So-net無料ブログ作成

なんじゃもんじゃ どっぷり昭和町 [わが街・下駄ばきドドンパ]

長居植物園(大阪市東住吉区)の入り口に
黄色の花が目立つ春。
blog61.jpg

今年もコガネノウゼンが咲きました。
blog62コガネノウゼン.jpg

「花と緑と自然の情報センター」の玄関に
白い花の鉢植えが置かれています。
blog63ヒトツバタゴ.jpg

「なんじゃもんじゃ」の花です。
季節は忘れずやってきます。

先の秋の台風 21 号襲来(2018/09/05)で
甚大な被害のあった植物園。

「なんじゃもんじゃ」の木は
どうなっているのでしょう。
高木が 2、3 本ありましたよね。

いくつかの樹木はなくなって
林は明るくなっていましたが
なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)は
変らず咲いていますね。
blog64なんじゃもんじゃ.jpg

余談ですが
「ヒトツバタゴ」を漢字で書けば
「一葉田子」らしい。



帰宅したら
町中が蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)!
盆と正月と
阿波踊りの団体がやってきたよう!?
人だらけ。

阿倍野区の大阪メトロの
昭和町駅周辺のイベント!
「どっぷり、昭和町。」(2019/04/29)でした。

全国に昭和町は数多(あまた)ありますが
「町」の読み方が「まち」だったり
「ちょう」だったり。
ちなみにここは「しょうわちょう」です。

メイン会場はわが家の前の桃ケ池公園。

朝!出かけるときには
気づきませんでしたが。

なんだか!
戦火をのがれた難民キャンプのような
雑然とした!なんでもありの雰囲気。
blog65.jpg

あんまり珍しいものもないような。
blog66.jpg

珍しいとは
私の興味をひくものということですよ。

飲食ブースが少ないのかな。
それは他の会場にあるのかな。
昼過ぎているので売り切れかな。



「即応寺マルシェ in どっぷり、昭和町」の
ちらしをもらっていました。

すっかり忘れていました。すみません。

あわてて即応寺にかけつけたら
尺八演奏とオペラは終わり
きれいな先生方の四重奏で
盛りあがっていました。
blog67.jpg

笑福亭鶴二の噺(はなし)は
初めから聞けます。
blog68.jpg

裃(かみしも)を着て!正座して!
ありがたく聞け!とばかりに
客をおどして強要する落語会が多い昨今!
ここは演者と客(の心)が近く
いっしょになって楽しめていいですね。

おとなの間抜けな噺なのに
ふしぎにも
小さな児童たちが大いに笑っていました。

落語でも他の演芸でも
こどもに提供するときに
こども向けに作らなくても
いいのですよ!きっと。

「卑猥」なシーンでも
「金銭」的な醜悪でも
そのまま見せればいいような気がします。

深窓で育てると
おとなになってから
変になりやすいような。

食べものだっておなじ?

私なんか!幼児のときから
生姜(しょうが)や香辛料を
たくさん摂って大きくなっても
こんなに立派な
おとなになっているではありませんか。

ちょっと違うような気も
いや!だいぶ恥ずかしいような気も
しないこともないですが。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春団治まつり 2019 [パパラッチ!ママえっち?]

阪急・宝塚線の石橋駅を降りて
アーケードの商店街を歩いていたら
「1 日歩行者天国」とかなんとか
アナウンスしています。

落語の街(?)池田市で
「いけだ春団治まつり」を
開催しているのですね。

「いけだ落語うぃーく」
(2019/04/22 ~ 04/28)があって
「いけだ春団治まつり」
(2019/04/27・28)が
その掉尾を飾るということらしい。

「いけだ春団治まつり」は
もう 20 回目だそうですが
1 度も遭遇していなかったので
「落語みゅーじあむ」のある
池田駅の近くで行われているものと
なんとなく思っていましたが
石橋駅周辺で騒いで(失礼!)いましたか。

