So-net無料ブログ作成

オムライスにサンドイッチがついてきた [昼定食]

奈良県の田原本町。
「たわらもとちょう」と読みますが。
関西に流れてきたとき
「たはらほんまち」と読んでしまい
尋ねても
だれも「知らない」といわれましたね。

生意気だったので
知っていても訂正してくれなかったのかも。
ま!自業自得というもんじゃの。

行き交う人もなく静かな里です。

近鉄橿原線・田原本駅から
線路沿いに南に行けば
「ランチ&定食」の置き看板発見。
blog41.jpg

「オリエンタル ジパング」!?

すごい店名ですね。
昨日深夜!
ま!正確にいえば今日の未明でしょうけど!
眠れず!偶然!手元にあった
フロイスの日本史を手に取ったのは
ここに導かれる運命だったのかも。

ちなみに 1 ページ読んだら(ながめたら?)
すぐ!夢の世界。
読書はよく効く睡眠薬です?!

店舗内はこぎれいな喫茶店といったところ。

たくさん!メニューがありましたが
様子が分からず
優柔不断な性格なので
このままながめていたら
いつまで経っても決まらない気がしたので
ランチの先頭にあったオムライスを。
blog42.jpg



普段!鶏卵の料理はあまり食べません。
偏見ですが
卵好きは幼稚な味覚の持ち主のような。

TVなんかで
「煮たまご」ひとつに
素っ頓狂な大声で喜び騒ぐ
芸のない芸人を見ると悲しくなります。

フランス人の妻を持つ高名な作家が
フランスでは
食事を簡便にすまさねばならないときには
ビフテキだといっていましたね。
とても安あがりでもあるらしい。
その安い肉も買えないまったくの貧民は
鶏卵料理ですませるらしい。
ちょっと悲しいらしい。

このごろ日本のお年寄りたちが
昼から飲んで歌って騒いでいます。
たぶん!年金長者!恵まれていますね。
そんな金持ちがみんな
鶏卵料理には
特別な感慨を持っているようです。

かれら!かの女たちは
鶏卵は高級品と思って育ったようです。
日本とフランスには隔たりがありますね。

ま!私は自称・おフランス人
(フランス人にあらず)の
自称・大金持ちですから
「たまご」嫌いざんす。

書いていてすんごく落ち込みますねぇ。
はぁ~。



閑話休題。

おいしいじゃないですか。
650 円。税込み。
ごちそうさま。

え?!
食べた後に!すぐ!
blog43.jpg

サンドイッチがきました。
これでセットなんですか!?
2 度ランチしたような。

すごいですね!ニッポン!
いや!ジパング!
お得感が味わえました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あいな里山 冬の縦断 [野道!山道!恋はけもの道!]

馬事公苑の横を抜けます。
blog31.jpg

「しあわせの村」(拙ブログ 2018/02/21)の
たぶん!北の端。
さらに北の
「あいな里山公園」を目指します。

人にもくるまにも
キツネにもタヌキにも出会いません。

上空の阪神高速北神戸線には
ときどきくるまの影が見えますが。
blog32.jpg

高速道をくぐってゆるやかに上って行くと
おじさんがふたりもいました。
「あいな里山公園」の料金所ですね。

だれも通っていないのに
料金所でもないと思うのですが。
こんな季節!人にもタヌキにも
フリーパスでいいじゃないの。

ああ!くるまが追い抜いて行きました。
blog33.jpg

「しあわせの村」と
「あいな里山公園」を結ぶ無料送迎バス。

1 時間に 1 本くらい。
待てないので歩いたのですが
乗せてよ~!
バスにはドライバーだけのようなのに。

単調な道がつづきます。
これでも有料の公園なんですね。
よく考えたらそれでいいのかも。
国立公園も有料化したらいいような。
ニュージーランドなんかは
そうではなかったですか。

