So-net無料ブログ作成
検索選択
野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ
前の5件 | -

トエンティクロスを下りました [野道!山道!恋はけもの道!]

大きく立派な石ばかり並べています。
blog41.jpg

生田川の上流です。
徳川道にあったという飛び石の再現でしょうか。
六甲山の山中の神戸市立森林植物園の東門の前。

とはいうものの!徳川道はここでしたか。
ここから少し上流に比定され
整備されていませんか。
ま!どちらでも大勢に影響はないですけどね。

江戸幕府は神戸港を
外国に開港することになりました。

外国人が上陸すれば
権威だけが生きがい(?)の大名行列と
文化の違う外国人の
刃傷沙汰(にんじょうざた)は必定。

第二の生麦事件を恐れて
幕府は大名行列のために
神戸港を避けて六甲山中を通る道
通称・徳川道を整備したのですね。

しかし!すぐ明治維新。
使われることはほとんどなかった道。
詮索すれば悲しい。

神戸港は広くいえば
兵庫の津の一部でしょうか。
「神戸」と「兵庫」!
県庁所在地の市と
県の名前が異なる事由はそのあたりでしたか?!



生田川を下ります。

ここから下流は通称 “トエンティクロス”!
妙に明るい道になっています。
blog42.jpg

暗くする木は遠慮なく伐採され
ハイカーが歩きやすいようにか
よく整備されています。

新しい!たぶん!砂防ダム。
blog43.jpg

“二十渉堰堤” だそうな。

“トエンティクロス” を和訳したら
“二十渉” とか “二十渡渉” になるのかな。

六甲山はまず外国の人が注目し
開発してきたので
英語というか!
カタカナの地名がたくさんついています。
blog44.jpg

“トエンティクロス” と命名されたのは
川とクロスするところが
20 か所あったからなのか!
単に多いという
英語の表現ではそうなるのでしょうか。

中国語では “多量” を表すのには
「一日千秋」とか「白髪三千丈」とか
ほんわかしたものがありますが。

日本語ではどういうのでしょうね。

とてもおいしい酒があったとします。
「いくらでも飲める」なんていう
ボキャブラリィの貧困な人に
出会うことがあります。

「いくらでも!?」
「そんなに無限に飲まなくてもいいから」
「丼に 3,000 杯だけ飲んでみておくれ」と
いってみたくなりますね。

もっとおくゆかしい日本語を使いたいもの。



あ!?
“トエンティクロス” を
私は
今まで普通名詞として使っていたような。
blog45.jpg

たとえば妙見山の初谷渓谷コースも
なん度も渓流を縫うように渡って歩きますが
「このあたりから」
「トエンティクロス!行きますか」
なんていってきましたが
地元の人にも電鉄会社の人にも
意思疎通できていましたが。

固有名詞だったのでしたらごめんなさい。

水中に杉の木が立って枯れています。
blog46.jpg

ここにもダムができて水位が上がったのかな。

本流のほうは
20 もクロスしないかも知れませんが
そこへ流れ込む支流は結構多い。
blog47.jpg

もしかしてこの数のことかも。

初夏の柔らかい緑に心身が染まりそうです。
blog48.jpg

大勢が火を囲んでいる広い河原!
市ケ原に着きました。
ここで “トエンティクロス” 終わります。



ここからは年になん度も歩いている道。
緑のおおいかぶさる急坂をいそぎましょう。
blog49.jpg

ほどなく布引(ぬのびき)貯水池。
blog50.jpg

神戸布引ハーブ園を往復する
ロープウェイが見えます。

布引貯水池ですが
ダムの名前は布引五本松堰堤だそうな。

このダムの横で断層がよく分かるのだとか。
blog51.jpg

縦に掘り込まれているところが布引断層?!

この断層が貯水池の上流のほうに
つづいているというのですが。
blog52.jpg

考えてみれば
断層の割れ目には水が流れやすそう。
水が流れるところには人が住みやすそう。
元来!災害の起こりそうなところが
便利で住みやすいのでしょうね。

当然なんですから
災害にあわてることはありません。



悟った(?)ので空腹になりました。
午後 2 時半ですが!ランチはしていません。
悟った(?)のでご褒美に
“おんたき茶屋” でなにか
ケチですから
500 円以下のものでもいただきましょう。
blog53.jpg

うどん!ラーメン!ビール(大瓶)!
だし巻きたまご!みんな 500 円です。

この時間なのに満席かぁ。
あきらめて!水をひと口飲んで下ります。

水量のあまりない雄滝(おんだき)。
blog54.jpg

梅雨になったら元気になります。

雌滝(めだき)。
blog55.jpg

右に取水堰堤が見えます。
明治 33 年(1900)年建造!
おばあちゃんでも現役です。

降りてきました。

新幹線の新神戸駅の下の川から
肉を焼くいい匂いが上がってきます。
blog56.jpg

大勢の人がパーティに興じています。
どこか風景のいい場所に行けばいいのに。
すみません。
パーティする友人のいないものの
すねた発言です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どんづるぼう 聖徳太子葬送の道 [野道!山道!恋はけもの道!]

