So-net無料ブログ作成

のとキリシマツツジ なぜか明石原人 [解語の枯れ尾花]

ツツジ!?
blog41.jpg

「のとキリシマツツジ展」が
長居植物園(大阪市東住吉区)で
開催(2017/03/07 ~ 12)されていました。

寒のもどりか
寒い風の吹く大阪で満開です。
花期は初夏でしょうけど
この展示に合わせて開花させているのですか。

「のとキリシマツツジ」とは!?
浅学なものは聞いたこともありません。
だいたい!ツツジもサツキもアザレアも
区別をつけずに暮らしています。

物集高量(もずめたかかず)が
好色な武帝の逸話から
「ツツジ」は「躑躅」と書くといっていますが
それは日本だけの表現で
漢字のホンバの大陸では「杜鵑」と書くらしい。
「つーちぇん」と読めば
「ツツジ」に変化するかも。
「杜鵑」は日本では「ホトトギス」かな。



キリシマ(ツツジ)も
ミヤマキリシマ(ツツジ)も
おんなじものかと思っていたのですが
調べれば!
ま!メンドくさいのであんまり調べませんがね!
まったく違うもののようです。

昔から私の周囲では
サツキを育てている人ばかりでしたが
ツツジもすごい!きれいです。

「のとキリシマツツジ」は常緑ですね。
その緑色の葉を隠してしまうほどの
花をつけていました。
blog42.jpg

能登半島には
樹齢 100 年を越える古木が
500 本以上現存しているそうな。



横の自然史博物館の前で
ナガスクジラとマッコウクジラが泳いでいます。
blog43.jpg

久しぶりにお勉強(するふりを)しに入館。

特大なスカラベ(糞ころがし)がいます!?
blog44.jpg

10 倍にした模型ですか!驚かさないで。
前の箱にいるのがホンモノ!?

アカシゾウ(アケボノゾウ)(左側)がいました。
blog45.jpg

小さいですね。
これはちぢめて作っている!?
そんな訳ではないですよね。
標準的な体長が 2m ほど。
blog46.jpg

アカシゾウとは明石の象?!
明石海峡や西八木海岸では
古来から!今も!
たくさんの化石が出てきているとか。

人の腰骨も出ているんですね。
明石原人でしたね。

昭和 6 年(1931)4 月 18 日の夕刻
崩壊土から少し出ていたもの!
人の骨!?
直良信夫(なおらのぶお)の直感が
「明石原人の発見」です。



長居植物園に
明石植物群のエリアがありました。
blog47.jpg

アカシゾウや明石原人は
こんな森で生きていたのでしょうか。
あ?!
いっしょに生きていたのじゃなかったですか。
アカシゾウと原人とは
ときの隔たりが大きかったような。
100 ~ 200 万年くらい?!

明石原人は幻の原人になってしまいました。

腰骨の化石は
昭和 20 年(1945) 5 月 25 日
アメリカの爆撃で消えました。
現在!人骨は
モノクロの写真しか残っていません。

北京原人とおなじころの原人説。
ネアンデルタール人のころの旧人説!
ずいぶん新しい!
1 万年前にもさかのぼらない縄文人説!と
いろいろあるようですが
ブツが残っていたら
たぶん!判別できる世になっているのに。

明石海岸の環境では
いや!日本の土壌・風土では
もう!なかなか骨は出ないでしょうね。

でも最近!
旧人の生活の痕跡は見つかったようですが。
だれか!なにかは住んでいたのでしょう。

私も 2、3 度
海岸沿いを歩いたことがありましたが。
でも!歩くことに疲れて
そんな学問的な思いはなくとぼとぼでしたね。



ときの流れが重い。
ヒトの!特に!私の一生は軽い。

なんか!気が遠くなってきて、、、!
無能なままの短い残された日々に戦慄が走り、、、!
うちひしがれて!
昼休みもとっくに過ぎているので!
帰ります。

まだ!梅林には花があります。
blog48.jpg

カメラの三脚も迷惑千万ですが
写生のキャンバスの厚顔にも
おなじくらい興奮させられますね。

うちひしがれていた心が起きあがりますぞ!
自分が図々しいのに
図々しいヤツにはむかっ腹が立つんです。



(講談社/園芸大百科事典/)
(物集高量著/百三歳。本日も晴天なり/)
(直良三樹子著/見果てぬ夢「明石原人」/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感