So-net無料ブログ作成

近つ飛鳥風土記の丘から富田林寺内町へ [町道!街道!眠り未だ足らず]

「近つ飛鳥風土記の丘」を散策です。
「ちかつあすかふどきのおか」と
読まねばなりません。
日本語はややこしい。
たとえ!ややこしくても
「奥が深い」と表現して上品ぶりましょう。

古墳が無数にあった
一須賀(いちすか)古墳群。
開発の名のもとに大量に破壊されました。
残った 102 基の古墳を
大阪府が整備して
「近つ飛鳥風土記の丘」と呼んでいます。

いくつか石室がむき出しになっています。
blog01.jpg

「飛鳥」を
「あすか」と読むのも大変ですが。

反正(はんぜい)天皇が
今の大阪府河南町の飛鳥を
近くだから「近つ飛鳥」
遠くの今の奈良県明日香村の飛鳥を
「遠(とお)つ飛鳥」といったのだそうな。

近いか遠いかは
難波(なにわ)から見てそうですが。

たぶん!今までの皇朝が途切れて
応神天皇のとき
ガラリと入れ替わったのでは。

歴史では急に難波に拠点が移ります。
反正天皇は仁徳天皇の子。
仁徳天皇は応神天皇の子。
応神と仁徳は同一人物という説も。

そんな時代の「近つ飛鳥」です。



「近つ飛鳥博物館」に寄ります。
blog02.jpg

入り口がどこだか分かりません。

まぁ!カネをかけて
階段を延々と造っています。

「博物館」なら展示品に力を入れなさい。
こういう穴蔵式の
建設費と維持管理費を
無視した建造物の設計者が
もてはやされるのはどうしてでしょうね。

たぶん!新国立競技場の設計の選定に
大きな顔をしていた人でしょう。

建設費が 2,500 億円なにがしといわれて
わしゃ!知らん!といった人。
1,300 億円の予算のコンペティションなのに。

選んだときに
1,800 億円かかるだろうと思っていたと
後からいっていたそうな。
思っていたのなら選んじゃダメでしょうが。
児戯に等しい行為でも
本人は恥ずかしくはないのでしょうけど
持ち上げる人に罪はないのでしょうか。

まじめに建築に関わっている人が
報われる世にはなりませんね。



博物館の中。
blog03.jpg

こんな山の中に蛸壺(たこつぼ)が。
blog04.jpg

この遺跡のものばかりじゃないのですね。

上に寝たら
埋葬された気分になれるようです。
blog05.jpg

阿呆が気まぐれで立ち寄っても
ムダに時間をつぶすだけ。



大ケ塚寺内町を訪ねます。
高台に古そうな町がありましたが
全体像がつかめません。

大きな寺院。
blog06.jpg

顕証寺ですか。
この寺内町の中心かどうか分かりません。

有名な寺内町のある
近鉄・富田林駅のほうにくだります。

とぼとぼ歩けば「ロバのパン」?!
blog07.jpg

昔の本には散見していたような。
実物は見たことはありません。

「皇帝ダリア」が咲く季節。
私の家の近くの長居植物園では
「キダチダリア」と表示してありますが
「皇帝ダリア」のほうが通りがいいような。

逆光なので振り返って写せば
二上山が見えます。
blog08.jpg

進行方向にはPL教団の大平和祈念塔が。
blog09.jpg

石川を横断します。
あれ?!いつの間にか川下に二上山。
blog10.jpg

大平和祈念塔はどこへ!?
左手にありましたか。
blog11.jpg

方向感覚が狂っています!
今に始まったことでもないですが。



富田林寺内町を歩きます。
blog12.jpg

観光資源になる家並みは
なん年前と変わらず保存されています。
blog13.jpg

新しい店舗や案内所もできていますね。

赤ねこ餅!?
blog14.jpg

「八町茶屋」!
「そば」をひさぐ店ですか。

赤ねこ餅は 300 円(税込)!
blog15.jpg

小麦を炊いて(?)丸めて
黄な粉をまぶしてありました。

形が「にゃんこ」に見えるらしい。
茶色でも黄色でも赤ねこでいいのです。

この食感!嫌いではありません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。