So-net無料ブログ作成

梅田 ごはんの朝食 2018/10 [朝食 モーニングサービス]

わ~い!
オマールだぁ!
blog81オマール海老.jpg

オマール海老のビスク!?
たしかに!ビスク!ビスク!

でも!ビスクってな~に?

オラ!おフランス人といっているけど
ナイショだけど!
ま!気づかれているようだけど
ホントはフランス人じゃないけん
ビスクなんてフランス語は嫌いじゃ。
はやいはなし!知らん。

それによく考えたら
少なくてもここ 20 年!
オマール海老なんて食べたことがねぇ。
違うものが出されても
味も匂いも分かる訳ないけど。

そのオマール海老の汁ものと
ごはんで朝食です。
ごはんには
胡麻をたくさん混ぜてありました。

「ごはんは大盛りにもできますが?」

「値段は変わるの?!

「変わりません」

「お!お!大盛りで。

食欲があってもなかっても
同価格なら「大盛り」と反射的に叫ぶとは
お里が知れますね。
ま!フランス人じゃなかんべ。

「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)の
ルクア大阪店です。
blog82Soup StockTokyo.jpg

「Soup Stock Tokyo」は
わが街にもありますが
ランチどきに開店。
このJR大阪駅の地下の店舗は
早朝 7 時からオープンしているようです。

モーニングサービス(?)は
数種類のスープの中からひとつと
ごはんかパン(フォカッチャでも可)かを選んで
税込み 500 円でした。



オラ!誠実で几帳面な性格なので
(だれもいわないから自分でいいますが)
朝昼晩!きちんと食事を摂りたいのです。

朝は冷凍していた食パンを少し。
ま!いろいろと事情があって。
いろいろはないかな。
おカネがないだけですな。
なまけものということもありますか。

ただし!
1、2 日おきに早朝から
寝ぼけまなこで徘徊しているので
そのときには
電車の中などで
コンビニのおにぎりをひとつ食べていますね。

よく考えたら!考えなくても
2 日に 1 度はおにぎり?!

ごはん好きなんですね。



モーニングサービスで
ごはんを提供するところは少ないですね。

麺類の店くらいですかね。
麺類を進んで食べない日々ですが。

JR大阪駅の西
梅三小路に「朝ごはん 280 円」の看板!?
blog83汐灯.jpg

280 え~ん!?

麺は嫌いだなんだと
いっているバヤイじゃないです!
「生蕎麦・手打ちうどん」と書いてある
「汐灯(しおび)」に入ります。

かけそば(うどんでも可)と
(日替わり)おにぎりとで!税込み 280 円。
blog84汐灯.jpg

安さにヒジョーに感激しましたが
いつも利用しているスーパーサンディなら
おにぎりが 49 円
蒸したそばの玉が 19 円
青ネギとカマボコとスープをプラスしても
原価は 100 円までですか。

朝から
つまらん計算をするのはやめましょう。



阪急・梅田駅の東南の阪急ファイブ!
阪急ファイブといって
先日!苦笑されましたね。

大昔!悪い(?)遊びに行くために
急いですり抜けていた
阪急ファイブも隣接のナビオ阪急も
消えて久しいのですね。

建てものがなくなったのか!
名前が変わったのか知りませんが。

そのふたつにはさまれたあたりで
「大栄食堂」は
そうとう大昔から鎮座しています。
blog85大栄食堂.jpg

上方演芸のフリーペーパーの「よせぴっ」に
いつも広告をのせているので
思い出していましたが。

朝定食をいただきます。
「納豆定食」(税込み 500 円)です。
blog86大栄食堂.jpg

でも!
ごはんがまだ!
炊いているところですって!?
もう 9 時 43 分ですけどね。

どんどん!みそ汁が冷めて行くような。

すごいですね!老舗は。
それでもお客がいます。

酒を飲んでいるおじさんがふたり。

旅行者らしい
アラサー(around 30)のおね~さんふたり。

ごはんがきたので 2 分で食べて
忙しい(ウソついてすみません)
現実にもどります。

ん?!
blog87大栄食堂.jpg

外の看板を振り返ると

納豆の朝定食は
納豆!生玉子!のり!ごはん!
みそ汁!つけもの!豆腐!
とあるじゃないですか。

なにかひとつ足りなかったような。
損したような。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鴨川の秀吉の遺構 [平安京有情]

