So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

討ち入りの日に 2018 [わが街・下駄ばきドドンパ]

大阪市の南北に走る堺筋の浪速区あたりは
家電や電材や
それらの部品や工具等を扱う店舗が集まる
電気街だったのですが
今は飲食店や
いろいろな趣味の店が進出してきています。

西に並行してつづく道は
アニメやコスプレ好きの
いわゆる「オタク族」相手の店舗が林立する
「オタロード」になっています。

東側には建てものはひしめいているものの
人の流れは少ないようです。

その静かなほうへ
大阪メトロの恵美須町駅から歩くと
じみ~な(失礼!)店舗がありました。
blog01旬菜ゆらり.jpg

「旬菜ゆらり」!
ランチどき
ぽつり!ぽつり!人が入店しています。
ランチが 600 円(税込)ですか!

メニューは
「本日の気まぐれらんち」だけのよう。
blog02.jpg

この日は「肉じゃが」
といっても鶏肉でしたが
ヘルシーでいいじゃないですか。
私の嚢中にもヘルシーです。

昼間だけ(11;30 ~ 14;00)
オープンしているようです。



さらに東に進めば
大阪市の背骨の谷町筋が南北に走っています。
だからどこかの上り坂に行きあたります。

これは愛染坂(あいぜんざか)です。
blog03愛染坂.jpg

いろんな坂がある中で
つきあい始めたカップルに適したような
ゆるやかなのぼり。
くるまの往来がなく
他の坂によくある階段がないんですよね。

この坂の南に芭蕉が最期に句会を催した
料亭の「浮瀬(うかむせ)」があったらしい。

明治の初めの写真がありました。
blog04.jpg

これが「浮瀬」ですか!?
そうとしても坂は愛染坂ではないですね。
「浮瀬」は南の清水坂(きよみずざか)との
間にあった料亭。

あの写真の坂は清水坂ですね。
blog05清水坂.jpg

傾斜がきつい。
今は改修されて
ゆるやかになっているとしても
階段はあります。



大江神社の
「夕陽岡(ゆうひがおか)」に立てば
芭蕉の句碑が。
blog06.jpg

浮瀬にちなんで建てられたものらしい。

「あかあかと日はつれなくも秋の風

ん!?
「あかあかと日は難面も秋の風」は
奥の細道?!
日本海沿岸でできた句!?
どうして浮瀬なのでしょう。

ああ!夕陽にちなんだ句かも。

鳥居と狛虎(こまとら)だけ
建てものは失われて久しい摂社。
blog07.jpg

「矢野監督がんばれ!」と
新監督になったばかり
もう祈願している
阪神タイガースファンがいますね。



谷町筋に面白い模様の塀があります。
blog08吉祥寺.jpg

吉祥寺。
赤穂浪士四十七士の墓がある寺院です。

山門をくぐると大石内蔵助が座っています。
blog09吉祥寺.jpg

その後ろに四十七士が。
blog10吉祥寺.jpg

今日(2018/12/14)は
吉良邸討ち入りの日ですね。
それなのに!なんの行事もしていません。

あ!もう終わったそうな。
最近は日曜日に催行しているとか。

ま!新暦にこだわることはないですね。
新暦でいえば
1703 年 1 月 31 日未明のことですからね。

さらに史実ではないのはこの衣装。
blog11吉祥寺.jpg

赤穂浪人たちは火事場装束だったはず。
世界一治安のよかった江戸で
こんなハデな衣装では
吉良邸に行くまでに捕まりますね。

人形浄瑠璃!
さらに歌舞伎の舞台の演出じゃないですか。

芝居の大星由良之助と
高師直(こうのもろなお)を
実在の大石内蔵助と
吉良上野介(きらこうずけのすけ)と
呼ぶのがおかしいのですね。

だいたい!平和な世の中で
勤労もしないで
庶民のかすりで生きている武士なんて
今の暴力団以下の存在ですね。

領民や家来のことも考えずに
行動したのが藩主なら
それに仇討ちやら至誠やらと
突っ走る家来もどうかしています。

もっとまじめに汗を流して働かんかい!

近代!東映のヤクザ映画が
もてはやされたこともありました。
大昔にもそんなヤクザ芝居が
好まれる時代があった!?

アウトローだから戯曲になりやすいのかも。



四天王寺に回り芭蕉の墓に参ります。
blog12芭蕉.jpg

剥離が進んでぼろぼろ。

思えば四十七士の墓も芭蕉の墓も
各地にたくさんあるものですね。

石舞台の下の「亀の池」の亀も
水底で冬眠している季節。
なぜか 1 匹だけはいあがってきました。
blog13.jpg

自殺行為!?
討ち入りだぁ!

