So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
七面鳥六目半ごはん ブログトップ
前の5件 | -

おかまの日に釜めし にごり酒 [七面鳥六目半ごはん]

4 月 4 日は「おかまの日」でしたか。

その昔!カルーセル麻紀が
3 月 3 日の女の子の節句と
5 月 5 日の男の子の節句の間なので
そういっていたとの記憶があるのですが。

もっとも「おかまの日」については
あちこちでいい出しっぺだの
嚆矢(こうし)だの
元祖だのと
勝手な主張がかまびすしいのですが
そんなに大昔から
いわれていたこともないようです。

しかしですね!
「おかまの日」なんてとんでもない!
日本には 4 月 3 日または 4 日に
お雛さまを飾る
桃の節句のところが多いのでは。



先の大戦が終結した後の
昭和 22 年(1947)4 月 3 日の
高松宮(大正天皇第3皇子)の日記に

「アメリカ赤十字関係(約 40 人らしい)
「オ雛様ヲ見セル

とあります。

翌日 4 日にも間組の数人に
「オ雛様ヲ見セニ招ク
と記述されています。

皇族だって
4 月の 3、4 日に
お雛さまを飾っているのですよ。

宮家は東京に行っても
京都の風習を継承していたのでしょうか。

皇族はともかく
京都の庶民はどうでしょう。
大正から昭和にかけての
「聞き書き」を見ても
桃の節句は 4 月 3 日または 4 日。

都の近郊から
山城!丹波!丹後!みなおなじですね。



日本の行事に多大な影響を与えている
梁(502 ~ 557)の時代の荊楚歳時記には
3 月 3 日は
「流杯曲水の飲」のことばかり。

桃の花と水のもとで行えば
「歳穢(さいあい)をのぞく」とも
書いてありますけどね。
桃ですかね!やっぱり。



標準語の普及とともに
桃の節句も新暦の 3 月 3 日にすます
簡便な習慣に移行している昨今。

これはおかしい。
3 月 3 日には桃の花が咲きません。

旧暦といってもねぇ。
今年の旧暦 3 月 3 日は
新暦では 4 月 18 日ですか。
そのころには
桃の花は散っていてもうありませんよ。

どうすりゃいいの?!
どうでもいいのかも。
結局「おかまの日」でもいいですか。



とにかく「釜めし」を炊きます。
「おかまの日」に!はは。

偶然ですが「釜めしの素」があったから。

いつの間にか山椒の木に
新葉がいっぱい。
今ならたくさん食べられます。

山椒の葉を敷いて「釜めし」を盛ります。
釜に入ってない釜めし。はは。
blog釜めし.jpg

山椒には
マヨネーズと醤油を振って食べましたが。
柔らかくておいしい。



庶民が雛飾りをするのは
文化が爛熟(らんじゅく)した
江戸も末期かと勝手思っていたのですが。

「半兵衛雛のころから心がけ

なんて川柳がありました。

半兵衛とは近松門左衛門作の
「心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)」で
情死した男?!

浄瑠璃ができたのは享保年間でしょうけど
川柳は明和 2 年(1765)刊行の
誹風柳多留の初篇にあるようですが。

そのころには庶民の間にも
「雛飾り」は一般的だったのでしょうか。

いや!それ以前。

「草の戸も住替る代ぞひなの家
(くさのとも すみかわるだいぞ ひなのいえ)

「雛飾り」(たぶん?)を詠んだ
芭蕉の句もあります。
元禄 2 年(1689)に書き留めています。

あ!?
さらにその前の延宝 6 年(1678)にも
内裏雛人形の句を作っていますね。



下手な考え休むに似たり!
なんだかよく分からなくなった
「おかまの日」です。

白酒の代わりに
菊正宗のにごり酒を飲み過ぎました。
支離滅裂!誤字脱字!ご容赦あれ。

孤閨(こけい)にひと声吠えて!
寝ますだ。

がおぉぉ~っ!


(高松宮宣仁親王著/高松宮日記/)
(農文協/聞き書 京都の食事/)
(宗懍著/荊楚歳時記/守屋美都雄訳注/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

落花生ごはん [七面鳥六目半ごはん]

まだ花は咲いていますが
あまり期待できないので
トマトを片づけました。

それで
トマトの鉢に居候させていた
落花生(らっかせい)の株を
ふるえばいくつか出てきました。
blog南京豆1.jpg

「落花生といっても通じないんですよ」

だれかがいっていましたね。
けっこう年をくっている人が
知らないらしい。

「ピーナッツの呼称しか」
「なくなったのでしょうか」

なんて憂えています。

昭和 5 年(1930)発行の
「野菜百珍」に
「落花生」がありません。

あ!?
「な」の項に記載されていました。

漢字は「落花生」で!
「な」の項に!?

「落花生」を
「なんきんまめ」と読むのかも。

ちなみに手元にある本を
ちょっとめくるだけで
おおげさにいえば
無数の名前が出てきました。

香芋(こうう)!鵲豆(じゃくよう)!
底豆!
地豆!長生果(ちょうせいか)!
唐人豆!土露子(どろし)!
蕃豆(ばんまめ)!眉兒豆(びじとう)!
いずれも異名同種らしい。

滴水果!落花松!落花参!
土果!及地果!唐豆も出てきますが
なんと読むのか分かりません。

私の手元にある広辞苑には
「落花生」ですが
「南京豆」ともありますけどね。

「松」「参」「長生」という字は
栄養価の高い作物につけているそうな。
たしかに落花生は栄養価が高そうです。

いにしえの人は
経験的に知っていたのでしょうか。



些少ですが
生の落花生が入手できたのですから
ごはんに炊き込んでみます。

落花生の
薄皮はむかないでおきましょう。
薄皮にしかない栄養素が
あると聞いたような。

その他!冷蔵庫にあるもの。
監獄のさつまいも!(拙ブログ 2017/11/12
油揚げ!エノキダケ!もいっしょに。

昆布茶と醤油と味醂と塩と日本酒を
テキトーに加えて。
blog南京豆2.jpg

これはおいしい。

これでビールを飲むだけではおさまらず
焼酎をお湯で割って
ウイスキーも出して、、、。



莢(さや)のあるものを落花生。
莢から出したら南京豆。
バターと塩で味つけしたものをピーナッツ。

なんて
まことしやかに記述されてもいましたが。

「落花生」は奥が深そうです。

大昔に南京の街で
「南京豆といいたいですか」と
機先を制されました。

これは!?
(今!酔っ払って簡単には書けませんが)
根が深い悲しい歴史が
確実に潜んでいるような。

心して歩かねば!
なんて身震いした経験があります。



(青木恵一郎著/さくもつ紳士録/)
(とよた時・他著/イラストさくもつ事典/)
(林春隆著/食味宝典 野菜百珍/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さつまいもごはん 角がない?! [七面鳥六目半ごはん]

空腹でなに気なく開いた
およそ 100 年ばかり前の聞き書き
「聞き書 岐阜の食事」の
「美濃(御嵩)の食」のところに
「煮干しめし」がありました。

ああ!これなら作れますかね。
赤貧洗うが如しの日々でも
煮干しくらいはありますから。

材料は
煮干し!米!麦!たまり醤油ですか。



なんて考えていたら宅配便がきました。

山のお大尽が
「さつまいも」が送ってくれました。

雑木林の中で
サルなんかの野獣の攻撃に耐えて忍んで
やっと難を逃れたようなイモですなぁ。

ただただ!感謝をしていただかねば。



居酒屋のうるさいおばさん!
あ!いや!
美人の女将さんに呼び出されて行けば

「あじさいが枯れた」

もう!そんなこと愛人 1 号か 2 号かに
相談してください。

「あたしゃ忙しいのです。
「いもごはん!炊くのです。

「ジャガイモごはん!?」

「なんで?ですか!
「さつまいもごはんですよ。

「さいころに切って」
「イモの角が落ちないようにね」



自称・高級割烹のおじさんも呼んでいます。

「おでんのタネが少ないのやけど」

愛人 3 号か 4 号かに聞きなさい。

どうでもいいけど
大阪市生まれの大阪市育ちなら
「おでん」では父ちゃんが泣くでしょ!
「関東煮(かんとだき)」といいなさい。

「あたしゃ忙しいのです。
「いもごはん!炊くのです。

「さいころに切って」
「水にさらしておいて」
「吹きあがってひと呼吸おいてから」
「イモを入れないと角が落ちやすいよ」

ふ~ん!
みんな!さいころに切った
イモの角を気にしていますね。

角なんかどうでもいいのじゃないの?!



とりあえず
小さなさつまいもを切って
フライパンで焼いて
生醤油を振りかけて
それでビールを飲みながら考えます。
blog丸十01.jpg

初めからイモの角がなけりゃ!
落ちることもなかんべ。

さつまいもをピーラーで切ってみます。
水にさらします。

炊飯器の水加減をして
塩・酒を入れてから
さつまいもと煮干しをのせて炊きました。
blog丸十02.jpg

ああ!増えるもんですね。
blog丸十03.jpg

鳥取県八頭郡の「ねぶかめし」は
煮干しと
ねぶか(葱)の炊き込みごはんでした。

ねぎが合うのなら
青ねぎの小口切りを振って食べましょう。
blog丸十04.jpg

山のお大尽!
山の恵み!
海の恵み!
みなさんのあまり役に立たないご忠告!
全部に感謝しながらいただきます。

イモの角がなくてもおいしいですよ。



(上記図書の他)
(遠藤ケイ著/にっぽん求米紀行/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶歌舞伎? 奈良にはない?奈良茶めし [七面鳥六目半ごはん]

阪急交通社からメール。
「茶かぶき教室はいかがですか!」
とかなんとかだったと思うのですが
すぐ!
「行きます」なんて申し込んだりして。

「茶」の「歌舞伎」ですか!
面白そう。

勉強はもちろん
お勉強の好きなヤツと
いっしょに学ぶのも大嫌いなのに
よく考えもしないで乗ったものです。

というのは
先日!宇治橋(京都府宇治市)の
三の間から水を汲んで
興聖寺に運ぶ儀式について行き
「茶壺口切り」を見てから
あわよくば!坐禅をさせてもらおうと
勝手に考えていたのですが
都合ができて行けなかったので
頭の隅に「茶」があったのでしょう。

これですか!?
blog1.jpg

「茶かぶき」とは
種類とか産地を当てる!
お茶の飲み当て競技のことでしたか。

「茶歌舞伎」とか
「茶香服」とかの漢字を当てるらしい。
別名は「闘茶」
それの「マネごと」をするのですね。

私はゲームとか競争とかクイズとかも
お勉強同様大嫌い!
とんでもないところに
1,000 円も払ったものです。



今日の茶葉は
和束町(京都府相楽郡)産だとか。

宇治茶ですね。

宇治茶は宇治市の生産量は少なくても
周辺の広範囲で生産されていますが
それでも
静岡県産や鹿児島産なんかに比べて
非常に少ないらしい。

静岡では
「ちゃっきり!ちゃっきり」なんていう
にぎやかな歌があるのですが
宇治茶の歌詞はやさしい。

「宇治の茶山にほうきはいらぬ
「茶摘み女が袖ではく

つまり!静岡ではかなり以前から
刃物で刈り取っているのですね。

宇治では手摘みが基本ですから
生産量は伸びなかったのです。

でも!
玉露や碾茶(てんちゃ)やかぶせ茶など
よしずや寒冷紗やわら(わら)で
覆って栽培する茶は宇治茶の独壇場かも。

どうも昔から
覆いの栽培は
宇治だけに与えられた特権だったらしい。



茶めしでも炊いて食べますか。

江戸時代の文献
本朝食鑑(1695)をはじめ
料理網目調味抄!料理いろは包丁!
料理早指南!名飯部類!などに
「茶飯」
「奈良(寧楽)茶飯」の記述があるのに
100 年前の聞き書きの記録の
「聞き書 京都の食事」や
「聞き書 奈良の食事」の茶生産地には
茶粥はあっても茶めしはないですね。

明治の新聞小説「食道楽」等には
東京で茶めしといえば桜めしとありますが。

醤油を入れただけで炊いたごはん。
茶色をしているから桜めしとか
茶めしというのですね。

難しく考えていたら
いつまでたっても炊けませんから
大豆を煎ります。
そう!
大豆を炊き込んだ「奈良茶めし」にします。

米をしかけて
煎った大豆と昆布茶と酒と
桜めしにならって
醤油を少し入れて炊きました。
blog2.jpg

煎った大豆と
緑茶の葉で煮豆を作りました。
醤油と砂糖と味醂と昆布茶で煮ました。



あ!「聞き書 京都の食事」に
「茶飯膳」というものが
山城地方にあるとありますね。
もちろん!
宇治市も和束町も山城地方ですが。

葬儀のときに用意される
ほうじ茶で炊いたごはんだそうな。



(上記の図書の他)
(林春隆著/野菜百珍/)
(平野雅章著/江戸美味い物帖/)
(松下幸子著/江戸料理読本/)
(村井弦斎作/食道楽/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あさり酒粕ごはん [七面鳥六目半ごはん]

全然レシピが浮かびません。
酒粕がいっぱいありますが。

スーパーにいったら
「あさり釜めしのもと」が平積みされています。
blogあさり粕01.jpg

春は「あさり」の季節。
「旬」でしょうか。

でも!すごく安価なんですが。
139 円(税抜き)!
他の炊き込みごはんの素より安いんですが。
ま!高いより好きです。

これと酒粕を組み合わせて
なにかを作りましょう。

夜になったけど!なにも浮かびません。

ごはんをしかけます。

X十年前に
なけなしの金をはたいて
買った電気釜で炊きます。
5,000 円でたくさん釣りがあったような。
保温もなにもついていません。

大昔に買い替える気はあったのですが
壊れません。
まったくもって!丈夫です。

「釜めし」の段取りができたところで
バラの酒粕をぼんぼんぼんと投入。
blogあさり粕02.jpg

溶けてもいいし
溶けなくてもいいや!という気分。

炊きあがりました。
酒粕のかたまりはあらかた残っていましたが
ざっくり混ぜて盛ります。
blogあさり粕03.jpg

なかなかの味ですぞ。
私は好きですけどね!こんな味。

青いものを飾ったらよそ行きになりますね。

肉じゃがを よそ行きにする 木の芽かな  中瀞

ちなみに「中瀞」は
落語家・林家たい平の雅号です。

わが家の山椒の芽(木の芽)が
いつの間にか大きくなっていました。
blog山椒.jpg



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 七面鳥六目半ごはん ブログトップ