So-net無料ブログ作成

月化粧 多奈川ビオトープ トリュフパスタ [みんなで歩けばこわくない]

今年も某お大尽さまが
ひと山越えて
「まんじゅう」を
ひと口食べに行くといいます。

南海本線・孝子(きょうし)駅に
約束の時間より 1 時間も早く着きました。

孝子駅は遠い。
大阪府の果て!
電車の便が少ないので
行儀のいい私は早め早めに行動します。

お大尽も張り切って(?)
30 分前にきました。

「みんなに声をかけてくれたの?」

「もちろんざんす!
「今年も昨年とおなじく
「3,000 人ばかりに連絡しておきました。

「キミは中国の詩人か!?」
「白髪三千丈とか!?」
「千客万来とか?!数字だけは大きいけど!」

「封書でしたためたら
「切手代が莫大にかかりました。
「どうかご配慮のほどを、、、現金で。

「去年はひとりもこなかったじゃないの!」

「去年は天候が悪かったからだと思います。

が!しかし!なんと!待てどくらせど!
今年もやっぱりだれも、、、。

「あんた!嫌われているようやな」

「ま!そうですが、、、。
(あなたこそ十分嫌われていまっせ)

しかたなく!行きますか!今年もふたりで。

ということでここから先は
昨年(拙ブログ 2017/06/01)!
一昨年(拙ブログ 2016/05/31)!
さらにその前の記録とほぼおなじですので
そちらをお読みくださるほうが早いかも。



不気味な池を見て上りにかかります。
blog01.jpg

「孝子(きょうし)の森」は明るい。
blog02.jpg

雑木が伐られています。
明るい斜面にはワラビがいっぱい。
ワラビは木が成長したら消えます。
今!摘んでおきましょう。
blog03.jpg

「もう!大きくなり過ぎてまっせ」

先だけ摘めば!大丈夫です。

ひと山!とぼとぼ越えて
休耕田らしき場所まで降りてきました。
blog04.jpg

キショウブの勢力拡大はやみません。

山をえぐり取った後の公園
「いきいきパークみさき」横断。

「青木松風庵 岬工場」を見学。
blog05.jpg

焼き立ての熱い
「月化粧」という
白いあんの入ったまんじゅうをいただきます。
blog06.jpg

お土産にもいただきましたが
今晩!出会いそうな
アラフォー(around 40)のおね~さんに
「月化粧サブレ」を
ふたつみっつ買いましょうか。



「多奈川ビオトープ」に寄ります。

このあたりじゃないですか。
昔!お大尽が植樹したのは。
blog07.jpg

もうずいぶん成長しています。

「なんの木を植えたのかも忘れた」

コオイムシ!?
blog10.jpg

水の中にたくさんいます。

なつかしい!
母がこの虫の背の卵を見ると
戦慄が走ると嫌っていましたが。
私はきれいな幾何学模様だと感じますが。

メスがオスの背に産んで逃げるのですが
どういう進化の歴史があったのでしょうね。

ビオトープにはあい変らず!
ガマ(蒲)が勢力を伸ばしています。
blog08.jpg

一所懸命抜いて捨てるより
生えてほしくないところは掘って
水深を 1m 以上にしたらいいのでは?!

沼地の好きなガマは
池や湖の深みを嫌うような。

しかし!固いですね。
実際に掘ってみたら。

持参してきたヤナギタデ(柳蓼)を
水際に植えておきましょう。
blog09.jpg

将来!アユ(鮎)が遡上してきて
塩焼きを食べられるようになったとき
「たで酢」が間に合うように。

昨年とおなじように
ニホンミツバチの巣箱を見ながら下ります。
blog11.jpg



あまり面白いこともなく
早く帰宅できました。
ワラビを調理しなければ。

焼きそば用の麺と
油揚げを少し焼いてから
マヨネーズを加えました。

ゆでてアクを抜いていたワラビに
海苔の佃煮をまぶしてから
いっしょに焼いてみます。

香りづけ程度に醤油をふりました。

季節はずれ(?)の
小さなコゴミ(クサソテツ)を
湯通ししてトッピング。
青ネギと紅生姜も。
blog12.jpg

お大尽が
焼きそばに海苔の佃煮を混ぜたら
イタリアで食べるトリュフののった
パスタになるといっていましたが。

ああ!トリュフです!
たしかにイタリアです。

なんて!ウソついてすみません。
ホンモノの
トリュフもパスタも知りません。

これがそうだといわれましてもねぇ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。