So-net無料ブログ作成

豚の天ぷら定食 巨椋池の蓮 [食い逃げ未遂]

大阪中央環状線と名づけられていますが
このあたり郊外でも商店街でもない道の
傍(はた)にぽつんとある飲食店。
blog51.jpg

大阪市鶴見区です。
「揚げたて天ぷら マルニ」とあります。
なんだか新しそうな店舗。

税込み 680 円から
1,000 円までの定食があります。

「豚の天ぷら定食」(880 円)!?
世間に拗(す)ねて生きているせいか
私はあまり聞かない定食をいただきます。
blog52.jpg

鶏卵と野菜のてんぷらと
豚肉のてんぷらは 3 枚!

香のものは卓上にあります。
blog53.jpg

漬けもの好きにはうれしいですね。
こんなにあれば
てんぷらがなくても
ごはんを食べられます。はは。

みんな「てんつゆ」でいただきましたが
希望すれば
ウスターソースもあるんですね。
blog54.jpg

なるほど。

伊丹十三は裏日本の宿屋で
てんぷらを注文したら
「てんつゆ」はなく
「(ウスター)ソース」が出てきたそうな。

立腹して
「田舎の洋食」だとこきおろしています。

いろんな食べ方があってもいいのでは。
他人の嗜好を認めないほうが
田舎もんだと思う私は
田舎もんかも知れませんが。



店舗の向こうに
「いのちの塔」のトップが見えます。
隣は「花博記念公園鶴見緑地」でしたか。

「いのちの塔」を目指して歩きます。
blog55.jpg

入り口の標識が
もう 30 年近く立っています。
blog56.jpg

塔もありますが閉鎖して久しい。
blog57.jpg

なんとかしなさい。

塔の西に
睡蓮(すいれん)が咲いています。
blog58.jpg

「咲くやこの花館」の大温室の前の池。

「咲くやこの花館」で
「花蓮と睡蓮・水生植物展2019」
開催中(2019/06/15 ~ 07/21)でした。
blog59.jpg

雨ですが正午ともなれば
蓮の花は閉じるのでしょうか。

いや!もう展示品の花は
時期が過ぎているのでしょうね。
花数の少ないこと。

巨椋池(おぐらいけ)品種も
15 ばかり展示されていました。

巨椋の輝。
blog60巨椋の輝.jpg

巨椋の白鳥。
blog61巨椋の白鳥.jpg

巨椋大黒。
blog62巨椋大黒.jpg

今はない巨椋池!
蓮に名前を残しているんですか。

可愛い!
blog63.jpg

小さくても趣のある花。
blog64.jpg

「ガガブタ」!?
もっと可愛い名にしてあげて。



温室を通って帰ります。

どこからきたのか!
温室内にキジバトがいました。
blog65.jpg

ドバトのように厚かましくもなく。



(伊丹十三著/女たちよ!/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。