So-net無料ブログ作成
南都有情 ブログトップ
前の5件 | -

平城京天平祭 大極殿は近代建築 [南都有情]

平城宮跡。
復原整備工事中の
第一次大極殿院の正門の
南門の素屋根に
「南門」の絵が描かれましたね。
blog61南門復元.jpg

原寸大だそうです。

素屋根の途中まであがれて
工事中の様子が見られます。
blog62.jpg

現在!礎石工事が終わったあたりかな。



第一次大極殿。
blog63大極殿.jpg

奈良時代の正殿復元工事だといいますが
外観はそうでも
これはもう!近代建築なんですね。

筋違(すじかい)!炭素繊維補強!
構造用合板等々。

基礎と上部の建造物は
分離しているのですね。
blog64.jpg

ほんのわずかなすき間があります。
気がつきにくいのですが。

床下にもぐると免震装置だらけでした。

リニアスライダー(すべり機構)
天延ゴム系積層ゴム(復元機構)
壁型粘性体ダンパー(減衰機構)等の
写真は撮ったのですが
「SNS はダメ!」といわれました。

ブログも含めてのことなのか
拡散しやすい SNS を指しているのか
分かりませんから
ま!ここにはエントリーしないでおきます。

もらった参考資料には
のっているんですけどね。
blog65.jpg

ともかく!これだけ
新しい技術が採用されているのなら
国宝になるには
300 年くらいかかりそうです。
不謹慎な発言!すみません。



復原(?)された朱雀門前の
「朱雀門ひろば」がにぎやかです。
blog66朱雀門.jpg

平城京天平祭(2019/05/03 ~ 05)開催中。
イベントが目白押し。

このとき「諏訪流」の
「鷹狩り」が紹介されていました。
blog67.jpg

大勢の人の前で!
カラスが団体でいかくする中で!
ハリスホークは華麗に飛びます。
blog68.jpg

児童の中から希望者が鷹狩り体験。
blog69.jpg

それにもこたえます。

日本の鷹狩りとか
こんなショーとかで活躍しているのは
アメリカ生まれの
ハリスホークが多いですね。

ふしぎな縁(えにし)です。

珍しや!ふくろうもいました。
blog70.jpg

でも!この日 2 回目の出演だったようで
ハリスホークと違い!ご機嫌!芳しからず。



「東市西市」!
blog71.jpg

ま!いうなれば
令和時代幕開けの
さんずん(露店)が並んで盛況です。

あんまり食指の動くものもなく
今日の目的の
大極殿の床下のお勉強は終わったので
帰ります。

さつまいも 200 円。
blog72.jpg

近所の価格の
半額近かったので買いましたが。はは。



ヒバリが鳴いています。

「いつも何か探しているようだナひばり

渥美清(雅号・風天)の句。

大昔!平城京跡は
私のおぼろな記憶では湿地帯だったような。
地元の人は草原と畑だったといいますが。

大極殿と朱雀門の間の朝堂院跡などは
すっかり整地されて
ヒバリが営巣できなくなっています。

それでも繁殖地を探さねばならない
ヒバリに同情しても!空しい。

まだ草原らしいところはありますが。
blog73.jpg

人や犬が自由にかけまわるのではね。

「ひばり突き刺さるような麦のなか

やはり風天の句。

麦畑は人や獣があんまり
自由にやってこない場所のようでした。

麦畑の持ち主も
あたたかく接していたのですね。

遠い春の日。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

びっくりうどん 吉城園の冬 [南都有情]

近鉄奈良駅から
「ひがしむき」商店街を南下して
三条通りに出れば
真ん前に「三好野」があります。
blog31三好野.jpg

私が初めて奈良にきたときからあります。
クマザサのなにかを練り込んだ
うどんもあったような。
いや!記憶違いかも。
遠い昔のことですから。

ここのうどんを好きな人がいて
奈良に同道したら
必ずというほどつきあわされましたが。

その人と出会わなくなってから
寄ったことはないような。

余談ですが
これといってトラブルがなくても
1 度出会わなくなれば
それっきりの人!多し。
私の生来の薄情な性格は、、、!
いろんな訓戒を
垂れられることもありますが
とことん引きずって
奈落に落ちることもなくて!
いいですよ!はは。(心で泣きます)

ん?!
530 円(税込)の定食がありますね。
献立を吟味する訳でもなく食指が動く
安価なものが大好き人間。
入店です。

「びっくりうどん 三好野」!
屋号に
「びっくりうどん」がついています。
昔からそうだったのかどうか。

メニューのイラストが飾ってあったりして
こんなあか抜けした店舗でしたやら。
blog32三好野.jpg

530 円の定食は「びっくり定食」!?
屋号を冠しています。
自信作でしょうか。
blog33びっくり定食.jpg

ひぇ~!
すごい量のうどん。
食べても!食べても!減らない感じ。
私は特に汁かけの
麺類を好まないのに気がつきました。
今ごろ気づいてどうします!?

