So-net無料ブログ作成
郷に入ればガタロー ブログトップ
前の5件 | -

芋けんぴ 芋かりんとう [郷に入ればガタロー]

「こんなん!売ってた」
blog01.jpg

居酒屋のめし炊きおばさんがいいます。

「なにか変ですか?

「“芋かんりんとう”と書いてある!」

「いいじゃないですか。

「これは“芋けんぴ”やろ?!」

「“芋かりんとう”ともいいますよ。

「いわないよ~!」
「初めて聞いたよ」

“けんぴ”“かりんとう”
私の親は両方
あまり深く考えず(?)にいっていたような。

これは鹿児島県のメーカーの品ですね。

たしかにね!
大阪あたりでは“芋けんぴ”ですね。
blog02.jpg

あ!しかし!これは静岡県からきた製品。
芋は九州産!?

西のほうが“芋かりんとう”かな。
いや!高知県からきたものも“芋けんぴ”?!
blog03.jpg

“芋かりんとう”の名称は少ない?!



そもそも“かりんとう“とは
でんぷん質のものを揚げて
砂糖をからめたものじゃないんですか。

でんぷんなら乱暴にいえば
なんでもいいのじゃないですか。

“ピーナッツかりんとう”とありますが
おもな原料は小麦粉ですね。
blog04.jpg

細くてきれいですが!やっぱり小麦粉。
blog05.jpg

細くなくてもいいのです。
blog06.jpg

これは“かりんと”です。
“う”がなくてもいいのです。はは。



「ほんで!どうなの!?」

結論はありませんよ。

“ぜんざい”でも“てんぷら”でも
“きつねうどん”でも“糸こんにゃく”でも
各地で違うでしょ。

似ても似つかぬものだったり。
それでいいのでは。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハロウィーン!尻さわり放題再来か?! [郷に入ればガタロー]

「いそいそと
「つめられて来た尻なでる

「つめられて」は「つねられて」のこと。

江戸時代の中期から明治時代にかけて
京・大坂(大阪)の娘は
群衆の中では
尻をつねられていたのですね。

そんな雑排が
たくさん残存しているようです。

「だまつてる
「つめつてもあの恋尻目

「恋尻」は
「恋知り」にかけているのでしょう。

尻をつねられてもだまっている娘。
イヤではないです。
むしろ!尻(おいど)に跡が
たくさんついているほうが誇らしい?!
勲章です。

上方落語の「悋気の独楽(りんきのこま)」の
お松どん(演者によってはお竹どん)のように
ぶさいくな女は
つねられないので恥ずかしい!?
自分でつねって
跡をつけて帰らねばなりません。

すみません!
ぶさいくな女!
テキトーな表現が浮かばず
罪もない(?)お松どんになって。

「つめつても
「つめりかへして筒ゐづ々

「筒ゐづ々(つついづづ)」とは?!
ああ!メンドくさいけど
伊勢物語を広げてみます。

「筒井つの 井筒にかけし まろがたけ
「過ぎにけらしな 妹(いも)見ざるまに

幼なじみが成人してからの恋ですか。

初恋同士がつねり合う?!
そりゃ楽しいでしょう!経験はないけど。
伊勢物語では結ばれてから
いろいろあったようですね。はは。

その男が(たぶん)色男の在原業平なら
静かにおさまる訳がないですね。



脱線ついでに。

「つめる」ばかり出てくるので
「つねる」の大阪弁だと思ったのですが
大阪のいわゆるおばちゃんたちは
「ひねる」しか使わないといいます。
聞いた人だけかも知れませんが。

「にぎやかに
「宵宮(よみや)は尻のひねり徳

祇園祭りの宵宮でしょうか。
「ひねる」は京都弁でもあるのかな。

ん?!
大阪弁とおおざっぱにいいますが
大阪といったって摂津と河内と
泉州とがありますよね。

たぶん摂津のことばを
大阪弁という場合が多いのでしょうけど。

いや摂津といったって
北は今の高槻市あたりから
西は今の神戸市あたりまで広範囲。
大阪と神戸のことばは少々違いますよね。

もう少し
自称・大阪人に尋ねると
「ちみきる」という人!?
「ひにきる」も?!
もうにわか探究者には解釈ができません。

広辞苑を引くと
「つめる(抓める)」がありました。
さらに
「つねる(抓る)」には
「ツメ(爪)ルの転」とあります。
どっちでもいいのかも。
送り仮名で区別していますが。

すみませんでした。
「つめる」は大阪弁だと断定して。



10 月 31 日!
ハロウィーンだとかで
どんちゃん騒ぎ!?
ニュースに取りあげられています。

どこの国のお祭り?!
なんの宗教の行事!?
そんな祝日!ありましたか。

TVを見たらよ~!
東京の渋谷でよ~!
女の子の尻や胸を
さわり放題だぁ?!

