So-net無料ブログ作成

広橋梅林 こんにゃく買えず [野道!山道!恋はけもの道!]

広橋城跡には小さな祠(ほこら)の
高峯稲荷神社があるだけ。
blog61.jpg

中世の南北朝時代の騒動やら
江戸末期の天誅組のはかりごとやら
歴史が見え隠れしています。

でも!だれもやってきません。

今日は広橋梅林にやってきたのです。
一番高い場所と思われるところに
きてみたのですが。

広橋梅林は
奈良県の三大梅林のひとつだそうですが
この花の季節
近鉄・下市口駅前から出ている
路線バスに乗ったのは私ともうひとりの男性だけ。

途中から中年の男女が乗車しました。
広橋梅林で降りたのは私だけ。
みなさん!通り過ぎて行きました。

他の三大梅林の「月ヶ瀬」は
売店や食べるところには不自由しません。
花の季節だけですが。

「賀名生(あのう)」は
「月ヶ瀬」ほど俗化していませんが
いくつかの食べるところがあり
道の脇で野菜などが売られています。



ともかく!
梅の咲いているところまで下りましょう。

急坂をころがり降りると
高野槇(こうやまき)!?
blog62.jpg

高野槇の林です。
大和や紀州では珍しくない樹木ですが
この里にはあちこちで見られました。

実の生産の種類ばかりでしょうか
白い梅花の中を進みます。
blog63.jpg

バスを降りた峠まで降りてきました。

「梅茶屋 ひろはし」がありました。
blog64.jpg

25ha といわれているこの広大な梅林で
唯一オープンしていた茶店でした。
このときは開店前でおばちゃんは忙しく
相手にしてもらえませんでしたが。



どこまでも急斜面の小道を
トラバースしながら下って行きます。
blog65.jpg

あ!人だ!こどもだ!
blog66.jpg

人形でしたか。

屋根つきの休憩所。
梅林には思ったよりたくさん
イスやテーブルやトイレがありますが
里人も観光客もいませんね。

梅畑が谷底に落ちている急斜面に
木橋の遊歩道。
blog67.jpg

ああ!ここがマップにあった
「梅のトンネル」でしたか。
blog68.jpg

下りがあれば上りあり!?急な階段!
blog69.jpg

ふり返れば先ほどの木製の道。
blog70.jpg

この急斜面で梅の生産ばかりではなく
野菜も作っているんですね。
さぞ!水はけはいいことでしょうけど
大根を引き抜いたとたん
大根といっしょにおじいさんが
谷底にころがり落ちてしまいませんか。



この里に 5,000 本ばかり梅の木があるそうな。

下ばかり見て歩いていましたが
上からは花に見られているのですね。
blog72.jpg

いくつかの色の花があるそうですが
花梅は少なく「白」が多いような。

花の中なのに
ひとり!だれにも会わずに歩いていると
心に「虚無」のダークマターが広がります。

只吟可臥梅花月
  ただ ぎんじてふすべし ばいかのつき

成仏生天惣是虚
  じょうぶつしょうてん すべて これきょ

ただただ酔ってひっくり返っていたらいい。
たとえ来世に仏に生まれ変わっても
そこも虚無の世界に違いないもの。

16 世紀の閑吟集の歌のとおりのような。

野山ではなく
耕作地ですから!
blog71.jpg

野山でも地主の許可はいるでしょうけど。



建てものが集まって!
くるまの騒音のかまびすしいところまで
降りてきました。
blog73.jpg

手前はホテルですか。
「秋津荘」!?


藤原審爾の「秋津温泉」の「秋津荘」?!
ではないですね。
「下市温泉」だそうな。

昨夜!夜中に書棚が大雪崩を起こし
その中に文庫本の「秋津温泉」があったのが
妙に印象に残っていたので驚くじゃないですか。

小説の舞台は
奥津温泉の「大釣荘」や「河鹿園」でした。
17 年間のだらしない(?)愛欲を描いた小説。

全然好きなはなしではありません。
「愛欲」は好きですが
行きずりに近い恋ばかりしている身は
だらだらした恋の経験がありません。



向こうの大きな工場みたいな建てものは
「こんにゃく」を製造しているところでしょうか。

直売所がありました。
blog74.jpg

規格外の「訳あり」のこんにゃくが 300 円!
blog75.jpg

1kg もありますが。
いいじゃないですか!
味はおんなじだし。
買いましょう!重いので帰るときに。

見るべきものもない集落を散策していたら
把握していない時間の路線バスがきています。

1 日になん本もないバスです!
待ってくださ~い!乗せて~!

こんにゃくを買わずに帰ってしまいました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理