たぶん 2 玉入っているうどんを
熱くなった舌を豆腐で冷ましながら
急いで食べ!
イヤなものは急いで食べてしまう性格です!
汁は残し!
大きないなり寿司を
飲み込むように食べました。



大きなおなかを抱えて奈良公園を横切れば
大きな鹿せんべい!?
blog34鹿せんべい.jpg

だれが食べるのだろ。



唐突に
「吉城園(よしきえん)」を思い出しました。
そこもいつも前を通っているのに!
三好野とおなじで
無意識ながらランドマークにしているのに
なん年も入園していませんね。

人工ではないような起伏の中
歴史のありそうな池があります。
blog35吉城園.jpg

古い屋敷があります。
最近!ホテルに活用すると
「奈良県」がいっていたような。

茅葺(かやぶ)きの家は茶室かな。
blog36吉城園.jpg

冬にははなやいだものはありません。
苔に散るサザンカの花びらくらい。
blog37吉城園.jpg

ツバキの基本色は赤かな。
サザンカのそれは白でしたよね。
交配が進んで基本が分からなくなります。

苔の庭には苔ばかり。
blog38吉城園.jpg

それはそうですが
たいていの苔の庭と称している庭は
たくさんの雑木の中にあるような。

茶花の庭にスイセンが咲いていました。
blog39吉城園.jpg

カップルで吟行でもしたらいいような
ロケーションですが。
blog40吉城園.jpg

でも!数人いた外国の旅行者は
あまり面白くはないのか出て行きました。

外国の人には
無料で開放していますけどね。



吉城園に隣接して
奈良県の知事公舎があります。
blog41奈良県知事公舎.jpg

ん!?
以前は
知事の氏名の表札が掲げてあったような。
なくなっていますね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良女の豆腐丼 生老死の進化 [南都有情]

奈良女子大学の学食。
blog51奈良女子大.jpg

学食なんていったら叱られますか。
コトコトキッチン(kotokoto kitchen)なんて
アルファベットの店名がついています。
国立大というと私には
いぶし銀のようなイメージですが
キャンパスが妙に軟化して行く昨今。

冬ですね。
テラス席にはだれもいませんね。

勉学や研究のじゃまにならないように
エチケットとして
午後 1 時を回ってから寄ったのですが
そんな時間帯なのに
広い食堂内に女性だらけ。
そりゃ!女子大ですからね。

女子学生に人気があるような
名物(?)の豆腐丼(300 円)を食べます。
blog52奈良女子大.jpg

温泉たまごがのっています。

お惣菜は量り売り(!)
皿に好きなだけ取ってから計量します。

単価はいくらか気にしないで
主に野菜料理を取りましたが
1 グラム 1.5 円くらいでしょう。
これ 250g ばかりでしょうから。

計 675 円!
でしたが!
生協の非組合員なので 67 円オンされました。



今日(2019/01/25)は初天神!
京都や大阪では。
奈良ではどうなんでしょう。

奈良の飛鳥に行ってみます。

ふるさとの あすかはあれど
あをによし ならのあすかを
みらくしよしも

大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)の
歌にあるように
東大寺のずっと南にある
高畑町の高台あたりには
飛鳥からきた人が住みついていたとか。

