So-net無料ブログ作成
野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ
前の5件 | -

高田城跡 二人静の里 [野道!山道!恋はけもの道!]

奈良盆地の南西の大和高田市。
大昔から交通の要衝らしい。
今も近鉄・大阪線!
JR和歌山線!
近鉄・南大阪線がすり寄っています。

吉野や橿原神宮や
山の辺の道に行くときには
通り過ぎているのですが。
しかし!
降りてみることはまずありません。
通過するだけの里です。

今日は高田城跡があると聞いたので
探検です。

わずかな情報では
JR桜井線と和歌山線の中だといいますが
さまよっていたらその外にありましたが。
blog21.jpg

平城ですね。
ただの空き地のようで
面白いものはありません。
織田信長の時代に廃城になったようです。



高田城跡の南に東西にまっすぐな
国道 166 号が走っていました。
この道を竹内街道と表記してありました。

竹内(竹ノ内 or 竹の内)街道は
大坂(大阪)と大和を結ぶ
古代の官道ですが。
私の手元の竹内街道の地図には
大阪府堺市の阪堺・大小路駅前から
奈良県葛城市の
長尾神社までとなっていますが。
さらに延長しているんでしょうか。

ま!細かいことはうっちゃって
長尾神社のほう!すなわち西に進めば
大中(おおなか)公園がありました。

「静御前記念碑」なるものが。
blog22.jpg

「しずやしず 賎のおだまきくり返し
「むかしをいまに なすよしもがな

能の二人静(ふたりしずか)の
名場面の歌詞ですか。

吉野でもなく鎌倉でもなく
大和高田市の地なのにね。
この地は静御前の母の里だとか
かの女の終焉の地だとかの
伝説がありますからね。

元歌は

「いにしへの しづのをだまき くりかえし
「むかしを今に なすよしもがな

昔いい寄った女性に
もう 1 度昔に返すすべがあったらなぁと
ある男(たぶん!在原業平)が
ちょっかいをかけて歌を送ったけど
相手にされなかったのですね。

この「しづ」は「倭文」
日本で考え出された織物でしょうけど
「倭文」と悲しい身の上の「賤」と
静御前の「静」のそろい踏み。

世阿弥の会心の作でしょうか。

この大中公園の池の中に
浮舞台と称せられる能舞台が目を引きます。
blog23.jpg

そんな関係で建てたのでしょうか。



「いにしへの しづのをだまき くりかえし
「むかしを今に なすよしもがな

身につまされますね。

稲穂の黄金色に魅せられてふらふら。
blog24.jpg

稲刈りを見学。
blog25.jpg

労働はいいなぁ。
私は今までなにをしてきたんでしょう。
反省より恐怖感が増しますね。

「調田坐一事尼古神社」がありました。
blog26.jpg

「つくだにますひとことねこじんじゃ」
と読むのですか。

「ひとこと」だけの願いを託しに
善男善女が集まっていたのでしょうね。

私もあちこちの「ひとこと主」に
お願いしてきましたが相手にされません。
欲深いものには霊験はありませんね。



浅くなった用水路に小魚が。
blog28.jpg

「鷺(さぎ)知らず」と
逃げられればいいのですが。

コンクリートばかり!
休まるところも
産卵するところもない環境で
よく命をつないでいますね。

ああ!
blog29.jpg

寄せ集まればひとつの生命体ですね。

ぎゃ!
blog30.jpg

ピンク色はリンゴガイの卵塊?!
奈良盆地に棲息を広げていますね。

でも!ジャンボタニシと呼ばれるような
大きな成体が見かけませんね。
どこかに隠れているのでしょうか。

大昔に「ラプラタリンゴガイ」と
レクチャーされたので
いつもみなさんについ!
そういってしまいますが
ほとんど「スクミリンゴガイ」だそうな。

その違いは知りませんが
どちらにしろ
駆除しなければならないものでしょう。
かれらに罪はないのですがね。



「この世に生きる よろこびなんか
「だれもおしえて くれはせぬ
「意地を張っても 心じゃ泣ける
「自分にうそは つけないさ

あは!
自分にもうそをついて生きていますよ。

歌は嫌いです。
敬遠して生きています。
それなのにその嫌いな艶歌が
諭すように!からかうように!
突き放すように!
繰り返し耳の奥で止みません。

しずのおだまきのように。
blog31.jpg



(伊勢物語/石田穣二訳注/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴロゴロ岳 下山記 [野道!山道!恋はけもの道!]

月に 1、2 度
10 年もハイキングしていたら
最初のころから
つきあってくれている人たちには
もう案内するところがなくなってきます。

おなじところでもいいのですが
「またか」なんて顔をされそうで
ひとりで心を痛めたり。

つぎはどこそこに行ったらどう!?なんて
いってくる人もいますが
いうのは簡単!でも
それぞれ条件が違いますからねぇ。

ひとりや数人では歩けるコースでも
十数人!いや20 人を越えるときには
考えねばならないことが増えてきますからね。



ポンポン山はどうですか。
ゴロゴロ岳に連れてって。
最近!よくいわれるのですが。

どちらも面白い名前なので
1 度聞いたら記憶に残って
興味をひくのでしょうね。

ポンポン山は
京都市と高槻市との境にある山。

ゴロゴロ岳は
芦屋市と西宮市の境界にある山。

どちらも全然記憶にないのですが。
1 度ならず登っているはずなのに。
外づけ HDD にも画像が残っていません。
すごく前のことかなぁ。

自分で計画して登った山でも
記憶が薄れてほとんど飛んでいるのに
先達の尻について
だらだら通り過ぎた山には
極端に記憶がない
情けない脳細胞を持っています。



今日はともかく
ゴロゴロ岳に行ってみます。

芦屋川をさかのぼれば行き着く
東おたふく山は
まだ!記憶にあります。
脳細胞が少しは生きています!はは。

東おたふく山の東にある山ですよね。
ふたつの山の中ほどに奥池があります

奥池と
ひとまとめにしていっていましたが
奥池と奥山貯水池のふたつの池が
尻を突き合せた形になっています。

奥山貯水池の縁を回っていたら
ゴロゴロ橋。
blog21.jpg

これらの池に流れ込む谷のひとつに
架かっている橋ですね。
この谷の名はイモリ谷。
イモリ谷をたどれば
ゴロゴロ岳に着くようです。

上り坂なんですが
山の中を歩いている
感覚じゃないんですが。
街の中の公園の散策みたい。

今日は間違いなく一番新しい
六甲山のハイキング地図を
持参したのですが。
一番新しいといっても
1992 年発行ですかぁ!

山が都会に変貌していても
おかしくないくらい
ときは流れているのかも。

いもり池だそうな。
blog22.jpg

この池から流れ出る川だから
イモリ谷でしたか。

近畿地方には珍しい「サギスゲ」の
自生地だと書いてあるのですが
どんな貴重なことか知りません。

あっけなくゴロゴロ岳頂上。
blog23.jpg

汗もかく暇もありません。
標高 565.6m だったから
5656でゴロゴロ岳。
もっとも最近低くなっているようですが。
この頂上の横まで宅地になっています。



つまらないから早々に下山します。

最新(?)の地図を見ると
東に苦楽園尾根を通って
阪急の甲陽園駅に降りるのが最短。

最短かも知れないけど!?
blog24.jpg

岩ばかりの急坂!
それにとても暗いのです。

たまに尾根らしいところはあるのですが。
blog25.jpg

やっぱりころがりそうな岩の道。
blog26.jpg

岩がゴロゴロなので
ゴロゴロ岳ですかぁ!
ボヤいたり毒づいてみたくもなります。

ゴロゴロ岳に上るのはともかく
下山はこちら側に
みなさんを誘導する訳には行きませんね。

イノシシが気配をたくさん残していますが
道とはいえないような尾根筋なら
かれらも大変でしょう。

住宅のあるところまで
15 分もあれば降りられると
たかをくくっていたのに
45 分もかかっていました。



降りたところは
敷地の広い高級住宅街かも知れませんが
急斜面に造成されていますね。

見晴らしと風通しはよさそう。
冬は死ぬほど寒そう。

小・中・高校の間の道。
blog27.jpg

スキーのジャンプ台みたい?!
おおげさにいえばね。

このあたりの児童・生徒は
足腰が鍛えられますね。
blog28.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妙見山 八朔祭 [野道!山道!恋はけもの道!]

舗装道路にユリが咲いています。
blog51.jpg

ど根性ユリですね。

能勢電鉄の
終点・妙見口駅から歩いています。

里の田んぼは黄金色!実りの季節。
blog52.jpg

たった今「妙見の森ケーブル」が
出て行きました。
blog53.jpg

どうしましょう。
つぎのケーブルを待つか!歩くか。
昔はちゅうちょなく
歩いたはずなのに!考えるとは。

最短の旧参道の
新滝道コースは閉鎖しています。
大堂越コースですか!歩くとすれば。

地野菜を品定めしながら考えます。
blog54.jpg

帰路!たぶん
ここを通らないでしょうから
買いました。
カボチャ!
おいしそうだったから。
重いのに。

結局!臨時便を出すというので
乗ってしまいました。ああ。
blog55.jpg

さらに「妙見の森リフト」にも!
乗ってしまいました。
blog56.jpg

軟弱!この上ありません。
懐中も不如意なのに。

コスモスの花!ちらほら。
でも!だれも乗っていませんね。
ケーブルもリフトも片道 350 円!
大幅に値上げしているからでしょうか。

ブナ群落は健在。
blog57.jpg

この樹種としては超低山のブナ林。
地球温暖化もあって
もうすぐ消える運命かも。



「能勢妙見山」は
八朔祭(はっさくさい)を催行していました。
blog58.jpg

「能勢妙見山」とは
私たちいいかげんなものは山を指したり
山頂の寺院をいったり。
たぶん!寺院には
立派な本名があるのでしょうけど。

今日(2017/09/03)は
朝から法要がつづいているはず。

ガラス張りの信者会館
「星嶺」に行ってみます。
blog59.jpg

「あの、、その、、」と
ぼそぼそ質問しようとしたのですが
法要の席に正座させられてしまいました。
blog60.jpg

いいのでしょうか!
異教徒(!)が臆面もなく座って。

ちなみに座っていた床を下から仰げば。
blog61.jpg

床もシースルーなんですね。

地下に降りて法話。
blog62.jpg

アメリカ生まれのアメリカ育ちの
アメリカ人の上人さまが日本語で説教。
ありがたいことです。

おまつりなので
門前広場に「市」が立っていました。

あら!安い!?
blog63.jpg

巨峰が 150 円!マスカットが 250 円?!
あわてて飛びつくと
恥をかくところでした。
100g あたりの値段だとか。
貧乏人には紛らわしい表示。

これから奉納芸能やら
能勢浄瑠璃の人形による餅まきやら
いろんなことをはさんで
法要がつづきますが
私はもう十分!
ありがとうございました。



今日は精神が軟弱!楽なように
今まで一番たくさん歩いているはずの
「上杉尾根コース」を下ります。
blog64.jpg

ミンミンゼミと
ツクツクホウシが歌っています。

気のせいか
スズメバチとなん度も遭遇します。
ハチがもっとも
興奮している季節かも知れません。

鹿よけに筒が巻かれた
クヌギの苗が育っています。はは。
blog65.jpg

でも!ほとんどの苗が枯れていますね。
クヌギのためのプロテクタは
笹の保護のシースと化しています。
blog66.jpg

尾根道なのに
年々見晴らしが悪くなりますが
八町茶屋跡を少し下がったあたりだけ
眺望がききます。
blog67.jpg

見えるのは黒川の里でしょうか。



まだ午後 1 時過ぎですが
帰路の「のせでん」に。

たったひとつ持参の
おにぎりを食べていると
頭の上でちりんと鳴り驚かされました。

風鈴電車でしたか。
blog68.jpg

まだまだ夏が行かないのですか。
暦の上では 8 月朔日(1 日)ですよね!?
八朔祭の日ですから。

違いますね。
今日は 7 月 13 日(旧暦)でした。

八朔祭も他の日本の行事同様に
さまよっていますね。

「風鈴」は夏の季語
「八朔」は秋の季語だそうですよ。

そもそも「八朔祭」は
穀物の実るのを祝うまつりだったそうな。



農捨てて なほ八朔の 飯を炊く 阿部湖風
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛宕山 千日詣り そのひぐらしが行く [野道!山道!恋はけもの道!]