七条大橋から鴨川の上流を望みます。
blog01鴨川.jpg

いいお天気の朝。
少しだけ歩いてみますか。

川の東側
川端通りをさかのぼります。

ほどなく正面橋。
blog02正面橋.jpg

正面通りにあるから正面橋。
なんの正面かといえば
秀吉の建てた方広寺の大仏殿でしょうか。

秀吉の眠る豊国廟
方広寺の大仏殿
本願寺(今の西本願寺)を結ぶ
秀吉の西方浄土につづくライン上。

西に渡ってさらに進めば
高瀬川にも正面橋があるはず。

川に降りて歩きます。
左岸です。
太陽を背にしたほうがまぶしくないから。

五条大橋。
blog03五条大橋.jpg

秀吉が大仏殿を造るまでは五条橋だった
松原橋をくぐれば
右岸に川床(かわゆか)が見えてきます。
blog04松原橋.jpg

団栗橋(どんぐりばし)の下で
大きなコイ(鯉)が釣れていました。
blog05団栗橋.jpg

細い竿で釣りたくはなかったのでしょうけど
糸も切れず!釣れてしまったようです。
おじさんはコイの口元で糸を切りました。
コイは針が刺さったまま逃げて行きました。
コイさん!
食事どきには不自由でしょうなぁ。

人がいっぱいの四条大橋。
blog06四条大橋.jpg

琵琶湖の魚が落ちてくるのを
待っているのでしょうか!白い鳥。
blog07白川.jpg

琵琶湖疏水が合流している白川の出口。

今も秀吉時代の
擬宝珠(ぎぼし)が残る三条大橋。
blog08三条大橋.jpg

橋脚の石柱の一部もそうかも。

わ!
向こう岸!右岸に
旗につづく団体がいます。
blog09.jpg

失礼ながら異様に
オカルト教団のように見えたのですが。
まだ私は目覚めていないのかも。

あちら側に行ってみますか。
鴨川の西側!御池大橋の下流に降りました。
blog10御池大橋.jpg

右岸は川床の真下を歩くことになります。
blog11.jpg

もちろん!夏季だけの営業です。

二条大橋を越えます。
blog12二条大橋.jpg

投網(とあみ)に興じる人。
blog13.jpg

もし漁師さんだったのなら
興じるなんていってごめんなさい。
あんまり獲物の姿が見られなかったもので。

鴨川名物(?)飛び石。
blog14.jpg

舟の形のものも。

丸太町橋。
blog15丸太町橋.jpg

荒神橋。
blog16荒神橋.jpg

亀の形の飛び石。
blog17.jpg

河川敷が
いい原っぱになっているじゃないですか。
blog18.jpg

香川照之が
カマキリのおかあさん(!)の着ぐるみで
走り回るには都合がいいような草原。

「オスはメスに全力で向かって行け!」

香川の叫びが聞こえたような。

NHK Eテレの「昆虫すごいぜ!」で
寺田心に叫んでいたのは
いつのことでしたやら。

「厳しく修行させていただきます」

7、8 歳のときの
心(こころ)くんが答えていましたが
あのせりふ!
台本があったのですかねぇ。
アドリブだったのなら!すごい俳優ですね。



ん?!
川岸に
京都府立医科大学付属病院があります。

1 階に私の印象では早朝開店の
「カフェ・ド・クリエ」がありました。

「ツナサンド モーニング」税込み460 円。
blog19.jpg

「昆虫のオスは」
「メスのことしか考えていない」

明るい窓外に目をやれば
香川の声が聞こえます。

人間も!
ライオンもカエルもおなじでしょうねぇ。

じゃ!昆虫のメスはなにを考えているの?!

