So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
南都有情 ブログトップ
前の5件 | -

奈良の花街から飛天のランチ [南都有情]

地震?!

いや!違うのかな!
だれもあわてていませんね。

ここはどこ?
一瞬!考えてしまいました!
自分を見失いそう。
すでに見失っているのかも。はは。

通称「ならまち」へつづく
もちいどの(餅飯殿)センター街を
歩いていたのですが。
地球ではなく
私の頭の中が揺れているのでしょう。

暑い!熱い!

ああ!ぼんやりしていて
ぐるりと回って
「花街」に紛れ込んでいましたか。
blog81.jpg

このあたり
感じのいい路地が残っているので
もっと「花街」と
声高にいったらどうでしょうね。

路地を北に下がります。
blog82.jpg

小さな橋の跡。
花街の入り口!絵屋橋。
blog83.jpg

ここにあった小川は
今は暗渠(あんきょ)かな。
猿沢池から流れ出る
率川(いさがわ)ですね。

率川の上(!)を歩いてたどれば
もちいどのセンター街と交差。
フクロウがいました。
「写真撮っていいですか?!
blog84.jpg

可愛いですね。
フクロウを持っているおね~さんと
フクロウとミミズクの談義。

忙しいのにごめんなさい。
私の野生のままの頭の中に
フクロウではなく
カゲロウが揺れていて
なにかにすがらねばいられなかったのです。



予定は(ぼんやりとですが)あったのですが
責任感も根性もなく!帰ります。
命あっての物種!といえば
私にかぎっては不謹慎なような!はは。

そんなときなのに
少々空腹感もあります。
ますます不謹慎なような。

奈良市は田舎なのに(失礼!)
物価が高い。

そこへ最近押しかける
インバウンド(訪日外国人旅行)者が
物価を押し上げているような。

ひがしむき(東向)商店街。
blog85.jpg

「チャイナダイニング 飛天」へ入ります。
blog86.jpg

ただの避暑!緊急避難みたいですが。
他に空いているところが探せなかったから。

でも!いいじゃないですか!
私好みのちまちましたランチ!
飛天ランチ 980 円(税込)がありました。
blog87.jpg

食べているとき
ときどきテーブルが揺れています。
ああ!やっぱり!頭の中がゆだっています。

おいしかったので
まだ!生命力は残っているのかも。



「大仏あんぱん」(LITTLE MERMAID 税込 226 円)
ひとつ買って
近鉄・奈良駅から乗ります。
blog88.jpg

あれ!まだ正午過ぎ?!
午後 3 時くらいの感覚のままでした。

内容のないはなしで!すみません。
もう少し休めば、、、回復するかも。
もっとおかしくなるような気もしますが。
コメント(2) 

春日大社の金運の神さま [南都有情]

金龍神社です。
blog31春日大社.jpg

春日大社の本殿の南側の森の中
摂社や末社がたくさんある中の 1 社。

「金運」の神さまだと聞いているので
金運に縁がないものとあきらめているものは
いつも通り過ぎていましたが。

「禁裡殿」とあります。
blog32春日大社.jpg

「禁裡」って!
「きんり」!?
「禁裏」のこと?!
皇居?御所?
天皇の住居のことですか。
ここ!御所だったのですか!?

神官の方の説明によると
後醍醐天皇が
禁裡の鏡を持ってきたのだそうです。

たぶん!
(このあたりぼんやり拝聴していました)
建武新政後
足利尊氏との戦いが始まり
その敗走の途中に祈願したのでしょう。

たとえ 1 夜だったとしても
天皇が泊まればそこが禁裡でしょうね。

そこへ創建されたのが
「禁裡(きんり)神社」ですか。

それに
「金龍神社」の字をあてたのはどうして?!

「金龍」だから「金運」の神さま!?

後醍醐天皇はどこへ行ったのですか。



春日大社を歩いていると
浅学・不調法なものには不思議がいっぱい。
ま!そう簡単に秘密(?)を
阿呆には教えてはくれませんよね。

全国にあまたある
春日神社の総本社だそうですが。
blog33春日大社.jpg

境内にはよそからきた神さまだらけ。

主祭神の 4 柱さえも
常陸国鹿島から!
下総国香取から!
河内国平岡から!

