So-net無料ブログ作成
検索選択
半煮え!生煮え! ブログトップ
前の5件 | -

アーモンドの花 沢庵の酒粕の大名煮 [半煮え!生煮え!]

わが家のアーモンドが咲きました。
blog1.jpg

例年より 1 週間以上遅い花です。

実生の木も 1 輪だけ咲いています。
blog2.jpg

種から育てて数年経たような。
もう咲かないのかと思っていたのですが。

わが家のカワニナはこの木の葉が好物です。
青葉でも枯れ葉でも食べてしまいます。
カワニナのエサ用だけの存在でしたが。

やけに色が白い花ですね。

こんな白い花がわが家の庭(?)の
桃ケ池の畔に咲いています。
blog3.jpg

1 本のソメイヨシノ(染井吉野)の根際に。

池の畔のソメイヨシノ群にはまったく
花の色がありません。(2017/03/29 現在)
今年は花の季節が遅れているような。

それなのに!この花はなんでしょう。

オオシマ(大島桜)のような花ですね。

ソメイヨシノが先祖返りしたのでしょうか。

ん?!
咲いている枝は
うんと地際から出ているひこばえです。
blog4.jpg

もしかして!台木の桜なんでしょうか。



春は沢庵(たくあん)の大名煮です。

ま!春にかぎったことではないのですが
なぜか!春おぼろと大名煮が重なります。
どこか遠い記憶があるのでしょうか。

古い!塩の強い沢庵が好きです。

といっても塩辛くて食べられませんので
じっくり塩出しします。

サラダオイルで炒めます。
ゆっくり色がつくまで炒めます。

かえりちりめん(しらすのおね~さん?!)を
炒め合わせて
砂糖をまぶし
醤油を加えて
水を注します。

水でいいのです。
酒粕を放り込んで煮詰めました。
blog5.jpg

煮詰めすぎると焦げついてしまいますから
ほどほどに。



3 月が行きます。

夜になって
酒粕の大名煮で
伏見の蔵開きから下げて帰った生酒を飲みます。

伏見はその性質から女酒といわれています。

女酒を飲みながら
武山英子という女流歌人の
明治の終わりごろの歌を鑑賞します。

鑑賞というより!ながめるだけですが。


やすらかに 身のほろびゆく 如くにも
夕ぐれの氣の 志づかなるかな

やはらかく 乳房をふくむ 唇の
あるが如くも 夜ふけぬるかな


いろいろ制限の多い明治時代に
歌を詠んだ女性(ひと)は美しい。

そして!今夜もわが身はほろびてゆくか。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

白い!ぶり大根 [半煮え!生煮え!]

白い!
ぶり(鰤)大根です。
blog粕ぶり大根.jpg

酒粕と白味噌で煮ました。

冬のハイキングでは
酒蔵に寄ることが多いのです。
この季節!
いい日本酒がたくさん並んでいます。

でも!高価です。
それだけの価値があるものは
もちろん!けっこうなことですが
ワインなんかを
ガロン瓶で買うような国に輸出するのには
大変でしょう。
その価格帯まで値段を下げられないでしょう。

私は
おフランス人(フランス人にあらず)ですから
ま!買いません。(買えません!ぐすん)

しかし!酒粕くらいは気が向けば買います。
たいてい!気が向いて買っています。
先日は
思いがけないご厚意で
たくさんいただきました。(拙ブログ 2017/02/12

酒蔵の人が
「冷凍したら」とアドバイスしてくれました。
多少!風味は落ちるけど長期に大丈夫だとか。



夜も更けて!あっ!
忘れていました。
ぶり(鰤)!?

夕刻!魚屋さんと目が合いました。
すぐ魅せられて(?)自転車を降ります。

ぶり!もらいましょうか。

「ふたつぐらいいきまひょか」

おじさんは愛想がいいのです。

ぶりといっても
よいこの家のママが買うような
ぶりではありませんが。

ここは
たい(鯛)!さけ(鮭)!
ぶり(鰤)やはまち(魬)のアラを
ど~んといっぱい!
他の店よりど~んといっぱいが
いつも税込み 100 円です。

もちろん!私が
魚のアラしか買わないのを知っています。

おじさんが愛想よくても
ひと山しか買いませんが。



そのアラに塩をど~んと振って
シンクに新聞紙を敷いた上に
並べておいたのです。

塩を洗い落とします。

熱湯をくぐらせてから再度洗います。

鍋にだし昆布を敷いてアラを並べ
水を入れ!酒粕を少々加えて加熱。

大根を輪切りにして皮をむき加えます。

他の料理にはけっこうアバウトな
自称・高級割烹のおじさんが
大根をなぜかていねいに
米ひとつかみやら
米のとぎ汁やらと下茹でしていましたが
直接煮ても
この料理には味の差がないような気がします。



深夜にぶりのアラを煮るやつぁ
そういないでしょうなぁ。

むいた後の大根の皮を繊切りに。
残った大根の先と青首の部分は
薄くスライスして塩を振って
ねじこみの漬けもの器に入れながら
煮えるのを待ちます。

大根が煮えたので
酒粕を足し
白味噌で調味しました。

白味噌は甘いので
砂糖は入れません。

「白いぶり大根」ができました。

朝になって
あたためなおしたら!焦げつきます。
濃度が濃い!

