So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

あの泉佐野市で天丼 [食い逃げ未遂]

泉佐野市にきました。
大阪市からうんと南です。
和歌山市との中間ぐらいです。

ふるさと納税「商法」(?)で
カネをかき集めたことで有名な市?!

嚆矢(こうし)といっていいのかどうか
豊田商事を思い出してしまいます。

それから現代まで
悪徳出資商法は後を絶ちませんが
どれもうわべだけでも
「預かる」だの
「後で返す」だのいっていたようですが
泉佐野市は返礼だけしたら
「残りはこっちのもの」商法!?
臆面もなく。

たとえ 80%返礼しても 20%は儲かります。
1 兆円集めて 9 千億円返しても
1 千億円残ります。

これは「ボロい」ですねぇ。

さらに「ボロくち」!
自らが埋め立てた訳でもないのに
沖合の関西国際空港から
固定資産税等を徴収したり。

まじめに労働するのは
愚の骨頂ということ!?

ま!私は「まじめに労働」の範ちゅうに
入れてもらえないでしょうけど。



泉佐野ふるさと町屋館。
blog41泉佐野ふるさと町屋館.jpg

元・新川(にいがわ)家だとか。

この地には天下の鴻池家と並ぶ豪商だと
井原西鶴が認めて「日本永代蔵」に書いた
食野(めしの)家があったのですが
幕末に凋落します。

その後に勃興したのが新川家だそうな。

古い路地がたくさんある街です。
blog42.jpg

井原西鶴がいう「金銀に有徳なる」
歴史があるんでしょうなぁ。



食野家が富を築いたのは廻船業。
港に行きましょう。

マッチ箱をひっくり返したように
やたら防波堤だらけ?!

釣り人がひとり。
blog43泉佐野漁港.jpg

つぎつぎに釣れているのはサバ!?
10cm そこそこのサバ(鯖)の子。

なん度か大阪南港で釣りましたね。
開いて!体長の割りには太い骨をはずし
から揚げしていたような。

涙が出ますね。
大昔!貧乏だったころのはなし。
あ!今はもっと貧乏だぁ~!

「青空市場泉佐野漁港」があります。
blog44.jpg

ふしぎなネーミング。
屋根もあるけど。



「青空市場泉佐野漁港」の屋上の角。
blog45.jpg

レストラン!?
食堂といったらいいのか
屋号は「イルカ」だそうです。
blog46.jpg

大阪湾名物!?
「あなご(穴子)」を食べましょうか。

アナゴ!ま!マアナゴは
太平洋沿岸なら
どこにでもいるでしょうけど
関西国際空港の周囲は禁漁区ですので
定着がいいのでしょうね。

隣接の田尻町の漁港で
かご網漁体験したときには
たくさん!アナゴを獲ったような。

穴子丼!
blog47.jpg

おいしかったからいいですけどね。
値段もいい(?)ですね。
900 円!しかも税抜き!

山ん中で食べた(拙ブログ 2019/05/12
190 円の「大穴子天」を思い出したりして。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六甲山夏山びらき グルーム祭 [野道!山道!恋はけもの道!]

六甲山夏山びらき(2019/06/23)です。
「グルーム(Groom)祭」に行きます。
もう 36 回めだというのに
1 度も参加したことがないような。

最近では(拙ブログ 2016/06/26
3 年前に行きましたよね!たしか。
雨でだれもいませんでした。

今日はスカッとは晴れていませんが
大雨の心配はまずなく
たぶん!開催に問題はないでしょう。

六甲ケーブルの下駅。
blog81.jpg

ケーブルが出て行くところでした。

じゃ!いい!歩くわい!
片道 590 円儲かるわい。
六甲ケーブルの東側の
「油コブシコース」をのぼります。

体力はないし!精神力はゼロだし
のぼり始めてわずか 30 分ばかりで
音をあげましたが
音をあげてからが強いぞ!
由緒ある貧乏人は。

590 円だ!
死んでも 590 円払うもんか。

1 時間のぼって休憩。
見晴らしはあるのですが
泣きそうな瀬戸内海です。
blog82.jpg

すぐ「油コブシ」の三角点かな。
blog83.jpg

標高 626m !
この登山道を大勢の人がのぼっていますが
だれも関心を示しませんね。

90 分で車道に出てやれやれ。
さらにのぼりますが
ここからは急坂はありません。



英国人のグルーム(1846 ~ 1917)は
21 歳で来日。

貿易商のかたわら
六甲山を愛してやまず
リゾート開発やら
登山道やらの整備に尽くしたそうな。

神戸ゴルフ倶楽部の中を通ります。
blog84.jpg

ここもグルームが造った
日本最初のゴルフコース。
blog85.jpg

人力頼みの工事なので
自然の起伏がよく残っているそうな。



六甲山記念碑台に着いたのは正午前。
2 時間もかかっていました。

今年は「グルーム祭」に間に合いました。
blog86.jpg

ん!?
なにか変!
blog87.jpg

グルーム像の前で振る舞い酒!?
もう鏡開きは終わっているようです。

六甲ガーデンテラスからきていた
ピーターラビットに聞くと。
blog88.jpg

鏡開きだけではありません。
式典はみんな終了したところでした。

ま!しかたがない!ランチにしますか。
blog89.jpg

具たっぷりの豚汁みたいな摩耶鍋と
女子高生が造ったというパウンドケーキ。
blog90.jpg

それに振る舞い酒。
酒はたくさんあまって(?)いたのか
総計 100cc ばかりいただきましたが。

見知らぬご夫婦が
しめさば(鯖)の
巻き寿司(?)をくださいました。

ありがとうございます。



六甲山記念碑台から西の三国池の畔に
グルームの山荘があったそうですが
そこに行くまでに小さな社があります。
blog91.jpg

山荘でグルームと仲良しだった
キツネたちを祀っているとか。

「白髭(しろひげ)稲荷大善神」
「白菊大善神」とあります。

「白髭」と「白菊」は夫婦だそうですが
キツネの夫婦なのか
キツネがのりうつった夫婦なのか
だれに聞いても!なんだか回りくどくて
私にはよく分かっていませんが。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -