So-net無料ブログ作成

芋けんぴ 芋かりんとう [郷に入ればガタロー]

「こんなん!売ってた」
blog01.jpg

居酒屋のめし炊きおばさんがいいます。

「なにか変ですか?

「“芋かんりんとう”と書いてある!」

「いいじゃないですか。

「これは“芋けんぴ”やろ?!」

「“芋かりんとう”ともいいますよ。

「いわないよ~!」
「初めて聞いたよ」

“けんぴ”“かりんとう”
私の親は両方
あまり深く考えず(?)にいっていたような。

これは鹿児島県のメーカーの品ですね。

たしかにね!
大阪あたりでは“芋けんぴ”ですね。
blog02.jpg

あ!しかし!これは静岡県からきた製品。
芋は九州産!?

西のほうが“芋かりんとう”かな。
いや!高知県からきたものも“芋けんぴ”?!
blog03.jpg

“芋かりんとう”の名称は少ない?!



そもそも“かりんとう“とは
でんぷん質のものを揚げて
砂糖をからめたものじゃないんですか。

でんぷんなら乱暴にいえば
なんでもいいのじゃないですか。

“ピーナッツかりんとう”とありますが
おもな原料は小麦粉ですね。
blog04.jpg

細くてきれいですが!やっぱり小麦粉。
blog05.jpg

細くなくてもいいのです。
blog06.jpg

これは“かりんと”です。
“う”がなくてもいいのです。はは。



「ほんで!どうなの!?」

結論はありませんよ。

“ぜんざい”でも“てんぷら”でも
“きつねうどん”でも“糸こんにゃく”でも
各地で違うでしょ。

似ても似つかぬものだったり。
それでいいのでは。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。