So-net無料ブログ作成
町道!街道!眠り未だ足らず ブログトップ
前の5件 | -

雨と汗と涙の 宗円交遊庵やんたん一周年 [町道!街道!眠り未だ足らず]

篠(しの)突く雨の中
塩谷(しょんたん)の
ゆるやかな坂道をのぼれば
緑茶の製法
すなわち「青製煎茶製法」を確立した
永谷宗円(1681 ~ 1778)の
復元された生家。
blog31.jpg

クイズラリーの
用紙を持って寄ったのです。

問題は
「製法になくてはならないものは?

簡単!?
焙炉(ほいろ)!
blog32.jpg

その跡ですね。

靴を脱いであがらせてもらい
ぼんやり外を見れば
青いアジサイが雨に濡れています。
blog33.jpg

昨年きたときには(拙ブログ 2018/07/04
ありませんでしたが。
今年は鹿に食われないように
腐心したのだとか。

あ!?
クイズラリー!ここは「Q2」!?
「Q1」は通り過ぎていました。

「高田園の窓の形?

傘の下に身を縮めていて
高田園のことなど考えもしていません。

塩谷に面白い窓があったので
画像は確保していますが。
blog34.jpg

たぶん!このことでは?!



さらにのぼる!のぼる!
舗装された幅員のある車道ですが
だれもなにも通行していません。

「Q3」
「どこの茶園にもあるのに
「大福谷の茶園にはないものは?

とにかく坂道と谷だらけの里ですので
ここがどの谷か知りませんが。
blog35.jpg

防霜ファンがありません。

こけつまろびつ!
といえば!走り抜けたようですが
心の中はそうですが
雨と急坂ばかりで
気はせいても足は思うように進まず
大きく円を描くように
のぼっておりてきました。

ここは
やんたん(湯屋谷)
今でも冷泉の湧くところがあります。
blog36.jpg

「Q4」
「冷泉の隣にある地蔵の顔?

昔の商店街があります。
blog37.jpg

もう営業している店舗はないようですが。

「Q5」
「総合食料品店だった店の名は?

リュックから足の先までずぶ濡れ!
雨と汗と涙の(泣くほどのことではないけど)
クイズラリーは終わり。

景品の絵はがきと
参加賞をもらいました。
blog38.jpg

わ~い!わ~い!
こどものように喜べたらいいのですが。



京都府の宇治田原町の
観光案内と休憩施設の
「宗円交遊庵 やんたん」の 1 周年で
「やんたんマルシェ」(2019/06/30)です。
blog39.jpg

天候不順なのに!頑張っています。

今年は京阪・宇治駅から
「宇治茶バス」できました。
blog40.jpg

ラッピングに茶壺が描かれていましたが
車内にはホンモノの茶壺がありました。
blog41.jpg

路線バスなので
会場の前までは行ってくれません。
斜めから雨のくる青田の中をとぼとぼ。
blog42.jpg

ああ!茶畑もありますね。
blog43.jpg

会場に行くまでに
だいぶ濡れてしまいました。



「1 周年記念セレモニー」は
もう終わっていて
「お茶のブレンド体験」
「お茶のいれかた体験」
「和菓子作り体験」がこじんまりと。
blog44.jpg

「クイズラリー」は雨天中止とあります。
どうりで宗円の生家以外ではだれにも
出会うことがなかったのですね。

でも!受けつけのおばちゃんは
「こんなのどうですか」と
すすめてくれたのですが。

「雨で!泣かせてやれ」と
思ったのかどうか。
かわゆいこはいじめられる~!
(だれが可愛い子なんや!?)

