです。

切ないけど
泣いてはいられません。
現実を認識してしっかり生きているのです。



土佐堀川左岸。
blog48.jpg

土佐堀川右岸。
blog49.jpg

今もこの湊橋あたりが
船の係留場所なんでしょうか。

映画のモノクロの世界は
まったく消えてしまっていますが。
blog50.jpg

それから半世紀が過ぎ
土佐堀川も!大阪も!
景色は大変貌しました。

でも!切なさはいや増して
もうすぐ落ち葉の季節を迎えます。
コメント(0) 
共通テーマ:映画

可愛い山田五十鈴 神戸イタリアンフェス [活動写真]

山田五十鈴ですか。
blog71.jpg

14 歳くらい。
blog72.jpg

可愛い。

昭和 7 年(1932)の
片岡千恵蔵主演の
「國士無双」という
活動写真(映画にあらず!)です。

最初に「日活グラフ」とあります。
これだけでプリントや
販売の仕組みが分かるようですが。
私にはなんのことやら。

名前の出る配役はこれだけ。
blog73.jpg

女性は山田五十鈴だけ。
すごいですね!その若さで。

多くの「きゃいのう(役者)」は
まったく名前が出ないのですね。

ついでにいえば「きゃいのう」とは
馬の脚役より
ほんの少し上くらいの下回り役者。

下回り役者みんなでひとつだけもらったセリフ!
「なんとかかんとか!」
「とっとと出てゆきゃいのう」を
合唱するのではなく単独でいいたがります。

そこでセリフを小分けにするのですが
兄弟子ほど先にたくさん取ります。
最後の下っ端には
「きゃいのう」しか残っていないという訳です。

それはさておき
これは無声映画です。
弁士がいます。
大森くみこという
地元・ラジオ関西のリスナーなら
よく知っているおね~さん(?)だとか。
blog74.jpg

なかなか達者な弁士でしたが
そんなにお若くはないと思うのですが。
千恵蔵も伴淳も
関西弁になっていましたね。あは。

そう!
神戸のハーバーランドにきています。
高浜岸壁に特大スクリーンを作っています。
blog75.jpg

ハーバーシネマという
イベント(2017/09/30・10/01)です。
blog76.jpg

手回し映写機で観ていたという
「おもちゃ映画」も上映されました。
今でいうアニメですか。
blog77.jpg

昔からアニメ大国の日本かも。
構図がいいですね。



この岸壁に着いたとき
客船が出て行きました。
blog78.jpg

「みんな手を振るんや?!」
隣にいた若い女性たちが
素っ頓狂な声を出していましたが。

あ!なるほど。
blog79.jpg

どこまで行くんでしょう。
地球の裏側まで行くんでしょうか。
たぶん!
沖をくるりと回って帰りそうですが。



また!岸壁にはたくさんの
食べもののブースが並んでいます。
blog80.jpg

「神戸イタリアンフェス」
「~食とワインの祭典~」
(2017/09/30・10/01)だそうですよ。
blog81.jpg

関西近郊の有名イタリアン料理店ばかり
出店しているそうな。
blog82.jpg

みなさん!競って
おいしそうなものを食べていますね。
blog83.jpg

上から見ているだけとは
間抜けぶりを絵に描いたようです。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 活動写真 ブログトップ