もうひと柱は女性神!
河内国平岡(今の表記は枚岡)からきた
天児屋根命の比売神
今風にいえば妻だそうなので
やっぱり河内国平岡からきたのでしょうか。



とはいうものの
どこからきたのか分からなくなった
神さまもいるのですね。
「三十八所神社」「佐良気神社」等。
blog34春日大社.jpg

たぶん!長いときの流れの中に
本宮は消えてしまっているのでは。

宗像(むなかた)神社。
blog35春日大社.jpg

九州の有名な
宗像神社から勧請した訳じゃないそうです。
どこからもきてはいない?!

若宮神社もどこからもきていません。
blog36春日大社.jpg

主祭神の天児屋根命と
比売神の間のこどもでしょうから?!
神さまもすごく人間ぽいのですね。



(敬称略)
コメント(0) 

奈良の子鹿 万葉粥 [南都有情]

春日大社の境内の
鹿苑(ろくえん)の子鹿公開会場。
blog81鹿苑.jpg

暑いのでほとんどの鹿は
よしずの下にいますが。
blog82鹿苑.jpg

奈良公園の妊娠している鹿を保護して
ここで出産させたのですね。

授乳は 1 日に 3 回程度?!
案外少ない。
頻繁にしていると
自然界では危険が増すのかも。

あかちゃんばかりかたまっているようです。
blog83鹿苑.jpg

「おやつ」が売られていました。
blog84鹿苑.jpg

鹿せんべいは食べたことがありますが
これは一応人間の私には無理なような。

暑い!

「おやつ」に寄ってくるのは母鹿ばかり。
あ!
小さいあかちゃんがおとなの中に。
blog85鹿苑.jpg

なんだかかたそうな「おやつ」
いつごろから食べられるのでしょうか。

私は毎日の激務で
いや!ウソついてすみません!
ただ暑さでクラクラしています。

たぶん!幼児用に出されている
設問にもクラクラ。

「もしも鹿をひいてしまったら?」
blog86鹿苑.jpg

罰金を支払う?!
奈良の鹿愛護会に連絡する!?

「毎晩鹿が夢に出てくる」が正解なら
うれしいような。



今まで鹿の天敵に野犬がいたようですが。
そんな落語もありませんでしたか。

野犬が皆無の今は
くるまが天敵なんでしょうか。

それにインバウンド(訪日旅行)の人だと
今日初めて聞きました。
マナーが大変悪いそうです。

「特に中国人の旅行者が!」と
決めつける人にも出会いました。

なんでもかんでも食べものを与える!
紙を食べさせたりして喜ぶ!
「鹿せんべい」を
「あげる」「あげない」を
くり返して遊ぶ!等々。

じれて怒った鹿の頭突きを受けたら
日本は弁償しろと騒ぐのだとか。



春日大社参道の
春日荷茶屋(かすがにないぢゃや)で避暑。
blog87春日荷茶屋.jpg

奈良の名物の茶粥(ちゃがゆ)の店。
blog89春日荷茶屋.jpg

「万葉粥」(税抜 1,000 円)が一番安い。
blog88春日荷茶屋.jpg

粥の中身は古代米と小豆かな。

粥はあんまり食べない人生。
病気のとき食べたという人もいますが
私の家では
わざわざ作ったりはしなかったような。

熱いのに!いつものように早食い。
ゆっくりかんで食べたら
おいしさを感じないのですね。はは。

また!ふらふらと
たぶん夏日の外に出ます。

ん!?
店の窓からおね~さんが呼んでいます。

財布を忘れていました。
命よりも!大切な財布!

やっぱり今日はおかしい。



参道を南に歩いて帰れば
いました!やっぱり。

中国語を使う男が
鹿せんべいで鹿をじらしています。

短い間にそんな生意気なヤツがふたりも。

韓国語を使う女の子なんかは
やさしくさっさと与えていたのに。

もしかしたら
中国語のネットで
そんな鹿せんべいの与え方を
レクチャーしているのでは。



一之鳥居のそばの鹿のグループ。
blog90.jpg

角を持った男の子ばかり?!

