So-net無料ブログ作成

天王寺動物園ナイトズー 2019/08 [通天閣が見える]

「あべのルシアス」ビル。
15・16 階は「スカイレストラン」と
命名されていますが
暗い。

昼間!ランチ営業している店舗が少ない。

東側にある後発の「あべのハルカス」に
人が雲霞の如く
集まっているせいでしょうか。

16 階の「博多酒場 もつ蔵 」のあかりに
ガ(蛾)のように
ふらふらとひき寄せられました。
blog81もつ蔵.jpg

日替わり定食がありました。
blog82もつ蔵.jpg

税抜き 500 円。

アジ(鯵)のフライが 2 枚。
ま!このあたりで!この値段なら
こんなものでしょうか。

食べ終わったら
どん!と置かれました。
blog83.jpg

アイスコーヒーつきでした。
ごはんのお代わりも可でしたか。

3 年前にもきていましたね。
そのときも 500 円でした。



15 階と 16 階を結ぶ
エスカレータは停止しています。
人がいなければしかたがないですか。

天王寺公園・天王寺動物園の緑が見えます。
blog84.jpg

15 階の隅っこにイスが置かれていて
なん人かがたむろしています。
blog85.jpg

しわぶきひとつなく
マネキンのように固まったままの人たち。
なにをしているのでしょう。

さほど冷房もきいていないけど
下界の喧噪はありません。



大阪メトロの御堂筋線に乗ったら
なんの足跡!?
blog86.jpg

「てんのうじどうぶつえんの夏祭り」かぁ!
blog87.jpg

夏の「NIGHT ZOO」ですね。
床の足跡の模様とは関係ないでしょうけど。

夜になってから天王寺動物園に寄ります。
午後 7 時を回っているのに明るい。
blog88.jpg

だっこはできなくなったようですが
なでなではできるので
テンジクネズミのおうちの前に
人がうごめいています。

普段は 5 時には閉園しているので
「ナイト ズー」ならではの光景。

この日はアイファー(爬虫類生態館)で
ガイドがありました。

爬虫類ではないけどこの館内に棲んでいる
ニホンヒキガエルが外に出されて
こどもたちと対峙していました。
blog89.jpg

人なつっこいんですね。
ま!そんな心はないのでしょうけど
逃げたりしませんね。
餌をくれと寄ってきているだけかも。

毒腺に気をつければ
ペットにできるのかな。
まぁ!よいこは飼うのなら
他の動物にしたほうが無難でしょうけど。

毒といえば
毒腺だけではなく
筋肉にもあると聞いたことがありますが。

文豪・志賀直哉が
「ガマは食用ガエルよりうまい」と
いっていなかったですか。

「ガマ」とは
「ヒキガエル」のことですよね!?

毒腺だけ気をつけたら
食べられるのでしょうか。

ま!今のところ
実験してみる心の余裕はありませんが。

昼間は隠れ家で動かない
ナイルオオトカゲも出てきました。
blog90.jpg

爬虫類や
両生類を避ける現代っこが多いようですが
ここにくるこどもたちには
変な嫌悪感がないようです。



昼間は目だない行動のクロサイも
走っています。
blog91.jpg

だれ!?吠えているのは!
blog92.jpg

ライオンのガオウでした。
blog93.jpg

いつも寝てばかりいるのですから
少しは観客にサービスしているのでしょうか。

孤高に立つムフロン!
blog94.jpg

ポーズを決めたまま動きません。
カッコいいじゃないですか!

でも!不釣り合いに大きな睾丸ですね。

インバウンド(訪日旅行)の人たちが
群がっていました。
blog95.jpg

ヌートリアですね。
害獣の臨時の収容先とも思えるエリア!?
なにが面白いのでしょう。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理