昨年そばを食べた
「宗円交遊庵 やんたん」内の
「あばんず!キッチン」で
ほうじ茶のソフトクリーム(330 円)と
フルーツのピザ(150 円)でランチ。
blog45.jpg

ピザにも茶葉を使えばいいのに。
表のマルシェの焼きそばやフォーにも
茶の里らしく
茶葉を混ぜたらいいような。

シロート考えですが。



昨年はいいお天気でした。

宇治田原茶発祥の地!
家康伊賀越えの道!
大滝街道・中谷(なかんたん)!
赤ケ尾の道!
茶宗明(ちゃそうみょう)神社!
等々を回りましたが。

今年は濡れて面白くもないので
この里!
滞在 1 時間 45 分で退去します。



また路線バスで帰ろうと思いましたが
のりばがよく分かりません。

降りた向かい側にあるはずの
バスストップの標識がありません。
向かいはたしかに
バスを停めるにはきゅうくつなところ?!

西洋人の顔の
女性たちが 5、6 人やってきました。

日本語ができない人たちと
日本語も外国語もペケの人!
ま!あたいだけど
なにかガヤガヤ意見交換(?)して結論!
バスがきたら
「ストップ!すとっぷ!」と
みんなで叫ぼうということに。

バス!きたよ!
blog46.jpg

往路に乗ってきた
おなじバスのようでした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和泉リサイクル環境公園はバラの季節 [町道!街道!眠り未だ足らず]

泉北高速・和泉中央駅から歩きます。
和泉中央駅ということは
大阪府和泉市にいるのでしょうか。

面白い意匠の
和泉シティプラザの中を抜けます。
blog01.jpg

学生同士らしいカップルの後を
ストーカーのようにつけて
トンネルをくぐります。
blog02.jpg

「まなび野橋」を渡れば大学があります。
blog03.jpg

桃山学院大学の学舎の間を抜けて
和泉市いずみの国歴史館で
ちょっとだけお勉強。
blog04.jpg

暑い!
もう夏日になっているのかも。
ビワの実が大きくなっています。
blog05.jpg

ヒツジとウサギが
芝刈り(?)をしているという
川沿いの公園。
blog06.jpg

陽射しを避けているらしく
動物の姿はありません。

なんの変哲もない道をとぼとぼ行けば
巨大なクスノキ!
blog07.jpg

「松尾寺のくす」と呼ばれている
推定樹齢 700 年の威容。

672 年創建といわれる古刹の
松尾寺は新緑の中。
blog08.jpg

松尾寺公園の展望台にあがり休憩。
blog09.jpg

まぶしい水面は梨本上池でしょうか。

隣接の梨本池のほとりを進みます。
blog10.jpg

いつか見たような!
ちょっとだけほろ苦く感じる
ノイバラの白い花が咲いています。



紫外線を避けて
和泉リサイクル環境公園の木陰で休憩。
blog11.jpg

バラが咲いています。
blog12.jpg
blog13.jpg
blog14.jpg

万人に分かりやすい花ですね。



ここは産業廃棄物等を埋め立てた後に
造成された公園。

埋め立てが完了してから
もう 30 年経ていますから
ゴミの上という意識はないですが。

ポピーの季節は終わり。
blog15.jpg

ラベンダーが咲き始めています。
blog16.jpg

もっとも!ラベンダーは
四季咲きの種類でしょうけど。

「はっちく」だそうな。
blog17.jpg

ああ!淡竹(はちく)の筍のことですね。
5 本で 500 円なら買って帰りましょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

軍靴の音 離陸の音 逃走の音 [町道!街道!眠り未だ足らず]

JR北伊丹駅(兵庫県伊丹市)の真上を
飛行機がひんぱんに飛んで行きます。

猪名川の軍行橋を渡ります。

すごい名前ですね。
目を閉じれば明治時代!
演習に向かう帝国陸軍の
兵隊の行進の靴音が聞こえます。

河原に並んでいるのは
離着陸の誘導灯でしょうか。
blog51.jpg

この先が伊丹空港(大阪国際空港)ですね。



すごい!
推定樹齢 300 年の
浄願寺の公孫樹(いちょう)の大木。
blog52.jpg

驚くのはその大きさではありません。
キリとムクノキが寄生しています。

寄生というのはおかしい?!
合体!融合しています。
それで 3 樹とも元気ですね。



飛行機がいます。
blog53.jpg

空港ですから飛行機はありますよね。

伊丹空港の北の端の公園。
「エア・フロント・オアシス下河原」なんて
舌をかみそうな
1 度では覚えられないような名前の緑地。
離陸する飛行機や
ヘリコプターがよく見えます。
blog54.jpg