近鉄大阪線・二上駅から歩きます。

静かな田園の中
二上山のふもとに行くつもり。
ふたつの山頂が並んで見えない場所なのか
どこが二上山やら。
blog61.jpg

こちら側からアプローチすることは
まずありません。

二上山により近いところを
近鉄南大阪線が走っていますから。
そちらの二上山駅やら
二上神社口駅を利用するのがフツーです。

道はなん本あるの!?
たこ(蛸)がツイストを踊っているような
交差点に出ました。
blog62.jpg

「穴虫(あなむし)」ですか。

ここに大きな万葉歌碑がありました。
万葉仮名で刻まれています。

メンドくさいので
新訓 万葉集/佐佐木信綱編/の通りに書きます。

大坂を わが越え来れば 二上(ふたがみ)に
もみち葉流る 時雨ふりつつ   (2185)

“大坂” ですか。

大坂(大阪)の語源の “大坂” が
どこの坂を指すのか
いまだに私は分かっていません。

難波京につづく道だとか
蓮如(1415 ~ 1499)がいい出したとか
今の大阪城あたりにあった
本願寺や
法眼寺や
生國魂(いくくにたま)神社の参道だったとか
諸説がいろいろ。

今はそのどの建てものもありません。
坂も行方不明(?)です。

しかし!この歌の “大坂” は
奈良と大阪の境の大きな坂のことでしょうね。
大坂(難波)からきたことには
変わりないでしょうけど。

あ!そうですか?!
中央(大和政権)側から見れば
大きな坂を越えたところにある地(難波)は
略称 “大坂” ですか!?
それが語源かも。

それはさておいて
この歌で越えた峠は “穴虫峠” ですよね!きっと。
その峠を目指します。



“地蔵摩崖仏” の高札がありますが
全然見えません!分かりません。

道のない急斜面をはい上がれば
“摩崖” と呼ぶにはあまりにも可愛い岩が。
blog63.jpg

自然石に高さ 54cm の
小さな(失礼!)
地蔵菩薩立像が刻まれています。

が!ここから降りるのに苦労しました。
よいこはまねをしないように。

この穴虫峠を通る道は
聖徳太子の遺体を運んだので
“葬送の道” と呼ばれているそうな。

このお地蔵さまと
太子信仰の関係は分かりません。

聖徳太子は今の奈良の
斑鳩(いかるが)の里で亡くなったのに
山を越えて今の大阪に埋葬したのですか。
どんな事由があるのでしょう。

穴虫峠に着きました。
ここが歌の “大坂” かも。



先年亡くなった
ハイキングにもウォーキングにも
とんと縁のなさそうなご老体が
「おれだってハイキングしたものや!」
なんていっていたことがありました。

「ドンズルボーなんかよく覚えとる」
「ま!駅から」
「ちょこちょこっと歩くだけやけどな」

大阪側をのぞけば
近鉄南大阪線の電車が
あえぎなら(!)上ってきました。
blog64.jpg

人やくるまは峠の上を越えますが
電車は峠の下の
トンネルをくぐって奈良側に入ります。

そのトンネルの奈良側の出口付近に
ご老体がいっていた
「屯鶴峰(どんづるぼう)駅」があったらしい。
blog65.jpg

背伸びして柵の上にカメラだけ出したのですが
どこにも駅の面影がありませんね。
新潮社/日本鉄道旅行地図帳/を見れば
昭和 49 年(1974)に廃止となっています。



