So-net無料ブログ作成
活動写真 ブログトップ
前の5件 | -

延安の娘に泣いた [活動写真]

「延安の娘」が
映画館で上映されていました。

映画ですから映画館で公開されるのは
あたりまえですけどね。
15 年以上前の作品です。

ドキュメンタリー映画です。

つくづく政治は
「悪」だと思える映画です。
百歩譲っていえば
必要な「悪」かも知れませんが。

民主主義でも
たとえば 100 人のうち 49 人が
その政策は悪いことだと考えても
51 人が正しいと思えば
51 人の思うように進みます。

時代が過ぎて 51 人の認めた施策は
悪いことだったと分かっても
後の祭りです。

民主主義ですらそうですから
それ以外の統治地区には
もっと悪い政治が
行われているに違いありません。

だから政治家は「悪人」です。
わが国でも近隣諸国でも
統治者やら指導者面をしている政治屋は
おしなべて腐ったアンパンマンみたいな
みにくい顔に変じて行きます。

悪人面になるのは必定ですか。

総理大臣でも知事でもやめた後は
すみやかに
重い罰を受けなければなりません。

必要悪と自覚して
罰を受けるのもいとわず
強い意志を持った
エラい人が政治家になるべきです。



毛沢東はたぶん偉大な革命家です。
革命家は革命だけに専念し
革命が終わった後には
潔く身を引かねばならなかったはず。

それが!王さまになったのですね。
王さまを倒した後
自分が王さまになってどうします!?

自分個人にだけ富が集中するようにして
政策はことごとく失敗?!
国内の犠牲者の数は統計できないほど。

それで行き詰って文化大革命?!
この人には貧乏や無知の人を扇動して行う
革命しかないのですね。

結果!紅衛兵が「毛沢東語録」を掲げて
勇ましくも滑稽に席巻したのです。

今「毛沢東語録」を広げて見ると
「八項注意」なんてありました。

1. はなしはおだやかに
2. ものの売買は公平に
3. 借りたものは返す
4. こわしたものは弁償する
5. 人をなぐったりしない
6. 農作物を荒らさない
7. 婦人をからかわない
8. 捕虜を虐待しない

なんてすばらしいのでしょう。
なんだか読んだだけで
すぐ真人間になれそう?!

ま!良識のある子女なら幼児のときに
しつけられていることばかりのような。



「下放政策」という
訳の分からんこともしたのです。

1968 年ごろから
都市(映画では北京)の若い労働者や
学生・生徒を大量に農村に移したのです。

移されたものは大変。
受け入れた農村も大変。

不毛とも思われる荒野で
細々と生きている村に
若ものが押しかけて
どうなるものでもないような。
土着の人も死にそうなのに。

食料も電気も水道もない厳冬には
イヌを盗んでは食って
生きていたという証言も。

その上!
移住した若ものは恋愛禁止だったそうな。

それなのに
毛沢東は毎晩違う
14 歳から 19 歳までの生娘と
寝ていたとはどういうこと!?

まさに王さまですね。
さらに黄帝になりたかったらしい。

黄帝は 1,200 人の少女を御して
そのエネルギーを取り込んで
仙人になれたそうな。



その恋愛禁止の中で妊娠したら
処分されたらしい。
普通ならそうですが
たまたま産まれて育った子もいたのです。

そのドキュメンタリー映画が
「延安の娘」です。

小さな女性です。
助産婦の計らいで
もらわれては行ったのですが
満足に衣食を与えられなかったらしい。

養父母を
全面的に責める訳にも行きませんか。
自分たちが生きるのも大変なのですから。

成人して嫁いで長男を出産してから
実の親に会いたくて北京に行きます。

今さら!会いたいですか。
私には分かりませんが。

かの女はいいました。
なにもいらない!
「気にかけていてくれる人がほしい」

涙が出ました。

父と母は北京に帰ってすぐ別れています。

父親は面会しましたが
下放政策の影響で
自分の服さえ買えない貧乏生活。
かの女になにもしてやれないと悔やみます。

母親は会いにきませんでした。
会えない理由が家族制度にあるようです。
もし!日本ならたぶん会えるでしょうけど。

この映画の池谷薫監督も
「気にかけていてくれる人がほしい」を
取りあげていましたが。
blog00池谷薫.jpg

「ほしい」ものですか!そんな人。
私にはそれが重荷になるのですが。
たぶん根性曲がっている私だけかも。



毛沢東の詩がありました。

颯爽英姿五尺槍
(さっそうたるえいし ごしゃくのそう)