坂をのぼっていたら
梅の花が咲いていました。
blog53.jpg

あれ!?天神社は静かです。
blog54.jpg

奈良は「初天神」より
菅原道真の誕生日の 6 月 25 日か
亡くなった 2 月 25 日かに
お祭りをするのでしょうか。

摂社か末社か!柿本社。
blog55.jpg

もしかして
柿本人麻呂を祀っているのかも。

なにも考えないで進めば
足がいつものように勝手に浮見堂へ。
blog56浮見堂.jpg

寒いのになん人かの観光客!?
じゃ!ないですね。
結婚式をする衣装のカップルが
前撮りかなにか
カメラマン(?)を引き連れています。

見られることに鈍感になるんですね。
こんなときには!一時的にしろ。

片岡梅林(丸窓梅林)はまだ冬。
blog57丸窓梅林.jpg

少しずつ春がきているようですが。
blog58.jpg

なんだか疲れがすぐ出るこのごろ。
だれもいない梅の木の下のベンチで
目を閉じて少し休みます。

わ!?
blog59.jpg

目を開けたらまん前に!鹿の女の子の顔!
私ね!見られることに敏感なんですよ。

鹿は私のリュックの中を
のぞこうとしていました。
イチゴのジャムパンがありますが。

しかたがない!
ナイショですよ。
少しだけやって!脱兎のごとく去ります。
目ざとく他の鹿が走り寄るので。

若草山。
blog60若草山.jpg

明日(2019/01/26)山焼きがありますが。



奈良女子大に帰ってきました。

夕刻に高木由臣名誉教授の公開講座
「生老死の進化」があるからですが。
blog61.jpg

地球上には
不老不死のものと
不老不死かも知れないものと
不老不死と思われていたものと
寿命のあるものとがいるそうな。
blog62.jpg

寿命のあるものは有性生殖ですか。
有性生殖はリセットをくり返す?!

講師はそれを
「突然変異の検証」だと考えているとか。

阿呆には大変!難解なはなし。

私はもっと
卑近なことばかり考えていましたが。

1 度だけの生殖行為で死ぬのが
基本形のようだとか。

卵子も精子も老けて行くとか。

植物や魚類ばかりではなく
一部の有袋類のオスも
1 度の交尾の後で死ぬのはなぜかとか。

女性のオーガズムは
誘起排卵に関わるなんらかの進化かとか。

なんだかどんどん卑猥!
私は思わないのですがひとさまが思う!
卑猥なほうに流れて行きます。

不真面目で!すみません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大安寺 笹酒まつり 2019 [南都有情]

大安寺の東塔の基壇。
blog51.jpg

奈良時代にあったそうですが
かなり大きなものだったのですね。

たんぽぽがたくさん咲いています。
blog52.jpg

今時期は寒風をやり過ごすかのように
ロゼット型に葉を地面すれすれに
水平に広げているのはよく見ますが
花もぺちゃんと
低く咲いているじゃないですか!

花茎がほとんどありません。
セイヨウタンポポでした。
外来種は強い!

西塔跡。
blog53.jpg

東塔より少し後に建てられたらしい。
両塔!ほぼおなじ大きさだったとか。

その一番下の層が
12m 四方と推察されていました。
現存する東寺の五重塔の初層が
9.5m 弱四方だそうです。

東寺のそれは 50m を越えている
日本一の高さを誇ります。
すると!この大安寺の塔は
100m を越える塔だったのかも。



大安寺です。
blog54大安寺.jpg

「南都 大安寺」と掲げられています。
今は静かなところですが
「南都」なんです!
南都七大寺のひとつ。

境内はいにしえの六条大通りをはさんで
500m 四方はあったのでは。
今はそのなん分の一かの面積ですが。

リーフレットには
いつのころか
887 人の僧侶がいたとありますが
なんといっても大安寺の僧といえば
普照(ふしょう)を思い出されます。

ま!早いはなし!私は
その人しか知らないのですけどね。

興福寺の僧の栄叡(ようえい)とともに
「伝戒の師を招く」という使命を受けて
留学僧になったのですが。

井上靖著/天平の甍(いらか)/では
他にたくさんの
特徴のある留学僧が出てきますが
結果 22 年かかって
鑑真を招聘(しょうへい)したときには
普照ひとりになっていました。

ひとりになっても頑張ったのです。

「天平の甍」は先に映画を観て
それから!あわてて
小説を読んだ記憶があります。

まず!小説は読まない情緒のない人生。
どうして!あのとき感動したのやら。



竹に酒を入れて
焚き火で燗(かん)をつけています。
blog55笹酒.jpg

今日(2019/01/23)はがん封じ笹酒まつり。
正式には
光仁会(こうにんえ)というはずですが。

久し振りにきましたね。
前回(拙ブログ 2011/01/24
どんな手段でだれときたのか忘れましたが
今日は心身ともに軟弱になっていて
近鉄(JR)奈良駅からたくさん出ている
臨時バスに乗ってしまいました。