屯鶴峰(どんづるぼう)に入ります。
ここの案内板には屯鶴峯と書かれています。
blog66.jpg

凝灰岩(ぎょうかいがん)というらしい。
むき出しです。
blog67.jpg

鶴が
屯(たむろ)しているように見える峰だとか。
blog68.jpg

ん!?
それなら
“鶴屯峰(かくとんほう)” でいいのでは。

屯鶴峰(どんづるぼう)も面白い重箱読み!?
“どんかくほう” じゃないんですね。

もしかして
“どんづるぼう” という名前が先にあって
だれかが漢字をあてたのかも。

ころがれば!はるか下に一直線!?
blog69.jpg

画像では分かりにくいのですが
すべりやすく!大変な急傾斜です。

でも!勇気を出せば
降りて降りられないこともなさそうですが
もし!帰らなきゃならないことになったら大変!
進むのは断念します。
blog70.jpg

××十年前に 1 度ならずきたことがあります。
そのときにはどうしたのやら。
どんどん進んで行ったような気もしますが。
だんだん横着になって臆病になりますね。

岩に座って時間をつぶします。
向こうの山も白く輝いています。
blog71.jpg

あれは “鶴” ではなく
ぶどう畑のシートが反射しているのですね。
大阪側の里はぶどうの産地です。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つつじの花の中 生駒山を下る [野道!山道!恋はけもの道!]

生駒山です。
近鉄・生駒駅前からケーブルカーがありますが
すいすいと登れますので歩きましたが。
ま!すいすいのはずでしたが
なんだか予定していた倍ほどの
時間が経過しています。

この山ではいつも!不調です。
とりわけ最近は特に。
年!古(ふ)りてとは考えず
相性の悪いせいにします。

山上にある遊園地には
幸せそうなファミリーの歓声が渦巻いています。

暑い!
blog51.jpg

丸木舟(?)で急流すべり!
楽しそうですね。

初夏を思わせる山上には
シャクナゲと八重の桜が
仲良くいっしょに咲いていました。
blog52.jpg

長居は無用!大阪側に下ります。
東は奈良県。
西は大阪府なんです。



やたらハイキングできる道があります。
大阪府が広大な自然公園を整備しています。
このあたり!東大阪市には
くさか園地!ぬかた園地!
それになるかわ園地とあります。

どこに降りてもいいのですが。
やがて近鉄の
どこかの線路にぶちあたるでしょうから。
今日は “なるかわ園地” の道標を探って
小道をころがり落ちることにします。
blog53.jpg

人間なら喜んで歩いていますが
牛馬なら怒りかねない急な坂ばかり。

この園地!なん度も歩いているはずなんですが
ぼんやりとしているのでしょう!
いつも自分のいる場所が把握できていません。

あ!
“ほととぎすの名所” 慈光寺を探して歩いた
道に出ているのかも。(拙ブログ 2013/04/29

初夏といえば
“ほととぎす” らしい!歌の世界では。
ちなみに手元にあった古今和歌集の
夏の歌の巻に 33 首ありますが
そのうち 28 首は “時鳥(ほととぎす)” です。

でも!鳴いていませんね。
うぐいすの美声ばかり。

時鳥(ほととぎす) 声もきこえず 山びこは
ほかに鳴く音を こたへやはせぬ     躬恒(みつね)

せめて山びこよ!うわさだけでも伝えて。



あ!やっぱり!慈光寺あたりでした。
国道 308 号に。
blog54.jpg

狭いところは幅員が 2m ほど。
ふしぎな国道です。

安い!
blog55.jpg

無人販売のタケノコ。300 円。
重いし!処理が大変なので
梅干と切り干し大根を買いましたが。
これも格安でした。

石畳の国道!暗(くらがり)峠。
blog56.jpg

そのまま進めば再び奈良県に入るので
右に曲がって県境を歩いて
なるかわ園地の “森のレストハウス” へ。
blog57.jpg

ああ!ここで(拙ブログ 2014/03/11
みんなでランチしたことがあります。
ほんのこの前なのに
最近の寄せ集めハイキングのメンバーは
がらりと入れ替わっているような。

ときの速さがおそろしい。

鬼籍に入った人もいますね。

しあわせになったらしい人も。
しあわせに王手をかけた人も
私の企画するハイキングは
敬遠してしまいますよね。
花がないですからね。

でも!もう!うわさは一切無用ですからね。



あんぱんを半分かじって 5 分でランチを終え
さらに下ります。

小学生の団体について行けば!
blog58.jpg

すごいじゃないですか。
blog59.jpg

“つつじの広場” ですか。
blog60.jpg

みごとです。
blog62.jpg

ヒラドツツジばかりでしょうか。


ぼんやり歩いていましたが
腰が抜けました。

声たえず 鳴けやうぐいす ひととせに
  ふたたびとだに くべき春かは  興風

1 年に 2 度くる春ではないですよ。
うぐいすさん!休まず歌いなさい。



(古今和歌集/奥村恆哉校注/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仁川の芝桜 甲山は神の山 [野道!山道!恋はけもの道!]