曙光初照演兵場
(しょこう はじめててらす えんぺいじょう)

中華児女多奇志
(ちゅうかのじじょ きしおおし)

不愛紅装愛武装
(こうそうをあいさず ぶそうをあいす)

なかなか文学青年(文学老年?)ぶり。
シロートに分かりやすい詩です。

「槍」は銃のこと。
女民兵をほめているのですね。
化粧もしないで頑張ってエラいと。
歯の浮くような文句です。

安ものの政治家や宗教家は
こんな少年のような詩を配りたがります。
単純な女民兵は喜びますね。

「女殺し」ですね。
身心「貧しいもの殺し」ですか。
「人殺し」には
長(た)けていた毛沢東です。
いろんな意味で。



(毛沢東語録/中嶋嶺雄訳/)
(ユン・チアン ジョン・ハリデイ著/
  マオ 誰も知らなかった毛沢東/土屋京子訳)
(李志綏著/毛沢東の私生活/新庄哲夫訳/)
(医心方/飯田吉郎訓読/)
(一海和義著/漢詩一日一首/)参照
(敬称略)
タグ:毛沢東
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オカマ時代があった?! [活動写真]

「オカマ時代」を生きてきたと
オカマが 4 人
酒を飲んで談笑していました。

映画「わたしの居場所」
通天閣の下で生きてきた
オカマの「ひろ子ママ」の
ドキュメンタリー映画です。

もちろん!
かれら!いや!かの女(!)らは
蔑称(に近い!)とも承知の上で
かなりの誇りを持って
自らを「オカマ」と呼んでいます。

エラいですね!
よく分からないままにいうのですが。

男性が女装をして
男性と恋をしたり
Sex(性行為)をする人を
オカマと定義しているようです。

オカマは化粧して
女装しなければなりません。
化粧しないで
男性が男性と Sex をするのは
オカマではないようです。

それはともかく
「オカマ時代」ということばが面白い。

ひろ子ママは
昭和 35 年(1960)に
中学を卒業したといいます。
blog71ひろ子ママ.jpg

そのかれら!いや!かの女らが
20 代 30 代だったころを
「オカマ時代」と呼ぶ!?
呼びたいのでしょうか。

その前は
「女形(おやま)」時代?!
その後は「ニューハーフ」時代!?
いや!私の思いつきだけで
たぶん!違うでしょう。
その道の
専門家に尋ねなければなりますまい。

さらに
今はどう呼んだらいいのでしょう。



ひろ子ママが
鹿児島から集団就職で大阪にきたころは
通天閣の下!通称・新世界は
オカマのメッカだったそうな。

オカマバーにスカウトされ
化粧して人前に立つのが
天職と知ったのですね。
40 歳のときから
お好み焼き「千両」を経営してきたとか。
blog73千両.jpg

それから 30 年経過して
癌(がん)になったのです。

そして望郷です。
52 年間!鹿児島に帰郷していないのです。



昔の中国には
なんと望郷の詩の多いことでしょう。

江碧鳥愈白
 こうはみどりにして とりはいよいよしろく

山青花欲燃
 やまあおくして はなもえんとほっす

今春看又過
 こんしゅん みすみす またすぐ

何日是歸年
 いずれのひか これ きねんならん

杜甫(712 ~ 770)の詩。

はるかかなたに赴任したり
戦乱の中だったり
望郷の詩には
ままならぬ背景があるのですね。

そうですね!
ひろ子ママも
いずこの望郷の士も
戦っているのですね!たぶん。
みんな!
なにかと戦ってきたのでしょうね。



「ひろ子ママ」は
化粧をしないで
半世紀ぶりに鹿児島に帰りました。
blog72ひろ子ママ.jpg

化粧して帰ったらいいのにね。

懐かしいのでしょうか。
故郷はあたたかいのでしょうか。

私は
故郷は心の中にあればいいと
思うのですが。
帰らないほうが
いつまでも色褪せないと
思うのですが。

今住んでいるところが
故郷でいいと思うのですが。

ひねくれているとよくいわれるので
望郷のはなしは!まずしません。



罹病のため「千両」は
閉鎖しているのかと思っていたのですが。
blog74千両.jpg

たまたま!今!休んでいるだけですか。

オカマのメッカだった新世界
現在は凋落(ちょうらく)して
しまったのでしょうか。

そうだとしたら
どこがメッカになっているのでしょうか。
ま!強いて知りたくもないですがね。

この映画を作った武田倫和監督は
まだお若い方なんですね。
blog75武田倫和監督.jpg

どうして
「オカマ」の映画を
撮りたいと思ったのでしょう。
ま!強いて知りたくもないですけどね。



(駒田信二著/漢詩百選 人生の哀歓/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:映画

漂うがごとく 残影 ベトナム屋DZO! [活動写真]

ベトナム映画(フランス合作)の
「漂うがごとく(Chơi vơi)」は
結婚初夜から始まりましたが。
blog1漂うがごとく.jpg

どうして!なぜ!結婚したのか
よく分からない展開です。

年下の夫はおとなしくて!まじめで!
セックスレスで!マザコンで!

セックスレスでも
結婚はしたいのでしょうか。

なにやら日本の一部の男とおなじですね。

映画を鑑賞した後も長い間
コオロギの鳴き声が耳に残ってしまった
「青いパパイヤの香り」
(L'odeur de la Papaye verte)も
ベトナムが舞台でした。

「青いパパイヤの香り」は 1993 年制作。
「漂うがごとく」は
それから 16 年後の 2009 年の公開。

そのふたつの映画ではベトナムの
街の風景が大きく変わったような。

それから 10 年経た現在
さらに大きく変貌しているはず。
経済の発展はするときには
年ごとに倍々と爆発するでしょうから。

いずこもおなじ!
コオロギの切ない歌は
もう消えているのかも。

花嫁の親友(たぶん!)の女の
策略(?)で
仕事にも「女」にもエネルギッシュな男に
体を奪われました。

奪われるというより
半分期待していたような。



そんなベトナム語かフランス語かの中で
遠くで焚き火をする観光客が
日本語を使うのが聞こえます。

ストーリィとはなんの関係もないですが。

異国の地の
知らないことばのるつぼの中で
ふしぎと日本語が聞き分けられて
そちらに振り向いた経験が
なん度かありますが。

顔だけなら日本人か韓国人か
中国人か判断がつかないのに。

あとは匂い。
ふしぎと日本人には日本人の匂いがします。
「臭い」かもしれませんが。

ベトナムに日本人観光客が増えてきた
傍証かも知れません。

枝葉末節なことばかり考えていましたね。
ストーリィ驚くほどの展開がないので。

それはともかく
親友か!親友とはそんなものか
いろいろあったのに
女同士が裸になって仲よく(?)
薬湯(?)の湯気にあたっていました。
blog2漂うがごとく.jpg

それが人生でしょうか。
裏切らないものは人じゃない!?
それは仏さまだけですね!はは。

親友が!いや友人が皆無のものには
分からない心境ですが。
やっぱり
私は友だちがいなくてよかったような。
これからもなるべく
人と関わらないで生きていたいものです。

なかなかそうも行きませんが。



上映館はシネ・ヌーヴォでした。
そこから大阪メトロののぼり口に行けば!
あ!地下鉄ですがのぼります。
このあたりでは空中(!)を走っています。

のぼり口にありますね!今も
「九条OS」の看板。
blog3九条OS.jpg

もう建てものの影も形もなくなったと
好事家のおじさんたちがいっていましたが。

「九条OS」は
関西の名門のストリップショーの劇場。
ストリップショーのいろんな新しい試みの
嚆矢(こうし)だとだれかが!
たしか小沢昭一がいっていたような。
間違っていたらごめんなさい。

変わる町並みの中で
ひとつぐらい残っておいてほしいもの。



大阪メトロで
乗り換えに本町駅のホームに降りると!
blog4本町.jpg

「船場西」!?

こんな副駅名がありましたか。
昔はなかったですよ。

私の大阪の最初の勤務地はここ!
この駅をあがったところでした。
わずか 3 年足らず通勤しただけの駅。
忘れているし!忘れたい場所ですが。

ふらふらと外に出てしまいました。

なんの感傷もなく
当時との風景の違いも分からないのですが
神社や公園を見ると
浮き名を流して(?)
ひんしゅくを買ったことが浮かんで
背筋に少し戦慄が走ったぐらい。



中央大通りを渡って北に!
靭(うつぼ)公園のほうに行ってみますか。

ベトナム料理店がありました。
blog5ベトナム屋DZO.jpg

「ベトナム屋DZO!」
なんと読むの?!

「選べる!日替り皿飯」という
ランチがありました。

牛肉のなんとかと
厚揚げみたいなものの
ふたつの中から選ぶのですか。

ちゅうちょしていたら
「半分ずつ」ではどうかという提案。
blog6ベトナム屋DZO.jpg

税込み 800 円でした。



なんだなねぇ!
ベトナム映画はどこかへ行き
時代の変貌についていけない自分を
今さらながら嫌悪しただけの日でした。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:映画

マンハント 君よ憤怒の河を渉れ [活動写真]

映画「マンハント」は
いつごろから
上映していたのか知りませんが
やっと私好みの映画館にまわってきました。

大きな小屋(映画館)は嫌いです。
できれば 100 席までの小屋で
その一番後ろの右端が落ち着きます。

「マンハント」は
大阪で撮影した中国映画!?
中国といっても
広島や岡山じゃないんじゃけん!
監督はジョン・ウー!
主演はチャン・ハンユー!
ま!福山雅治も主演かも知れませんが。

高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」の
再映画化といいますけどね。

あ!「憤怒」を「ふんぬ」と読んでいたら
映画では「ふんど」といっていましたね。

間違えないように頭の中で
「ふんど?」「ふんぬ?」と
2、3 回繰り返してからいえば
いつも「ふんぬ」と
発声していたりしますが。はは。

権力者特有(に見える)傲慢(に見える)
東京の大学のアメフトの監督が
関西(かんせい)学院大を
「かんさい学院大」といっていましたが
慎重に考えているうちに
頭の中でおさまりのよさそうなほう!
間違っているほうをいったのかも。

ま!権力者にはそんなことはないかな。

映画は権力者の犯罪に立ち向かう
「正義」の物語です。
正義って大変です。



閑話休題。

「マンハント」と
「君よ憤怒の河を渉れ」は似ていますか?!

「荒野の七人」と
「七人の侍」なら分かりますが。

「マンハント」も
「君よ憤怒、、、」も
大昔の日活の
小林旭の渡り鳥シリーズのように
常識ではおかしいストーリィは
娯楽映画だからしかたがないでしょうかね。

アクションシーンは
「マンハント」のほうが面白いような。

あ!
「君よ憤怒、、、」でも面白いシーンが。
西新宿だったか歌舞伎町だったか
街の中を馬の群れが走り抜けましたね。

「君よ憤怒、、、」は
中国で文化大革命後に
初めて公開された外国映画だそうですが
中野良子のオールヌード(吹き替え?)や
セックスシーンがあるのですがね。

中野良子!
意外に(失礼!)かわゆい。
blog中野良子.jpg
(高倉健になにかされています)

20 代の画像ですからね。



「君よ憤怒、、、」の「原田芳雄」を
「マンハント」では
福山雅治がやっていましたね。

福山は大阪滞在中に
「たこ焼き」を食べていたそうな。

それに松屋の
「アサヒスーパードライが 150 円なんです」

松屋のビールと牛皿がおいしかったらしい。

松屋のビールと牛皿。
blog松屋.jpg

ビール 180 円(税込)なんですが。
福山のいう価格より 30 円も高い。
ずいぶん昔に撮影したのでしょうか。

ちなみに牛皿は 240 円。



(敬称略)
タグ:高倉健
コメント(0) 
共通テーマ:映画

初恋の人に似た人 ビリディアナ [活動写真]