太子堂のニャンコは寝ています。
blog14.jpg



家まで歩きます。

先ほどの芭蕉の墓は
弟子の野坡(やば)と並んでいました。

「我をよぶ声や浮世の片時雨
(われをよぶこえや うきよのかたしぐれ)

野坡は病床で芭蕉の声が聞こえたらしい。

最近!歩き過ぎなのか!足が痛い。
野坡の句がかぶさってきて!重い。

時雨の寂しい季節。
私の胸の奥には年中吹いていますが。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

地上の霜 李白の不用意 [うそ八百]

毎日寒いですね。
たぶん世界一
ヒートアイランド化が進んでいる大阪にも
霜が降りたニュースが流れるころ。

李白の「地上の霜」を思い浮かべました。


牀 前 看 月 光
 (しょうぜん げっこうをみる)

疑 是 地 上 霜
 (うたがうらくは)
 (これ ちじょうのしもかと)

挙 頭 望 山 月
 (こうべをあげて さんげつをのぞみ)

低 頭 思 故 郷
 (こうべをたれて こきょうをおもう)


この五言絶句のタイトルは
もちろん「静夜思」ですが。

とりたてて漢詩が好きな訳でも
お勉強熱心でもありませんが
1 度はどこかで出会ったような詩。

「ガッコーで習ったはずよ」

アラフォー(around 40)の生意気な!
いや!たぶん!ただ発情しているだけの
女史がいいますが。

「そりゃぁ!小学校の教科書には
「のっていると聞きましたが。

「え?高校でしょ」

「北京の統一小学校教科書。

「日本のこと!いいなさい」

「おら!ニッポンの
「高校には行ってましぇ~ん。
「おフランス人ですけん。

中国の教科書版は
少し漢字が違うそうなのですが
大意には問題がないようです。

伝書によって字句の異同があるのは
どうしてでしょう。

そんな「静夜思」の考察は
武部利男論文が詳しく
私は大筋それの請け売りですが。



「牀前」の「牀」は
「寝台」のことと
どの先生方も平易にかたづけています。
「ベッド」でいいのでしょうか。

「ベッドの前の月の光を霜かと思った。
「山にかかる月を見た。
「ふるさとを思った。

その詩の姿(?)をながめただけで
だれでもそんな意味だと思うのですが。

江戸の文人の服部南郭は
「不用意の詩ぢゃ」と書き残しています。
技巧をこらさず!
口から出たままということかな。

しかし!平易な漢字の連なりゆえに
詳細はよく分からず
人によって解釈にずれを生じます。

「いつなのか?

寝る前なのか。
目覚めたときなのか。
寝床にきたときなのか。
寝床といっても寝るばかりではなく
大きなベッド状のくつろぎの場所で
ずっとそこにいたのか。

「牀前の地上の霜とは?

霜はだいたい地上にありますがね。

屋外の月光か!屋内のそれか。
ほとんどの人が
屋内に射し込む月光じゃないと
詩にならないという解釈?!

屋内の月光なら
井伏鱒二がいうように
李白の寝室にガラス窓があるはずがなく
戸や窓が開かれていなければ不可能!?



私はふと思います。

この詩の季節を有識者たちは
秋とか!冬とかに分類されていますが
夏の詩ではないかと。

冬なら寒くて戸や窓が閉じられていても
夏なら開け放たれていて
月光が射し込むかも。

夏なら霜かと思っただけで
霜じゃなくて当然です。

たとえば「冬瓜(とうがん)」だって
夏の終わりの食べものなのに
「冬」の字がついています。
加熱すれば氷のようで
目に涼しいからじゃないでしょうか。
(異説は多いですけどね)

夏!月光を涼しく感じて
「霜」と詠(よ)んだのでは。



この詩は「不用意」なようにみせて
ホントは
深い心象風景ではないでしょうか。

李白は詩にやたら「月」の字を使います。
なにかを暗示しているのかも。

この詩には「月」がふたつもあります。
「不用意」でも短い詩に
大詩人がおなじ字を重ねる愚形?!

やはり「頭」もふたつありますが
その重複とは違うような。
やっぱり!なにか深い意味があるのでは。

この有名な詩を
文人墨客から学生・生徒まで
古今!多くの人が訳していますが
五言絶句で韻を踏んでいる詩を
説明的な散文に訳していいものやら。

五言絶句で視覚的に形が整っているので
せめて散文ではなく定型の詩にして
脚韻に対しては
日本のモーラ(拍)で訳してもらいたいもの。

井伏鱒二は小唄調に試みたそうですが
それも理にかなった一見識でしょう。



では恥ずかしながら習作を。
モーラを新しく(?)考案して
3 モーラ 3 音節
5 ブロック 4 行で
五言絶句のような形にして!やっつけます。

李白は「不用意」ではなく
月も霜も
酔っ払って浮かんだ心象を表現したと
勝手におもんばかって。


夢の 果ての 白い 月の 光

霜が 降りた ような 凝(こ)りた 心

拗(す)ねて 生きた まわり 道の 月日

母よ 青い 山よ 子もり 唄よ


原詩から遠く離れてしまいました。



寒いですね。
不用意に冬を迎えてしまいました。



(武部利男著/「静夜思」について/)
(一海和義著/漢詩一日一首/)
(駒田信二著/漢詩百選 人生の哀歓/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -