So-net無料ブログ作成

ひと山越えて「月化粧」工場へ [工場見学]

ひと山越えて
「まんじゅう」をひと口食べに行きます。
もの好きなはなしです。

某お大尽が行くのです。
昨年も一昨年もこの季節に
私が同行しました。

「今年は大勢誘いましょうよ」
「そうすべぇ!」と衆議一決!
といっても
会議(?)にはふたりしかいませんが。

南海本線・孝子(きょうし)駅で待ちます。

3,000 人ほどに
声をかけておきました。(人数はウソですよ)

みなさん!
「きゃっ!すてき!山頂でお大尽さまと」
「コーヒーでもたてられたらしあわせ」
なんていっていましたから
今にイキな山ガール姿の美女たちが
どどっとかけつけますよ。
待ちましょう。

待ちます。
そして、、、待ちます。
あんまり電車の本数がありませんが。

待ちくたびれて孝子小学校へ。
児童はいません。
blog21.jpg

廃校か休校になっていて
「岬の歴史館」という看板を掲げています。
blog22.jpg

「岬」といっても地形が岬という訳ではなく
岬町なんですね。
大阪府の南の端っこかな。
背伸びしたら和歌山県が見えそう。



だれもきませんね。
行きますか。

ふたりですので
山中でいたずらしないでね。

「気持ちが滅入っているときに」
「よけいに落ち込むようなことを、、、!」

ごめんなさい。

上って!「船が空飛ぶ展望台」で最初の休憩。
blog23.jpg

あの海!大阪府唯一の自然の砂浜だそうな。
霞んでいて!よく分かりませんがね。

下って!山中の田んぼの跡らしいところ。
blog24.jpg

しかし!ここにも!
キショウブ(黄菖蒲)がはでに咲いています。
ヒトがいてもいなくても関係ないですね。
やがて日本中がキショウブに埋まりそう。



大小のアップダウンをくりかえして
「いきいきパークみさき」という
公園に降りてきました。

公園という名がありますが
山を崩して土砂をえぐりとった
広大な盆地(!)です。
ちなみに土砂は
海に行き関西空港と化しています。

その広大な空地で唯一の
建てものらしい建てものが
「青木松風庵 岬工場」です。
blog25.jpg

工場内に売店ができていました。
blog26.jpg

表に人影はないのですけどね。(失礼!)

工場見学をさせてもらいます。
blog27.jpg

昨年一昨年とほぼおなじ画像しか撮れません。
blog28.jpg

熱い焼き立ての
「月化粧」という菓子を試食。
blog29.jpg

白いあんの入ったまんじゅうです。

さらにお土産にふたつもいただいたのは
昨年とおなじです。



おなじ盆地(!)内の
「多奈川ビオトープ」に寄ります。
blog30.jpg

自然の回帰を期待しているところ。
あい変らず!ガマ(蒲)の勢力が強いですね。
blog31.jpg

海のほうに向けて下ります。

この黄色い花が年々勢力を伸ばしています。
blog32.jpg

ビオトープにも進出していましたね。
ビオトープには他にも
知らない!たぶん!
外来種の植物がいっぱいありましたが。

でも!ヘビ(蛇)は健在ですか。
blog33.jpg

ニホンミツバチ(日本蜜蜂)も。
blog34.jpg

ん!?
blog35.jpg

穴だらけのキャベツ!
ああ!モンシロチョウ(紋白蝶)のせいかな。
blog36.jpg

なんだか安堵しました。
キャベツを作づけしている人には
申し訳ないですが
なんだか「ほっ」とする
青虫の食(は)み跡です。



このまま海のほうに進んで行けば
南海多奈川線のどこかの駅に出るでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。