So-net無料ブログ作成
通天閣が見える ブログトップ
前の5件 | -

天王寺動物園ナイトズー 2019/08 [通天閣が見える]

「あべのルシアス」ビル。
15・16 階は「スカイレストラン」と
命名されていますが
暗い。

昼間!ランチ営業している店舗が少ない。

東側にある後発の「あべのハルカス」に
人が雲霞の如く
集まっているせいでしょうか。

16 階の「博多酒場 もつ蔵 」のあかりに
ガ(蛾)のように
ふらふらとひき寄せられました。
blog81もつ蔵.jpg

日替わり定食がありました。
blog82もつ蔵.jpg

税抜き 500 円。

アジ(鯵)のフライが 2 枚。
ま!このあたりで!この値段なら
こんなものでしょうか。

食べ終わったら
どん!と置かれました。
blog83.jpg

アイスコーヒーつきでした。
ごはんのお代わりも可でしたか。

3 年前にもきていましたね。
そのときも 500 円でした。



15 階と 16 階を結ぶ
エスカレータは停止しています。
人がいなければしかたがないですか。

天王寺公園・天王寺動物園の緑が見えます。
blog84.jpg

15 階の隅っこにイスが置かれていて
なん人かがたむろしています。
blog85.jpg

しわぶきひとつなく
マネキンのように固まったままの人たち。
なにをしているのでしょう。

さほど冷房もきいていないけど
下界の喧噪はありません。



大阪メトロの御堂筋線に乗ったら
なんの足跡!?
blog86.jpg

「てんのうじどうぶつえんの夏祭り」かぁ!
blog87.jpg

夏の「NIGHT ZOO」ですね。
床の足跡の模様とは関係ないでしょうけど。

夜になってから天王寺動物園に寄ります。
午後 7 時を回っているのに明るい。
blog88.jpg

だっこはできなくなったようですが
なでなではできるので
テンジクネズミのおうちの前に
人がうごめいています。

普段は 5 時には閉園しているので
「ナイト ズー」ならではの光景。

この日はアイファー(爬虫類生態館)で
ガイドがありました。

爬虫類ではないけどこの館内に棲んでいる
ニホンヒキガエルが外に出されて
こどもたちと対峙していました。
blog89.jpg

人なつっこいんですね。
ま!そんな心はないのでしょうけど
逃げたりしませんね。
餌をくれと寄ってきているだけかも。

毒腺に気をつければ
ペットにできるのかな。
まぁ!よいこは飼うのなら
他の動物にしたほうが無難でしょうけど。

毒といえば
毒腺だけではなく
筋肉にもあると聞いたことがありますが。

文豪・志賀直哉が
「ガマは食用ガエルよりうまい」と
いっていなかったですか。

「ガマ」とは
「ヒキガエル」のことですよね!?

毒腺だけ気をつけたら
食べられるのでしょうか。

ま!今のところ
実験してみる心の余裕はありませんが。

昼間は隠れ家で動かない
ナイルオオトカゲも出てきました。
blog90.jpg

爬虫類や
両生類を避ける現代っこが多いようですが
ここにくるこどもたちには
変な嫌悪感がないようです。



昼間は目だない行動のクロサイも
走っています。
blog91.jpg

だれ!?吠えているのは!
blog92.jpg

ライオンのガオウでした。
blog93.jpg

いつも寝てばかりいるのですから
少しは観客にサービスしているのでしょうか。

孤高に立つムフロン!
blog94.jpg

ポーズを決めたまま動きません。
カッコいいじゃないですか!

でも!不釣り合いに大きな睾丸ですね。

インバウンド(訪日旅行)の人たちが
群がっていました。
blog95.jpg

ヌートリアですね。
害獣の臨時の収容先とも思えるエリア!?
なにが面白いのでしょう。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

幸村祭 霧吹きの松にイペの咲くころ [通天閣が見える]

真田幸村。
blog01.jpg

「真田幸村戦死跡之碑」の前。
安居神社(大阪市天王寺区)です。
牛さんがいます。
安居天満宮と呼ぶ人も多いのですが。

幸村の慰霊の「幸村祭」が行われていました。
blog02.jpg

慶長 20 年(1615)5 月 7 日
(現代の暦ではありません)
幸村はここで
49 年(推定)を一期としました。

慰霊には幸村ゆかりの地の
信州の上田の人もはるばるきていました。

信州からやってきた
真田幸村と書かれている
リンゴジュースをいただきます。
blog03.jpg

「宿許筒(しゅくしゃづつ)」だとか。
blog04.jpg

幸村考案の連発銃。

大坂夏の陣において
徳川家康の面前までせまったとき
この銃が火を吹かなかったのですね。

吹いていたら家康は戦死。
江戸時代はなかったかも。

ホンモノ!?
戦利品として
紀州徳川家が保存していたそうな。

演武等が奉納されていました。
blog05.jpg

なぜか!ここの神社には
にゃんこのおみくじがあります。
blog06.jpg

帰ろ。

牛さん!幸村!にゃんこ!
なんの脈絡もないようなのに
突然!涙が出てきてとまりません。

みんなのさだめが重い。
重いのは自分のさだめでしょうけど。
他のことを
案じている場合じゃないのですが。



安居神社の前の天王寺七坂のひとつ
逢坂の向こう側が一心寺。
blog07.jpg

黄色い花が咲いています。

「イペ」ですね。
長居植物園では(拙ブログ 2019/04/30
コガネノウゼンと呼んでいますけどね。

イペの近くに「霧吹きの松」があります。
blog08.jpg

ここで幸村は家康を追い詰めたのです。

そのとき
この松が霧を吹き!家康を隠し!
残念ながら宿許筒は不発!

この松はなん代目か知りませんが
枯れて株だけが残っています。
つぎの代の松が植えられていますが
なかなか大きくなりません。



他人の一生を追うのは辛い日。
ガラにもなく。

「一心寺喫茶 緑州」で休憩。
blog09.jpg

テーブルとイスの高さが低く
穴倉感のある茶店です。

「かやくごはん」(税込み 500 円)を。
blog10.jpg

たぶん!一心寺の経営。
墓参にきた老人の利用が多いのかな。
いっしょに出されたほうじ茶が心地いい。
少しだけ落ち着きました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

早朝の十日えびす 今宮戎から王将碑へ [通天閣が見える]

南海・今宮戎(いまみやえびす)駅あたり。
blog01十日戎.jpg

ま!大阪の土着の人でも認識度が低く
繁華街にあっても無人駅かな。
どの電車も無視して通り過ぎます。
高野線を走る電車が
ごくたま~に(?)停車するだけ。

その高架線路の下が早朝からにぎやか。
駅の前の今宮戎(いまみやえびす)神社の
「十日(とおか)えびす」です。

関西人が大好きな
「商売繁盛」の「十日えびす」です。

三大「十日えびす」神社のひとつ。
昨夜(2019/01/09)が宵戎(よいえびす)
朝までにぎやかだったのでしょう。

香具師(てきや)の茶店では
まだ酔っ払いが大声をあげています。

「だし巻き」とは面白い。
blog02十日戎.jpg

夜通し焼いていたのでしょうか。

その今宮戎神社。
blog03今宮戎神社.jpg

今日が本番!いや本戎ですね。
blog04今宮戎神社.jpg

通勤電車並みに混雑するので
鳥居や石灯籠とか危険なものには
厚い緩衝材を巻いています。



7 時です。
昨年の朝もきたような。(拙ブログ 2018/01/11
朝市がありましたね。

昨年!なにも買いませんでした。
すると!
ちょっと見が美人(個人の感想です)の
発情おばさんや
オトコ日照りのおね~さんに
「どうして買わなかったの!?」と
責められました。

木津市場から直送のお買い得品らしい。

あ!?
blog05今宮戎神社.jpg

戎鯛も戎林檎もない?!
ひとつもありません。

「すぐ売り切れました」

7 時 8 分なのに。
また今年も責められますか。
ムチでぶたないでね。



おね~さん方の若いころのような
(あくまでも個人の想像です)
可愛らしい福娘たちは休憩中かな。
blog06今宮戎神社.jpg

笹につける小宝(吉兆と呼ぶのかも)売りも
ちょっとひと息ついています。
blog07十日戎.jpg

ん!?
blog08.jpg

そろいの着物。

あ!また。
blog09.jpg

福娘たちのユニフォーム?!
早朝にご出勤でしょうか。



通天閣の下まで帰ってきました。

将棋の坂田(阪田とも)三吉
名人・王将(追贈)の顕彰碑があります。
blog10王将碑.jpg

いつも観光客がたむろしているので
通り過ぎるのですが
早朝は静かだったので碑文を読んでみます。

ん?!
三吉の妻の名が「小春」とあります。
blog11王将碑.jpg

おかしいでしょ。
それは戯曲の中だけのこと。
昔!本名「こはま」から
「小春」と脚本に書かれたと
いっていた人もいましたが
たぶん本名は「コユウ」さんでしょう。

天狗太郎は「こゆう」と
かな書きじゃないかといっていたような。

いずれにしても「小春」ではありません。

浄瑠璃の仮名手本忠臣蔵を
赤穂事件の史実としているのと
よく似ています。

忠臣蔵を演じるたびに
演出家が新しいことを加え
それが真実と思う人がいるようなもの。

坂田三吉の孫弟子の
内藤國雄(芸能活動のときは国雄)は
坂田三吉の舞台や映画は
「フィクションが多すぎ」
「つらい」といっています。

名人は
「無法松のような暴れん坊ではなく」
「礼儀正しく」
「貧乏でもなかった」そうな。

しかしまぁ!これでは
北條秀司の戯曲「王将」の
顕彰碑としか思えませんね。



(天狗太郎著/勝負師・坂田三吉/)
(内藤国雄著/自在流人生/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通天閣の焼き肉ランチ かつら [通天閣が見える]

通天閣の下の通称「新世界」は
坂口安吾が見た
「ホルモン焼きの天国」は
衰退してしまいました。
blog21.jpg

「ホルモン焼き」が
まったくなくなった訳でもありませんね。

通天閣の下の
焼き肉店の「かつら」でランチ。
blog22.jpg

わ~い!ひとり焼き肉だぁ!
焼き肉はひとりにかぎります?!
焼き加減がめいめい違いますから。

私はさっとあぶって食べるほうなので
炭になるまで焼かなければならない人とは
同席したくありません。

ムカつきます。
ムカつかなくてもいいのですけどね。

場末のスナックの白塗りババ!
いや失礼!ママなんか!
火が通っているのに
肉汁があると焼けてないというのです。
パサパサになるまで焼きたいらしい。

しかし!焦げたら食べません。
肉汁がなくなるまで焼くと
焦げるのは必定。
焦げたら気前よく捨てるんです!

どんどんおばさんに捨てられます。
焦がした責任をとって食べろ!
ケーサツがなかったら
ハッ倒すぞ!



「ホルモンランチ」という
一番安いもので結構です。
blog23.jpg

肉は 150g ほど。
blog24.jpg

焼き野菜はタマネギ 1 片だけ。

税込み 972 円。
一番安くても高価なランチです!私には。



「お~い!
「寒くはないか~!
blog25.jpg

天王寺動物園のコアラ。
いつも高いところにいますが
夕方の食事どきには降りてきますかね。

「今晩は焼き肉だよ~!

ん!?
コアラは肉を食べるのでしたやら。

ユーカリだけ食べているのなら
ユーカリの樹上では
降りてこなくても食事に困らないのかも。

動きませんね。
blog26.jpg

寝ているのかな。



(敬称略)



(追記)

ときどき天王寺動物園で遭遇する
ハイキング仲間の
おね~さんが教えてくれました。

「コアラは自分で降りてきません!」
「夕方になると」
「飼育員が引きずり降ろしています」

「あんな屋根より高い
「細い枝にいるコアラを?!
「どのように引きずりおろすの!?

「秘密兵器があります」
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福〇のカラフルお好み焼き [通天閣が見える]

通天閣の下!通称「新世界」は
坂口安吾や林芙美子が見た
「ホルモン焼きの天国」は衰退し
今は串カツ!串揚げの地獄!?
街中に揚げ油の粒子が漂う
異様な「油地獄」!?

近松門左衛門がいたら
「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」
ではなく
「観光客殺し油の地獄」を書くかも。

それなら最後に
通天閣が炎に包まれねばなりませんかね。
不謹慎な発言!叱られますね。
あやまっておきましょう!ごめんね。



「粉もん」の大阪ですから
この街にも根強く
「お好み焼き」店は生きています。

オカマさんの
お好み焼き店(拙ブログ 2018/11/04)も
健在のようです。

天王寺動物園の新世界ゲートの前に
新しい!
私には新しいのですが!
お好み焼き店ができていました。
blog41福〇.jpg

「福〇(ふくまる)」!?

桂福団治の弟子に
桂福丸という落語家がいますが
関係ないでしょうね。

天王寺動物園の一番標高のありそうな
ムフロンの棲家の上でランチにします。
blog42天王寺動物園.jpg

ここには観光客がきません。
きても
「あべのハルカス」が見えるだけなので
早々にさがってしまいます。

柵の向こうにときどきムフロンがきます。
柵に空箱かなにか
縛りつけてもらっています。

それにガンガンガンと角をぶつけてから
どや顔(?)で降りて行きます。
blog43ムフロン.jpg

ムフロンを飼い慣らしたものが
ヒツジ(羊)だとか。
オスのムフロンは
立派な角がムズムズするらしい。

「福〇」で買ってきた
「一銭洋食」(税込み 200 円)と
「お好み焼き」(同 280 円)です。
blog44福〇.jpg

お好み焼きは
「カラフル」といっていましたが
マヨネーズがカラフルでしたか。

色も味の内?!



秋の陽射しは昼寝にいいですね。
blog45天王寺動物園.jpg

「ライオンのぬいぐるみがあるよ」
blog46天王寺動物園.jpg

おばあさんが孫に説明しています。

ホンモノですよ~!
オスのガオウと
メスの(たぶん!)ルナ。

ルナと双子のモナカは?!

おばあさんと孫が額をすりつけている
ガラスに尻をつけて寝ていました。
blog47天王寺動物園.jpg

たくさんの人間のまん前でもどこでも
この女の子はあわてませんね。
いつも!ゆうゆう!のんびり。

私の企画するハイキングにくる
アラフォー(around 40)の
おね~さん方の中にも
狂うほどオトコが好きな人やら
痴漢にあってものんびりと
あわてない人やらがいますからね。

向こうの草原にシマウマがいますよ~!
blog48天王寺動物園.jpg

月に 1 度
生きたニワトリをもらえるらしい。
ガオウは怖がって近寄らないとか。
シマウマなんて!とてもとても。

女の子たちは喜んで殺して食べるらしい。
男の子がねぇ!なんともはや、、、。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 通天閣が見える ブログトップ