So-net無料ブログ作成
検索選択

テナガエビ いりませんか~! [手のひらを太陽に]

梅雨です。
また「ナメクジ」の季節です。

ベランダの 20 あまりの
大小の鉢やプランターにはっています。

鉢を置いている南側のベランダは
長さ 6m 強
幅が 1.3m 弱ほどの狭いところ。
地上から 30m 以上離れていますが。

どこからきたのやら
今年もまたぞろぞろ。

梅雨入りはまだの 5 月の夜
重い腰を上げて
割り箸と濃い塩水を入れた空き缶を持って
ベランダに出たら
あっという間に 70 匹の戦果。

いちいち箸でつまんではいられない!
ビール(新ジャンルのものですが)を
あちこちに仕かけたら!
blogなめくじ 2.jpg

数ミリのナメクジ!
こどもばかりが溺死しています。

どこかで湧いていますね。

毎年(拙ブログ 2016/05/23
300 匹ばかり殺戮したのに
今年はまだ 1 月間も狩りをしていないのに
400 匹を越えました。ああ。

それにしても
毎日記録している変な性格です。



前の池に小さな丸網を入れたら
1cm あまりの稚魚が採れます。
モツゴかモロコか
メダカかヨシノボリがほしいのですが
飼っていて
大きくなったら
ほとんどカダヤシだったことがあります。

だれだぁ!
カダヤシを放流したヤツは!

それと共にうっとうしいのは
アカミミガメ!ウシガエル!
ブルーギル!コイ!

しかし!
入ってくる水のない
都会の中のたまり水の池なのに
思ったより多くの魚種がいますね。

大きなウナギも釣れています。
blogうなぎ.jpg

これより大きな
タウナギも上がっていましたね。
どこからきたのでしょう。
湧いているのでしょうか。



昨年ごろからテナガエビが増えたような。
(上掲のウナギと写っているエビ)

小学生たちが
アメリカザリガニを釣るように
簡単になん匹も捕まえていますが。

ちなみにアメリカザリガニはいないのか
少ないのか!見たことがありません。

これをどこかの清流産と称すれば
いい値で売れるのじゃないでしょうか。

「四万十川のテナガエビ!安くするけど。

居酒屋のおじさんに声をかけてみます。

「桃ケ池のなら!いらん!」

う!するどい!

「昔!カネがないとき」
「桃ケ池で獲って」
「女房とてんぷらにして食った」

「最初の!逃げた奥さんとですね。

「うるせ~!」
「すぐ!腹痛に見舞われた!」
「つまらんことを思い出させるな!」

ご立腹です。



ま!ともかく捕まえた
その小さな稚魚をわが家の水槽に入れます。
blogモツゴ 2.jpg

夜中にのぞいてみると
勝手が分からず不安なのか
数尾ずつ隅のほうにかたまっています。
blogモツゴ.jpg

ちなみに左下に写ったのは
先輩ドジョウの尻尾の先です。

ああ!追いかけて!捕まえて!
食べているヤツがいます。

先輩のヨシノボリが喜んでいます。
キミのためのエサじゃない!

でも!まあ!元気のいい稚魚は逃げますね。
病気持ちや弱いものは淘汰されるのかも。
これでいいのかも。



水槽の魚も貝も
ナメクジを食べてくれたらいいのですが。
食べませんね。

ナメクジは投げ入れても
水底から水槽の壁面を伝って脱出します。
ビールには溺死するのに
塩水には溶ける(?)のに
真水には平気です。

なかなかタフなヤツです。

ナメクジ!いりまへんか~!
おフランスのぶどう畑のナメクジですよ~!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

近木川 善兵衛ランド 水間寺 [みんなで歩けばこわくない]

「なすびん(のシール)あげます」
blog31.jpg

南の
南といっても繁華街のミナミではなく
大阪府の南の和泉地方のことですが
その南のお大尽がくれましたが。

「なすびん」は
南泉州イメージキャラクターですね。
南泉州とは岸和田市から南へ和歌山県までの
5 市 3 町のことですがね。
このあたりの特産品が
「ミズナス(水茄子)」だからかも。

「近木川をさかのぼって」
「善兵衛ランドへ行きましょう」
「近木川!知っていますか?」

「ごきがわ!?
「いや!こぎがわと読むんでしたか。

「なんでも知ってますな」
「エログロ以外にも」

「日本一になったことがあったのでは。

日本一!汚れた川としてですが。
先年!二色の浜の「自然遊学館」で
聞いたような気がします。(拙ブログ 2014/07/27

「善兵衛ランド」は知りません。
ディズニーランドみたいなもの?!

「きっとおいしい特産品が売ってまっせ」
「そこのレストランをのぞいてみましょう」



ともかく海寄りの名所の脇浜戎大社から出発。
あ!
blog32.jpg

こんな大きな鳥居!あったのですね。

あ!
blog33.jpg

「ハンター丼」ですって。
南海・二色浜駅前の弁当店。
ジビエ料理の「丼」とは珍しい。
お大尽どの!買ってください。

「ジビエとは違うのじゃないの!?」

牛!豚!鶏!と書いてありますね。
ライオンのシルエットはなんなのよ!

南近義(みなみこぎ)神社。
blog34.jpg

近木と近義!
漢字を借りているだけでおなじ地名?!



しかし!近木川はどこですか。
今!私たちはさかのぼっているんですか。

近木川を見つけましたが。
blog35.jpg

この川のほとりの森が
積善寺(しゃくぜんじ)城跡でしょうか。

根来衆の砦(とりで)かな。
豊臣秀吉の攻撃にも耐えたそうな。

近木川に沿って
遊歩道はおろか道さえないじゃないですか。
水間鉄道を左手に意識しながら
ジグザグに行きますか。
なんにも面白いところはないので
進むしかありませんね。

ため池の多いところです。
blog36.jpg

初夏なのにしめ飾りがあります。
blog37.jpg

伊勢神宮の近隣のように
年中掲げている風習なのでしょうか。



善兵衛ランドへの階段を上がります。
ふり返れば!
blog38.jpg

どうして手すりと手すりの幅が狭いの?!

「わざわざ」
「そんな間を歩くことはないでしょうに」

善兵衛ランド!?
blog39.jpg

なにもない?!
なにもない!といえば失礼。
天体観測のドームがぽつんとあるだけ。

江戸時代の天文学者の岩橋善兵衛にちなんだ
貝塚市立の天文台でした。

あの!?
名物料理は?
イートインスペースは?

天文台なら天文台と命名しなさい!
「ランド」なんて
心貧しものが迷う名前をつけるんじゃねぇ!
牛丼かたい焼きか発泡酒か
カップヌードルくらい売りなさい。

あのジビエ!いや!
ハンター丼を買っておけばよかったですね。



水間鉄道の終点の水間観音駅。
blog40.jpg

大正 15 年(1926)建設の駅舎には
右書きの「水間驛」と
左書きの「水間観音駅」の
ふたつの表札(!)が揚がっています。

「水間驛」のほうは国登録有形文化財の一部
「水間観音駅」は現在の駅名かな。

ここまできたのですから
水間寺に参拝しましょう。
お茶のお接待でもあるかも知れません。

なにもありません。
blog41.jpg

お大尽がクルミパンをくれました。
それを水といっしょに食べます。

暑い!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理