「飛び立つよ!」
通り過ぎていると!だれかが叫びます。

すると周囲のみなさん
座っている人も歩いている人も
一斉にカメラやケータイを掲げます。
blog55.jpg

離陸するたびに
なん度もカメラを構えています。

はは。
きりもないでしょうに。

そういう私も歩を止めて仰いでいますが。



猪名川の左岸の土手をくだります。

堤の上に延々と一直線に人が並んでいます。
blog56.jpg

奇妙に思うのは私だけ?!
河川敷のグラウンドで
こどもたちがなにか試合をしています。

家族が応援ですか。

こんなほほえましいと世間でいう
ファミリーの行動!苦手です。
親にも子にもなりたくない!
ひねくれものです。



ふたたび猪名川を渡ってJR伊丹駅。

駅前の有岡城(伊丹城)跡です。
blog57.jpg

今!残っているものだけでは
よく分かりませんが
街屋敷や町屋を取り込んだ総構えの城を
荒木村重は建てたのですね。

相当な器量の男だったのに
信長軍との戦いでは
家族が皆殺しされるのも構わず
逃げましたね。

尼崎城に逃げ
尼崎では家臣を犠牲にして
花隈城に逃げ
ここでも家来が討ち死にしているのに
またまた自分だけが逃げ
生き延びたとは
どう評価したらいいのでしょう。



白雪ブルワリービレッジ長寿蔵。
blog58.jpg

2 階のミュージアムは無料で見学できます。
blog59.jpg

江戸時代の伊丹の酒造りを少々お勉強。
blog60.jpg

1 階のレストランは少々お高いですが
たまにはひとりで
こっそり食べるのもいいかな!と
おごった考えが浮かんだのですが
順番待ちができていたので断念。



これまた伊丹を代表する酒の
老松酒造です。
blog61.jpg

大阪の某居酒屋の夫婦が
老松の新酒が届くと
「まぁ!いっぱいいけ」と
客でもない私をつかまえて
いつも飲ませてくれていましたが。

なんのお返しもしないうちに
会うこともなくなり!すみません。

いつも現実逃避だけの情けない人生。
荒木村重のことを
とやかくいえる身ではないですね。

「老松」に隣接して店舗が見えます。
「串揚げ」ですか。
まさか老松の経営ではないでしょうけど
その「串の助 kura」にふらふらと入店。

800 円(税込み)のランチ。
blog62.jpg

たしか!
ごはんをお代わりしてくださいと
いわれたような。

いいです!これだけで。
おなかも心もいっぱいになりました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

金魚の町 猫窓 金魚電話ボックス お城の口餅 [町道!街道!眠り未だ足らず]

「ねこまど」だそうな。
blog31猫窓.jpg

見ているのか見られているのか!
にゃんこは慣れているのか!われ関せず。

大和郡山市の柳町商店街。
呉服を扱う看板が多いような
柳 4 丁目あたり。

電話ボックスに水を満たして
金魚を泳がせていたところ。
blog32.jpg

ただの水槽に置換されています。
だれかに著作権を侵害されたと
大金を請求されたからですね。

いやはや!
火鉢で金魚を飼っても叱られますかな。

棺桶をベッドにしたら著作権侵害になる!?
便器でカレーを食べたら訴えられる?!
そんな脚本!青島幸男が書いていたような。
記憶違いなら!ごめんなさい。

ここも
なんとなく納得がいかないのでしょう。
電話機を沈めています。
blog33.jpg

郡山八幡神社。
blog34.jpg

野球のグラブ!?
blog35グラブ供養.jpg

グラブ供養だそうな。

源九郎稲荷神社。
blog36源九郎稲荷.jpg

落語の「青菜」の

「鞍馬から牛若丸が出でまして
「名も九郎判官

で覚えていますが
義経の幼名は「九郎」でしたね。

歌舞伎の「義経千本桜」で
義経はキツネ(狐)に
「源九郎」の名を与えたのですが。
そのキツネにゆかりがある神社!?

