So-net無料ブログ作成

アフリカのタコで明治の桜めし [七面鳥六目半ごはん]

桜の季節です。

明治の「桜めし」なんていかが。

明治 39 年(1906 年)発行の
中川愛氷編/料理大観のレシピ。

醤油で色をつけたごはんを炊きます。
釜がふいたのがおさまったら
薄切りのたこ(章魚)を加えます。
茶碗に盛って
唐辛子!大根おろし!ねぎを振って
かつおだしをかけて食べるのだとか。

さっそく!
スイッチの切れた炊飯器にたこを並べました。
小さなたこでしたから
切らない方が面白いかと。

茶碗に盛って
大根おろしをたっぷりかけて
ねぎを散らしました。

たこを置いて
糸切りの唐辛子を飾りました。

blog蛸めし.jpg

だしをかけて食べます。
おいしゅうございます。

ん?!
このたこ!
「モーリタニア湯だこ」と書いてあります。

西アフリカ産のたこは日本人の口に合い
昔から大量に輸入されているとは
たこ焼きや魚を扱っている人から聞いていましたから
驚きはしませんが
小さいからイイダコだと思っていたのに
これはマダコでした?!

原材料の表示は「真ダコ(中国産)」ですね!

え!?
モーリタニアは中国領!?

(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。