So-net無料ブログ作成

宇治の新茶 八十八夜の茶摘み [工場見学]

令和元年の八十八夜(2019/05/02)です。
「宇治新茶」
「八十八夜茶摘みの集い」に参加です。

第 1 会場の
宇治茶会館・茶業センターでは
あかねたすきのおね~さんが
出迎えてくれます。
blog51.jpg

ころんでもタダで起きたくない貧乏根性で
今までは(拙ブログ 2016/05/02
ここにくるまでに
どこか歩いてきていましたが
今年は早朝にまっすぐ到着。

ま!横着になっただけですが。

それでいろいろと体験できます。
blog52.jpg

玉露の淹(い)れ方教室に参加。
blog53.jpg

残った茶葉に醤油を振れば!おいしい。
blog54.jpg

水出し玉露は 100 円で飲めます。
blog55水出し玉露.jpg

抹茶の碾(ひ)き臼体験はこどもに人気。
blog56.jpg



茶畑に行きます。
blog57.jpg

寒冷紗の下にもぐって茶摘み体験。
blog58.jpg

みなさん!黙々と摘んでいます。
「茶摘み歌」もありません。

百姓も 麦に取りつく 茶摘み歌

向井去来(1651 ~ 1704)の句。

麦刈りどきの茶摘みとは
どういうことかという考察はさておいて
300 年前に「茶摘み歌」という
民謡か労働歌があったのですね。

永谷宗円(1681 ~ 1778)が
緑茶のすぐれた製法「青製煎茶製法」を
確立して(拙ブログ 2018/07/04
大忙しくなって
大勢の茶畑労働者が生まれて
いろんな歌が歌われたのかも知れません。

去来と時代が少しずれますか。
思いつきで!すみません。



第 2 会場の京都府茶業研究所へ。
blog59.jpg

本館が新しい。

製茶研究棟も最近建てられたのですね。
blog60.jpg

製茶研究棟の製茶工場見学。
blog61.jpg
blog62.jpg
blog63.jpg
blog64.jpg

建てものは新しいのですが
とても古そうな機械も現役です。
blog65.jpg

水出しの碾茶(てんちゃ)は初体験。
blog66.jpg

抹茶のもとになる碾茶を
そのまま飲めるのですか。

玉露に近い味?!
私の頼りない舌ではね。



研究用の畑でまた茶摘み。
blog67.jpg

両畑合わせて結構な量を収穫。
blog68.jpg

ん?!
こんなに摘んではいけなかったのかも。

みなさん!小袋に入れていましたが
それは入り口で渡されたもの!?
私はなぜか受け取っていないので
手持ちの買いもの袋に摘んでいました。

佃煮にしましょうか。

「よしず」に「わら」の被覆の
「本(ほん)ず」栽培も
研究しているのですね。
blog69.jpg

碾茶(てんちゃ)や玉露の覆いも
大昔にすたれた栽培法のほうが
品質がいいのかも。



近道に山肌をすべり降りて
「生長の家」の広大な境内を
横断させてもらい!帰ります。
blog70.jpg

平等院の藤の花房が
1m くらいになっています。
blog71.jpg

ランチどきを過ぎていても
どの飲食店も観光客の長蛇の列。

「肉のはりよし」の
抹茶コロッケ(150 円税抜き)で
ランチとします。
blog72.jpg



(去来の句には勝手に送り仮名を加えました)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。