でも!軟弱な精神のものは
マムシでもいいから生物に会いたいもの。
blog34.jpg

棚田です。
blog35.jpg

代ケ谷(しろがたに)の
棚田景観地区に出たのですね。

サンデン休憩所。
blog36.jpg

周辺は花の谷といいますが
冬枯れのくすんだままですね。

切り通しを抜けたら見覚えのある棚田。
blog37.jpg

昨年!大根をもらったところのような。
耕作楽園地区でしょうか。
地区の上部の
相談ケ辻(そうだがつじ)の家。
blog38.jpg

もうここからは大丈夫!
道が分かります。

大昔にはいくつかの
集落があったのじゃないでしょうか。
なにがあったのか
忽然と
人もわんこもスズメも消えた里のような。

寒いし!人はいないし!
イベントはないし!花も色気もないし!
面白くもないので
寄り道の誘惑に勝って最短距離を進んで
つぎの棚田に出ました。
blog39.jpg

農村広場地区です。
白拍子(しらべし)の家も寒々。
blog40.jpg

白拍子だんだん畑の下に
稲が干してありますが。
blog41.jpg

真冬ですよ!いつまで干しているの?!
あ!籾(もみ)がありません。
blog42.jpg

だれかに食べられたの!?
それとも
脱穀した後を再び干しているのでしょうか。

寒そうな農村舞台。
blog43.jpg

この通路は「橋掛かり」?!
ではなく「花道」でしょうか。
能の舞台ではなく
歌舞伎の舞台ですね!たぶん。

伝庫(でんご)の家だとか。
blog44.jpg

男女の区別がつきかねる
老人たちがくつろいでいます。
永久に動かない!
年を取らない(!)人たち。
とてもしあわせそうですね。

帰ります。
なんだか入園料!損した気分ですが。

神戸電鉄・藍那(あいな)駅まで
棚田の中を下ります。

しかし!冬の田は眠っていませんね。
blog45.jpg

勤勉な人が耕作しているようです。

急坂をこけつまろびつ!というより
へっぴり腰でよろよろと進みます。

それでも凍った道にすべって
肝を冷やすこと 2 度 3 度。

やれやれ降りきったら
1 時間にいく本もない電車が出て行きます。
blog46.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しあわせの村でしあわせな一汁六菜 [猫も歩けば棒立ち]