さわり放題の日~?!
2、3 百年前の上方の風習の再来!?

ではないのです!
してはいけないようです。

渋谷には可愛いこがいないから?
ブスばかり集まっているから!
という訳じゃありません。

いつの間にか「迷惑防止条例」なんかが
できていますからね。

さわったら「痴漢」と認定されますか。
認定だけならいいけど、、、。
「著しく羞恥させるような」
「直接に身体に触れること」をしたら
刑事罰が適用されそうです。

江戸や東京には情緒がないのです。
ま!そんな問題ではないようですね。
今じゃ!
上方でも逮捕されますね!たぶん。

よいこは確認してから
さわってもいいか確認してから
行動するように。



(伊勢物語/石田穣二訳注/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後藤 けつ ねぶれ [郷に入ればガタロー]

遠くに行くと
ことばが分からないことがあります。

食べものでいえば
「ぜんざい」とか「糸こんにゃく」とか
「きつねうどん」とか「てんぷら」とか
似ているようでも
思ったものではなかったり。

たいてい!地元の人が
標準語に訳したり
いい換えたりしてくれますが。

私も「厚揚げ」と「生揚げ」
「てんかす」と「揚げ玉」なんか
使い分けていたのですが
あんまり気にしなくても
通じるような時代にもなりましたが
それでもまだまだたくさん
個人には不可思議なことばがあります。



大阪の人の多くは
いい換えを拒みますねぇ。

土着の人の中には
自分たちのことばが
地球の中心にあると思っていたり。

前にも書きましたが
ごぼう(牛蒡)を伝えるのに
大阪弁(?)で
「ごんぼ」といっていましたね。
高校の教壇にも立ったことのある人が。

かの女が分からないといえば
「ごんぼ!」「ごんぼ!」と叫んでいました。
相手が外国の人だったので
「ごんぼ」と
翻訳機に打てといっていましたが。

義務教育の教科書に
「ごんぼ」とのっていましたか!?

「いらう」が分からないという人に
「いらう」は「いらう」だとだけいう
不親切な人も。

「いらう」は「触る」と書くようですが。
たぶん!古語。
昔の中心は京都などの関西ですから
昔の標準語かも知れません。

「ねぶる」も分かりますか。

「舐る」との漢字をあてますが
これも古語なんでしょうね。

ぐっちょりと粘りがある「なめる」を
「ねぶる」というような気がしますが
私の感覚だけかも知れません。



「後藤 尻 舐れ」
「ごとう けつ ねぶれ」と
満座の席でいったらしい。

明治時代のフランスのリオンの
いかがわしい(?)女性が。

後藤とは伯爵・後藤象二郎。
大変好きもので
もっとも明治の元勲は!
いや!いつの時代でも
権力者に嫌いなものはいませんが!
どこに行っても
性欲がみなぎっていたらしい。

ところが
後藤が旅の徒然に愛した女性は
すでに侯爵・西園寺公望の
心身をとろけさせた女性だったそうな。

なかなか
手練(だ)れなプロだったのですね。

ま!しかし!
先になじみ(!)の西園寺は面白くない!
そこで
かの女に知恵(?)をつけたのです。

あの日本の大臣(後藤のこと)の
夫人になりたくはないか!?
いい暮らしができそう。

なりたかったら
日本の要人のそろった席で
日本語で
ただ「ごとう けつ ねぶれ」と
声高にいえばよろしい!と。

もちろん!かの女はそれが
どういう意味か知る由もありません。

ここに「舐(ねぶ)る」がありました。
あながち
関西の方言という訳でもないような。



「ねぶる」といえば

「湯どころに 二夜ねぶりて
「蓴菜(じゅんさい)を
「食へばさらさらに 悲しみにけり

斎藤茂吉の歌。

ジュンサイを 2 夜もしゃぶっていた!?
そんな記憶があったのですが
よくよく見れば
「ねぶりて」は「ねむりて」ですね。

標準語か古語か知りませんが
「ねぶる」は山形県ではフツーに
使われていることばなんでしょうか。



(はる雄編/洋行奇談 赤毛布/)参照
(敬称略)

(蛇足ながら追記)