病院は朝から忙しいところなんですね。
店内はほぼ満席状態。

そんなところで
こんなことを考えている阿呆は
他にはいるのでしょうか。
天然記念物的存在かも。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日根荘大木の里 コスモス園 2018 [解語の枯れ尾花]

秋の収穫の終わった田んぼが
静かに広がっています。
blog81.jpg

重要文化的景観の
「日根荘(ひねのしょう)大木(おおぎ)」の
「農村景観」はこのあたりでしょうか。

大阪府泉佐野市。
修験道の七宝瀧寺や
犬鳴山(いぬなきやま)温泉がある
通称・犬鳴山(いぬなきさん)のすぐ近く。

突然!明るくなりました。
blog82.jpg

「日根荘大木の里 コスモス園」ですね。
blog83.jpg

たぶん知名度の低いコスモス園でしょう。
blog84.jpg

コスモス園の歴史が浅いのです。
blog85.jpg

アクセスもよいとはいえません。
blog86.jpg

咲いている花には罪はありませんが。

ここに見物客を誘導するには
なにをしたらいいのでしょうね。
むずかしい。



下に花摘み専用の花園を作っていました。
blog87.jpg

摘まれたせいか
さすがに華やかさに欠けますね。

横のふしぎな建てものはなんですか?!
blog88.jpg

壁は少なく!天井の高い!大きな床面積。

「とんしゃの跡です」

コスモス園の人が教えてくれます。

とんしゃ!?
豚を飼うところ?!
豚舎ですか!

「不都合があって飼えなくなったのです」

ん!?
しかし!
こんな田園地帯は
養豚に適しているのでは。

鳴き声や臭いは問題がなくても
排水が清流を汚すのがいけないらしい。

浄化槽を造るとか!じゃだめですかね。
ま!それはそれで
たとえ処理水の放流でも
閉鎖的な性格の強い
(昔の)水利組合なんかと
もめるでしょうね。

「もう長い間放置したまま」

それなのに丈夫な建てものですね。

なにかの「スポーツ」に使えませんか。

無責任に思いつくものの
人を呼ぶには
また大変な問題がありそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南海電車まつり 大阪のりドッグ [工場見学]

南海電鉄 千代田工場(大阪府河内長野市)です。
blog31南海電車.jpg

「南海電車まつり 2018」(2018/10/27)です。

未明に降っていた雨が
先ほどまで残っていましたが
大勢の人ですね。

阪急電車や阪神電車や大阪メトロなどの
大手の電鉄会社の工場のまつりには
事前申し込み制だったり
抽選で当たった人だけが
入場可だったような。

中小の電鉄会社のそれは
ま!失礼ながら人気薄で
予約も抽選もなにもなく入場できるような。
そんな風に入場するところが多いのですが。

南海は大手ですが!大丈夫ですか?!

「全然!大丈夫!」

声をかけてくれた!
というより半ば強制的に誘ってきた
地元(?)のお大尽が
保証するのできましたが。

あれ?
他に声をかけた多くの人はどうしたの?!
、、、姿がありません。
きたのは私だけ!?

お大尽に逆らうなんて、、、!
勇気がありますねぇ。はは。



ともかく!少々不機嫌なお大尽と
大きな切符をもらって見学です。
blog32南海電車.jpg

この大きな切符(?)は
スタンプラリーの台紙。

裏面にスタンプを 6 個押してきたら
なにか景品をくれるようですが
スタンプ台には長蛇の列。
私!景品!いりません。
見かけは立派なおとなですから。

雨があがって
屋外展示にも人が集まってきました。
blog33南海電車.jpg

屋内にも電車が並んでいます。
blog34南海電車.jpg

なにもの?!
blog35南海電車.jpg

駅とか電車の表示板の払いさげ?!
blog36南海電車.jpg

なんの興味もないですが。

今日の円板じゃないですか!?
blog37南海電車.jpg

もう!売っているんですか。
ひぇ~っ!
5 万円ですって!?

