So-net無料ブログ作成

背割堤 さくらであい館 [猫も歩けば棒立ち]

背割堤(せわりてい)です。
blog81.jpg

詳しくいえば
「淀川河川公園背割堤地区」です。

京都府八幡市の北
三川が合流して淀川になるところ。
三川は北から桂川!宇治川!木津川!
その宇治川と
木津川が並行して流れる境界の堤。

三川がいきなりどんと 1 か所で合流すれば
洪水時には
どか~んとエネルギーが暴走するから
だましだまし(!)並行させてから
仲良くさせるように改修されているようです。

さらに桂川も
おなじようにしばらく並行しています。

京阪電車に乗っていたら
「淀川三川春フェスタ」(2017/03/25・26)の
アナウンスがありました。
blog82.jpg

「桜」の花びらが舞うフェスタですね。
さっそく訪ねたのに!
歩いても歩いても 1 輪の花もありません。
blog83.jpg

全長 1.4km に
ソメイヨシノが 250 本あるそうな。
堤の上の道の両側に植えられているので
だいたい 10m 間隔といったところ。

植栽されてわずか 30 数年というのに
みごとな成長ぶりです。

幹に A4 のクリアブックをおいてみると。
blog84.jpg

こんな大木ばかり。
ちなみに向こうの山は天王山です。

どこまで行っても咲いていませんね。
blog85.jpg

背割堤の剣先。
blog86.jpg

ここから下流は葦の河原。



堤の南側を引き返します。

もぐらは春を知っていますね。
blog87.jpg

たんぽぽは花盛り。
blog88.jpg

わぁ!
blog89.jpg

カンサイタンポポじゃないですか。
すごい!

でも!ひときわ花茎が長く
花が大きいのはセイヨウタンポポ!
まだ数は少ないものの!侵入していますね。
やがて!交雑し!
カンサイタンポポは消える運命なのでしょうか。



給水車と流し台があります。
blog90.jpg

「三川であいマルシェ」(2017/03/25・26)だそうな。
blog91.jpg

50 を越える
おいしいもののブースがありましたが。
春とはいえど
わが懐中は堤のソメイヨシノのように
暖かい色は毫(ごう)もありませぬ。

あら!バケツ 1 杯のくだものが 500 円!
blog92.jpg

りんごを衝動買いしました。
これをひとつふたつかじってランチにします。

そのときにはすごく安価に感じたのですが
250g ほどのりんごが 12 個!
安かったのか!高かったのか。
背負って歩くと!けっこう重い。



「さくらであい館」がオープンしていました。
blog93.jpg

国土交通省なんかが
7 億円もかけて建設したそうな。
電波塔でもなければ火の見櫓でもなさそう。
大阪でいえば通天閣のように
ただ高いだけの塔のようですが。

早速!上がらせてもらい
春浅いものの 360 度のパノラマを観ましょう。

ストップ!
制止されました。
いかにもエリート臭さを鼻にかけた
黒い服の男女に。

私はあまりにも風体が怪しいですからね。

でもね!
なんだよ~!?
展望台には
けっこう怪しいおばちゃんやじいさんたちが
うようよいるじゃないか!
blog94.jpg

どうも!
あの連中は特権階級の人たちらしい。

そっか!「公」を「私」と扱える人に
さいわいあれ。

今 1 度日本は
がらがらぽん!しなければならないような。
いやだけど
戦争か革命かで焦土と化すことが必要なのかも。
それで永久に解決する訳でもないでしょうけどね。
50 年に 1 度は
がらがらぽん!がよく似合う国のような。

まぁいい!
しっぽを巻いて逃げることには慣れていますぞ。
ここより高い男山に自分の足で上って
りんごをかじりながら
比叡山でも望みましょうか。
コメント(0) 

高取 町家のひなめぐり 2017 [町道!街道!眠り未だ足らず]

