So-net無料ブログ作成

痴漢顔はつらいよ [小市民ぼうちぎり]

「サイドボードをもらいに行くから」

ついてきて!と
場末の自称・高級割烹のおじさん。

あげるといえば
なんでももらいに行きますねぇ。

「ひとりで行きなさい。

「ひとりでは女性の部屋に入れない!」

ん!?
相手は中年のおばちゃんでしょ。

「いちいち!ムラムラするんじゃねぇ!

「するかぁ~!」

え?!
違うんですか!私の心配と。

ムラムラしてどうかなるのは
合意なら構わないけど
ムラムラもなにもまったくしないのに
もし!
かの女になにか他意があって
「襲われた!」と
訴えたときが大変なんですね。

ケーサツも世間も
かの女の証言を当然(?)信じますわね。
居酒屋のおじさんは痴漢顔(失礼!)
いや!変態顔(!)といえばいいのか
怪しい風体ですからね。

顔の不細工なものは損ですなぁ。
よけいな心配が多くて大変です。
人ごとではなく私もそうかも。



「色が黒い!」

今度はなんですか!?

酒粕が多少黒ずんでいるんですね。

それがどうなんです?!
熟成が進んでいるだけでは!?

「美容院のね~ちゃんが」
「古い粕をたくさん持ってきた」

なんでももらうんですね。
みんなゴミ捨て場と思っているのかね。

アルコールが含まれているから
簡単には腐らないでしょう。
冷凍保存ならなおさら。

「異臭がなければ大丈夫です!

「色の悪い粕汁は客に出されへん」

あは!生意気いいますねぇ。

イカ(烏賊)の墨汁でもあるまいし
色の変化が分かるほどでもないでしょう。

それなら交換してあげましょう!
私は酒蔵開きにばかり行っているので
新鮮な酒粕を持っていますから。



魚屋のおじさんは愛想がよろしい。
アラしか買わないのに。
恥ずかしいかぎり。
ま!そんなにいってみるほど
恥ずかしいとも思っていませんがね。

サケ(鮭)でもタイ(鯛)でも
ブリ(鰤)でもたっぷり盛ってくれて
100 円。

ブリのアラに塩を振っておいてから
湯通して洗い
水からコトコト煮ますか。

昆布だしを加えて!
酒で溶いた色変わりの酒粕を入れます。

「インカのめざめ」だったか
「インカのひとみ」だったか
葛城市で掘ってきた(拙ブログ 2017/11/24
ジャガイモが少し残っています。
blog粕001.jpg

それを下茹でしてから加えます。
キャベツもちぎって入れました。

色の黒いのはどうでもいいです。
味噌で調味。
blog粕002.jpg

これで生酒を
冷やでキューッとやれば
日ごろ日本酒を飲まないのですが
日本人の自覚が
五臓六腑にしみわたります。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理