So-net無料ブログ作成

一庫ダム 冬景色 [みんなで歩けばこわくない]

トンネルの口が並んでふたつあります。
blog01.jpg

向かって左は一庫(ひとくら)トンネル。
右の井補野(いほの)トンネルにもぐります。
バタバタあわてないでくだい。
2 分もあれば抜けられますから。

トンネルを出たところが一庫ダム。
ダム湖は
知明湖(ちみょうこ)と命名されています。
blog02.jpg

今年(2017)最後の
寄せ集め・仮面ハイキング。
仮面とは
氏素性を名乗らなくてもいいということ。
もちろん!
財産や離婚歴や性癖を私に
そしてみなさんにいう必要もありません。

今日は知明湖周遊です。
冬の天候の急変に
対策を持っていないので
下流の一部だけを周回します。

あまりくるまの往来がなく
冬にハイキングする人もまれで
幅員のある平坦な道なので
先頭はどんどん進みますが
しんがりの一団はあきれるほど牛歩。

前に叫んで!後ろに尋ねて!
かりそめのリーダー(私ですが)は
疲れますねぇ。

知明さくら橋を対岸に渡ります。
blog03.jpg

「今日は楽勝でんな!」

「弁当食べて帰りましょう」

もう帰っていっぱい飲むことに
思いをはせる不届きじいさんたちも。

「お弁当は一庫公園で食べます。
「先頭の人は
「階段を上り切ったところで待っていて。
blog04.jpg

400 段もありませんから。

「ぎゃあ!聞いてないよ~!」

楽勝といっていた連中!
なかなか上がってきませんね。

そしてまだ坂を上りますよ。
鹿の遊ぶ「見晴らしの丘」でランチです。
blog05.jpg

あいかわらず!ちっとも
見晴らしはよくありませんけどね。

このあたりは
兵庫県猪名川町!川西市!
大阪府豊能町!能勢町が
膝をつきあわせていますが
今日はほぼ川西市だけを歩きます。

「なんにもないところですね」

「なにがお望みですか。
「アイスクリームやたこ焼きや
「焼きそばぐらいなら売っていますが。

「ウソやぁ!?」
「ホントなら買ってあげるよ」

それでは
「ネイチャーセンター」に行きましょうか。

「ね!
blog06.jpg

「たこ焼き!買ってちょうだい。

「8 個なら」
「みんなで分けられないからやめます」

「ひとつといわず!買い占めれば?

「え!?」

ネイチャーセンターで
里山のお勉強してください。
blog07.jpg

薪(まき)ストーブの
柔らかい火にあたっていますから。

炭焼き窯は外にあります。
blog08.jpg

このあたりは
高級木炭の「菊炭」の生産地なんです。

下りは車道にします。
blog09.jpg

平地は速い!
階段じゃない下りはなお速い。
糸の切れた凧(たこ)状態のお年寄り多数。

知明りんどう橋を渡ります。
blog10.jpg

対岸へといえば対岸ですが
流入河川がいくつかあるので
知明さくら橋のときの
元にもどった訳ではありません。

さらに橋をふたつ
トンネルをふたつ越えます。
blog11.jpg

アラフォー(around 40)のおね~さん!
毎日のかれの激しい要求(?)に答えて
お疲れのご様子。
もしかして!今日のメンバーの
女性陣の中では最年少じゃないの。
もう少し頑張ってね。

それにしてもお年寄りは不死身(!)です。

お!振り向けば
右に先ほど通った白いりんどう橋。
blog12.jpg

左の赤い橋は午前中に渡ったさくら橋。

堰堤(一庫ダム)の上を渡ります。

下流の渓谷はすっかり冬景色。
blog13.jpg

ダムの下に降ります。
blog14.jpg

一庫唐松公園から見上げて
記念の集合写真を撮りましょう。
blog15.jpg

「葬式写真でんな」
口の減らないご老体たち。

このあたりに摂津三湯のひとつといわれた
「一庫湯」があったそうな。

温泉は枯れたのでしょうか。
鉱泉だったのでしょうか。

「あとは能勢電鉄に出るだけです!
といったら
速い!速い!
先頭グループはどんどん行ってしまいました。

ま!今はスマホがあるから
その案内通りに歩いて
私の先導を待とうなんか考えませんね。はは。

のんびり組は振り向いてみませんか。
blog16.jpg

なかなかいいながめでしょ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クリスマスツリーのトップスター [西田辺探検記]

「あんな!ツリーな!」
「ベツレヘムやて!」

場末の
小汚い(という人が 9 人ほどいる)
居酒屋がなじるようにいいます。

「クリスマスツリーのトップスターは
「ベツレヘムの星というのが
「正式名称だという人がいましたよ。

通訳したらこんなぐあいかな。
会話でもメールでも
短くて意思の疎通が図られるのなら
より短いほど文化度が高いのでしょうけど
文化度がとてもとても高く!?
判じものみたいな会話をする人多し。

あたいら!おフランス人!困っちゃうだ。

それはともかく
神学生(?)にそう聞いたらしい。

「それがなにか?

「あんたはいつも」
「ダビデの星というとるやん」

「ああ!そうでした?
「すみませんでした。
「じゃ!さようなら。

「ああ!用事!用事!」

ん!?
クリスマスツリーを出せというの?
依頼するのにエラそうに。

「で!その星はあるの?
「昨年なかったでしょ!?

「10 年前からない!」

なかったらなんとかしなきゃ
クリスマスツリーにならんでしょうが!
ま!形だけで
中身のないことにだけ腐心する人に
説教は無意味なのでいいませんが。

大昔におもちゃ屋勤務のおじさんから
飲み代のツケの一部として
ぶんどったツリーは
そうとう色褪せてくたびれています。

3 段に分かれているのでは。

「下の段は!?

「それだけやで!残ってるのは」

ははぁ!紛失していて組み立てられず!
私に要請かな。

それなら仕方がない!
上 2 段だけでも
小学低学年の児童の背丈ぐらいあるでしょ。
それでいいじゃないですか!
夜中に客がくるショーバイですから
暗くてごまかせられるでしょ。

あ!つなげない。
つなぎ竿みたいに差し込む構造なのに
結合部が破壊されています。

ほうきの柄で添え木を作ります。

「なんでもやっつけるねぇ」

したくはないけど!
しなきゃ帰してくれないでしょ。

ほうきのついたクリスマスツリー!
ご覧あれ!
どこの店とはここではいいませんが。



街中!クリスマスツリーだらけ。
blog001.jpg

さすがにトップスターはありますね。
blog002.jpg

あれ!?てっぺんに星がない!
blog003.jpg

どうして!梅田の真ん中で
大勢が見て通るのに!いいの?!

日本の教会もキラキラにする時代ですか。
blog004.jpg

しかしまぁ!
こんなにキリスト教徒(?)がいるとは。

そういえば
大昔!初めて北京に行ったとき
泊まったホテルのロビーに
大きなクリスマスツリーがあったのに
驚きましたが。

かの地に宗教はあったの!?
あるのは毛沢東教?!
または儒教や
道教だろうという浅い認識で
油断していたのです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感