So-net無料ブログ作成

濡れねずみで道の駅いながわ [食い逃げ未遂]

篠(しの)突く雨!

それはあまりにも突然!
山中!里山!避難するところがありません。

すかっといいお天気ともいえなかったのですが
晴れたりくもったりだったのですよ。

引き返します。
いや!進んだ方がいいかな。
優柔不断に行きつもどりつ無駄な動きばかり。

農機具小屋みたいな壊れかけたあばら屋を見つけて
わずかな軒先に
カマボコのようにはりついたときには
すでに濡れねずみ。

しかし!
30 分もしないうちに上がりました。

降雨中も後も蒸し暑いのなんの!
顔から汗は吹き出るし
首から下はザックの中まで濡れていて!ああ。

情けなくて
たちまち乾いた路傍の石に腰かけて休憩。
朝食代わりの菓子パンの残りと
半解凍になった水を飲みます。



くたびれた傘。
blog81.jpg

××十年前
外国の銀行に外貨預金をして
もらったもののような!詳細は忘れましたが。

いつも持ち歩いているのになぜか壊れないんです。
海辺の潮風や山岳の豪雨!
大陸の氷雨!赤道下の紫外線!等々
パートナーは猫の目のように替わったけど
この傘はいつもいっしょ。

まったく!お守りの類を持ちませんが
これが私のお守りかな。

心が疲れて
ふと!ながめてしまいました。
色褪せたぬいぐるみを放さない
幼児のような心境かも。



川と化していた小径の水が引いたので
また!歩きます。

名も知らない峠に着きました。
blog82.jpg

明るい赤松林です。
松茸が出そうな山。

そんなこと考える余裕はありません。
また!ぽつぽつ!やってきました。

あ!?
blog83.jpg

田んぼにいるようなカエル。
どうしてこんな山の上に。
道にできた流れを伝ってきたのでしょうか。

早くお帰り。
恐い目に遭うよ。

峠を越えたら見晴らしがよくなりました。
blog84.jpg

北摂連山かも。

里が見えます。
よっし!頑張ってあそこまで降りて行こう。



ほどなく降りたところが兵庫県の猪名川町
「道の駅いながわ」でした。
blog85.jpg

そば(蕎麦)の実から粉を作っています。
blog86.jpg

ここ「食事処 そばの館」では
十割そば!
すなわちつなぎを入れずに打ったそばを
供しているとか。

体は濡れねずみなのにほてっていて
某アラフォー(around 40)のおね~さんのように
大汗をかくと眉毛がなくなるようなことはないのですが
鏡の前の四六のガマのように
そうとう変形した顔から脂汗を流しつづけているので
かき氷を食べたかったのですが
冷たいそばをいただきます。

「そば三昧」税込み 1000 円。
blog87.jpg

みっつの味です。



この近くに有名な(?)「屏風岩」がありましたね。

対峙したことはないのですが。

雨の合い間にいそいでかけつけると
バス停の「屏風岩」があります。
blog88.jpg

もしかして!あの向こうがそうなの?!

なんと!風情のないこと。
ごちゃごちゃしていますなぁ。

たぶん!これでしょうか。
blog89.jpg

がっかり。

失礼ながら!情緒が感じられません。

多くの人が「がっかり」という
シンガポールのマーライオン像でも
私は「がっかり」せずにながめられる
落ち着いた精神(?)を持っているのですが
ま!威張っていうほどのことでもないのですが
そんな私ががっかり。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。