柚子(ゆず)の里・水尾から歩きます。
blog61.jpg

歩くなんてもんじゃない!
いきなり急坂!登るのです。
3、4m 進んで 1m 上るというほど。
数字はあくまでも私の頼りない感覚ですよ。

まったく勾配を緩めてはくれませんが
落葉の敷かれた山道らしからぬ
幅員のあるきれいな道です。
blog62.jpg

愛宕山参道のひとつです。
私の記憶では
もっと素朴な小道だったのですが。
整備したのですね。

「一陣のひぐらし鳴く音おこるなり 草田男

雷鳴とひぐらしのカナカナがかまびすしい!
京都市右京区の天気予報は午後から雨でした。

雨が降っても登りますぞ。
登らねばならん!ならんのじゃ!
三波春夫は唄っていました。(古いのぉ)
「とめてくださるな妙心どの
「落ちぶれ果てても平手は武士じゃ

余談ですが妙心どのは女性の僧です。

「尼さま合掌してさようならしてひぐらし 井泉水

閑話休題!
武士でもないのですが
今晩(2017/07/31)から明朝にかけて
年に 1 度の千日詣りです。

この日 1 度詣れば千日分の、、、!?
え~と!忘れました!
なにかのご利益があるといいます。

夜になってから登るのが正式でしょうけど
例年!大勢!明るいうちから登っています。

「かなかなないてひとりである  山頭火

愛宕山にはいくつかの登山口があります。
清滝からの表参道には蟻の行列だといいますが
こちら裏参道は静かです。



雨がぽつりと落ちてきたとき
「水尾の岐(わか)れ」の
休憩小屋に着きました。
blog63.jpg

ここから表参道に合流します。
あと 30 分かな!楽勝です。
が!結果!もっとかかりましたね。ああ。

通称「ハナ売り場」です。
blog64.jpg

水尾の里のおね~さん方が
「しきみ(樒)」を売っているところですが。

さかき(榊)ではないんですね!ここは。
昔は朝!かまどに火を入れるとき
このしきみの葉を 1 枚入れたそうな。
そうすると、、、え~と!?
なにかご利益があるはずです。

雨がやみました。
表参道にこの日だけ下げられている電球が
明るく感じられてきました。

「かなかなや素足少女が火をともす  澄雄

黒門が見えてきました。
blog65.jpg

銅板葺の高麗門。
寺の門みたいに見えます。
大昔には
白雲寺という寺院もあったと聞いたような。

「ひぐらしは坊さんの生まれかわりか 風天

あと少し。
blog66.jpg

明智光秀が本能寺攻めを決心した愛宕神社。
blog67.jpg

やれやれ!予定より 10 分遅れています。



ん!?
ずぼんの膝小僧が濡れています。

あああ!膝から上!
服がシャワーを浴びたようです!?
速乾性の服なのにしぼるほどの汗。

ウエストからは実際!したたり落ちています。
リュックの背にあたる部分も水に落ちたよう。

発汗は
人より少ないような気がしていたのですが
今日もあんまり!特に顔には
かいていないと思っていたのですが。

私の体力の衰え?!
それとも今日の天候のせい!?



千日詣り。
正式名称は
千日通夜祭(せんにちつうやさい)というとか。

ちなみに「千日詣り」はいいのですが
「千日参り」と表記するのは嫌いらしい。

火難除けの神さまですから
「火廼要慎」祈符(400 円)と
かまどに火をつけるときに使う
うちわ(200 円)を求めます。
blog68.jpg

あ!祈符は紙に包んで丸めてくれました。
たくさん押し込んでいる
リュックに入れたらつぶれますね。
濡れるでしょうし。

いつもはなにかを入れるときのために
ボックスをふたつほど持参しているのですが
今日にかぎって、、、。

作りますか。
飲み終わったペットボトルにはさみを入れます。
blog69.jpg

中をティッシュでふいて!即席・祈符入れ。
はさみはいつものように持っていました。



こどもが 3 歳までに参詣すると
一生!え~と?!
忘れましたが!なにかいいことがあるのです。

こどもは小さくて歩いて登れません。
お父さんは大変です。
blog70.jpg

若いうちにお父さんになっておきたいもの。
blog71.jpg

ママも頑張っています。
blog72.jpg

シングルマザーなんでしょうか。
blog73.jpg

新しいオトコはいないんでしょうか。
よけいな心配をすることもないのですが。

どう見てもおばあさん!おじいさんが
大きなこどもを背負って登っている姿も
多数見受けられました。

5kg ばかりのリュックに
大汗をかいているものは
恥ずかしいかぎり。



夜中に神事があります。

境内の隅に靴を脱いで上がる場所があります。
blog74.jpg

ここで善男善女は徹夜するのですね。

カナカナの声がか細くなりました。
陽が落ちて行きます。
blog75.jpg

「蜩の声より過去となりゆけり  五線

バチあたりは神事を待たず帰ります。
帰路は電球の下がる表参道を下ります。
blog76.jpg

これが大変!

いつもはこの道が
フツーだと思っていたのですが
整備されていた水尾からの道を歩いてきたので
荒っぽく感じるのなんの!

