So-net無料ブログ作成

菅原道真の母がいた須磨の天満宮 [猫も歩けば棒立ち]

見渡せはながむれは見れは須磨の秋
blog51.jpg
(みわたせば ながむれば みれば すまのあき)

芭蕉の句とあります。

須磨の現光寺の境内。
もっとも門前には
「源氏寺」と彫られた
大きな石碑がありますが。

手元の資料を見れば
松尾芭蕉の 36 歳のときの句。
まだ「芭蕉」ではなく
「桃青」の時代の句では?!

それはともかく
芭蕉はここにきて詠んではいませんね。
たぶん。

句集をめくってみれば
この句の前後に
いろんな謡曲から
影響を受けた句が並んでいます。

この須磨の句も
謡曲「須磨源氏」や
古今和歌集に接して作ったのでは。

シロート考えを堂々と書いてすみません。



須磨寺の境内の句碑。
blog52.jpg

須磨寺やふかぬ笛きく木下闇
(すまでらや ふかぬふえきく こしたやみ)

芭蕉 45 歳。

これも謡曲「敦盛(あつもり)」を
踏んではいるようですが
ここにきて作句したのでしょう。
前後に
須磨や明石の句が連なっていますから。



須磨寺の山門に回れば天狗!?
blog53.jpg

つづいてこどもたちがかついだ
神輿(みこし)が出てきました。
blog54.jpg

「寺」に「神輿」?!
ま!深くは考えますまい。

「天神まつり(2019/05/26)」だそうな。
須磨寺に立ち寄っていたようです。

行列は
「須磨 知恵の道」をくだって行きました。
blog55.jpg

在原行平と
須磨の姉妹とのゆかりの
「松風村雨堂」に「松」を訪ねてから
海のほうへくだったら
また!神輿に会いました。
blog56.jpg

女の子もいるんですね。
この暑さ!倒れないようにね。



「天神まつり」ということは
綱敷天満宮のことですか。

神社に先回りしてみます。
blog57.jpg

なかなか斬新な天満宮です。

丸い「おみくじ結び」!
なす(茄子)のこしかけ?!
blog58.jpg

「波乗り祈願」の碑!
blog59.jpg

海岸が近いですからね。

動かない牛の群れは
ここだけではないような。
blog60.jpg

仏塔?!
blog61.jpg

ではないというのですが。

これは?!
blog62.jpg

菅原道真の母!?

抱かれているのは道真だとか。
すごい!

文子天満宮で
乳母という女性は見ることもありますが
母は初見かも。

おかあさんがいたのですね。
そりゃ!いなければ誕生しませんが。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感