先日「しあわせの村」への
ハイキング(?)を誘われましたが。

その日は仕事が山積していたので
(ウソついてすみません)
行けませんでした。

ところで「しあわせの村」って
どんなところでしたか?
記憶にありません。

すごく凡庸な!
児童でも考えつくような!
関西弁でいうベタな!
なんの変哲もない名前の村ですね。
そう考えればかえって
なにか!うさん臭さを感じますが。

天気もいいので!
約束も仕事もうっちゃって
(うっちゃるほどもありませんが)
「しあわせの村」にひとりで出かけます。

神戸市の北東部
神戸市の 4 割強の面積を占める北区の
六甲山系の中!
早いはなし!山ん中にありました。

行政の村ではありませんね!当然。



広い!
広大です。
205 ヘクタール!?
広過ぎてたとえるイメージが湧きませんが。
施設がいっぱい。
blog91.jpg

リーフレットには
「あふれる緑の中で
「だれもが楽しめる総合福祉ゾーン
とあります。

村の建てものは
オレンジ色の屋根をした
意匠が似通ったものばかり。
blog92.jpg

福祉・医療施設!宿泊施設!
温泉!プール!体育館!
テニスコート!ゴルフ場!
馬事公苑!キャンプ場!トリム園地!
芝生広場等々があるんですね。

建てものはさておいて
自然(!)を見て歩きます。

神戸市の海側に比べたら
高度があるようで
日本庭園の池に氷があります。
blog93.jpg

鎮守の森!?
blog94.jpg

神社はありませんがね。

さつまいも畑でおね~さんがひとり
作業をしていました。
blog95.jpg

温室もあるんですね。



村内無料巡回バス?!
blog96.jpg

広大な「村」では
バスによく遭遇します。

鉄道の駅から
無料の送迎のシャトルバスもあります。

阪急バスと神戸市バスにも出会いました。



「村」の中心地と思(おぼ)しき
本館・宿泊棟に帰ってきました。

本館に隣接の温泉健康センターの
「おやさいレストラン&カフェことこと」で
ランチにします。
blog97.jpg

ランチのできるところは意外に多い。
「村」に十指に余るほどあります。
弁当も売られています。

日替わりの
「一汁六菜 味彩(あじさい)ごはん」を。
blog98.jpg

野菜中心の
こういうちまちましたおかずで
白いごはんを食べるのが好きです。

ま!嫌いな料理でもなんでも
およそ人が食べているものは
黙って食べてしまいますがね。
それでも傍(はた)の人には
おいしそうに食べているように
見えるそうですが。
お里がいいのですね。

税込み 850 円。
ごはんと
味噌汁はお代わりができました。
お代わり!しました!
お里はどこやら。

またまた!
おいしく食べてしまいましたね。

いいのでしょうか!無為徒食で。
なんの社会貢献もしない身で。
ま!オラのせ~じゃねぇ。
運命が悪いのだ!
もうすぐ春がきますだ!たぶん。
blog99.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬の天王山越え [野道!山道!恋はけもの道!]

お焚き上げ!(拙ブログ 2018/02/18
採燈大護摩供(さいとうおおごまぐ)の
柳谷観音を後にします。
blog01.jpg

西山古道を通って帰るつもり。

この細道は最近!
長岡京市かどこかが整備して
道標を数多く設置していますが
全然頭に入っていません。

今日は少し考えながら
記憶しながら歩きたいもの。

左に行こうとしたら
「あ!こちらです」
男性がやさしく声をかけてくれ
右側を指します。

「あ!はい。

気が弱いものですから素直に従います。

この日は
阪急電鉄がハイキングをしていたのですね。

それはここから天王山を越えるのですね。
ま!いいか。
根性がねじ曲がっているので
原則ひとり歩きを好みますが
冬の山は寂し過ぎるので
前後に人がいるのもいいかも。



阪急ハイキングに紛れて
まず林間を下ります。

乗願寺のある集落が見えてきました。
blog02.jpg

私だけ寄り道。
乗願寺の本堂でにゃんこがひなたぼっこ。
blog03.jpg

「西山の大仏」とも呼ばれていますが
私は 1 度も拝したことがありません。

大昔のマップには
ハイカーにトイレを開放しているのですが
私が歩くようになったときには
すでに使用禁止になっていました。

したがって今!
このコースの途中にはトイレがありません。



棚田のそばを通って登りにかかります。
blog04.jpg

天王山はチョー有名なんですが
私有地ばかりのようで
なかなか観光的な整備は進みません。

管理の悪い生産地から
エスケイプした孟宗竹が
いたるところで暴れたりしています。

こんな溝を掘ったりしているところも
あることはあるんですが。
blog05.jpg

30cm の深さで逃げ出すことはないと
習ったことがあったような。

先ほどのにゃんこの
ひなたぼっこはなんだったのやら
小倉神社分岐あたりで猛吹雪です。
blog06.jpg

少し下らなければならないので
今日はだれも行かない奥の山展望台で休憩。
blog07.jpg

陽が射してきたので
龍神の池をひとりで見に行きます。
blog08.jpg

水は少ないのですが
エメラルドグリーンといえなくも、、、。

わお!
blog09.jpg

暴れる孟宗竹を退治にかかっています。
炭に焼いたらどうですか。



天王山山頂。
blog10.jpg

柳谷観音から 80 分。
ほぼ標準タイム。
歩き初めに足が全然上がらなかったので
不安がつのっていたのですが
途中でたくさん寄り道をしても
あんまりロスしていません。