奈良県高取町です。
「町家のひなめぐり」(2017/03/01 ~ 31)です。
blog01.jpg

毎年 3 月中開催されているような。
それぞれの思い出のあるおひなさまを
それぞれの家の
いろんなところに飾っています。

背伸びして見せてもらいます。
blog02.jpg

足元におわします。
blog03.jpg

参加している町家は 94 を数えます。
町家とひと口でいうものの
店舗や寺院や役場や消防署や近鉄の駅や
屋外の広場や道の脇や、、、!
町中のあちこちに展示してあります。

特大のおひなさま。
blog04.jpg

小さくて可愛いもの。
blog05.jpg

西洋風なもの。
blog06.jpg

新しい段飾り。
blog07.jpg

一閑(いっかん)張りで作られているそうな。
blog08.jpg

和紙と柿渋でとても丈夫なものができています。

わぁ!土人形!
blog09.jpg

私にはちょっとだけ懐かしい。

掛け軸のおひなさま。
blog10.jpg

明治時代のものだそうな。



いくつかの展示にはその思い出!
思い入れの書かれた色紙が添えられています。

私には桃の節句にも端午の節句にも
思い出も思い入れもありません。

「オカマだから!?」

失敬な。
おフランス人(?)だからですよ。
おね~さんのひな人形は?!

「小さなガラスケース入りのがあるけど」

来年にはそれでお祭りしましょう。

「出して見たくもないよ」
「それにしても」
「もう 4 月になるのに遅いのでは?!」

そうでもないと思います。

そもそも旧暦の行事を
新暦でするから無理があるのでしょう。
まだ 2 月でしょ!旧暦では。
寒い!

今年の旧暦の 3 月 3 日は新暦では 3 月30 日!
ことほどさように
明治以降は日本全国あちこちで
4 月の 3 日とか 4 日に
桃の節句を祝ってきたはずです。

「それはオカマの日じゃないの?!」
「カルーセル麻紀なんかがいっていたよね」

昭和 22 年(1947)4 月 4 日
高松宮の日記を見ると
おひなさまを見せるために
「アメリカの赤十字関係者」約 40 人を
招いています。

皇族でも
4 月にひな飾りをしているじゃないですか。



菜の花や 空たれさがり、、、!
blog11.jpg

「最後までいいなさい」

とっさの思いつきですから。
いってもいいですけど!笑うでしょ!

菜の花や 空たれさがり 乳首立つ

「ヘンタイ!」

だからいいたくなかったのに。
今日のおね~さんのバストの位置が
いつになく高いもので。

ここはメイン会場の雛の里親館。
blog12.jpg

山城の高取城をトップにして
城下町を表しているようです。

「町家のひなめぐり」の中心は
山の上の城に向かって
ゆるやかに上る土佐街道沿いです。
blog13.jpg

土佐街道の「土佐」とは
6 世紀の初頭!
土佐から労役のために連れてこられた人たちが
帰れないで住み着いた集落だからだそうですよ。

仏教が伝来していたかどうか
分からないほどの大昔。
すごいですね。

それからずっと
「土佐」の「アイデンティティ」を
共用して暮らしているとは。



城代家老の役宅だった植村家長屋門。
blog14.jpg

このあたりまでくる観光客は少ないですね。
まだまだ「おひなさま」の展示はあるのに。

これ!おひなさまですか!
blog15.jpg

今年の干支の「酉雛(とりびな)」だと
おばあさん 3 人組がいいます。

おばあさんたちが素朴なものを売っていました。
買いました。
blog16.jpg

重いよ~!
60cm ほどの椎茸の榾木(ほだぎ)300 円。
1kg を越えている水菜は 100 円。

ここは「くすりの町」ですから
大和当帰(とうき)の
ティーバッグをもらいました。
blog17.jpg

婦人病に効くそうな。
さっそく!いただかねば。

「あなたは飲まなくてもいいの!」



この日の
アラフォー(around 40)のおね~さんの作句。

菜の花に 抱かれし恋が 遠くなる

春おぼろ 土佐街道の 後庭花(こうていか)

拙句は。

菜の花や 空たれさがり 人は逝く

「乳首から離れても!寂しいのね」

寂しいのは「後庭花」のほうでしょう。
じゃ!