偏屈な私は笹酒ではなく
竹酒だといいたのですが
ま!不毛な議論に
時間を費やすのはやめましょう。

500 円納めてもらった
竹の猪口(ちょこ)に入れてもらいます。
blog56笹酒.jpg

今年の笹酒娘(!)は
なんという国際色豊かな!
blog57笹酒.jpg

大和ですね。
露店には「柿の葉寿司」がいっぱい。
blog58.jpg

でも「目張り寿司」(300 円)と
笹酒と
お接待(?)の葛湯でランチ。
blog59.jpg

笹酒はお代わり(?)はいいらしい。
でも!用意してきた器に入れて
持ち帰るのはいけません。

いけない人が後を絶ちません。
露骨に不満がるバカもいます。

別に竹筒に入れた酒を売っているので
買いなさい。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

墨絵の大仏殿 愛情てんこ盛り田川のカレー [南都有情]

霧の中から鹿が現れました。
blog31.jpg

いいバッグを持っているじゃないですか。
そんな冗談を
いっている場合じゃないのかも。
鹿にとっては大迷惑なことかも。

角は切られるは!
重いものを首にかけられるは!
男前がだいなしですね。

奈良公園を東大寺のほうへ歩きます。

西塔跡はまるで中古車センターのよう!
くるまだらけです。
blog32.jpg

西塔も東塔も 100m を越える高さだった?!
という説もありますが。
復元できたら面白いですね。

霧か霞か大仏殿がぼんやり。
blog33.jpg

大きな石!
blog34.jpg

霞んだ奈良勧進所が向こうにありますが。
あ!?句碑でしたか。

「大佛を要と月の東大寺 盧佛

浅学にして「盧佛」という俳人(?)を
存じあげませんが。

大仏池越しの東大寺。
blog35.jpg

霧もいいもんですね。

正倉院が開かれています。
申し込みもなく入れます。
京都御所もそうですが
最近!宮内庁管理のものが
容易に見学できるようになっています。

といっても前に行って
ずいぶん遠くから見るだけですが。
blog36.jpg

霧の中で鹿の白い尻が目立ちます。
blog37.jpg

鹿の尻は白かったのですね。はは。
どうしてそこだけ
白くなっているのでしょう。

裏(北)から見る霞む東大寺。
blog38.jpg

鐘楼。
blog39鐘楼.jpg

上から見る大仏殿。
blog40大仏殿.jpg

墨絵のような東塔跡。
blog41東塔跡.jpg

なんの変哲もない場所に見えるのですが
朝からインバウンド(inbound)の言語多し。

鏡池。
blog42鏡池.jpg

少し晴れてきましたか。



奈良女子大学のほうに歩きます。
急に霧が消え!太陽が顔を出しました。

奈良県庁の裏!
NHK 奈良放送局の北の古い喫茶店。
blog43.jpg

「喫茶 田川」です。

記憶のかなたからありますが
今までおじゃましたことがありません。

ん?!
blog44.jpg

営業時間が「11 時 ~ 2 時」!?
「カレー売切れ次第閉店」?!

それで入る機会がなかったのですね。

別盛カレー  900 円
大盛カレー  800 円
中盛カレー  700 円
小盛カレー  700 円
極小カレー  700 円

え!?
よく分からないメニュー。

「中でいいですか?」

黙って考えていたら
おばちゃんのほうからいってくれました。
おばちゃんというより
さらにその上の世代の方のような人。

店内には
歳には不足のない老婦人がたくさん。
だれが客やらママさんやら。

え!?
blog45.jpg

これ「中」ですか?!
これがこの店の「標準」!?
ごはんが丼に 2 杯くらいありますが。

では!別盛カレーとは?!
1 度見てみたいもの。

ああ!思い出しました。
私の企画するハイキングで
相棒の努めてくれていた
アラフォー(around 40)の
美人(あくまでも個人の感想です)が
おなかはぽっちゃりぎみでしたが
(服の上からの観察ですよ)
スレンダーなのに大食いでしたね。

たしか!かの女の出身大学はこのあたり?!
この店を知っているのかも知れません。
かの女を誘って
「別盛」を食べさせてみたいもの。

ともかく頑張って食べ終わりましたが
食後のコーヒーも水も飲めません。
ヤクルト(みたいなもの)がついていたので
一気に飲んで帰ります。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 南都有情 ブログトップ