初代・2 代・3 代の春団治の
墓所はどこか知りませんが
「春団治之碑」は
ここから大阪空港に抜けるときに
見たことがあります。(拙ブログ 2014/09/15

そこに行ってみますか。

あ!
blog51受楽寺法要.jpg

とぼとぼ歩いて!顔をあげたら
「春団治之碑」の前で
法要が始まるところでした。

最初の焼香は 3 代目の筆頭弟子の
桂福団治が務めていました。
blog52.jpg

この師匠は春団治を継がなかったのですね。



石橋駅にはもどらずに
豊島野公園の会場に行ってみます。
blog53.jpg

なかなかにぎやかですね。
blog54.jpg

クワガタの幼虫なんかも売られています。
blog55.jpg

古本を手に取ったら
お代はいらない!というブースも。

なんだかほのぼのとした祭です。

落語の
「池田の猪(しし)買い」の舞台ですから
「猪汁(ししじる)」(300 円)をもらいます。
blog56猪汁.jpg

たくさん肉を入れてくれました。

「はりま焼き」(100 円)なるものも。
ここはまた!
インスタントラーメンの発祥の地。
チキンラーメンのあん入りを。
blog57はりま焼.jpg

好みからいえば!
小豆あんのほうが口に合いますが。



公園隣接の池田市民文化会館の
「三代目春団治一門会」に入場。

最近のはやり(?)の
あれをするな!
これをするな!のオンパレード。
blog58.jpg

したがって落語会の画像はありません。

会場はきれいな建てものですね。
blog59.jpg

どうでもいいことですが。

この日だけは
たぶん!謝恩特別価格の
1,000 円ということもあって
1,000 人も入れそうな大ホールに
人が押し寄せました。
blog春団治まつり.jpg

それで!
入門 25 年の桂春蝶が前座という
豪華な演者。

桂春雨!桂小春団治とつづいて
中入り前のトリが 4 代目桂春団治でした。

中入り後
桂春若が
「三十石舟夢の通い路」をかけていましたが
「麦打ち歌」なるものを初めて聞きました。

大トリは一番弟子の桂福団治が
戦で鼻を落とした
寺子屋の師匠の噺(はなし)をしていましたが
なんというタイトルなんでしょう。
まったく聞いたことがないですね。



3 時間近く聞き入った後は
地元の吉田酒造が造っている
「春団治」という酒をさげて帰ります。
blog61清酒春団治.jpg



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上京大文化祭 日本の奇跡とは [平安京有情]

千本釈迦堂 大報恩寺(京都市上京区)の
大きなしだれ桜は若葉の季節でしたが
八重の桜にはまだ花が残っています。
blog71千本釈迦堂.jpg

おかめさんにも花が散っていました。
blog72.jpg

寺では「おかめ発祥の地」といっていますが
発祥の地ですか!
なにか他にいい方はないのでしょうか。

「翔鸞幼稚園」!?
blog73.jpg

なんと読むんでしょうか。

これもまた!違う漢字?!
blog74.jpg

花街の上七軒の朝。
blog75上七軒.jpg

くるたびに変化しているような。

日本の奇跡!?
blog76.jpg

上京大文化祭!
会場の北野天満宮に向かいます。



北野天満宮はあい変らず観光客の渦。

文子天満宮にはお詣りしておきます。
blog77文子天満宮.jpg

若葉の中。
ここにはあんまり人がこないので落ち着きます。

上京大文化祭には「北野の大茶会」もあるので
和服姿の人も多いのですが
このおね~さん方!可愛い!
blog78.jpg

上は和服!?
下は西洋のスカート?!

