So-net無料ブログ作成
検索選択
こな(粉)もん ブログトップ
前の5件 | -

終戦の日のだんご汁 [こな(粉)もん]

今日(2016/08/15)は
終戦記念日(終戦の日)でしたか。

いわれなければ分かりません。
それは自分の誕生日さえも
だいぶ過ぎてから気づく
間抜けな私だけかも知れませんが。

戦争体験を
「次世代に語り継がなければならない」なんて
主張している人もいるようですが
ご苦労なことです。

語り継げば
歴史の勉強にはなるかも知れませんが
「平和」に貢献できるとは思えませんが。

同じことを繰り返すのが霊長類でしょう。

「オレオレ詐欺」でも「ねずみ講」でも
後を絶ちません。

引っかかる人はいつの時代にも初体験の人。
前に引っかかった人の体験が
まったく参考になるはずがありません。

時代が変わって
初めて戦争をする人は「初めて」ですから
前の戦争の戦略は参考になっても
戦争回避なんて思いもよらないことでしょう。



先の大戦では
日本各地にアメリカ軍の空襲があったのですね。

非戦闘要員の庶民を大量殺戮しても
殺戮されても
「しょうがないじゃないの」でおしまい。

攻撃するアメリカ政府や
無策の日本政府を非難したりしないんですね。

戦中・戦後派の
滝田ゆうの作品を読むと
「しょうがないじゃないの」ですね。

滝田ゆう作/銃後の花ちゃん/の最後は
空襲で焼け野原になった街で
売春婦(?)の花ちゃんは
ちゃんと仕事をしていました。

悲観的になって泣き濡れる青年を
「元気出して」と抱きしめています。

戦後!食料を求めていて
だまされてついて行って体を奪われて
泣きながら抱き合い
電車のくる線路に座っている兄妹。(夢いちりん)

進駐してきた兵隊に犯されて
進駐軍のバー勤めになった娘に悲観して
酒浸りになって死ぬ父親。(黄色い花)

どれも涙が出ますね。
でも!非難がましいことをいわない庶民。
「しょうがないじゃないの」と
滝田ゆうは描いています。

私なら相手の政府も
だらしない日本の政府も両方うらみますけどね。



だんご汁でも作って食べますか。

私なんか今も
戦後の動乱期の
闇市で暮らしているようなものです。

だんごを作る小麦粉がありません。はは。

ないものはない!
「しょうがないじゃないの」
小麦粉のないだんごでも作りますか。

乾燥のおからがあったので
水をかけて様子をみます。
乾燥おからはなん倍かにふくらむから。

探し出した黄な粉を混ぜます。

すごく香ばしい。
ですが!これでまとまるでしょうか。

賞味期限をはるかに過ぎた片栗粉がありました。

これを加えてねればなんとかなりませんか。



湯を沸かして
怪しげなだんごをゆでて
冷水に取ります。

庭!といっても貧乏家ではベランダですが
盛夏に青ものといったら
ヨモギとミツバくらいなもの。

ヨモギとミツバをゆがいて水に放しますか。

日焼けのトマト。
パチンコ玉ほどの大きさですけど
数はたくさんあります。

みんな冷蔵庫で冷やしておきます。

生味噌を冷水でといて
氷を混ぜます。

冷蔵庫で冷やしておいた
だんご等の材料を無造作におきます。
blogだんご汁.jpg

だんごが箸でつかみにくいほど
つるんつるんとしています。

他の人にあげると
おいしいというかどうか分かりませんが
終戦記念日にふさわしいような。

自画自賛です。



(敬称略)
コメント(0) 

キャンプの終わりのお好み焼き [こな(粉)もん]

大昔のワープロ打ちの紙が出てきました。
blog91.jpg

「アウトドアで」
「なにか作って食べたい」という問いに
いちいち答えるのがメンドくさいので
書いていたのですね。

こんなものが(特にバーベキューでは)考えられますので
この中から
お好きなものを段取りしなさい!ということ。

「小麦粉」なんてものも。
blog92.jpg

たいてい!食料があまります。

個々の材料をひとりなんグラム食べそうかという
考えが希薄なんです。
大袋でどんどん買ってきます。

特に宿泊を伴うようなときには
中途半端な材料が多く残ります。

最後にそれらの処分が待っています。
捨てないで。

全部きざみます。
肉も野菜も菓子もくだものもきざみます。
乾物はもどして
干ものは軽く火を通して。

全部小麦粉と混ぜて
特大のお好み焼きを食べておしまいにしましょう。

といってきました。



しかし!
実際に私自身が行った記憶がないような。
エラそうにいっていて!すんまへん。

私たちはケチというか
貧乏過ぎるというのが
正鵠(せいこく)を射ているのか
最後の方には
食料が足りなくなるキャンプばかりでしたね。



わが家の冷蔵庫も
昔の野営の終わりごろのように食料が欠乏。

でも!小麦粉(お好み焼き粉)はありますね。

賞味期限も切れて
中途半端に残っているものばかり。
blog93.jpg

パン粉!てんかす(揚げ玉)!白玉粉!乾燥おから!
きな粉!乾燥あみえび!打ち豆!

なんでしょう!?
高野山土産の粉豆腐?!
乾燥おからによく似ているような。



打ち豆はもどしてから
他のものはそのままみんな混ぜました。

打ち豆のもどし汁と
昨年からある酒粕をたっぷり溶いた日本酒で
ざっくりねってみます。

これまた昨秋の干し柿を切って入れ
ミイラ化する直前の生姜をおろして加えて
ニラを混ぜ合わせました。

だし醤油を少々。

オリーブ油と胡麻油をしいて
焼きました。
blog94.jpg

口直しにはレモンの古い塩漬けです。



食べられます。はは。

結構好きかも。

ま!好みは別れる味でしょうね。
コメント(0) 

マイカップヌードル [こな(粉)もん]

安藤百福 (あんどうももふく 1910 ~ 2007)が
迎えてくれます。
blog81.jpg

大阪府池田市の
インスタントラーメン発明記念館です。

あいかわらずの盛況ですが
夏休みも終わったので
気のせいか少しはゆとりがあるような。

過去!私がきたときにはいつも
通勤時の阪急・梅田駅ほど人がいたのですが。

「マイカップヌードルファクトリー」!
空いています。
blog82.jpg

こどもの体験型の食育施設と
標榜していたような。
充分おとなの私も
外国人だらけの中に混じります。

自販機で容器を買います。
まず!製造年月日を書いてから
容器にデザイン画を描きます。

麺を入れます。
blog83.jpg

スープを 1 種類。
具を 4 種類選んで入れてもらいます。
blog84.jpg

シールをしてもらいます。

あんまり麺作りを体験した気分にはなれませんが。
300 円。



2 階の「チキンラーメンファクトリー」は
もっと本格的な講座でしょうか。
blog85.jpg

ま!私はもういいですけどね。

やっぱり!食べものの前では
食べてみたい人が多いようで
「テイスティングルーム」があります。
blog86.jpg

カップ麺の自販機と
お湯が出る装置があります。
もちろん!日清製品ばかりですが。

マッサマンカレー?!
blog87.jpg

近所のスーパーで見かけないような。
190 円。



作ったマイ「カップヌードル」を
こわれないように
風船みたいにふくらます袋に入れてもらい
首から下げて帰ります。
blog88.jpg

童心にもどりますが
はたから見ればこっけいですね。

ちなみに私の容器のデザインは
「ほっ」だけ。
blog89.jpg

シンプルがいいのです。
独善ですがね。

たぶん!パクリでしょう。

文字とか数字とか使えば盗作です。
自分で考えたものではないからです。

たとえその文字等を崩して使っても同じです。
と!思うのは私だけでしょうか。



(敬称略)
コメント(0) 

即席ラーメンの日 納豆チキンラーメン [こな(粉)もん]

ラストエンペラー・愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)が
「日本のチキンラーメンが食べたい」と
意外なことをいったそうな。
人生の前中半を宮廷料理で生きてきた人が。

癌(がん)におかされて入院中のこと。

弟・溥傑(ふけつ)の妻・浩(嵯峨侯爵家令嬢)が
日本からきた食品を大兄に届けていて
味を知っていたようです。
(愛新覚羅浩著/流転の王妃の昭和史)

たぶん!それもかなわず
ラストエンペラーは
昭和 42 年(1967)北京の病院で
61 歳の波乱の生涯を終えました。

後に日中国交がなって
発明者の安藤百福が
チキンラーメンをたくさん持参して
紫禁城にある王座に捧げたと聞きました。

私が故宮を訪ねたころですから
没後 30 年あまりしてからでしょうか。



今日(2015/08/25)は
「即席ラーメンの日」だとか。

日清食品が昭和 33 年(1958)の 8 月 25 日
「チキンラーメン」を発売したからだそうな。

そのときには食品問屋の反応は冷たかったんですね。
(安藤百福著/食欲礼讃)

神武景気の後の岩戸景気のころのはずですが
それでも!
うどんの玉 1 個が 6 円の時代に
35 円ではねぇ。



余談ですが
その岩戸景気のとき!夜のあだ花(失礼!)
東洋一のナイトクラブといわれた
ニューラテンクォーターでは
1 万円の中華そばが有名だったそうですが。
(山本信太郎著/東京アンダーナイト)

ニューラテンクォーターがオープンしたのは
「チキンラーメン」の発売の 1 年後ですがね。

前店のラテンクォーターは
児玉機関!GHQ!芸能人!ヤクザ!等の
闇を牛耳るものたちのるつぼで
非合法の博打(ばくち)場でもあったそうですから
ニューラテンクォーターも推して知るべし!といえば
叱られるでしょうか。

プロレス史に詳しい人は
力道山が刺された店として記憶があるようですが。



「日本人はめん(麺)好き」と
安藤百福は繰り返しのべていますが
そうですか?!

私の親も好きでしたね。
私はそうでも、、、。

出されたら食べますけどね。
お行儀がいいので!丼の底までなめますけどね。

ま!私は日本人じゃなく
「おフランス人」としておきましょう。



おフランス人でも
「即席ラーメンの日」ですから
チキンラーメンを取り出します。

なにか!おいしい食べ方ないですか。

難しいことは嫌いですので
林家木久蔵著/ラーメン料理学/でも広げてみます。
「でも」といってすみませんね。
今の木久扇が 30 年前に書いた本ですがね。

75 種類も考えたといいますが。

「ホモラーメン」!?

スープに森永ホモ牛乳を加えるもの。

「タコ焼きラーメン」?!

大阪にはありそうな。

「辛子明太子ラーメン」

福岡にはありそうな。

「海草」「カイワレ」「てんぷら」「コロッケ」
「伊勢えび」「フカヒレ」「ウナギ」
主として
トッピングを変えるラーメンを考えていますね。

30 年前はどうだったか知りませんが
そんなに斬新なアイデアじゃないですね。
ほとんどあるのじゃないですか。

参考にはなりませんでした。



最近のチキンラーメンには
生たまごを置くへこみがあるんですね。

え!うんと前からですか。
あんまり食べていませんからね。

それに発売時には 2 分?!
今は 3 分待つのですね。
いつから 3 分になったのでしょう。

茗荷(みょうが)をきざんで
塩水で洗ってしぼり
納豆と混ぜてトッピング。
blogチキンラーメン.jpg

今!わが家にある青ものは柳蓼(やなぎたで)だけ。

ひりりとアクセントになります。



(敬称略)
タグ:愛新覚羅浩
コメント(0) 

冷やしカレーうどん [こな(粉)もん]

暑いです。

うどんを冷水でしめて
カレースープで食べたらどうでしょう。
blog91.jpg

薬味は
マグロのフレーク(缶)をマヨネーズで和えて。

カレーはレトルトですが。

口あたりはいいです。



近鉄・大和西大寺駅。
改札を入ったところがきれいです。
blog92.jpg

大昔!通勤で通過していたときには
こんなきれいでしたか。

百貨店の中のようです。
blog93.jpg

乗客だけを対象にするのはもったいないような。

大きなTVがあり
イスがあり
冷房の風が流れているので
夢もチボーもなく
ただ暑いだけの夏を背負っている阿呆は
なにも考えずにぐで~と座って休憩。

親兄弟ご先祖が見たら泣きますな。



この構内の「うどん・そば 二条庵」に
カレーうどんがありました。
冷たいものです。

夕刻です。
ご先祖が泣いても懐中が泣いても食べます。
450 円。
blog94.jpg

スープにとろみはありません。
さらさらしています。

台をラーメンの麺に替えることもできます。



さまざまのことおぼろげに冷やうどん  ほっ
コメント(0) 
前の5件 | - こな(粉)もん ブログトップ