鹿苑にいたおとなの鹿は
みんなメスでした!当然ながら。

出産しないオスは保護されることもなく
つぎの発情期にはライバルになるもの同士!
それまでは協力して
生きて行かねばなりませんね。

今からバテている私は
夏が越せるのでしょうか。
ま 1 晩寝たら治ると信じましょう。
コメント(0) 

朱雀門ひろばオープン 平城京天平祭2018 [南都有情]

長屋王(? ~ 729)の邸宅跡を目指します。

先日(拙ブログ 2018/04/30)墓参して
つい!柄にもなく
歴史年表をめくってみたりしたからです。

なんですか!?
blog01平城京.jpg

私を先導するかのような案内板が!つぎつぎ。

結果!あの案内のところに着きました。
blog02平城京.jpg

「奈良そごう」のあった場所です。
その後「イトーヨーカドー」だったような。
それがほんのこの前(2018/04/24)
「ミ・ナーラ」という
商業施設になってオープンしたのですか。

それはともかくここが長屋王の邸宅跡。
なんの歴史も見えませんね。

この南に「平城京左京三条二坊宮跡庭園」が
発掘したままの姿で露出展示していますが
現在!修理作業中。
blog03平城京.jpg

長屋王の邸宅とは関係ないのやら。



大宮通りをさらに西に進めば
平城京の朱雀門。
blog04平城京.jpg

これは!これは!まぶしく変貌しています。

「平城宮跡歴史公園」と書かれています。
その範囲は平城京のうち
大極殿から朱雀門あたりでしょうか。

その朱雀門の南に
「朱雀門ひろば」と称して
これもまたほんのこの前(2018/04/24)に
開設されていました。

朱雀門に向かって
朱雀大路がぶつかっていますが
その右に倉庫群のような建てもの。
blog05平城京.jpg

国営公園「平城宮いざない館」だとか。

第一次大極殿の木組みの大きな模型。
blog06平城京.jpg

かつての人の姿や営みや
出土品なんかを展示してあります。
blog07平城京.jpg

大祓(おおはらえ)の人形(ひとがた)も
無数に出土していましたか。
blog08平城京.jpg



朱雀大路も国営公園ということらしいのですが
その朱雀門に向かって左側は
県営公園区域なんですね。
blog09平城京.jpg

こちらには「天平つどい館」「天平うまし館」
「天平みつき館」「天平みはらし館」
なんかの建てもの。

なんだか団体旅行者の
発着場所に便利なような施設ばかりですね。

復元された遣唐使船があります。
blog10平城京.jpg

この構造ではちょっとの悪天候や
複雑な波に分解しそうに感じますが。

乗船できます。
blog11平城京.jpg

石と又木を組み合わせた碇(いかり)です。



朱雀門の正面に第一次大極殿が見えます。
blog12平城京.jpg

私が初めてきたときには
湿地帯だけの荒涼とした景色でしたが
どんどん整備されて
ヒバリなどの野鳥が追われて行きます。

それでもまだ!葦原や草原は広い。
サギゴケの花の集まりに心を洗われます。
blog13平城京.jpg

女の子はこの花をまたぐと
局部が大変なことになり
お嫁に行けなくなるそうな。
拙ブログ 2008/05/13
気をつけてね。

キショウブ!?
blog14平城京.jpg

これは美しくて危険な外来生物。
ハナショウブなんか
簡単に皆殺しにあいますね。



平城京天平祭(2018/05/03 ~ 05)開催中。

第一次朝堂院跡。
blog15平城京.jpg

昨日は平城京天平行列
「平城遷都之詔(みことのり)」が
あったらしいのですが
今日(2018/05/04)も踊りやら
散楽行列を催行していました。

復元された第一次大極殿。
blog16平城京.jpg

ここ!すてきだと思うのですが
なぜか観光客少なし。



佐伯門東側広場はにぎやか。
blog17平城京.jpg

「東市西市(とういちさいいち)」?!
奈良の食べもののブースだからでしょうね。
blog18平城京.jpg

でも!奈良の食物に
そんなに食指が動くもの!ありますか。
懐中不如意がそうさせるということで
失礼な弁!許してください。

もうもうと煙を出して焼いていた
「大和肉鶏」(400 円)と
旧知で安心する
植村牧場の牛乳(150 円)でランチ。
blog19平城京.jpg

葦原の小鳥のさえずりを聞きながら
いただきます。

ステージではさえずりなんか
かき消さんとばかりの
大音量で踊りがつづいていました。
blog20平城京.jpg
コメント(0) 

片岡梅林 食べ放題じゃないバイキング [南都有情]

「阿さぢ可原」の道標!
blog81.jpg

「浅茅ケ原」のことですか。
春日大社の参道の横のゆるやかな丘から
浮見堂の鷺池に落ち込むあたり。

上って行けば料理旅館の「江戸三」の客室。
blog82.jpg

みんな離れですね。
blog83.jpg

ランチだけなら5,250 円(税サ別)から?!
大変お得(!)に提供されるそうです。

お運びさんは大変だとか。
だれかがいっていました。
だれか思い出しても
ナイショですからいえませんが。



丘の上の片岡梅林に春がきています。
blog84.jpg

向こうに落ち込んでいるところが鷺池。

ちょっといい感じの四阿(あずまや)
円窓亭があります。
blog85.jpg

春日大社から移築したと
聞いたことがあるような。

鷺池の反対側に下れば
梅の木が集中しています。
blog86.jpg

鹿が散る花びらを求めてきています。
blog87.jpg

たぶん!そうではなくて
観光客が集まるので!
甘え(?)にきているのでしょう。



カメラを構えていたら後ろから
腰のあたりをトントンとされました。

ぎゃ!
大きな鹿が 3 頭
鼻面を押しつけてきています。

先ほど!可愛いメスの子鹿が
ぽつんとひとりでたたずんでいました。

よくも厳しい冬をひとりで耐え抜いて、、、!
おおお!なんと愛しい子よのぉ!
半分かじった食パンをあげたのですが。

それを!遠くから!
見ていたのですね!おばさん鹿たちが。

脱兎のごとく逃げます。

鹿にエサやりは禁止されています。
よいこは
「鹿せんべい」以外はあげないようにね。



三条通りをぼんやり歩きます。

あ!?
ここはどこ?
私はだ~れ!?
気がつくと記憶にない場所。

JR奈良駅の 1 階でした。

三条通りからJRに向かえば
駅のエスカレータで
2 階の改札口に行きます。
無意識に!なんにも考えることなく。

それがいつのまにか
エスカレータを越えて歩いていたのです。

そこでたぶん初めて見ました。
「奈良のうまいものプラザ」という店舗。
blog88.jpg

「奈良のうまいもの」
「朝から晩まで揃ってます」そうな。

「新鮮野菜バイキング」!?
blog89.jpg

「古都華かご農膳」(880 円)という
ランチに
バイキングがついているんですね。
いいじゃなですか!野菜大好き人間には。



「古都華かご農膳」に
いくつかのメニューがありました。

サーモン・フライ!海老フライ!
ヤマトポークの生姜焼き!豚カツ等。

「生姜焼きください。

「売り切れです」

しかたがない!
ヤマトポークの豚カツを。
blog90.jpg

フツーの豚肉と
ヤマトポークの違いがよく分かりません。

さ!野菜をモリモリ食べるよ~!
blog91.jpg

「野菜バイキングは 1 回だけです」

「え?!

「食べ放題じゃありません」

「バイキング」が「食べ放題」じゃない!?

バイキングってなんでした?!
食べ放題や
ビュッフェやブフェの定義は!?

また小さな皿ですねぇ!
これに 1 回だけのバイキング?!

下に生野菜を敷いて
上に盛り上げました。
blog92.jpg

私の美学に反しますが。

それでお勘定は 950 円?!
880 円は税抜きの価格ですかぁ!
コメント(0) 
前の5件 | - 南都有情 ブログトップ