So-net無料ブログ作成

大阪 京橋駅の朝食 2019/08 [朝食 モーニングサービス]

京橋はいつの間にか
ターミナル駅(!)になっています。

モールやホテルがくっついている
京阪本線の駅があります。
JRは大阪環状線と片町線!
最近は東西線の駅でもあるのですね。
大阪メトロの
長堀鶴見緑地線の駅もあります。



京阪の駅前に
喫茶店「ジラフ」があります。
blog61ジラフ.jpg

早朝から営業しています。
平成を
初めから終わりまで知っているような
古い店舗だからか
年には不足のない客が
喫煙し放題でたむろしています。

モーニングサービスは
充実しているほうです。

「玉子サンドモーニングの」
「玉子サンド抜き!」なんて注文している
おじいさんがいましたが
どんなものになるのでしょう。

「朝食プレート」なるものをいただきます。
blog62.jpg

税込み 480 円。



ジラフの近くに
「右 大和」「左 京」の石碑。
blog63京街道.jpg

京街道の起点だった時代もあるのですね。



京街道の碑の前の
国道 1 号線を渡る大阪環状線をくぐって
「ビギン京橋」と表示してある
アーケードの商店街の入り口あたりに
「松屋」といううどん店があります。
blog64松屋.jpg

安い!
かけうどんが税込み 180 円!
ん?!
冷やしうどんも同額とな!?

じゃ!冷やしうどんを。

ずいぶん年季の入ったような店で
亀の甲にコケをはやしたようなおじさんが
うどんを湯通しして冷水に取り
冷たいだしをかけてくれました。
blog65.jpg

ああ!つけ麺じゃないんですね。

ちらし(寿司)は 170 円。

なんというか!
けだるいというか!
ひと時代!いや!半世紀前というか!
過疎地に残っている店舗のようというか!
よく分からなくなった雰囲気の店。

よく分からないけど!怒るようなことは
まったくない雰囲気の店。

都会の真ん中で
赤いたすきの仲居さんが持ってきた
大きなたいそうなメニュー書きから
1,000 円のうどんを注文したら
「これが!千円かよ!」と
怒るようなことは
まったくないような雰囲気の店。



「京橋うどん」は
大阪環状線の京橋駅前にあります。
blog66京橋うどん.jpg

冷やしそうめん!
夏季限定メニューなら
多少高価(税込み 380 円)でも
食べますか。
blog67.jpg

バッテラ(180 円)もいただきます。
バッテラとはサバの押し寿司のこと。

立ち食いうどん店ですが
表のあきらかに路上に
テーブルとイスが置いてあったので
座っていただきます。



京阪モールの 2 階に
「タブレスクック&ジョナサンズ」
「ブックストア」!?
どこまでが店名?!
全部呼ばなければならないの?!

田舎もんには入店しにくいのぉ。

ブラウンブレッドの厚切りのモーニング!?
厚切りに魅せられて入ります。
blog68タブレスクック.jpg

たしかに厚切りでしたが。
blog69.jpg

全体がミニじゃないですか!
完食できるかどうか心配したのに。
税込み 400 円ですから
文句もいえないですか。



「タブレス、、、」のレシートを持参すれば
京阪モール 1 階の「ブラウンベーカリー」で
10 % OFF だとか。

試しに行ってみます。
blog70.jpg

「ウッフ(たまご)」という
フランスパンみたいなものを買えば
250 円からたしかに 25 円引いてくれました。
blog71.jpg

それにモーニングサービスとかで
コーヒーが無料でした。

イートインスペースがないので
通路のベンチでいただきます。

「モーニング」のはしごは初体験です。
もうランチをすませた感覚です。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理