まだ!体力があるじゃないですか。
気をよくして苦手の下りも頑張りますか。

山頂の秀吉の山崎城の唯一の遺跡
井戸にタッチして出発。
blog11.jpg

酒解(さかとけ)神社の
樅(もみ)の木を拝みます。
blog12.jpg

おお!
blog13.jpg

「山崎合戦之地」の碑では
また斜めからの雪。

雨具を出すのもメンドくさくて
濡れながらころがるように
宝寺(宝積寺)まで降りてきました。
blog14.jpg

やっとここにトイレがあります。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鏡作神社の早乙女 牛が暴れる御田植祭 [猫も歩けば棒立ち]

早乙女です。
blog61.jpg

ホントの乙女たち?!
blog62.jpg

奈良県田原本町の
鏡作(かがみつくり)神社の
御田植祭(2018/02/18)の舞の奉納です。

今まで早乙女というものの
早乙女の親か祖母かと
目をこすってしまうほどの
立派に成長した女性ばかりに
出会いましたが。

お嫁に行くにはまだ十数年要するような
若過ぎる女の子も
「お田植舞」を披露していました。
blog63.jpg

つづいて「豊年舞」は
蹴出(けだし)というのか
腰巻というのかどうか知りませんが
赤いそれをつけて
あねさかぶりの女性が舞っていました。
blog64.jpg

もうお嫁に行けるか
行ってしまった年齢の女性が
あねさかぶりをしているようです。

民謡みたいな歌に合わせて舞うのですが
その歌!?
その歌に見物者たちがざわざわ。

ひふみん(将棋の加藤一二三九段)の歌う
歌のようなユニークさ。

「これじゃ拍子が取れないでしょ!」
「だれか代わってあげたら!」
おばちゃんたちのヤジ!

代わらないでしょう!
本人は自信を持って歌っているはず。
家族も「おとうちゃんはうまい!」と
ほめているんですよ!きっと。

村一番の歌い手ですよ!たぶん。



田植えです。

ひと通り田ごしらえがあります。
blog65.jpg

畔切りや畔塗りなど細かい芸に感心!
ま!それは
ひとり田んぼの隅で
すねて幼少期を送った私くらいしか
感心しないでしょうけど。

種もみをまいて。
blog66.jpg

直まき!?
苗代作り?!
かと思ったら
なんと!種もみをまいた田に牛?!
blog67.jpg

この神事にそんなに厳格さを
要求することもないでしょうね!はは。

牛が大暴れするので注意するように
アナウンスがありましたが。
先日の
広瀬神社(拙ブログ 2018/02/13)のような
境内中の大騒ぎは全然ありません。
blog68.jpg

牛が大暴れするほど
豊年が約束されるのだそうな。

田植えをして!おしまい。
blog69.jpg

早苗はやっぱり松の枝でした。

神事の最後は御供(ごく)まきですか。
blog70.jpg

ひとつも拾えやしない。



池神社に向かいます。

近鉄・田原本駅前の
「観光ステーション」のおね~さんが
1 時間遅れで池神社でも
「お田植え」をするといっていたから。

もう終わっていました。
blog71.jpg

ん!?
blog73.jpg

田んぼ(!)だったところに
ロウバイ(蝋梅)が 1 輪?!

灯篭にミミズクがなん羽か彫られています。
blog72.jpg

そこには
「法貴寺」と
「天満宮」が刻まれていました。
blog74.jpg

ミステリーが深い。
後日!ゆっくり訪ねてみたいもの。



先ほどの鏡作神社を経由して帰ります。
blog76.jpg

もう静かです。
人がいなくなっています。

あ!鏡作神社は神社なのに
鐘楼があるんですね。
blog75.jpg

これは!?
blog77.jpg

御供(ごく)まきの
お菓子じゃないですか!?

落としたのでしょうか。
忘れたのでしょうか。
どうしましょう。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感