So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

こごみ素麺 [こな(粉)もん]

わ~い!
エンドウ(豌豆)の花が咲きました。
blog71エンドウ.jpg

さっそく自慢しなければ。

どうでもいいけど
他に自慢することのない人生。
あきれますね。

「わが家ではもうあらかた収穫完了」
「遅いじゃないの!」
なんて返事があるじゃないですか!

日曜農園が趣味というおじさんや
また!おばさんは
1 反(≒10 アール)くらい
耕作しているのでしょうか!
セミプロ級ばかり。

自慢するつもりが自慢されて!どうします?

「それ!絹さや?実食い?」
「スナック(snap-bean)?」

「さぁ!?

古い種子があったのでまいただけなんですが。



こごみ(クサソテツ)が出てきません。

枯れ枝が集まったような株が
ふたつ!突き出ていますが。

捨てましょう。

鉢をひっくり返して
土をほぐしたら
クサソテツの可愛い芽が
いくつか認められます。

死んではいなかったの?!

芽のあたりをいくつか土ごとつかみ取って
新しく大鉢に移しましたが
これでいいのか!どうか。



この春には間に合わないので
「こごみ」!
買ってきました。

アクがないので
湯通しして!水冷の後
市販のゆずポン酢と
マヨネーズで和えました。

素麺のふし(拙ブログ 2019/04/16)をゆで
ケチャップで炒めようと思ったのですが
気が変わりました。

ゆでて!冷水に取らず
オリーブ油をからませ
梅肉(梅干の果肉をたたいたもの)で
味をつけました。

こごみをトッピング。
blog72コゴミ素麺.jpg

私の好きな味ですが。
日曜農園の大金持ちたちの
口に合うものかどうか。

また!反論をくいそうですから
自慢はしないでおきます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

モッコウバラが咲くころ [解語の枯れ尾花]

あれ?!
モッコウバラじゃないですか。
blog41.jpg

わが家の前の車道と歩道の境に。
だれが植えたのでしょう。

「暇なら歩きませんか」

大阪府の南部のお大尽。

ひと山越えて和歌山県までハイキング!?

「無理です!

今!体調が小さな底。
ひとり歩きならできるのですが
だれかといっしょでは
ペースを合わせられません。

しかし!まぁ!
多くの人が!勝手に
私は暇を持てあましているものと
認識しています。

持てあましていますがね。
表面だけ見れば。
「お仕事」と「おカネ」に
恵まれていないだけですよ。



「待つことが仕事やね」

お客がこないから
いつも暇を持てあましているような
陰気な(という人も 7 人ほどいる)
金欠慣れしている居酒屋の弁。

大昔!お大尽が
職場に
安くておいしい(?)ランチがあるのに
なんの因果か!
高くてまずい(?)ランチを
食べにきていた居酒屋。

その居酒屋の近所にも。
blog42.jpg

「モッコウバラが咲いてるね。

「あん?モッコリがなにか?」

「いいです!

暇ならモッコリさせて
ひとりで遊んでいなさい。



バラのようで
バラではないようなバラ?!

とてもぼんやり!いや!失礼!
やわらかい印象がするんですよね。
トゲがありませんからね。
罹病しにくいような。
多少花つきは悪くなるものの
日陰でも耐えているような。

現にJRの高架の下でも咲いています。
blog43.jpg

まだ花数は多くなるはず。



そうそう!都会の真ん中
なんばパークスにもありましたよね。

黄色!ほぼ満開。
blog44.jpg

白色は少し早いような。
blog45.jpg

モッコウバラは八重咲と一重咲き
黄色と白色の花しかないのでしょうか。
他のものにはまだ遭遇していませんが。

それにしても
ここはカップルだらけで
カメラを持って徘徊していると
嫌われます。



花博記念公園鶴見緑地に行ってみます。

大阪メトロの
鶴見緑地駅の構内は花盛り。
blog46.jpg

あ!ノザワナ(野沢菜)の花が
終わっていました。
blog47.jpg

風車の丘の大花壇では
ネモフィラが今を盛りと咲いています。
blog48.jpg

今年はネモフィラの中に
チューリップを植栽したのですね。
blog49.jpg

だれが考えたの?!
黄色一色の
チューリップがいいじゃないですか!



あ!モッコウバラを見にきたのでした。

バラ園は風車の丘に隣接しています。

当然!バラの花はもう少し後ですが
バラの花にさきがけて
モッコウバラは開くような。

あ!ちらほら。
blog50.jpg

黄色の花も白色の花も。
blog51.jpg

もう散ってしまったのでしょうか。

違いますね。
blog52.jpg

つぼみがいっぱい。



わが家で一番高価な園芸大百科事典をはじめ
いくつかのバラや園芸の書に
モッコウバラは単語さえありません。

もっともシロート相手の
単純な本しかありませんが。

最近世に出た花でもないようなんですが
専門家だけ知っていればいい花卉でしょうか。

秋篠宮家の
眞子内親王の「お印」でもあるのにね。

とはいうものの
どんな意匠の「お印」なんでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -