So-net無料ブログ作成

筍の肉じゃが風 筍の佃煮風 [半煮え!生煮え!]

昨日!道の駅で実質 100 円で買った
孟宗竹の筍。
blog21筍.jpg

茹でようとしたら鍋がありません。
筍が大き過ぎます。

キャンプ用の大鍋!
みっつくらい持っていたのですが。

大勢でアウトドアクッキングも
全然しなくなり(嫌われていますか)
散逸してしまっています。

飲食店に借りに行くのもおっくうです。
一番大きな鍋はスパゲティを茹でる鍋。
それに筍を分割して入れればいいですか。
blog22筍.jpg

米糠(こめぬか)と
キムチ用の輪切りの唐辛子を加えて
茹でました。



「肉じゃが」の
じゃがいもの代わりにはなりませんか。

筍と人参とたまねぎと糸こんにゃくを
昆布だしに
日本酒をドボドボ入れて煮ました。

ここは関西ですので!肉は牛肉!

砂糖と
ここは大阪ですから
淡口(うすくち)醤油で調味したら
色のつき方が薄い。
blog23筍.jpg

おいしいですけどね。はは。

ちょっと気取って
ベランダの
山椒の葉なんぞを置いて食べます。

「肉じゃがを よそ行きにする 木の芽かな

中瀞(ちゅうとろ)の
「ちっちゃい人生」の句だそうな。

ま!季節は夏に向かっていて
山椒の葉はガシガシしていますけどね。



買うときに
こんな季節の筍は
「佃煮」にすればいいと聞きました。

どうすればいいのでしょう。

分からないけど
とりあえず!昆布だしで煮ました。

高菜の古漬けと合わせたら!?
思いつきで入れて煮ます。

砂糖と
今度は濃い口醤油を加えて
だしがなくなるまで火にかけていました。
blog24筍.jpg

なかなかの味。
自画自賛というところ。

日本酒を飲みます。

寒い季節に酒蔵めぐりを
なん回かしているので
そのときに求めた「生」酒がまだあります。

早く飲まなければ。



炊飯器のスイッチが切れました。

シーチキン(ツナ)缶と
人参と油揚げを入れて
筍ごはんを炊いていました。

酒は強くはないのです。
1 合も飲めば酩酊(?)します!
ホントーです。
酩酊してからが
しつこく長いので嫌われていますけどね。

筍ごはんを食べて寝ます。
blog25筍.jpg

2、3 時間も寝たら起きて!またごそごそ。
1 日中!けじめがありませんね。

ごはん!おいしい。
まだ生きて行けます。



(中瀞は林家たい平の雅号)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理