境内に無人販売所(?)が並んでいました。
blog79.jpg

郊外の野道のように感じて
相好を崩して!不謹慎で!すみません。
blog80.jpg

ハイキング道では
100 円 200 円のものがフツーですが
ありがたい梅干は 1,000 円でした。



「上京の奇跡 現代の技展」を拝見。
手描き友禅やら黒楽茶碗やら
鑑賞眼はないのに吐息をもらして回ります。

画集を差し出されたのでいただきましたが。
blog81.jpg

今!見ると!ひぇ~!
定価 3,000 円とありますが
もらってよかったのでしょうか。

「伝統の技を食す 上京の料理店」へ。
blog82.jpg

上京区を代表する名店が出店しています。
どの料理も 1 品 500 円(税込み)で
提供していました。

「季節風膳 おかもと紅梅庵」の
「ちらし寿司」をいただきます。
blog83.jpg

けっこうなお味ですが。
おなかいっぱいにはなりませんね!
上品過ぎて!貧乏人はつらい。

値段が値段ですから!仕方がありませんか。

すっぽん料理の大市もありました。
すっぽん料理のコースなら
1 人前は 2 万円をはるかに越えます。
その 500 円分だけでも
いただけるのはありがたい。

違いました。
すっぽんの骨粉入りの焼き菓子でした。
blog84.jpg

志賀直哉の「暗夜行路」やら
川端康成の「古都」やら
小説や随筆に枚挙にいとまがないほど
「大市」は登場していますが
焼き菓子はどうでしたか。

この焼き菓子!
正価はもっと高く
今日は特別安くお買い得だとか。



「現代の技展」「上京の料理店」の会場は
最近建設された文道会館でした。
初めて拝見しましたが
梅の古木を集めた庭園がいいじゃないですか。
blog85.jpg

境内の西側の御土居(おどい)は
青もみじの季節。
青もみじも有料で見せているんですね。

それもいいけど
やっぱり!私にはいつも変わらぬ
影向(ようごう)の松を仰ぐのが好きです。
blog86.jpg

赤松はいいですねぇ。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

竜田揚げに普賢象散る日 [昼定食]

長居公園(大阪市東住吉区)の東
外周走路から長居植物園のほうを見ると
竹笹見本園が明るい。

柵にしがみついて!のぞくと
(よいこはマネしてはいけません)
筍(たけのこ)がいっぱい!
blog61.jpg

「乗り越えたらあきまへんで!」

げ!後ろに初老の男。
大昔!仕事上で知り合っただけの人。

「会いたかったです~」

(全然!会いたくないもんね)

「あい変らず暇そうでんな~」

(ほっといてちょうだい!)