消費税はどうなるの?!
そんな心配はどうでもいいですけど。

100 円からの
忘れものの払いさげくらいが
身にあっています。
blog38南海電車.jpg

トートバッグをひとつ
50 円で買いました。はは。



思ったより飲食ブースも多かったですね。

ただ!場所がね。
河内長野市のはずれ(!)でもないですが
ちょっとだけ
へんぴなところといえばいえるかも。

あ!?
工場に隣接の建てもの!なんでしょう。
blog39南海電車.jpg

「葬儀会館ですよ」

南海電鉄(グループ)の経営する
葬儀場なんですか。

なんでもあるんですね。
知りませんでした。
他の電鉄会社にもありましたやら。



ずいぶん!南にきたような。
和歌山に近いような錯覚。

和歌山名産の柿でも買って帰りましょう。
blog40.jpg

もしかして近所のスーパーのほうが
安いかも知れませんがね。

南海の駅構内でよく見かける
ベーカリーの「アルヘイム」!
blog41アルヘイム.jpg

そうともかぎらないでしょうか。
全国展開している企業かも。
私の勝手な錯覚かも。

「大阪のりドッグ」なるものがありました。
blog42大阪のりドッグ.jpg

魚のフライや金平ごぼうや
もちろん!のり(海苔)等の
「のり弁当」(拙ブログ 2018/10/16)の
具をはさんだドッグ?!

290 円(税抜き)でした。
しっかりした値段です。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

武庫川ひげの渡しコスモス園 2018 [解語の枯れ尾花]

武庫川の甲武橋を渡ります。
西から東へ!
右岸から左岸へ!
西宮市から尼崎市へ!
たぶん!そうだと思います。

上流を新幹線が横切っています。
blog61武庫川.jpg

鉄橋の下の向こうが明るい。

今年の
「武庫川髭(ひげ)の渡しコスモス園」は
遠くからでもよく映(は)えるような。



播種後 60 日?!
満開かも。
blog62髭の渡し.jpg

主な品種はセンセーションかな。
この種は季節にあまり関係なく
播種後 90 日で咲くと師から習ったような。

それが今出回っているタネは
60 日で見ごろになるのですね。
blog63髭の渡し.jpg

昨年もきたような。(拙ブログ 2017/11/15
それも 2 度 3 度?!
昨夜の食事の内容も
覚えていない情けない記憶力なので
違うかも知れませんが
去年は台風襲来に
苦労していたようでしたが。



平成 15 年(2003)から
ボランティアで作られているコスモス園。
blog64髭の渡し.jpg

今年でもう 15 年ですね。
blog65髭の渡し.jpg

「15」!?
blog66髭の渡し.jpg

150 でした。
兵庫県政 150 年なんですね。



いいですね。
blog67髭の渡し.jpg

たくさんの缶チューハイを囲んで。

女の子ばかり。
ま!
女の子の孫がいるような年の人ばかり?!

水鳥(?)なのに花を見にきたのですか。
blog68髭の渡し.jpg

いや!なにか食べていますね。
花園にもおいしいものがありますか。

西国街道の「髭(ひげ)の渡し」跡。
blog69髭の渡し.jpg

行者堂しかないですが。
行者堂のところに髭の渡しがあったのかも。

「どうぞ!中をごらんください」

知らないおばちゃんが開けてくれましたが。
blog70髭の渡し.jpg

「この方!どなたなんですか?

「さぁ?」



コスモスの名前は
スペインのカパニレス神父が命名したとか。

ギリシア語の
秩序とか
調和の意味のコスモス(kosmos)から。
英語のコスメ(cosmetic)と同根でしょうか。

日本では日露戦争(1904 ~ 1905)後に
広まったといいますが
それはまたどうして?!

ちなみに日露戦争を指揮したひとり
乃木希典はこの花は
「弱々しくて嫌い」だといっていたそうな。

乃木はなん度も休職して
那須野にこもって
拗ねたような(失礼!)詩を
いくつか作っていますが。
そのひとつ。

東西南北幾山河

春夏秋冬月又花

征戦歳余人馬老

壮心尚是不思家

この詩の中の花には
コスモスは入っていないようです。



乃木は嫌いでも
コスモスは日本人の好きな花でしょうか。
blog71髭の渡し.jpg

春の桜が好きな日本人だから
秋桜!秋の桜も好き?!

もし!潔く散る花びらが好きなら
ソメイヨシノのように
パラパラとは散りませんがね。

春より気候が安定していて
あの女子会(?)のように
お花見にいいかも。

それにしても
武庫川河川敷の「髭の渡しコスモス園」の
7 区画 550 万本の維持管理は大変。
blog72髭の渡し.jpg

少しだけ「募金」して帰りましょう。



(中村浩著/園芸植物名の由来/)
(石川忠久著/漢詩を読む/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感