ルイス・ブニュエル監督の映画
「ビリディアナ」(スペイン/メキシコ)が
リバイバル公開されていました。

1961 年公開の古い映画です。

ビリディアナ(Viridiana)は
修道院で暮らしていた少女の名前です。

家庭的に不幸な少女には
大金持ちの義理の伯父さん(叔父さんかも)の
ハイメが後ろ盾です。

おじさんは
死んだ妻のことがずっと忘れられず
悶々と生きています。
その妻こそビリディアナの
伯母さん(or 叔母さん)でした。

おじさんはビリディアナが
正式に修道女になることを嫌います。
それは
ビリディアナがあまりにも
死んだ妻に似てきたからです。

おじさんはビリディアナを睡眠薬で眠らせ
犯そうとします。
それは未遂に終わったのですが
「犯してしまった!」とウソをつき
「これで修道女にはなれないから」
「結婚してくれ」というのですねぇ。

そうか!カトリックの修道女は
生娘じゃないとなれないのですか。
瀬戸内寂聴は
あばずれの果てに仏門に入ったそうですが。
ま!師の今東光もその方面では
人後に落ちないでしょうけど。
大変ですねぇ。

ここからストーリィは二転三転します。
敬虔(けいけん)なクリスチャンの少女が
最後は冒涜(ぼうとく)の海に乗り出す
普通(かどうか?)の女になって行きます。

善意なんて施すほうの自己満足で
施されたほうの感謝はうわべだけで!
屈辱さえ残ってしまう!
それが世の中というもの!
そんな教訓が映画から得られそうです。

あちこちのカトリックの団体から非難され
上映できないところが多かった作品らしい。

そんなに冒涜とも思えませんが。
ま!無神論者のバチあたりな私には
論ずる資格がないでしょうけど。



死んだ妻に似た
妻の血縁者に恋心が芽生えることが
よくあるのでしょうか。

小説では
初恋の人にそっくりな女性に出会う設定が
ままありますが。

その女性は
初恋の少女の娘だったりして。はは。

私の周囲に
容姿が母に似ている女性はいますかねぇ。

むしろ!顔は父親!
性根は母親!
両親の悪いところだけ
継承している女性が多いのですが。



アラフォー(around 40)のおね~さんが
どこからか仕入れてきたはなし。
たぶん!ちゃらちゃらしたオトコの
寝ものがたりでしょうけど。

誕生すぐのニッポンウズラのオスを
まったく血縁のない家族と育てます。

成長して
血のつながっているグループに入れます。

すると!
「いとこ」のメスを伴侶に選ぶとか。

妹や姉は選びません。
「はとこ」も選びません。

自分に似た異性に
性的魅力を感じるようですが
近過ぎないパートナーを選ぶそうな。



「男の子は母親のおっぱいに似た
「女の子に魅力を感じる

といい切るのは
ある飲食店のめし炊きおばちゃん。

なるほど!
たしかに私の周囲にも
母親がドッジボールみたいな乳房なら
奥さんもバレーボールみたいなおっぱい!
そんな男が多いかも。

でもね!
「おばちゃんの乳房は大き過ぎて!
「乳首は!へそまで垂れていますよね。

「見たんか?!」
「ま!最近はへその下まで垂れとるけど」

(やっぱり!垂れとるんかい!)

「でも!あなたのご長男のお嫁さん!
「洗濯板じゃないの!?

「あれはな!」

出産した後!
心労が重なって!
乳房は大きいのに
おっぱいが少なかったのだそうな。

「で!哺乳瓶で育てたから」



あれ!?
はなしが澪(みお)をはずれて
土手に乗り上げてしまいました。

毎日ブログを更新してきたのですが
なんのストーリィもない日があれば
ふたつもみっつも
書きたいことがあるときも。

この記事のときも
みっつくらい同時に書き始めて
これは途中のまま忘れていたのですが。

ん!?
初めになにを書きたかったのやら。

お読みになった方!すみません。
忘れてください。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - 活動写真 ブログトップ