兵庫県西宮市の
仁川百合野(にがわゆりの)地区の芝桜。
blog51.jpg

阪神・淡路大震災時に発生した
地すべりのあったところです。
blog52.jpg

復旧・対策工事が行われています。
blog53.jpg

造成地の斜面に考えられる
地すべり対策工事の見本市みたいにいろいろと
段切りとか井桁擁壁(いげたようへき)とか
集水管・排水管とかの説明板があります。

傾斜が少しだけゆるやかなところは
のり枠工法なんでしょうか
その枠の中に芝桜が植えられています。
blog54.jpg

芝桜の名所になりつつあるようです。

ライラックも咲いています。
blog55.jpg

ライラックの向こうに仁川の谷があります。
谷の向こうの住宅地が見えます。
このあたりどこも
すごい崖っぷちに建っていますねぇ。
崩れても不思議でもないような。



神戸市水道局上ケ原浄水場の縁を通って
甲山(かぶとやま)のほうに上っていきます。

“十一丁” と読める丁石(町石)があります。
blog56.jpg

甲山のふもとの
神呪寺(かんのうじ)への参道ですね。

“九丁” らしい。
blog57.jpg

先ほどの丁石もそうですが
原形が分からないほど破壊されています。

破壊されてもあればいいのですが
“十丁” なんかはどこに行ったのでしょう。

“八丁” は兵庫県立甲山森林公園に
入ったところにありました。
blog58.jpg

豊臣秀吉の建てた大坂城が炎上消失した後
江戸幕府は
その城跡の外側に石垣を築き!土を盛り!
悪事をそっくり覆い隠してしまいましたが
その石垣の石材をこのあたりでも採取したらしい。

そのときのノミ跡の残る石があります。
blog59.jpg

屋根つきの休憩所があったので休みます。
広大な甲山森林公園のまだほんの
東のエリアに入ったところのようです。

西のエリアにある甲山が正面に見えます。
blog60.jpg

なるほど!兜(かぶと)のような形。

ランチどきですが
思いつきで上ってきたので
不二家のミルキーと
水としか持ち合わせていません。
どこかになにか売っていないのでしょうか。
期待しないほうがいいようですね。

この休憩所の自販機に
“パックンチョ” と “ハイチュウ” と
“キットカット” と
“チップスター” がありました。

“チップスター” でランチ?!
blog61.jpg

50g 130 円!いやはや。



甲山の北東では
湿原を保護したり!形成したり!
いろいろ試みていましたが。
blog62.jpg

難しいでしょうね。
湿原は乾いた平原になって行くさだめ。

高いものは低くなり
低いところは埋まるのが世の習い。
地球上には削られるか
埋められるところしかないでしょう。

やがてそれをご破算にしてくれます。
地球が少しだけ身震いをすると
アトランティスは沈み
ヒマラヤは隆起するのでしょう。

虚無的になりそうな心をそらして
甲山に上ります。
blog63.jpg

標高 309m の独立峰。

昭和 45 年(1970)
頂上から弥生時代と思われる
祭祀用の銅矛(どうほこ)が出土したそうな。

がぜん!甲山の名前の由来
「神の山」説が元気づいたようです。
仮名では「かふのやま」と書くらしいです。
「かふのやま」から「かぶとやま」へ?!

甲山は下からはよく見えるのですが
上からは樹木が繁っていて見晴らし悪し。
blog64.jpg

ん!?
blog65.jpg

春がすみの中ですが
光っているのは “大阪ドーム”?!
高いビルは “あべのハルカス”!?
遠くの山は “二上山” でしょうか。
けっこう遠くまで確認できるものですね。

“あべのハルカス” が見えるのなら
わが家も見えませんか。
見える訳はないですよね。



神呪寺(かんのうじ)に向けて下ります。

松の木が不思議な形をしながら成長しています。
blog66.jpg

ハート形に見えましたが。

神呪寺境内に降りてきました。
blog67.jpg

なかなか
神々(こうごう)しい山じゃないですか。

仁王門のところに “一丁” がありましたね。
blog68.jpg

本堂までまだ 1 丁あるのですか。



阪急・甲陽園駅に向かいます。

つるべ落としのような急坂を下ります。
地すべりが起きても
不思議でもないようなところに
たくさんの高級な住宅が並んでいます。

いろんな苗が!?
blog69.jpg

「ご自由にお持ちください」とあります。
お屋敷に住む方は
なんて!やさしいのでしょう。
入れる袋まで用意されています。

“ツルムラサキ” と
“ヒマワリ” をいただいて帰ります。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

馬見丘のチューリップ 靴下の市 [野道!山道!恋はけもの道!]

チューリップの花の波です。
blog81.jpg

奈良県立馬見丘陵公園の集いの丘。

今月初めに(拙ブログ 2017/04/04
アラフォー(around 40)のおね~さん方と
お花見ハイキングにきたときには
丘の上の桜(ソメイヨシノ)は
硬いつぼみでしたが。

あれから 3 週間も経たないのに
ソメイヨシノは咲いて散って若葉が見え
八重の桜も盛りが過ぎようとしています。
blog82.jpg

あのときには花はないのに
“馬見チューリップフェア” ののぼりが
たくさんありましたが。
blog84.jpg

秋にはダリア園もチューリップのじゅうたん。
blog83.jpg

無料で開放しているのに
お金をかけていますねぇ。
blog85.jpg

昔!
わが家(集合住宅ですが)の玄関先に
チューリップの球根を
1,000 個植えたことがあります。

最初の年はきれいに咲きましたが
2 年めにはちょぼちょぼ。
3 年めには消えてしまいましたね。
乾燥したいい花壇なのに。

各種のウイルスや病気に弱い球根です。
これだけ毎年咲かせるには、、、大変ですね。



池にはあい変らず
ソウギョ(草魚)がうごめいています。

アシ(葦)原に
なにを植栽するのかと思っていたのですが
純然たるアシ原を造っているのですか。
blog86.jpg

そのアシ原の歩み板の上で
可愛い小柄な
1 歳にならないようなにゃんこがひとり
枯れ草と遊んでいます。
blog87.jpg

あ!他のにゃんこが集まってきていますね。

このにゃんこは女の子?!
小柄でも若くても発情したら妊娠しますね。
やっと冬を越えたばかりなのに、、、大変ですね。

嫌われもののミシシッピアカミミガメがいます。
blog88.jpg

考えてみれば!アカミミガメも
自ら好きでここにきた訳でもありますまい。
ソウギョもまたおなじ。

にゃんこも野良に生まれたくて
生まれた訳でもありません。

宿命ですか。
私もまたおなじ。
かれらは命のかぎり生きていますが
グズグズいっているのは私だけ。



讃岐(さぬき)神社。
blog89.jpg

かぐや姫由来の地だそうですが。
広陵町が主張していますからそうでしょう。

桃から生まれたのが桃太郎。
瓜(うり)から生まれたのが瓜子姫。

竹から生まれたのなら
竹姫でいいようなものですが
かぐや姫とは!?

飛鳥時代の実在の貴公子 5 人をあてて
竹取物語を作ったのなら
“桃太郎” や “瓜子姫” と
毛色が違うはなしかも。

“桃太郎” と “瓜子姫” と
“舌切り雀” と “かちかち山” と
ごちゃ混ぜになった伝承ばなしが
いっぱいあると
柳田國男著/桃太郎の誕生/に
書いてあったような。

記された時代だけ比較して
そのはなしが
より古いか新しいかはいえないそうな。

“竹取物語” と発端が近い
“瓜子姫” もあるそうですが。

根性の悪い私の昔からの疑問。

桃太郎も瓜子姫もかぐや姫も
裕福とは思えない庶民の養父母なのに
なぜ!そんなにいい名前なのか。

これは “桃太郎の誕生” で考察されていたかも。

よく挿絵にある竹は孟宗竹のように太い!
孟宗竹は飛鳥時代にはなかったはず。
マダケの太いもの?!
マダケも日本原産かどうか
分からないと思いますけどね。

そんなに大きくもない社の上に
大きな桜が花をつけていました。
blog90.jpg

だれもいなくて!なぜか切ない。



広陵町の竹取公園に行きます。

かぐや姫がいます。
blog91.jpg

これはトイレですけどね。

公園内のこれもトイレ。
blog92.jpg

ここに古い住居跡があるのです。



セイヨウタンポポ!カンサイタンポポ!
呉越同舟!入り乱れて咲く丘。
blog93.jpg

丘の下の竹取公園のグラウンド
“みんなの広場” がにぎやか!

“靴下の市”(2017/04/22・23)を
開催していました。
blog94.jpg

広陵町は靴下生産量日本一なんですね。

いろんな種類!
初めて見た形のものがいっぱい。
でも!靴下なんて
なん年も買っていないので
お得かどうか判断できません。

同時に
“地域特産品交流フェア” と称した
催しをやっていました。
blog95.jpg

主に奈良県下の
市町村の特産品のブースが
10 いくつありました。

各町にいろんな特産品(!)があるんですねぇ。
王寺町のフライパン!
天理市の紳士靴!
田原本町の男性用トランクス!等々
初めて聞きました。



(敬称略)
タグ:柳田國男
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