菜の花や 空たれさがり 迷ひ道

「どうしてもたれさがらせたいのね」

「おひなさま」も詠んだのですが
脳に春霞が漂っていて隠してしまいました。



(高松宮宜仁親王著/高松宮日記/参照)
(敬称略)
コメント(0) 

安倍総理がんばれ 鬼の霍乱じゃぁ! [蛇足ながら]

鬼の霍乱(かくらん)じゃぁ!

喉(のど)が灼熱地獄!
咳(せき)がポンポン船のように止まらず
鼻水 1 斗!鼻呼吸ができません。

風邪ですか。

風邪なら
歯磨きとうがいをくりかえせば
たいてい治っていたのですが
しつこい!

しからば!
熱い湯に入浴して
垢(あか)と悪いたたりをこすり流し
ビタミンCを食べるほど C.C.Lemon で服用し
寝ました。

これが私の風邪撃退法ですが。
今までこれで大丈夫でしたが。

それから!幾時間か!
ようやく!症状があらかた消えました。
ひと月ばかり寝ていたような気がしますが
丸 2 日死んで(?)いただけですか。



ブログを書かねばなりません。
毎日書く義務もないのですが
人生で他に
自分に律していることがないものですから。

先日!酒蔵の黒く大きな軒が連なる中を
歩いていましたが。

「安倍総理!がんばれ!」の
雄叫びがあるほうに行けば
人が群がっている
コンビニのファミマがありました。

酒粕のソフトクリームを
100 円で売っていました。
食べ放題みたい。
横の酒蔵は自由に見学できるとか。

体育館ほどのがらんとした空間に
壊れた桶とか!わずかな道具があるだけで
酒造りは遠の昔に終えているようです。

それをブログに書きましょう。

ん?!
画像がない!
いつ!どこの酒蔵に行ったのやら。

夢だったのでしょうか。
まだ!覚め切っていないのでしょうか。
夢とうつつの間をさまよっているようです。



最近!ホントに行ったのはどこ?!
そうだ!
お雛さまを見に行ってから倒れたのかな。
blog001.jpg

奈良県高取町の土佐街道。

そうそう!あのとき!
俳句!というより
ただの「五七五」を 20 ばかり作りましたが。
あれをブログに書きましょうか。

ああ!まったく!覚えていません。
作った「五七五」のひとつも。
それも夢かうつつか!頼りないこと。

ウエストが立派な!
あ!失礼!バストが立派な!
おね~さんのバストばっかり詠んだような。
不謹慎ですから忘れてもいいのかも。



ああ!今日(2017/03/23)の報道は
「安倍総理!がんばれ!」で有名になった
「森友学園問題の証人喚問」一色ですね!

国会の証人喚問の中継を少しだけ視聴。

そのTVを見るかぎり
問うほうも問われるほうも
悪そうなお顔(失礼!)の人たちが
そろっていますね。

もっとも!政治家は与党も野党も
国会議員から村会議員まで!
それに連なる役人!
傀儡(かいらい)したり!利用しようとすり寄る人!
みんな「悪人」とみなすのが
私の基本スタンスですが。

ま!この複雑な社会の中で
「必要悪」でしょうけど。
かれらはたぶん
「必要悪」と自覚していませんね。

無教養の足軽が
どさくさに紛れてお山の大将になって
王さま気取りで
威張っているような顔の代議士ばかり。

謙虚に行動してもらいたいものです。



「安倍総理!がんばれ!」の小学校の
「生徒」募集ポスター。
blog002.jpg

なんか違和感がありますね。

いっぱいある変なところは
自称・有識者が指摘していますが
これはだれもいいませんが
私にはひとつ引っかかることがあります。

「生徒」とは
中学校・高等学校で勉学する人のこと。
小学校は「児童」と呼ぶんではないですか。

「教育」に縁遠いところにいるものは
妙に気になりますが。

もし!そうなら
この辺の基本的なことも
認識のない自称・教育者がいるんですか。

それとも!現代の日本語や法律は
「生徒」になっているのでしょうか。



ま!不謹慎な発言の数々
風邪で死にかけて
頭の中!ゆだっていますので
ご容赦を。



(敬称略)
コメント(0) 

明太子食べ放題 さち福や [たべほ!ブフェ!バイキング!]