今!西沢爽の力作「雑学艶学」を開いたら
「明治 33 年の
「洋行奇談 赤毛布(あかけっと)に
「おゝゴトウ ケツナメロ ケツナメロ
とあるとありますが。

私の手元の原本の「赤毛布」では
間違いなく「舐(ねぶ)れ」です。
「なめろ」じゃありません。

やっぱり「ねぶる」は古語!?
それとも今は方言?!
西沢は
現代の標準語(!)に訳したのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪名物 ミックスジュース [郷に入ればガタロー]

あれ?!
blog41.jpg

通天閣の下!
じゃんじゃん町(横丁)の千成屋珈琲店。

こんなはなやかな店でした!?
改装したの?!

長い間!閉店していたような。
さらに
黄色いテントなんかありました!?
印象になかったのですが。
blog42.jpg

昭和 23 年(1948)創業!
「THE BIRTH PLACE OF MIX JUICE」!
blog43.jpg

イングリッシュ(?)ですか。
「ミックスジュース」発祥の地と
いいたいのですね。

ミックスジュースは
バナナ!みかん(缶詰)!もも(缶詰)と
牛乳と砂糖と
それに氷を加え
がーっとかきまわしたものと
認識していますが。

くだもの店だった千成屋。
売れ残ったくだものをもったいないから
かきまわして売ったのが
最初だといいますが。

今 1 杯 500 円ですか!
売れ残ったものにしては高価なものですね。



最近!
ミックスジュースは大阪名物だと
声高にマスコミなんかが騒いでいますが。

そんなにパテントが取れるほどの
思いつきでしょうか。
だれでも考えていた
レシピのような気もしますが。

わが家の隣の区(東住吉区)には
「みっくちゅじゅーちゅ」なるものが。
blog44.jpg

これ!偶然!命名を見たことがあります。

あまりTVに接しない私ですが
深夜のくだらない(失礼!)バラエティ番組で
日本サンガリアという飲料メーカーが
ミックスジュースを
売り出す相談をしていました。

いかつい顔の漫才師が
「みっくちゅじゅーちゅ」と叫んで
その当時は奇行の目立つボクシングあがりが
文字を描いていたような。

それにしてもなんですか!
大阪のことばは!

宮中の幼児ことばのような女房ことばと
河内のがたろ(河童)ことばが
合体しているような。

ちょっとだけ弁護すれば
「じゅーちゅ」は
ジュースとは表記できないからでしょうか。
果汁 100 %じゃないから。

「みっくちゅじゅーちゅ」は
りんご!オレンジ!
パインアップル(表示のまま)!
もも!バナナ!
砂糖!乳製品!等と表示してありますが。



他にも「元祖」とうたっている
「ミックスジュース」はあります。

阪神・梅田駅!
御堂筋側の地階の改札口の前。
blog45.jpg

正式な名称は
「阪神梅田駅ジューススタンド」かな。
blog46.jpg

定番のミックスジュースは税込み 150 円。
blog47.jpg

200cc 入りのカップに
あふれるほど入れてくれます。

ちなみに!この台は
飲み終わったカップを捨てるボックス。

このスタンドだけなのか
他にもあるスタンドとの合計なのか
1 日に 3,000 杯売る日もあると
豪語しています。

おそるべし。

他にも季節ものがあります。
blog48.jpg

この日 1 番高かったのは
「すいかジュース」260 円。

右端の緑色のものは
抹茶ではありません。
「小松菜」のジュースかな。

それは!私が見たかぎり
いつもあるような。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あんけらそ!青菜のおひたし [郷に入ればガタロー]

「鞍馬から 牛若丸が 出でまして」
「名も九郎 判官 義経」の歌(?)は
だれの作かと
最近なぜか落語に興味を持っている
刀自(とじ)がはなしかけてきましたが。

「青菜」ですね。

隠居が「青菜を出しなさい」といえば
奥方が
「なもくろうほうがん(菜は食らってありません)」と
隠語で答えるのですね。

すると隠居が
「よしつね(よしましょう)」と
これまた隠語でつぶやいたという噺(はなし)。

こんな歌!歌人はだれも作りませんよ。
落語のために
落語を作った人が創作したのでは。

さて!だれが作ったのやら。
落語にあまり興味のない人にも覚えやすく
噺(はなし)の中で変に座りがいいですね。

「圓朝でしょうか」

大圓朝(初代三遊亭圓朝)ですか。
それはないでしょう。

噺の内容が上方っぽい。
「鞍馬」なんか近隣ですし。



宇井無愁著/落語の原話/によると
「青菜」の類話に
「元禄四年京都板 軽口露がはなし」の
「塩打豆(しおうちまめ)」があるとか。

塩打豆とは煎った大豆(えんどう豆かも)の加工品?!

