So-net無料ブログ作成

三輪明神 箸墓 突いたのは箸か矢か [いわなが姫の丑の刻参り]

奈良県桜井市の
三輪明神 大神(おおみわ)神社の拝殿。
blog31三輪明神.jpg

「たまご?!どうして?」
blog32三輪明神.jpg

「巳(み)~さまにお供えですよ。

「え?今年の干支(えと)!巳?」

干支は関係ありません。
白蛇さまへ好物のお供えです。

今は三輪明神と呼ばれていますが
日本書紀では
大物主神(おほものぬしのかみ)かな。

倭迹迹日百襲姫命
(やまとととひももそひめのみこと)の
夫(?)の大物主神は夜だけ姿を現します。

姫は懇願します。
暗くてまだお顔を見たことがありません。
あなたのお姿を拝見したい。

大物主神は承諾。
昼間には
櫛笥(くしげ)の中にいるから見なさい。
ただ!絶対に驚かないこと。

夜が明けて
姫が櫛笥(櫛箱)を開けると
小さな美しい蛇(へび)がいたのです。

驚いた姫が声をあげたら
大物主神は三輪山に帰ってしまいました。

ここの神さまの
仮の姿のひとつは蛇なんです。



山の辺の道を北へたどり
桧原(ひばら)神社へ。

鳥居の向こうに二上山が見えます。
blog34三輪明神.jpg

春分の日や秋分の日には
その二上山の
雄岳と雌岳の間に日が沈みます。
信仰の対象になっていたのかどうか。

二上山に向けてくだります。

井寺池で振り返れば三輪山!
blog35三輪明神.jpg

三輪山を見ながら
桧原神社の前の茶店の
「桧原御休処」で買ってきた
かやくごはんをいただきます。
blog36.jpg

「ホットワインを持参しました。
「香辛料は入れていませんから!どうぞ。
「たくさん飲むとススキの中で
「おしっこをするはめになりますよ。

「そんな人!いたの?」

そんな!おね~さんも 2、3 人いましたが!
おばさんも入れるともっといますが!
いえません!お名前は。



三輪山とこの井寺池とを結んだ先に
箸墓(はしばか)古墳があります。
blog37箸墓古墳.jpg

夫の蛇の姿を見た
「やまとととひももそひめのみこと」が
眠るところです。
blog38箸墓古墳.jpg

日本書紀では「ももそひめ」は
夫が逃げて行ったショックのあまり
腰を抜かしたときに
箸で「ほと」を突いて!
死んだのです。

「ほと」とは女性器でしょう。

だからこの墳長 278m といわれる
巨大な前方後円墳は
「箸墓」と呼ばれているのです。

「えげつな~!

可哀そうと思いなさい。
ま!露骨な直接的な表現ですけどね。

大市墓と書いてあります。
大市は地名です。
宮内庁が管理しています。
「ももそひめ」は
孝霊天皇の皇女!
孝元天皇の妹(姉かも)ですから。

しかし!この時代の最大級の墓が
天皇でも皇后でもない方のものとは!?

宮内庁の治定の問題はさておいて
卑弥呼の墓だから当然だ!と
昔からいわれていたそうです。
それが最近
土器編年や数理文献学等から
否定的な意見が席巻していますが。

まだ分かりません。
炭素 14 測定法などの
いくつかの新しい方法が
試みられるようになり
時代の比定が変化していますから。

なにがなんでも桜井市はここ
纏向(まきむく)遺跡を
邪馬台国だと主張していますけどね。

そもそも魏志倭人伝の伝える
「倭」とはどこからどこまでなんですか。

倭と邪馬台国の関係は!?

邪馬台国を「やまと」と読んだり
「大和」と同義語といったり
我田引水の百家争鳴の評価は。

邪馬台国はない!邪馬壱国だという人も。
「壱(壹)」と書いてあるのに
みんな「台(臺)」の間違いだと
都合のいいように解釈しているという主張。



「そんな時代に箸があったの!?」

日本の 3 世紀には
フォーク代わりのものはともかく
正餐(せいさん)にはなかったかも。
どこかで出土していましたか。

「じゃ!箸で突けないのでは?」

古事記では
時代はさかのぼり神武帝のころ。
美しい娘が
流れの上に造られた便所で
用をたしているのを知り
やはり大物主神が上流から
矢に化身して流れくだり
「ほと」を突いています。

それは「矢」です!箸ではありません。
なんと!娘は死んではいません。
はしょっていえば!後日!妊娠します。
あ!その生まれた娘が
神武天皇の最後の皇后のはず。

ともあれ古事記では箸墓は造れません。

日本書記は 8 世紀の頭の
その時代の風俗や用語で書いたのでは。

藤原不比等が
「箸」で食事をしながら
監修しているような幻想が見えます。

なんとなく古事記のほうが
この件に関しては正確さが上のような。



そんなおバカな考察をしていたら
日が暮れてきました。

急ぎましょう。
ススキの中で
おしっこをしなければならない前に。

「突かれたら!たいへんですよ!

「ヒロインになれるかも」

それには

「美しい人という!
「大前提がありますからね!

「ん?!どういう意味?」

「突かれるより!
「冬眠を中断されて怒った
「蛇にかまれるのが関の山でしょう。
「ま!玉の輿(こし)はあきらめて
「帰って焼酎でも飲みましょうよ!割り勘で。
タグ:古事記
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。