でも!みなさん
「げん九郎稲荷」といっています。
「みなもと九郎稲荷」じゃいけませんか。

源九郎稲荷のあたりには
木造 3 階建てが集まっています。
blog37.jpg

そのひとつ「町家物語館」は
大正時代の建てられた遊廓。
blog38町家物語館.jpg

内部はほぼ当時のままだとか。

道路の真ん中に水路が。
blog39紺屋川.jpg

ここにも金魚が。
blog40.jpg

金魚の町ですから
ペットショップでなくても
金魚の餌が売られていました。
blog41.jpg

ぐるっと回って
ふたたび柳町商店街の筋に出ました。

創業 400 年の和菓子の菊屋で休憩。
blog42菊屋.jpg

伝統の
御城之口餅(おしろのくちもち)を
いただきます。
blog43御城之口餅.jpg

「御城之口」とは
町人街の入り口!
郡山城に一番近い店だったから。

前に食べたのは
もう 6 年も前。(拙ブログ 2012/02/27

あれから 60 円あがっていて
税込み 300 円でした。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜散る郡山城から薬師寺へ [町道!街道!眠り未だ足らず]

大和郡山市の郡山城跡。
入場料が不要なのがいいですね。

天守台に大勢の人影があります。
blog71郡山城.jpg

天守台にあがった記憶がないのですが
昔からあがれたのでしょうか。
blog72郡山城.jpg

清々しい。
城内は桜の花の季節。
blog73郡山城.jpg

1 段(?)降りてのぞきます。
blog74郡山城.jpg

見た感じ!堀は深くなさそう。
blog75郡山城.jpg

追手門から出ます。
blog76郡山城.jpg

桜吹雪がやみません。
blog77郡山城.jpg

花びらで水面がピンクに染まって行きます。
blog78郡山城.jpg

シャガが咲き始めています。
blog79郡山城.jpg

外から仰ぐと
花の色が違うものもありますね。
blog80郡山城.jpg

みんなソメイヨシノかと思ったのですが。
ソメイヨシノでも変異はありますよね。



近鉄郡山駅から大和西大寺駅まで
近鉄・京都線につかず離れず歩きますか。
春だから。
いいお天気だから。
おカネがないから。

体調は芳しからず!
足の裏に水泡ができていて!
ま!ヤケクソになるほど!空が青いから。

進んで行けども!なんにもないですね。
注意力散漫だから。

大池に回ります。

あれ!まだ薬師寺の東塔に
大屋根が架かっています。
blog81大池.jpg

2 年半ほど前にきたときと
おなじかな。(拙ブログ 2016/10/22
blog82大池.jpg

振り返れば池の畔にも桜が咲いていました。
blog83大池.jpg

最近!また!万葉集や枕草子の
勝間田池(かつまたいけ)はここだとの
説明に出会いましたが
違いますよね!たぶん。
ま!そんなに目くじらを立てて
いわなくてもいいかも知れませんが。

薬師寺の大屋根をめざして歩きます。
blog84薬師寺.jpg

歩きます。
blog85薬師寺.jpg

郡山城から
ちょっと回り道をして薬師寺まで
1 時間も歩いていないのに疲れました。

玄奘三蔵院伽藍前の
もう花の散った薄墨桜の下に
座り込んでしばし瞑想。
blog86薬師寺.jpg

瞑想というよりひなたぼっこ。

玄奘三蔵院に向かって右には
よく似た名前の
淡墨桜(薄住桜)があるはずですが
なんだか動くのがおっくうです。

もう電車に乗りましょうか。
どんどん人間がダメになって行く春。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 町道!街道!眠り未だ足らず ブログトップ