So-net無料ブログ作成

淀の河津桜 [解語の枯れ尾花]

淀城の外堀だったのでしょうか
淀城跡(京都市伏見区)を中心に
弧を描いているような水路があるのですが。

宇治川から取り込んだ水を
桂川に流しているような。
その宇治川の取水がよく分かりません。

宇治川の堤の内側にT字路の水路があります。
どこからきた水がどこへ流れているのか!
これまた!よく分かりません。
blog21.jpg

ふたりの老人が釣りをしています。
大川からきた水だから
魚がいるのかも知れません。

梅が満開です。

ともかく遊歩道があるほう!南西へ進みます。

ピンクの色が浮かんできて明るくなりました。
blog22.jpg

水路の両岸の桜が咲いています。
blog23.jpg

カワヅザクラ(河津桜)ですね。
最近!桜の名所になりつつある
「淀緑地の河津桜」ですね。
blog24.jpg

桜の木が若い。
平成 14 年(2002)に
まず 2 本の苗が植えられたのだそうな。
blog25.jpg

1 番古い樹齢が 15 年そこそこですか。



カワヅザクラは
先日(拙ブログ 2017/03/12
神戸市の灘浜緑地でも咲いていたような。
私の散歩道の長居公園にもあります。
植栽が増えてきています。

ソメイヨシノ(染井吉野)に似てハデなので
見ごたえがあるのですね。
そもそも近縁なんですね。
片方の親がともにオオシマ(大島桜)らしい。

しかし!ソメイヨシノのもう片方の親は
エドヒガン(江戸彼岸)ですが
カワヅザクラはカンヒザクラ(寒緋桜)なので
ソメイヨシノより桃色がうんと濃く
いいじゃないですか。
blog26.jpg

花はいいのですが季節がね。
早い。
まだ寒い。

ソメイヨシノが日本を席巻したのは
花どきが合っていたのかも。
花の季節と
貧乏人でもおにぎりのひとつでも持って
どこかへ行きたくなる気温と一致しているのかも。



菜の花とのコラボもすてきですが!
blog27.jpg

いくつか咲いていますが
ほとんど花芽を食べられています。

鳥の仕業ですね。

この日はメジロもウグイスもいませんでしたが
他の鳥の盗蜜の現場は目撃!
blog28.jpg

盗蜜は日本の鳥の世界の文化になって久しい。
blog29.jpg

困ったもの(?)ですね。

淀緑地のうち 1km ばかりに
200 本を越えるカワヅザクラが咲いていました。
blog30.jpg

恋人同士の散策なら楽しいのですが。
blog31.jpg

暖かい日を選んでお弁当を持参しましょう。
簡易トイレもあります。



京阪・淀駅に向かいます。

ん?!
blog32.jpg

梅林!?
街の中に梅の花が咲いています。
実梅の花ですか。

梅の花の向こうは淀城跡の石垣。
blog33.jpg

まだ春の気配はありません。

京都競馬場にレースがあれば
入場してランチにするのですが。
blog34.jpg

今日の場内のレストランの多くは
営業していないでしょう。

ソメイヨシノの咲くころに
また!途中下車してみます。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感