So-net無料ブログ作成

春風や堤長うして家遠し [わが街・大阪ブギウギ]

大川(旧・淀川)に架かる
毛馬橋(けまばし)を
右岸(大阪市北区)から
左岸(都島区)に渡ります。
blog31.jpg

なんとなく卑猥(ひわい)です。あは。

「ももだに(桃谷)から
「しりいけ(尻池)に回って
「けま(毛馬)の
「こうもん(閘門)に行ってんか

みんなこのあたりの地名なんですが
「知らんタクシーの運転手にいったら」
「怒りまっせ」と噺家(はなしか)の
亡き露の五郎兵衛師匠の弁。

地理に疎い運転手がいるとも思えませんが。

この橋は日本最初の連続合成桁橋!
と!説明されたこともありますが
なんのこっちゃ!抹茶に紅茶。

上記のお色気ばかり記憶に残り
橋の構造にも歴史にも
なんの興味のないものには
馬の耳になんとかやら。
すみませんでした。



渡ったらすぐ蕪村公園。
blog32.jpg

もちろん!与謝蕪村を顕彰する公園。
蕪村はこの近くにあった
毛馬村(けまむら)の出身です。

自筆の「春風馬堤曲」が掲示されています。
blog33.jpg

几帳面な字ですね。

これは近代詩だと
(たぶん)写生主義の立場から
正岡子規は賞賛したのですね。

近代詩とは認めるが抒情詩人だと
子規に反論したのは萩原朔太郎でしたか。

いずれにしろ多くの詩人俳人が
高く評価しているようですが。

発句(俳句)と漢詩と漢文体と混合した詩。
詩といっていいのですかねぇ。

詩の内容は
奉公に出ていた少女が「やぶいり」で
うきうきと堤を歩いて帰郷する
心情を詠っています。

これは少女に仮託した
蕪村の「心」だという人ばかり。

「やぶいり」は旧暦の 1 月と 7 月です。
この詩の少女は春の暖かさの中にいます。
蕪村が
現実に遭遇したはなしじゃないのでは。

朔太郎のいうように
蕪村の俳諧の本質の「郷愁」が
作らせた詩(?)のような。



19 か 20 歳のときに故郷を出奔した蕪村は
生涯ただの 1 度も
帰郷したことがないと聞きましたが。

大坂にやってきたり
近所を通過していたり
晩年には京都に住んでいたのに
毛馬村には帰っていません。

中国には望郷の
悲痛の漢詩があまたありますが
それは帰りたくても簡単に帰れないほどの
遠い異国の地でしのんでいるもの。

蕪村の立場とは違うような。



大川の堤を歩けば
ほどなく毛馬閘門(けまこうもん)です。
blog34.jpg

淀川から分流しています。
blog36.jpg

このあたりの水底に
明治の終わりの淀川大改修まで
蕪村の故郷の毛馬村があったそうです。

淀川の堤防上に
「蕪村生誕地」の碑と
「春風馬堤曲」の中から抜いた
「春風や堤長うして家遠し」の
句碑があります。
blog35.jpg

「はるかぜや つつみなごうして、、、」と
読みたい人が多いのですが
五郎兵衛は
「つつみ」じゃなく「どて」と読まないと
大坂(大阪)弁に
そぐわないといっていたような。
そうしたら 7 音になるので
8 音よりは正調かも。

それは私が勝手につけたい(?)りくつ。
「どて」に別の意味を持たせたいのですね。

ももだに!しりいけ!から
どて!
さらに!けま!こうもん!が正しい?!

「毛馬」とは妙?!
でもなんでもなく
淀川のデルタの草木を「毛」と呼んだ!?
そこへ馬の放牧?!

デルタぁ!?
毛~!馬~?!
あらたに妖しげなものが加われば!もう
浅学にして理解不能です。

近いうちに
この方面では人後に落ちない賢姉・大兄に
場末の居酒屋あたりで解説願いましょうか。



淀川左岸をさかのぼります。

河川敷に絵に描いたような整った木が!
blog37.jpg

洪水がなん度も襲う場所なのに。

ふと!ボードレールの詩を思い出しました。

「きみの最愛のものは父か母か

「父も母もないよ

「友か

「そのことばを知らない

「祖国か

「地上いずこにそれがあるか

「美女か

「女神のようにつつましく不死の美女なら

「金か

「ぼくはそいつをにくむ

「そんならきみはなにを愛するのか

「ぼくはあの雲を愛する

そうだ!
蕪村の故郷はあの空の向こうにあるのだ!
なんて阿呆は思います。

現実の故郷に帰っても
あの日の故郷じゃない!
かえってあたためている故郷像が崩れる!
と思ったのじゃないでしょうか。

私もボードレールの詩に同感です。
祖国は!故郷は
胸の中だけで輝いていればいい!
そんな思いで義理を欠いて生きています。

義理を欠くというより
はじかれているのでしょうけど。



赤川鉄橋(淀川橋梁)は
歩行者は渡れなくなっています。
blog38.jpg

あ!そうだ!
渡れなくなる寸前にここにきていましたね。
拙ブログ 2013/09/15

渡るのなら上流の
菅原城北大橋まで行くことになりますか。
blog39.jpg

目をこらすと
赤川鉄橋を
客を乗せた電車が通っています。
blog40.jpg

今まで!といっても 5 年前までは
貨物車と歩行者専用の橋だったのですが。



(ボードレールの詩は)
(堀口大学訳を勝手に縮めています)
(敬称略)
タグ:正岡子規
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。