「ここが大力食堂!?」
blog51.jpg

そ!
ピザの斜塔みたいな大盛りのかつ丼の店。

「ピザ!?ピサでしょ」
「食べる?!」

おね~さんだけどうぞ。
私は 1 度トライして!ダウンしています。

阪神甲子園球場です。
blog52.jpg

ダイエーのフードコートでランチにしませんか。
あ!ダイエーがない?!
イオンかぁ!
イオン甲子園になっています。
栄枯盛衰!世のならい。

「ミスド(ミスタードーナツ)にビュッフェ?!」
blog53.jpg

最近行っているようですよ。
ドリンクをガバガバ飲んで
10 個も食べればモトが取れるんじゃない!?

おね~さんは
美容のことを考えて(知らんけど!)スルー。



ららぽーと 甲子園のフードコートへ。

パン食べ放題の「BAQET」!
辛子明太子食べ放題の「天麩羅 えびのや」!
食べ放題の店舗がたくさん。

「羽釜!?」
blog54.jpg

さすが!アラフォー(around 40)ともなると
よく知っていますね。

最近!野営(キャンプともいいますけどね)で
こんな釜でごはんを炊かせると
水加減も加熱の方法も分からない人が
多いのですよね。

「私も知らないよ!ヤングやから」

最近の若ものはヤングと自称しませんよ。

ここは「釜戸ごはん さち福や」ですか。

「かまどはこんな字を書くのかぁ」

あんまり見ませんけどね。



「かまどで炊いたごはんを食べたい!」

ヤングとはほど遠い!
古風な舌をお持ちのようで。

私は
「名物お母さんの煮鯖とやわらか大根煮の定食」を。
名前が 1 番長い(たぶん!)けど
1 番安い定食です。
blog55.jpg

これで 930 円(税抜き)!?

でも!
お惣菜や野菜サラダやソフトドリンクや
辛子明太子は食べ放題!
blog56.jpg

エがったぁ!
あのサバだけで
あの値段なら暴れますぞ。

辛子明太子!食べるよ~!根性入れて。

塩辛いのでごはんがすぐなくなりましたが
お代わりができました。
blog57.jpg

ご親切にもてんこ盛りに盛ってくれました。
ふ~!
ちなみに味噌汁もお代わりできるそうです。



脂肪太りの大きなおなかを
さらに大きくして
改修されて!きれいに大きくなった
阪神・甲子園駅に向かいます。
blog58.jpg

ひえ~っ!
大きな缶ビール!

「なんで!こんなところに?!」
「スーパードライの工場があるの!?」

工場はないですけどね。
よく考えたら
だいぶ昔からあったような気もしますけどね。
コメント(0) 

広橋梅林 こんにゃく買えず [野道!山道!恋はけもの道!]