表参道を「男坂」
水尾からの道を「女坂」といわれる所以ですね。

暗くなったらよけいに危ない!あぶない!
blog77.jpg

そんな闇の中!どんどん人が登ってきます。

登ってくる人に「おのぼりやす」といいます。
反対の人は「おくだりやす」といってくれます。

京都弁のアクセントがうまくできません。
他人のあいさつをよく聞いていると
元気のいい「や~~~す」が耳に残ります。

そうか!「や~~~す」でいいのか。

「一生分のや~すをいった」と
東京からきたという女学生たちの弁。



直接的な登り口・二の鳥居に着きました。
blog78.jpg

いつもは静かなところなのに今夜はやかましい。

だいたい 1 時間半くらいで下山していたのに
2 時間半も費やしていました。

バスで阪急・嵐山駅に出ます。
今夜は臨時バスがたくさん。

嵐山駅で降りると大勢の人が待っていて
折り返しすぐ発車して行きました。
blog79.jpg

今夜は眠らない人たち。



「かながいた かなこもいた ひぐらしの恋  ほっ

なんのこっちゃ!?
自分でも分かりましぇん。
ちょうど 2kg 落ちていたことだけは
体重計の目盛りで分かりました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏の一庫ダムは白い色 [野道!山道!恋はけもの道!]

一庫(ひとくら)ダムです。
blog71.jpg

兵庫県川西市の山ん中です。

ダムの下は
一庫唐松(ひとくらからまつ)公園と命名され
整備され
桜の花見の名所という人もいますが
大昔は名湯・一庫湯があったそうな。
有馬!平野と摂津三湯と呼ばれていたとか。

いいじゃないですか!ダムの下の温泉。
美作(みまさか)三湯の湯原温泉のように
ダムの下に露天風呂を造ったらどうでしょう。

ダムの横をはい上がります。
blog72.jpg

センダン(栴檀)の花が白い。
この木は関西の都会の真ん中から山ん中まで
勢力を伸ばしつづけています。

私は好きな木じゃありませんが。
真夏にはこの木でクマゼミがよく鳴いています。
「高野聖(ひじり)」と「伏見稲荷」が
タッグを組んで(?)布教していたように
センダンとクマゼミが
結託しているとしか思えません。はは。



ダムの管理事務所に「天水」のタンク!?
blog73.jpg

雨水が必要なんですか。
ダム湖に売るほど水があるじゃないですか!
blog74.jpg

あれ!?
水面がきれい?!
blog75.jpg

長年!
水面はウキクサ(浮草)で緑色でしたが。
冬でもそうでしたが。(拙ブログ 2016/12/11
取りのぞいたようですね。

ああ!まだ
隅のほうの一部には残っていますが。
blog76.jpg

これがまた湖面いっぱいになるのでしょうか。

知明さくら橋をわたり対岸に行きます。
blog77.jpg

「知明」とは
このダム湖を「知明湖」と名づけているからです。



あれ!こんなオブジェ!ありましたか。
blog78.jpg

毎回驚いているような。
記憶力も学習力もないですな。はは。
このオブジェから入って
360 段(たぶん!)の階段を上がり
一庫公園の芝生の広場に。
blog79.jpg

こんな標高のあるところに
親水の小川を流しています。

さらに!そしてさらに
高いところがありますが。
blog80.jpg

また!だれかときたときに
粋がって(!)上りましょう。
今日は偵察だけ。
妥協は早く
再び知明湖の周遊道路に降りて歩きます。

この湖には
大小多くの河川が流入しているのでは。
その中で
一庫大路次川と田尻川が大きな川のような。
田尻川の上流のほうを目指します。
blog81.jpg

黒川地区からきているので黒川でしょうか。
左岸から流入している川。
blog82.jpg

あの川をさかのぼって帰りたいのですが
さらに上流まで行かねば
向こう岸ににわたる橋がありません。

やっと橋に。
blog83.jpg

いかにも骨董品のような色の縄手橋。

わ!このあたりには緑色のウキクサだらけ。
これが流れて行って
湖いっぱいに繁殖するのでしょうか。



黒川の里は田植えのころ。
blog84.jpg

桑の実が熟れています。
blog85.jpg

ウグイス(鶯)の声が聞こえます。

小道に散り敷いている白いものは
エゴノキの花か!カキ(柿)の花か。
ウツギ(卯木)やヤマボウシ(山法師)や
その他名は思い出せない
たくさんの白い花が咲いています。

白い蝶や白い蛾が通り過ぎて行きます。

マタタビ(木天蓼)の白い葉先も目立ちます。
初夏の里山は「白」なのかも。


 雨晴山里拵田忙
  あめはれて
  やまざとは たごしらえに いそがしく

 風清働早乙女香
  かぜきよく
  はたらくさおとめは うるわし

 枝上白花笑蝶翔
  しじょうに
  しろいはなはさいて ちょうがとぶ

 林桑実美滑鴬喉
  はやしの くわのみはうまし
  なめらかなる うぐいすののどよ


漢詩でも中国語でもありません。
思いついた漢字を並べてみただけ。
たくさん字を知っている(?)ところを
見せたいだけです。はは。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