電子レンジであたためて食べます。

当分!酒粕ばかり食べて生きて行きますだ。

(上掲の画像は少し焦げたときのものです)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

切り干し大根の酒粕煮 [半煮え!生煮え!]

夜が明けています!

窓があかるい。
着の身着のまま(との表現は変ですが)で
寝ていました。
洗顔も風呂もなく。

風邪をひいていても
足をけがしていても
デング熱に感染していても
ま!それには感染したことはないですが
入浴して!直後に就寝という手順を
毎日欠かさず踏んでいるのですが。

5 時?!
夜明けにやってくるスズメがいません。

ん!?
朝ではありません。
夕方でした。

昼寝だったのですね。ああ。

入浴して就寝!といっても
四六時中寝ていますからね。
小さな睡眠だらけの人生です。
特に会議とか
忙しい仕事のときには眠くなります。
そんなときにはとりあえず!すぐ!寝ます。
どんなところでも寝られます。

世間に嫌われています。



空腹を感じます。
めぼしい食物はありません。
買わない(買えない)から当然ですわな。

冬は酒蔵に寄るときが多いので
酒は高価で買えないのですが
酒粕はときどきいただいてきています。

たいてい!バラの酒粕ですが
空腹時に
それをつまみ食いすれば、、、おいしい。

どんどん食べそうですから
粕汁でも作って飢えをしのぎますか。

「だし」がないぞよ。

乾物が少しあります。
切り干し大根をもどします。
干し椎茸の破片もありました。

干し柿と
干し柿を作ったときにむいた
渋柿の皮がありますが
これも水に浸けてみますか。

半分乾いた人参と
袋入りの水煮のごぼうと
冷凍の里芋がありました。

切り干し大根ともどし汁と
人参と里芋を加熱します。

柿からはだしが出なかったような。
ま!その汁だけいっしょに加えましたが。

酒粕を溶いて入れて
ごぼうを最後に。

半分は塩味で調味。
blog切り干し酒粕.jpg

翌日!残り半分は味噌味にします。

青い野菜がないのは寂しいけど
探しに行くのもメンドくさい
なまけものの冬。

到来ものの芋焼酎もウイスキーもビールも
残り少なくなったので
自家製の無糖の梅酒を出してきました。
お湯割りでやっていたら
また!眠くなってきました。

にゃんこよりよく寝るかも。
にゃんこはときどき
狩猟本能が出るけど
まったく闘争心も
仕事に意欲も出ない
「にゃんこもどき」です。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬の土用の丑の日 半助豆腐 [半煮え!生煮え!]

先日!
場末の(と失礼なことをいう人もいる)居酒屋が
ウナギ(鰻)のかば焼きを
重いほどさげていました。

「土用の丑(うし)の日だから」そうです。

冬の土用の丑の日(2017/01/26)ですか。

冬に夏のようにウナギが売れるの?!

「魚屋が」
「(ライバルの店は)どんどん仕込んでいった」
「といっていた」

あれからどうなっているのでしょう。

「う巻きにしている!」

売れなかったのですね!はは。
冷凍にしておいて毎日
「う巻き(ウナギ入りの玉子焼き?だし巻き?)」を
焼くことにしたらしい。

魚屋の策略にかかったようですね。

ま!もし「う巻き」を食べることがあっても
いちいち詮索しないでくださいね。



大阪人はフグやカニが好きな上に
ウナギにも目がないようですけどね。
それで!比例して
年中!半助が売られています。

半助とはウナギの頭のことですけどね。

「太宰治と荻窪の屋台のウナギ屋にいった」
というのは檀一雄。

よくいっていたようです。
「ウナギの頭と肝にタレをつけて焼いてくれる」
と書いていますね。

あるとき
「ウナギの頭にかじりついてみると」
大きな釣り針にあたったそうな。

「それが人生の余得というもんだ」と
太宰は手をたたいて喜んだそうな。

関西のウナギは開いてから
頭もしっぽも落とさず焼きます。
みんなタレをつけて仕上げるので
半助を買ってもわざわざ焼くこともなく
すでに頭もしっぽもタレ焼きになっています。

ケチというのか!合理的というのか!
その半助を売っているのです。
本身より安いです!あたり前ですが。

10 尾近くの頭としっぽ!
blog半助01.jpg

これで 100 円(税抜)です。



焼き豆腐とネギといっしょに煮ます。
blog半助02.jpg

少し醤油を入れました。

これが大阪の昔ながらのお惣菜!
通称・半助豆腐です。

粉山椒を振りながら食べる人が多いようですが
おフランス人(フランス人にあらず)の私は
粗びき胡椒で食べましたが。



食べ終わったら残った汁に
正月の残りの餅を入れて!
ごはんを入れて!
バターとピザ用チーズを入れて!
雑炊風!リゾット風なものを作りました。
blog半助03.jpg

薬味に好きな青ネギをたっぷり振れば
おいしいですねぇ。
ウナギの本体は買えなくても
十分しあわせというもんです。

魚屋さん!居酒屋たちをどんどんだまして
ウナギを売って
半助を残しておいてください。

ん?!
居酒屋さんたちは
頭としっぽをつけたまま仕入れていました。
じゃ!どうして!?
頭はどこからきたの?!



(檀一雄著/檀流クッキング/参照)
(敬称略)
タグ:檀一雄
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

プラムのジャム 恋の味?! [半煮え!生煮え!]

「あげる」というものはもらいます。
特に書籍・DVDの類と
飲食物ならなんでもすぐさまもらってきます。

本なんて!どうせ読みもしないのに。
読書やお勉強は大嫌いなのに!
嫌いだから知識の豊富な人に
憧憬の念を持つのでしょうね。

結果!わが家は処分しなければならない
発禁もの・ウラものの出版物の
捨て場のようになったりします。



もらった土産ものの食べものには
危ないものが多いですね。

あるとき!
某・自称・高級割烹がくれたまんじゅうは
絹糸のような白い綿毛におおわれていて
韓国王宮糸菓子という「竜のひげ」のような
拙ブログ 2008/11/24
一瞥すれば!とてもきれいなお菓子でしたが
そのふわふわの正体はカビでした。

道中!カビの好む環境に
長時間さらされていたのでしょう。

それを承知していないといけません。

親戚が送ってきたという
とうもろこし!タケノコ!パパイアの漬けもの!
なんでもおすそ分けが回ってきます。

タイ(鯛)!
生のタイを 1 度ならずくれた人もいます。
「四国の網元の娘じゃけん」と自慢していましたが。
ん?!
網元のお嬢さんがどうして
居酒屋の飯炊き女になっているの!?
安い時間給の!
ま!深くは詮索しますまい。



親戚から送られてきたというけど
そんなとこに親戚がいたの?!
出身地と遠く離れているのに。
と思うことも多々あります。

ま!グローバルな時代。
地の果て!地球の裏側に知り合いがいても
不思議じゃなかんべ。

でも!想像をたくましくすれば!
たぶん!つき合っている人の親戚じゃないの!?

自分の故郷やら知っているところのものには
ヘビウリでもヘチマでもヤマメ(山女魚)でも
なじみがあるのでしょうけど
そうじゃないから
なんでも食べるという評判の
こちらに回してくるのじゃないかな。

おすそ分けの変遷をみても
カレの「うつろい」が想像できますだ。
勝手に想像してすみません。



ということで!
アラフォー(around 40)のほんわかおね~さんに
プラムをもらいました。(拙ブログ 2016/07/15

山梨県産だとか。
ほんわかおね~さんに
山梨出身のオトコの影が!?

「見た目はこども!頭脳はおとな!」
ありゃ!?
それは「名探偵コナン」かな。
「見た目はおとな!頭脳はこども!」の
「名探偵 ほっ」にさいわいあれ。



プラムを切ってタネをのぞいて
同重量の砂糖を入れて火にかけます。
アルミ鍋ですが大丈夫でしょうか。
大丈夫でなかっても
琺瑯(ほうろう)の鍋がありません。

ちょっとだけ水を注しましたが。

とろ火で 40 分。

ころあいが分かりません。

今までなん度も
真剣にジャムを作ったことがありません。

ここで失敗したら
おね~さんの恋に暗雲が立ち込めるような気がして
ずっとかき混ぜていましたが。

しゃばしゃばしていますが
宅配便がきたので止めます。

お~!
blogプラム.jpg

1 時間後。
ちょうどうまい具合にジャムになっています。
固まっています。

私は天才かも知れません。
おね~さんの恋(勝手に決めつけていますが)も
成就間違いなし!

「塩はどのくらい入れたの?!」
「柑橘の汁は!?」

そんなもん知りません。
いるんですか!?

塩が必要なら
塩おむすびを握って
このジャムをまぶしたら
ぼたもちのようにおいしいのでは?!

「知りません!」
「勝手にお試しあれ!」
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 半煮え!生煮え! ブログトップ