So-net無料ブログ作成

岡本梅林 保久良梅林 [解語の枯れ尾花]

神戸市東灘区の岡本梅林(岡本公園)の春。
blog31.jpg

昭和 57 年(1982)から整備された
新しい梅林ですが
十分!観梅ができるまでになりました。
blog32.jpg

六甲山の急斜面のこのあたり一帯
大正末期までは
梅の名所だったようです。
blog33.jpg

先の大戦の終わったころには
消滅してしまっていたのですね。

梅の花びらを浴びながら
「岡本梅まつり」の主催者から
甘酒のふるまいを受けました。
blog34.jpg

200 本近くの梅が開花しています。
blog35.jpg

見晴らしのいい梅林です。



ゆるやかに上れば岡本八幡神社。
blog36.jpg

なぜか!しゃもじが並んでいますが。
たぶん!絵馬なんでしょう。



観梅の人たちはさらに坂道を上って行きます。
blog37.jpg

保久良(ほくら)梅林に行くのです。
急坂ですが
舗装された幅員のある道です。

まだ冬の樹々が高い。

直登しましょう。
ぞろぞろ歩くのは面白くありません。
でも!距離は短いのですが
岩だらけの歩きにくいさらに急な小道かな。
blog38.jpg

下のほうは冬姿の葉っぱのない明るい雑木林
やがて常緑の照葉樹林です。
上るにつれて薄暗くなります。

“いたずらしないでね”

「そりゃ!こっちのいうせりふでしょ!」
「それより!無茶苦茶しんどい道じゃないの!」

突然明るくなり!上方にピンクの色が!
blog39.jpg

保久良梅林ですね。

手前の急斜面は開墾して
梅の苗木を植えたばかりのようです。

岡本梅林の復活に
昭和 50 年(1975)
まず!こちらに植樹を始めたらしい。
blog40.jpg

アラフォー(around 40)のおね~さんくらいな
年齢の梅林ですか。
blog41.jpg

おね~さんならピークは過ぎていますが
梅林はこれからでしょう。

「よけいなおせわよ」

ここには俗っぽいものがなにもありません。
梅の花だけで!
いいような!面白くないような。



保久良神社に寄ります。
そちらにトイレがありますよ。

「早く行こう!」

やっぱり!?
いえ!なんでもありません。

日ごろ!平均年齢の
すごく高い人ばかり連れて歩いていると
よく気がつくようになるのです。

日陰で可哀そう。
blog42.jpg

本殿の前に紅白の梅が咲いていました。

でも!清楚ですね!
まるで私の人生のようです。

「どうして!いいほうにばかり着くの!」

鳥居の前に
「灘の一ツ(ひとつ)火」という
昔の灯台があります。
blog43.jpg

天気晴朗なれど
海はかすんでいます。

春なれや 名もなき海の うすがすみ

「名もなきというより!」
「有名な大阪湾!神戸港じゃないの?」

それを「名もなき」というのが「句」です。
エラいでしょ。

「別に~!」

芭蕉の句の

春なれや 名もなき山の 薄霞

のパクリですけどね。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感