So-net無料ブログ作成

葵祭 百万遍さんの手づくり市 [平安京有情]

百万遍知恩寺の境内がにぎやか。
今日(2018/05/15)は
「百万(萬)遍さんの手づくりの市」!

いいお天気ですが
「日傘禁止」と書いてあります。
blog41知恩寺.jpg

この人ごみでは当然のことです。

でも!なん人か
日傘をさした不細工(!)な人がいます。

漫才の人生幸朗なら
「はったおすぞ!」というところ。

この市は毎月 15 日に開催!
300 を越えるブースがひしめいています。
blog42知恩寺.jpg

ここの特色は
「手づくり」の品にかぎるということ。
仕入れたものやリサイクル品は扱えません。
現場で調理するものも売れません。

なかなか潔くて
好感が持たれている「市」です。
blog43知恩寺.jpg

双葉葵(ふたばあおい)が売られていました。
blog44知恩寺.jpg

そう!今日は「葵祭」なんですね。



下鴨神社に行くと
馬が走る神事が催行されています。
blog45葵祭.jpg

佃煮にしてもあまるほどの人がいますが
「馬が驚くからフラッシュは焚くな」と
2、3 か国語で
繰り返しアナウンスされていますが
また!だれかが光らせています。

日傘といい
フラッシュといい
「はったおすぞ~!」

午前中の路頭の儀
ま!くだけていうと行列ですが
京都御所を出て
ここ下鴨神社に到着しているのですね。

よいこは「葵桂(きっけい)」を求めて
葵祭を参拝しなければなりません。
blog46葵祭.jpg

葵桂は双葉葵(二葉葵)と
桂の小枝を編んで作ります。
この祭のすべての参加者が
どこかにつけています。

私は「葵桂」には背を向けて
双葉葵の形をしている餅を買いました。
blog47葵祭.jpg

すみませんでした。



午後からのパレード!
ではなく!路頭の儀は
下鴨神社から上賀茂神社に向かいます。

先回りします。
行列のコースには見物の人でいっぱい。
人をたどって行けばいいのです。

歩道を歩いて冷たいお茶を売り歩く人も。
blog48葵祭.jpg

あまりにも暑く!大勢の人ですから。



賀茂川の北大路橋を渡った右岸の道際の
石垣に上り
さらに桜の木の枯れ枝を
すり傷だらけになって払い
腰をかけられるようにした木の股で
行列を待ちます。

あああ!
blog49葵祭.jpg

行列がきたら突然!
インバウンド(訪日外国人旅行)の
ふたりが前に!

「下に降りろ!座れ!sit down!」
「ダウンだぁ!」

なに!?おまえのほうが
木からダウンしろ!だと?!

木から降りて堂々と前に出ます。
文句!あります?!
blog50葵祭.jpg

そんなにムキになることもないのですが。
blog51葵祭.jpg

木から降りたので
川の向こうの五山の送り火の
大文字の火床がよく見えました。
blog52葵祭.jpg

葵祭は貴族だけが楽しむ祭です。
それゆえ
清少納言は「いとをかし」と
浮き浮きしています。
でも!牛さんは大変です。

「とぼとぼと 葵祭の 牛が行く
blog53葵祭.jpg

お馬もそうかも。
馬は「お馬」と呼ぶのに
牛は「お牛」といわないような。
どうして!?
葵祭には関係ないはなしですけどね。

「おもしろくない顔をして 馬が行く
「葵祭の すずろにをかしも
blog54葵祭.jpg

藤原兼家のなん番めかの妻の
「蜻蛉(かげろう)」もハレの心地か
兼家の正妻の時姫に
和歌を送ったりしていますね。



北大路商店街を抜けて帰ります。

ああ!ツバメがたくさん営巣しています。
blog55ツバメ.jpg

ツバメにやさしい商店街ですね。
気だるく
ギスギスしていた心がゆるみました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理