ま!それはともかく
儒者が塩打豆をもう少し持ってくるようにいって
使用人がもうありませんと答えると
「ふぎふりき(不及力)なり」とつぶやいたそうな。

それを聞いていた町人が家で
女房に塩打豆をもう少し出せといい
女房がもうないと答えると
「不及力」をしっかり覚えておらず
「ふぐりなし」と叱りました。

女房が
「女になんのふぐり(陰嚢)があろう」
といいました。

面白いじゃないですか。

「不及力(ふぎゅうりき)」は
「ちからおよばず」ですか。
「仕方がないな」くらいな訳でいいのでしょう。



しかし「塩打豆」「不及力」のなはしは
元禄より前
安楽庵策伝(1554 ~ 1642)著/
醒睡笑/にありますがね。

ある家の亭主が
「えんだだいず(塩打大豆)」といえば
塩打豆(しおうちまめ)が出ました。
もう少し持ってこいといえば「なし」とのこと。
亭主「ふぎふりき(不及力)」とうなづいたそうな。

見ていた少し足りない人
家に帰って
「不及力を出せ」といい
もうないといわれて
「えんだだいず」と
前後の順序を間違えていいましたとさ。

「女にふぐり」の方が面白い!?



そんないいかげんな考察ですが
「青菜」はやっぱり上方で作られたような。

柳家小三治の「青菜」を聞いたのですか。
ああ!それは上品でゲスね。
上方落語をお聞きなさい!くすぐりが多く
笑えますよ。

え?!
桂枝雀の「青菜」も聞いたのですか。
やたら笑わそうとしたでしょう。

「下品だね」
あ!いや!私のつぶやきではありません。
爆笑を誘うとか
がちゃがちゃ演じる高座は
「下品だね」と
江戸の寄席では切り捨てられるようです。



「それで質問です」
「あんけらそ!とはなんですか」

「あんけらそ」ですか。
大阪に生まれたあなたの方がくわしいのでは。
私は流れもの!
大阪弁は母国語ではありませんが。

私は全盛期の笑福亭仁鶴の
「青菜」を聞いたことがありますが
植木屋の女房が
「どこをのたつきまわってんねん」
「このアンケラソ!」といいますね。

噺をそうとう崩している枝雀も
ここは同じように
「あんけらそ!」といいますね。

ちなみに江戸の「青菜」では
「あんけらそ」のところは
「いわしが冷めちゃうよぉ」です。
上品(?)です。

たしかに普段使わない単語ですね。
落語でもあんまり聞かないような。
「青菜」以外に出てきますかねぇ。



あ!?思い出しました!
わが家に
桂文枝著/あんけら荘夜話/がありますよ。

文枝は先代!
今の文枝(三枝)の師匠の文枝が
芸能生活 50 年の秘話をしゃべった本ですが。

その扉に
「アンケラソはアホとかボケという意味の悪口」
「ことばの響きがなんだか好き」とあります。

「あんけら荘は私の心の中にある別荘」だそうな。

読んでみてください。
上方落語の歴史が垣間見えますよ。



結局!分かったような!分からんような。
青菜でも食べますか。

青菜が高い!

うちのカワニナはキャベツが好物なのに
キャベツの形のいい大玉は安売りスーパーで
350 円税抜き!ひぇ~っ!

セロリの葉も捨てずにおひたしにして食べます。

ま!野菜が安価なときにも
セロリの葉を食べていますけどね。

さっとゆがいても少し硬いかな。
きざんで!ひねり胡麻でも振りかけますか。

「青菜」では
上方落語は「胡麻」をかけてといいますが
江戸落語は「かつおぶし」ですね。

ちなみに「コイ(鯉)のあらい」の代わりに
上方落語は「おから」
江戸落語は「いわし」ですか。

セロリの葉に
胡麻とかつおぶし(だし用の雑節混合ですが)と
わが家は大金持ち(!)ですので
マヨネーズも混ぜて!醤油を振って。
blogセロリおひたし.jpg

「青菜」には「柳影」という酒が出てきますが
拙ブログ 2006/09/12
私はアベリア花酵母で醸造された
香りのいい焼酎
「吟の薫(長龍酒造)」をいただきます。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 郷に入ればガタロー ブログトップ