悪いことはできない人なんですが
仕事を離れたら忘れたい苦手な人。

そんなこと!おかまいなし!
私の腕を取って喫茶店に行こうといいます。
こちらの懐中を忖度(そんたく)して
「おごりますから」なんてでしゃばります。



「これから(自然史)博物館へ
「行かねばならないのです。
「竹の遺伝子の件で。

相手がちょっとひるむのが分かります。
この人!お勉強的や学問的なことには
避けるヘキがあるのを知っています。

「ごいっしょしませんか。

「ああ!それは、、、!」

それでも
未練がましく立ち去ろうとしないので
いそいで!博物館への入り口にあたる
「花と緑と自然の情報センター」へ。

ホントにもう!生きるって大変です。



「花と緑と自然の情報センター」の
「軽食・喫茶」の「フォーレスト」で
しばらく避難するはめに。
blog62.jpg

遅いランチにしますか。
値段から選んで「竜田揚げ定食」
「税込み 650 円」を食べます。
blog63.jpg

おかげで大変な出費です。はは。

メニューには「竜田揚げ」とあるのに
店のおばちゃんは
「から揚げ」と呼んでいます。

「竜田揚げ」は
「から揚げ」とも「てんぷら」とも
「フライドチキン」とも違うでしょうが。

心の中で八つあたり!はは。



自然史博物館へは行きませんが
(私も勉学は嫌いです!)
長居植物園に入園して
竹笹見本園で今度は中から観察です。
blog64.jpg

すべての種類の竹・笹を間引いたようで
昨秋はブッシュ状態だったのに
すっきりしています。

年中!なにかの竹・笹の若芽!
つまり「筍」といえば筍が
出ているような気がしますが
春には特に多くの種類が萌えています。



しゃくなげ(石楠花)園が
はなやかになっています。
blog65.jpg

いわゆる「西洋しゃくなげ」ばかりかな。
blog66.jpg

「西洋しゃくなげ」は比較的丈夫で
花が大きくハデなので衆目を集めています。

ぼたん園はもう盛りが過ぎたような印象。
blog67.jpg

あい変らず!三脚やカンバスが多い!
blog68.jpg

えせ芸術家の天下。



桜が散り敷いています。
blog69.jpg

入り口でもらった開花情報には
関山(かんざん)とありますが。

ハラハラではなく
ボタボタと落ちています。
blog70.jpg

あ!これ!関山ではないですね。
blog71普賢象.jpg

色が白い!
普賢象(ふげんぞう)かな。

横に似たような花。
blog72関山.jpg

こちらの紅色が強いほうが関山!?

ここには関山より
普賢象の木のほうが多いような。

先日!須磨浦普賢象を探して
須磨を歩きました。(拙ブログ 2019/04/25

普賢象の枝変わりが
須磨浦普賢象だそうですが。

須磨浦普賢象の黄色い花より
普賢象の白と薄紅色の花のほうが
目立ちますね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

菊水山 舞えホタル 咲けアーモンド [手のひらを太陽に]

水槽の中
隠れ家を豊富に作ってやったのですが
清掃とか管理が不便。
土に生える水草が芽を出す前に
もっと!すっきりした
レイアウトにしましょうか。

障害物を取りのぞいていたら
ヘドロが舞いあがり
一寸先は闇(?)になりました。

ドジョウやモツゴはあわてふためき
動き回って私の手にぶつかります。

昼間は大多数が隠れている!
カワニナが!
blog31.jpg

どうしたの?!
まぶしい水槽の壁を
後から後からはいあがってきます。

それにしてもカワニナは
水槽の底に幾重にも重なって
すごい数に増えています。



六甲山系の菊水山。
森林浴コースをのぼります。
blog32.jpg

明るい!?
blog33.jpg

こんなに明るい山でしたか。
まだ夏の葉がそろっていないから?!

山肌には倒木と切り株だらけ。
先(2018/09/04)の台風(21 号)の
影響でしょうね。

渓流に生物が見られません。
blog34.jpg

いないのなら放流してもいいかな。
交雑することもないでしょう。
blog35.jpg

カワニナ 50 個ほど放流。

山が明るくなると
ツツジは咲きやすいような。
blog38.jpg

さらにのぼれば細流になってきましたが。
blog36.jpg

ここでも頑張りなさい。
blog37.jpg

もっとのぼれば
水が消えてしまいました。

生きものがいないのは
水が枯れやすいから?!

広場がある近くの小さな池。
blog39.jpg

ここにも精鋭を送ります。
キッチンペーパーに包んで
保冷剤を入れたボックスで運んできました。
blog40.jpg

元気です。
終(つい)の棲家にしてね。

モリアオガエルクラスの
おたまじゃくしが寄ってきました。
blog41.jpg

赤い魚もいく尾か棲んでいます。
もし鯉なんかだとエサにされるかも。
頑張れ。
無責任だけど。

ホタルの乱舞する山になれ。



カエデ(園芸でいえばモミジですが)の花と
ヤマザクラの花。
blog42菊水山.jpg

菊水山頂上です。
blog43菊水山.jpg

かすむ瀬戸内海を見降ろす石の横に
アーモンドを植えました。
blog44菊水山.jpg

もう 2 年以上前のこと。
咲いていることを信じてきたのですが。

咲くも咲かないも!
アーモンドの姿さえ消えていました。

それより前に植えていた小菊。
たった 1 株だけ生き残っています。
blog45.jpg

やがて!これも消える運命かな。



今まで
公孫樹(イチョウ)の種子(銀杏)をはじめ
アーモンドとかカキとか
なん百粒ものタネをまいて歩きましたが
ただの 1 本も
それと認められる樹木に出会っていません。

苗もまた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感