広橋城跡には小さな祠(ほこら)の
高峯稲荷神社があるだけ。
blog61.jpg

中世の南北朝時代の騒動やら
江戸末期の天誅組のはかりごとやら
歴史が見え隠れしています。

でも!だれもやってきません。

今日は広橋梅林にやってきたのです。
一番高い場所と思われるところに
きてみたのですが。

広橋梅林は
奈良県の三大梅林のひとつだそうですが
この花の季節
近鉄・下市口駅前から出ている
路線バスに乗ったのは私ともうひとりの男性だけ。

途中から中年の男女が乗車しました。
広橋梅林で降りたのは私だけ。
みなさん!通り過ぎて行きました。

他の三大梅林の「月ヶ瀬」は
売店や食べるところには不自由しません。
花の季節だけですが。

「賀名生(あのう)」は
「月ヶ瀬」ほど俗化していませんが
いくつかの食べるところがあり
道の脇で野菜などが売られています。



ともかく!
梅の咲いているところまで下りましょう。

急坂をころがり降りると
高野槇(こうやまき)!?
blog62.jpg

高野槇の林です。
大和や紀州では珍しくない樹木ですが
この里にはあちこちで見られました。

実の生産の種類ばかりでしょうか
白い梅花の中を進みます。
blog63.jpg

バスを降りた峠まで降りてきました。

「梅茶屋 ひろはし」がありました。
blog64.jpg

25ha といわれているこの広大な梅林で
唯一オープンしていた茶店でした。
このときは開店前でおばちゃんは忙しく
相手にしてもらえませんでしたが。



どこまでも急斜面の小道を
トラバースしながら下って行きます。
blog65.jpg

あ!人だ!こどもだ!
blog66.jpg

人形でしたか。

屋根つきの休憩所。
梅林には思ったよりたくさん
イスやテーブルやトイレがありますが
里人も観光客もいませんね。

梅畑が谷底に落ちている急斜面に
木橋の遊歩道。
blog67.jpg

ああ!ここがマップにあった
「梅のトンネル」でしたか。
blog68.jpg

下りがあれば上りあり!?急な階段!
blog69.jpg

ふり返れば先ほどの木製の道。
blog70.jpg

この急斜面で梅の生産ばかりではなく
野菜も作っているんですね。
さぞ!水はけはいいことでしょうけど
大根を引き抜いたとたん
大根といっしょにおじいさんが
谷底にころがり落ちてしまいませんか。



この里に 5,000 本ばかり梅の木があるそうな。

下ばかり見て歩いていましたが
上からは花に見られているのですね。
blog72.jpg

いくつかの色の花があるそうですが
花梅は少なく「白」が多いような。

花の中なのに
ひとり!だれにも会わずに歩いていると
心に「虚無」のダークマターが広がります。

只吟可臥梅花月
  ただ ぎんじてふすべし ばいかのつき

成仏生天惣是虚
  じょうぶつしょうてん すべて これきょ

ただただ酔ってひっくり返っていたらいい。
たとえ来世に仏に生まれ変わっても
そこも虚無の世界に違いないもの。

16 世紀の閑吟集の歌のとおりのような。

野山ではなく
耕作地ですから!
blog71.jpg

野山でも地主の許可はいるでしょうけど。



建てものが集まって!
くるまの騒音のかまびすしいところまで
降りてきました。
blog73.jpg

手前はホテルですか。
「秋津荘」!?


藤原審爾の「秋津温泉」の「秋津荘」?!
ではないですね。
「下市温泉」だそうな。

昨夜!夜中に書棚が大雪崩を起こし
その中に文庫本の「秋津温泉」があったのが
妙に印象に残っていたので驚くじゃないですか。

小説の舞台は
奥津温泉の「大釣荘」や「河鹿園」でした。
17 年間のだらしない(?)愛欲を描いた小説。

全然好きなはなしではありません。
「愛欲」は好きですが
行きずりに近い恋ばかりしている身は
だらだらした恋の経験がありません。



向こうの大きな工場みたいな建てものは
「こんにゃく」を製造しているところでしょうか。

直売所がありました。
blog74.jpg

規格外の「訳あり」のこんにゃくが 300 円!
blog75.jpg

1kg もありますが。
いいじゃないですか!
味はおんなじだし。
買いましょう!重いので帰るときに。

見るべきものもない集落を散策していたら
把握していない時間の路線バスがきています。

1 日になん本もないバスです!
待ってくださ~い!乗せて~!

こんにゃくを買わずに帰ってしまいました。



(敬称略)
コメント(0)